goo

METライブビューイング2023-24『アマゾンのフロレンシア』の響きに、ロマン派音楽の現代化の可能性を感じた

2024年02月05日 15時17分38秒 | オペラ(歌劇)をめぐって

 先週、東劇で、今期のメトの意欲作ダニエル・カターン作曲の『アマゾンのフロレンシア』を鑑賞した。カターンは1949年メキシコ生まれの作曲家。オペラは、この『アマゾンのフロレンシア』が1996年10月に初演されて脚光を浴びたものの、60歳を越えて間もない2011年、新作のオペラの作曲中に、惜しまれながら急逝してしまったそうだ。私は初めて知ったが、このオペラはヒューストン・グランド・オペラが委嘱した作品だそうで、主要な歌劇場からの初の委嘱作だったというから、他にオペラ作品がどれほどあるかわからないが、この作品は、間違いなく、長く残る作品だと思う。ちなみに、少なくとも1988年に作曲されたオペラが1作あるほか、ミュージカルの作曲も手掛けている人ということだけは、とりあえず、調べていてわかった。

 メトは、ゲルブ総裁が「私たちの使命のひとつに、現代の作品を発掘して世界に届けることがある」と言って、このところ、スタンダード名曲への偏重を避けて、現代作品をいくつか採り上げてきたが、その中でも出色の1作だと思う。先日は、ニューヨーク・シティ・オペラでの初演作、今回がヒューストン・オペラでの初演作、ときたから、いずれは、かつてメノッティに新作を委嘱したように、メト自身が、後世に残る新作の委嘱をするだろうと期待したい。

 『アマゾンのフロレンシア』は好評だった初演以後も、各地での再演が散発的に続いていたそうで、調べたらマイナー・レーベルながら、2018年に全曲録音のCDがあるらしい。これも、探してみようと思った。

 今、いくつも仕事が重なってしまっているので、以下はとりあえずの備忘録。いずれ、このCDも入手して、ゆっくり考えてみたいと思っている。

 『アマゾンのフロレンシア』は、大型蒸気船に乗り込んでアマゾン川の上流へと人々が分け入って行くという幻想的な物語。船の終着点には大きな劇場があり、そこで行なわれる歌手のコンサートへと皆が向かっているのだが、その船には当の歌手も乗り合わせているという不思議な設定のようだったが、それで、合っているだろうか?

 根底にあるのは、「過去に失った愛との再会を追い求めるロマン劇」といったところかとは思う。しかし、幕が上がっての冒頭から、音楽監督ネゼ=セガンの指揮棒から紡ぎ出される音楽の雄大な広がりに、まず、度肝を抜かれてしまった。じつに大きくふくらむ不思議な音楽で、それは、くりかえし、くりかえし風船を膨らませ続けるような音楽といった感覚で、同じようなフレーズが何度も押し寄せてくる様は、表現が適切ではないかも知れないが「ロマン派音楽のメロディのミニマル・ミュージック」といった感覚である。場違いだとは思いながらも、テイリー・ライリーやスティーヴ・ライヒの音楽を思い出してしまったのだ。

 舞台設定が船の甲板上ということもあって、絶えずゆらゆら揺れる音楽が、じつに自然で、常に揺れ続けている感覚に陥るとでもいったところか? 終始、漂よう音楽が、第1幕の終り、座礁するまで続いていたような気がする。和音進行では、プッチーニ最晩年の『トゥーランドット』フィナーレあたりにほのかに聞こえるもの、ドビュッシー『ペレアスとメリザンド』にも聴かれたような音楽の流れが聴かれた。

 後半、第2幕。難破船のはずが、ふたたび航海を再開する,のは、私たちが「近代」の社会で失ってしまったものの復権を象徴していたのかも知れない。

 終着点。劇場の建物と明かりが見えてくるフィナーレの場面には、不覚にも、訳も分からずに感動してしまった。大地と空、川、あたりの空気、そして歌。すべてが一体となる感動の幕切れ。それは、彼らが失っていたものとの、再会の瞬間だったはずだ。

 

   ~~~~~~~~~~~~~

 もう一度鑑賞したいと思った作品との出会いだったことだけは、まちがいないのですが、どうにもまとまりません。とりあえず、メモ書きで申し訳ありません。上映は、今週の木曜日までですが、東京・銀座の「東劇」は1週間延長で、来週の木曜日(15日)までのようです。

 METライブビューイングのテレビ配信、このところ「WOWWOW」が怪しいのですが、しっかり、来年、放送してほしいですね。メトの放送をしないのなら、もう「WOWWOW」の契約は打ち切ろうと思っています!

 

 

 

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

今期のロイヤル・オペラ・ハウスのバレエ『ドン・キホーテ』で、ミンクスの名曲を鑑賞

2024年01月23日 23時55分21秒 | オペラ(歌劇)をめぐって

 昨年末に試写で鑑賞した「ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2023/24」の第2作は、クラシック・バレエの定番演目のひとつ、ミンクス『ドン・キホーテ』でした。

 伝統のマリウス・プティパの振付をベースとしながらも、カルロス・アコスタによる2013年の新振付での上演です。バレエは、専門ではありませんから、以下のバレエに関するものは、あくまでも「感想」です。

 

 ミンクスの『ドン・キホーテ』は、バレエ音楽としてチャイコフスキの三大バレエほどの高度さはないものの、それでもなかなかに、飽きさせない展開のバレエですが、ドン・キホーテの原作通りのスペインを舞台としたスパニッシュな世界が広がると思っていると、大違い。その優美さというか、音楽の響きは、南イタリア、ナポリ風でさえある。例えば、チャイコフスキーの『イタリア奇想曲』。

 主役のギャリー・エイヴィスは、やっぱり、うまい! 音楽の鳴りは、ワレリー・オブシャニコフという指揮者がなかなかで、曲想の捉え方が見事。変化にも富んでいて、この、率直に言って底の浅い音楽を、うまく聴かせていた。ランチベリーだったかの抜粋盤、リチャード・ボニングの退屈な全曲盤より、断然いいんじゃないか、と思った。

 この、有名なバレエ曲の全曲を最後まで聴き通す格好のチャンスとして、バレエの映像付きで鑑賞するというのは、よい機会だった。舞台美術も見ごたえ十分。大道具の転換も飽きさせない。演奏会で音楽を聴くのと、充実度に大差ないのだ。

 バレエ映画として、ここ数年、ロイヤル・オペラハウスの作品には、いつも納得させられている。

 

 ところで、私はバレエについては専門家ではないので、そうした方にとっては「いまさら……」ということなのかも知れないが、最近になって私が気づいたことに、クラシック・バレエでの「マイム」の役割が、オペラにおける「レチタティーヴォ」と同じなのではないかということがある。こうした「マイムとバレエ」「レチタティーヴォとアリア」といった、キッチリとした使い分けが、西欧文化なんだなァ、と思った次第である。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

MET初演作品『マルコムX』のライブビューイングは〈踊るオペラ〉? そして、必見の「現代オペラ」

2024年01月22日 14時17分03秒 | オペラ(歌劇)をめぐって

 先日、メトロポリタン歌劇場の今年の意欲演目『マルコムX』のライブビューイングを鑑賞しました。上映は東京・銀座の「東劇」のみ2週上映なので来週2月1日(木)までですが、それ以外の映画館は、あと2日、今週の木曜日までなので、ご紹介が遅れて申し訳ありませんが、興味深い作品でしたので、以下に記します。あくまでも、私の覚え書きです。

 

 この作品、METでは初演ですが、数年前、同じニューヨークの「ニューヨーク・シティ・オペラ」で衝撃的な初演が話題となったものだそうです。

 このところ、「歴史的名作ばかりではなく、新作も上演するのが使命だ」という「創造の本質」に目覚めたゲルブ総裁の肝いりで、かなり頑張っているMETですが、今年はさらに、それが鮮明です。今季のライブビューイング全9本の内、なんと、3本、それも第1作から第3作までとアタマに現代作品をずらり揃えるというインパクト大のラインナップです。

 残念ながら所用があって第1作のジェイク・ヘギー『デッドマン・ウォーキング』は見なかったのですが、先日の第2作『マルコムX』は、繰り返し鑑賞したいと思わせる、なかなか見ごたえ、聴きごたえのある作品でした。

 作曲は、これが「オペラは初めて」というこれまで映画音楽が中心だった作曲家アンソニー・デイヴィスです。

 オペラ冒頭から、第1幕を聴き終えるまでの1時間ほどの間に、一番私が感じたことは、リズム要素がくっきりした音楽づくりに引きつけられたことでしょう。ダンサーたちのエネルギッシュなダンス・シーンに、しきりに思っていたのは「オペラの歴史は、〈歌うオペラ〉から〈踊るオペラ〉へと変貌したか?」という思いでした。それは、アメリカン・ミュージカルが、ロジャース&ハマーシュタインの〈歌〉から、『ウエストサイドストーリー』を境に〈ダンス〉要素が前面に出てきたのと同じかな、と思ったということです。

 通常のオーケストラにジャズ・アンサンブルが混成していて、時折りジャズ・トリオやクインテット風のサウンドが紛れ込むのも新鮮でした。時には、60年代のファンキー・ジャズのような響きまで聞こえてきましたが、それは、実在の人物であるマルコムXの生きてきた時代を辿っているからだというのが、作曲家の狙いだからなのでしょう。

 マルコムXは、20世紀中ごろのアメリカで黒人解放に尽くした人物です。その生涯を描いた伝記的オペラですが、そのオペラ台本は、極めてシンボリックで詩的なもの。音楽は、例えばストラヴィンスキーの『春の祭典』を思わせるような複合的なリズム構造の精緻なもので、台詞と音楽が一体になって、マルコムXという巨大・壮大な「人格」を包括する全人生、その過去・現在・未来を、全3幕のオペラで表現したといった世界とでもいうべきものです。第2幕の、韻を踏んで繰り返される合唱は、壮麗なオラトリオのようでさえありました。

 ひとりの人物の多様性を、舞台全体で実現した、スケールの大きな作品。これは、長く残る作品となるだろうと思いました。

 

 

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

若杉弘・読響の黎明期LPレコードが初CD化/コジェナー(mS)がラトル指揮チェコ・フィルで『民謡集』/フランスの珍しい交響詩の2枚組CⅮ

2023年12月27日 13時06分57秒 | 新譜CD雑感(クラシック編)

半年ごとに、新譜CDの中から書いておきたいと思ったものを自由に採り上げて詩誌『孔雀船』に掲載し始めて、もう30年を越えたようです。2011年までの執筆分は、私の第二評論集『クラシック幻盤 偏執譜』(ヤマハミュージックメディア刊)に収めましたが、本日は、最新の執筆分で、2023年下半期分。まもなく発行される最新号のために書いたものですが、このブログに先行掲載します。なお、当ブログの、このカテゴリー名称「新譜CD雑感」の部分をクリックすると、これまでのこの欄の全ての執筆分が読めます。

 

■黎明期の若杉/読響のビクター盤が初めてCD化


 私にとって格別な思いのある懐かしい録音が、まとめてCD化された。若杉弘/読売日本交響楽団による日本ビクターから1960年代末から70年代初頭に発売されたLPレコードの復刻である。この時期の若杉のレコードは、おそらく〈すべて〉買っているはずだと自認している若杉コレクターの私にとって、いわゆる「日本人らしさ」という独特の感性というものに気づいた最初のレコードが、この今回のCD3枚組の冒頭に置かれたベートーヴェン『田園』1969年8月録音である。アルバムの表紙にも転用されている懐かしいデザインのLPレコードは、今でも我が家に保管されているが、かつて、この演奏について書いた私の文章には「その節回しに、日本的な感性としか形容し得ない独特の個性を湛えていた。私は初めて西欧のコピーではない〈ぼくらのベートーヴェン〉を聴いた思いがした」としか記せなかったが、後に、それを別の機会に「拍節感のあいまいな、数珠つなぎの音楽」と表現した記憶がある。それは、例えば『田園』で言えば2拍子がくっきりと8回繰り返されるのではなく16拍子になって聞こえる、というようなことなのだが、おわかりいただけるだろうか? 私はその後の十数年ほど、あたかも、それを、西洋式のリズム感が苦手な日本人一般の特徴だ、という錯覚にまで陥っていた。だが、ほんとうにそうだったのだろうか? 日本人の指揮者として、私はしばしば「岩城、小澤、若杉」の3人を、日本の指揮者のニュー・ウエーヴとして論じてきたが、今回、改めて彼らを聴き直して、岩城が何度もベートーヴェンの交響曲に取り組んでいるのに比して、異常なほどに小澤の海外オケとのベートーヴェン録音が少ないことに気づいた。「意識的になるべく避けている」といってもよいほどだ。サイトウ・キネンや水戸室内など、仲間内との居心地のよいベートーヴェン演奏は、やはり、小澤の中に厳然とした理由があるのだ。一方の岩城は、1960年代のN響との全集からして、とても凛としたリズム感で推進する小気味よいベートーヴェンが独特だ。岩城にはベートーヴェンに代表されるドイツ・オーストリアの伝統への畏怖はなかったのだろうか? 少なくとも山田耕筰/新響、近衛秀麿/読響といった先達の、伝統をしっかりと学習した成果を披歴するような確信と格調の横溢した指揮とはまったく違う音楽が息づいている。ひょっとすると、若杉の「独特の拍節感」は、若杉だけの特徴だったのかも知れないと、少々自信がなくなってしまって、いくつかの若杉の録音を聴き直してみた。私は、若杉がドレスデンやチューリヒ・トーンハレのポストを降りての帰国後、1990年前後の演奏会をいくつか聴いて、「若杉は、ドイツで伝統を学習し過ぎて元気がなくなった」といささかがっかりした記憶があるのだが、その一端がドレスデンとの『英雄』の1985年録音で確認できた。これは、じつに〈普通の〉ベートーヴェンなのだが、それはオケの〈伝統〉が若杉の節回しを撥ねつけているのかも知れない。若杉が変節したわけではないのは、1993年にザールブリュッケン放送響との『英雄』は、私が60年代に東京文化会館で聴いた読響との演奏によく似た、あの独特の拍節感で貫かれていることでわかる。ドイツでも放送局のオケは、指揮棒に順応するはずだ。私がサントリーホールでイライラしながら聴いたトーンハレ管との共演では、オケが若杉の棒ではなくコンサート・マスターに合わせているんじゃないかと邪推してしまったほど若杉的ではないリズム感だったのも、N響のブルックナーが若杉らしく聴こえなかったのも、皆、おなじ理由なのではないかと思った。最晩年の東フィルとのライヴはよかった。どこに若杉の本心があったのか? ゆっくり考え直さなくてはと思っている。

 

■マグダレーナ・コジェナーがラトル/チェコ・フィルで歌う『民謡集』

 

 声の美しさ、深さ、ニュアンスの多彩さ、繊細さで群を抜いているメッゾ歌手であるコジェナーが、PENTATONEレーベルで続々とリサイタル盤をリリースしている。これは、その1枚。チェコ・フィルの2022/23年シーズンで客演に迎えられたサイモン・ラトルの指揮での「民謡集」である。曲目が凝っていて、バルトーク『5つのハンガリー民謡』に始まり、20世紀イタリアの鬼才ルチアーノ・ベリオの『フォーク・ソングス(1964)』、ラヴェル『5つのギリシャ民謡』と続く。最後はスペイン、カタルーニャ民謡を基調に作曲されたというハビエル・モンサルパーチェの『5つの黒人歌曲』。これら作風も言語も異なる作品を歌い分けて説得力ある歌唱で聴かせるのだから、凄い。この表現の幅の途方もない拡がりは正に天才的で、1枚のCDを、緊張感を持続させながら一気に聴かせてしまう力がある。バルトークの作品は、これまでユリア・ハマリの歌唱くらいが多少印象に残っている程度で、どちらかというと、作品紹介の域を出ていない盤がほとんどだったように記憶しているが、コジェナーで初めて真価が伝わったといってもいい。ベリオの作品も、とても面白く聴けた。ラヴェルも、これまで様々、聴いていたものが、皆、吹き飛んでしまった。西洋音楽全般が行き詰まってきている昨今、これからますます、「声」も「民族音楽」も、役割は大きい。ひょっとして、ロンドン響で行き詰ったラトルも救われたかも知れない。

 
■フランスのめずらしい「交響詩」をまとめて聴く2枚組CD


 フランスは元々「演劇」の国で、音楽にも、そうした要素が昔から色濃く出ている。そもそも、本格的な「標題音楽」のはしりとなったベルリオーズの『幻想交響曲』/『レリオ』の連作が、目いっぱい「物語」の音楽表現だった。そんなフランスに、やっぱり、こんなにたくさんの「交響詩」があったのだと、改めて感心したのが、この2枚組のCDアルバムである。オーストリア製だがフランスのレーベルのようで「PALAZZETTO BRU ZANE」という表記がある。演奏はデンマーク出身のニコライ・シェプス=ズナイダーが指揮するフランスのリヨン国立管弦楽団である。全15曲でフランク『呪われた狩人』エルネスト・ギロー『序曲・アルトフェルデ』リリー・ブーランジェ『春の朝に』ダンディ『イシュタール』デュカ『魔法使いの弟子』アルフレッド・ブリュノー『眠れる森の美女』オーギュスタ・オルメス『夜と愛』メル・ボニス『クレオパトラの夢』デュパルク『星々に』ショーソン『湖の乙女ヴィヴィアン』シャルロット・ソイ『神秘的なダンス』シャブリエ『スペイン』ヴィクトラン・ジョンシエール『万聖節』サン=サーンス『死の舞踏』アンリ・ラボ―『夜の行列』。この指揮者がヴァイオリニストでもあるせいか、独奏ヴァイオリンが活躍する曲がいくつかある。演奏のレベルは、よく知られているいくつかの曲を聴いてみた限り、単調で少々騒がしいが一応はまとめているから、それぞれの曲を知るに、とりあえず遜色はないと思う。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

きょうから上映される「ロイヤル・オペラ」の『ラインの黄金』は、4日連続で見たくなる傑作

2023年12月15日 00時45分51秒 | オペラ(歌劇)をめぐって

 「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2023/24」がきょうから始まる。

 演目はワーグナーの『ラインの黄金』。バリー・コスキーの新演出である。いち早く、試写にて先行鑑賞したのは先月なのだが、このところ、早稲田大学でのオープンカレッジの講座で他のことが、しばらく何もできなかったツケが溜まってしまっていて、ご紹介が遅れてしまった。

 明日から一般公開が開始と気づいて、あわててアップする次第。申し訳なく思っている。

 今年の早稲田の講義のテーマは、このブログにも書いた通り「オペラから見た西洋文化史」のようなものだったので、ワーグナーについても、講義メモを作成しながら(つまりは、私自身の、この10年ほどの間に機会あるごとに書いてきたものを読み返して再考察しながら)、ワーグナーの中での「ドイツ・ロマン派オペラ」の紆余曲折を見直して、今さらながらに、新たな気づきがあったりしたのも、ついこのあいだのことなのだ。まだまだ、オペラの理解は、「表面をさらりと撫でて通った」だけのものが多数流布していて、そこから進んでいっていない部分が多いと思っているが、それはさておき、今回の『ラインの黄金』は、じつに面白かった。

 それは、おとぎ話、寓話の楽しさが堪能できたということに尽きる。ユーモアにあふれ、晦渋さから解き放たれた世界が、豊かに広がっているといった風情だ。音楽的にも舞台構成的にも、多彩な世界の多弁な広がりを持たせた秀逸な出来映えだった。そこで繰り広げられる、美しいものと醜いものとの交錯に、しっかりと寄り添ったくっきりと彫りの深い音楽は、パッパーノの指揮する名人芸である。

 ローゲの雄弁な語り手役もすべて、全体設計が見事に出来ている。

 うまく表現できなくて申し訳ないが、とにかく、ぜひ、見に行っていただきたい。私は、これほどに、時間の経つのを忘れて、わくわくしながら『ラインの黄金』を見た・聴いたのは初めてだ。

 「明日、この続きが見たい!」と本気で思いながら帰路についたのを、今でも、きのうのことのように思い出す。

 

◎上映は、きょうから1週間限定。全国主要都市の「TOHOシネマズ」系の映画館。詳しくは下記の公式サイト。

 http://tohotowa.co.jp/roh/

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ