goo

『聖母マリアの夕べの祈り』をイギリス合唱音楽界の重鎮ルイス・ハルゼイで聴く。若き日のホグウッドも参加

2012年05月10日 16時22分28秒 | BBC-RADIOクラシックス



 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 ――と、いつも繰り返し掲載しているリード文に続けて、以下の本日掲載分は、同シリーズの85枚目。

  ========================


【日本盤規格番号】CRCB-6095~6
【曲目】モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り
【演奏】ルイス・ハルゼイ指揮ロンドン・バッハ管弦楽団
    ルイス・ハルゼイ・シンガーズ
    ロンドン・コルネット&サックバット・アンサンブル
    クリストファー・ホグウッド/デイビット・マンロウ/
    リチャード・リー(コンティヌオ)
    (独唱者は解説中に記載)
【録音日】1970年5月25日


■このCDの演奏についてのメモ
 イギリスの合唱音楽演奏の伝統の成果が表われた美しい盤の登場だ。20年以上前の録音だが、今日の音楽状況にあっても少しも色あせることなく、清澄な響きで音楽にひたる喜びを率直に、伸びやかに味わえる。
 演奏者のなかに、わずか33歳で夭折したデーヴィッド・マンロウや、エンシェント室内管弦楽団を設立する以前の若き日のクリストファー・ホグウッドの名前が見られるのも、このCDが、長いイギリスの古楽演奏の歴史の流れのなかにあることを物語っている。
 このCDで指揮をしているルイス・ハルゼイは1929年にロンドンに生まれた。キングズ・カレッジで学び、50年代から合唱指揮者として活躍、67年には自らルイス・ハルゼイ・シンガーズを設立した。ルネサンス期の音楽の解釈で定評がある。また63年から長年にわたってBBC放送の音楽プロデューサーとしても、その見識を生かして放送や演奏会に多くの貢献をした。
 ソプラノのアプリール・カンテロは古楽と現代曲の分野で指導的役割を担うベテランのアンサンブル歌手。デラー・コンソートにも所属し、また、グラインドボーン・オペラの常連でもあった。
 もうひとりのソプラノ歌手アンジェラ・ビールについてはその経歴など、手元の資料ではわからなかった。
 カウンター・テノールのポール・エスウッドは、世界のトップレベルのカウンター・テナーのひとりだった。1942年にイギリスのウェスト・ブリッジフォードに生まれ、ロンドンの王立音楽学校に学び、64年から71年までウェストミンスター大寺院の合唱団で活躍した。このCDの録音は引退の前年のものということになる。
 テノールのイアン・パートリッジは1938年にイギリス、ウィンブルドンに生まれた。妹のジェニファーのピアノでのソロ活動のほか、コヴェントガーデン王立歌劇場にもしばしば登場している。
 テノールのジョン・エルヴェスは、生年不祥だが、初めボーイ・ソプラノ歌手として、ジョージ・マルコムに学んだという。バロック期の音楽を特に得意としている。
 バリトンのデイヴィッド・トーマスも生年不祥だが、セントポール寺院の合唱団出身で、長じてキングズ・カレッジに学んだ。バロックや古楽からウォルトン、ティペット、ストラヴィンスキー、シェーンベルクまでとレパートリーは幅広い。ソプラノのエンマ・カークビーとのリサイタルのほか、モンテヴェルディ合唱団、エンシェント室内管弦楽団などとの共演も多い。(1997.1.27 執筆)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ダリウス・ミヨー自作指揮で聴く南仏プロヴァンス地方の大らかさ。フランス6人組の精華も併せた貴重盤!

2012年05月01日 12時37分22秒 | BBC-RADIOクラシックス



 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 ――と、いつも繰り返し掲載しているリード文に続けて、以下の本日掲載分は、同シリーズの84枚目。

  ========================


【日本盤規格番号】CRCB-6094
【曲目】ダリウス・ミヨー:2台のピアノと管弦楽のための協奏曲
       :交響的組曲第2番「プロテウス」作品57
       :「プロヴァンス組曲からの断章」作品152b
(バレエ「エッフェル塔の花嫁花婿」から)
 オーリック:序曲
 プーランク:将軍の演説
      :トゥルーヴィユの水浴する女
 タイユフェール:電報のワルツ
 オネゲル:葬送行進曲
 ミヨー:結婚式の散会
【演奏】ダリウス・ミヨー指揮BBC交響楽団
    ジュネヴィエ―ヴ・ジョワ(pf)
    ジャクリーヌ・ロパン(pf)
    アシュリー・ローレンス指揮BBCコンサート管弦楽団
【録音日】1969年9月24日、1969年9月21日、1974年10月23日

■このCDの演奏についてのメモ
 BBC-RADIOクラシックスとしてはCRCB-6061に続く「ミヨー自作自演集」の第2弾だが、今回は第1弾とは異なり、公開のスタジオでのコンサートの記録だ。録音年は発売順とは逆に、今回の第2弾の方が1年ほど早い。
 第1弾のCDの解説でも触れたが、ミヨーは1969年という晩年になって初めて、イギリスの聴衆の前での自作指揮をしたとされている。おそらく、その時の一連の演奏の記録の一部が、当CDの大半を占める2曲だったのだろう。
 「聴衆を前にしたミヨーの自作指揮」の記録として貴重なものとなった当CDだが、集中力を欠いたところもあって仕上りでは非公開の録音の緊迫感には及ばないものの、至るところで洒脱さと柔和さのある演奏となっていることが興味深い。1970年の非公開録音が、几帳面さや切れ味の鋭さが硬さとして若干感じられるのに対して、今回の公開コンサートのある種の弛緩した仕上りは、結果的に細部の乱れに気付かせながらも、音楽の陰影に独特の味わいを与えている。
 「2台のピアノのための協奏曲」は機知に富んだ作品で、ピアノもこの作品の方向に沿った好演をしているが、協奏曲という作品の性格上、どうしても合わせ物の難しさが出てしまう。だが、組曲「プロテウス」の第2楽章から第3楽章あたりのノリの良さは、公開コンサートならではの一気呵成ぶりで、このイギリスのオーケストラが思いがけず暖かな色彩を振りまいているのがうれしい。南仏プロヴァンス風の大らかさに包まれた魅力的作品として楽しめる演奏だ。いずれにしても、この2曲の録音は、ミヨーの音楽の面白さを味わう格好のCD。ミヨーの音楽の親しみやすさに触れるには、まず、この1枚だろう。
 「協奏曲」で協演している2人は、長年にわたってピアノ・ドゥオで今世紀のフランス音楽の演奏を続けていることで知られており、いわゆる〈6人組〉から以降の作曲家の作品を数多く演奏して、それぞれの作曲家の信頼を得ている。なお、ジュヌヴィエーヴ・ジョワは、現代フランス作曲界の重鎮、アンリ・デュティーユの夫人だ。
 このCDの余白には、ライト・ミュージックのチャンネルであるBBC第2放送局所属のオーケストラ、BBCコンサート管弦楽団によるミヨーの親しみやすい作品「プロヴァンス組曲」と、ミヨーら同世代の作曲家たちで分担して作曲した「エッフェル塔の花嫁花婿」、それぞれの抜粋が収録されている。指揮は、こうした軽い作品では手慣れたところを聴かせるアシュリー・ローレンス。イギリスの聴衆のミヨー観の一端を聴く軽快な演奏に徹しており、このCDの親しみやすさに貢献している。(1997.1.26 執筆)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )