こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

トラクターのタイヤがパンク

2015年04月30日 06時11分05秒 | Weblog


久しぶりに休みをもらって、農作業をしました。
田植えの準備のために「春田起こし」をしのため、大急ぎでトラクターを使っていたら、タイヤがパンクする事態に見舞われ、あえなく作業を中止。

 午後から、中3の孫の吹奏楽演奏会に伊都文化会館に出かけました。
昨年とすると一回り上手になったような気がしました。

 帰宅後は、家まわりの片付け作業。
夜は、35年前にヨーロッパに農業研修に行った仲間と懇親会に「パレア」(玄海町)へと出かけました。

 なんと慌ただしい一日で終わってしまった感じです。

 今日は、午後から九州電力から「原子力発電所近くに約10ヘクタールの用地取得についての説明」があります。

 明日は、夕方からメーデーです。

コメント

疲れが取れました

2015年04月28日 06時23分01秒 | Weblog


 日曜日と昨日の1時間ほど農作業をしました。
その事がよかったのか、今朝は気分のいい目覚めでした。

 この間の選挙モードが「いい結果」で終わる事ができたこともあったでしょうが、しょせん農家の子です。農作業が似合っているのかもしれません。

 農作業をすることで、体調が戻ったことでさらに「月末課題」をやり抜き、連休は農作業を楽しみたいと思っています。「実利と健康づくり」のために。

コメント

さくら咲く

2015年04月27日 06時11分39秒 | Weblog


 伊万里市議会で、念願の議席回復を実現させることができました。
これで、いっせい地方選挙は終わりました。
日本共産党の佐賀県の結果は、立候補者の全員当選を果たすことができました。

 安倍政権の「戦争する国づくり」に地方からノーの声を上げようと訴えました。
さらに、「異議なし賛成の議会」に異議を唱えて共感を広げました。

 今回の選挙の特徴は、青年が多く参加したことです。
世代継承が進むことを楽しみにしています。



コメント

農作業に汗

2015年04月27日 06時03分21秒 | Weblog


 県議選、市議選と連続の選挙続きで、の農作業が遅れていました。
昨日は、長男が手伝いに来ましたので「籾巻き」をしました。

 終わって、選挙でお願いした所に「お礼の☎」をして、春田起こしをしようとしたら、トラクターのタイヤがパンクしていました。
予定を変更して、肥料の散布と畦草払い。
初夏を思わせる天気に閉口です。


コメント

伊万里市議選終わる

2015年04月26日 06時24分50秒 | Weblog


 伊万里市議選は、昨日の午後8時に終わりました。
多数激戦のなかで、前回の悔しさをバネに「議席奪還」の選挙でした。
結果は、今日の深夜には判明します。

 今回の選挙は、ふなつ候補の事務所前に他候補の選挙事務所が構えられるという事態からはじまりました。
 朝のあいさつも、向かい合ってのものです。

 船津候補は、主に二つのことを訴えてきました。
一つは、党の議席を失った4年間は、市長の提案する議案に「異議なし賛成」の議会だったということです。
議会は、言論の府です。市民の声が反映されるべきですが、国保税の値上げでも子どもの医療費拡充でも「財源がない」の一言で「苦渋の選択」と市民お願いに背くものでした。

 もう一つは、安倍自公政権が進める「戦争する国づくり」について、地方から審判を下すことです。

 他候補が、「連呼」の街宣活動に批判が集まる中で、辻立ちし政策を訴えことに共感が広がったように感じました。

 私は、県議選挙から農作業をしていないので、今日は籾巻き、田んぼの春田起こしそします。
夕方は、公民館の総会に出席し、伊万里に向かいます。

 結果は、10時以降になると思われます。
吉報を期待したいと思っています。





コメント

伊万里市議選も最終盤に

2015年04月24日 05時51分08秒 | Weblog


 連日、ふなつ賢次市議候補に応援に行っています。
いよいよ今日を含めて2日間問いなりました。

 共産党の議席を無くした4年間は「異議なし賛成の議会」と評されるようになりました。
「共産党の一議席は議会に必要」と立候補している現職市議から発せられる言葉です。

 朝7時からの朝のあいさつから☎かけがが終わる夜の9時まで、組織面やビラ配布などの宣伝、候補者カーの乗務などできることは何でもこなしています。

 期待の声が高まる一方で、地縁血縁での切り崩しが激しく行われています。
最後まで気が抜けない選挙選となっています。


コメント

雨の中のスタート

2015年04月20日 06時24分10秒 | Weblog


 伊万里市議選は、雨のなかのスタートとなりました。
出発式には、地元の方や占野秀男伊万里市議からの激励のメッセージが寄せられ、選挙中の政策ビラにも砥写真付きで登場してもらいました。

 共産党のいなかった議会の4年間が「異議なし賛成」の議会に対する市民の批判が「共産党の一議席は必要」といわれるようになって現れています。

 地元のテレビ局も最初から最後まで取材をしていました。



 

コメント (1)

伊万里市議選スタート

2015年04月19日 06時34分42秒 | Weblog


 今日から一週間の日程で伊万里市議選が始まります。
今回の市議選の特徴は、「自共対決」です。

 これまで、自民党員でありながら「無所属」として出馬していた候補者が「自民党」を名乗って立候補する人が3人います。
一方で、日本共産党が議席回復がなるかが注目されています。

 すでに、自民党県連は政党カーを繰り出し候補予定者の名前を連呼して、市民からひんしゅくをかっています。
共産党のふなつ賢次さんは、政策を訴えて有権者から共感を得ています。

 伊万里にお知り合いの方があれば、「ふなつ賢次」の支持を訴えてください。




 
コメント

白い藤が咲きました

2015年04月18日 06時32分40秒 | Weblog


 わが家の白い藤が咲きました。
来年には、藤棚をつくりたいと思っています。
できるか心配ですが、花が咲いた昨年も思っていました。

去年買ってきたシャクナゲは蕾です。



コメント

今日も伊万里市議選挙応援に

2015年04月17日 07時47分03秒 | Weblog
 19日告示26日投開票で行われる伊万里市議選に、前回惜敗に終わったふなつ賢次さんの再選に向けて連日支援に通っています。

 定数24に30人の立候補予定者があるといわれています。多数激戦です。
伊万里では、現職の議員が「街宣車での自粛」を申し合わせ、早朝と夜間の街頭からの訴えを控えるように新人と元職に「要請」しています。

 4年に一度の有権者が自分たちの代表者を選ぶ機会を、議員側が狭めようとするやり方は、「有権者軽視」といわれても仕方がありません。
「言論の府」といわれる議会議員が、「言論を閉ざす」やり方には納得できません。
こんな事をしているから「議員は多い」と区長会からクレームがつくのではないでしょうか。

 確かに、名前だけの「連呼」では迷惑がられます。
候補者も正々堂々と自らの考えを主張し、支持を得る事がなければなりません。
地域、血縁の選挙から政策を訴える選挙スタイルに変える時代が来ています。

 県議選勝利の力で伊万里でも勝利を目指します。



コメント

ランキング

blogram投票ボタン