goo

バルビローリの南国的なブルックナー演奏で「第8」を聴く〈特異な〉体験!

2012年07月13日 11時27分54秒 | BBC-RADIOクラシックス





1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 ――と、いつも繰り返し掲載しているリード文に続けて、以下の本日掲載分は、同シリーズの89枚目。

  ========================



【日本盤規格番号】CRCB-6100
【曲目】ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調
【演奏】バルビローリ指揮ハレ管弦楽団
【録音日】1970年5月20日

■このCDの演奏についてのメモ
 このCDの演奏は、名指揮者バルビローリにとって、ロンドンの聴衆を前にした最後のコンサートの記録となったものだ。演奏が行われたのが1970年5月20日で、バルビローリが突然の死を迎えたのは、大阪万博でのコンサートを指揮するための初来日を目前にした7月29日だった。
 当CDの演奏会のプログラムは、ブルックナーの「第8交響曲」に先立って、エルガーの「序曲《南国にて》」が演奏されている。同じプログラムでハレ管弦楽団の本拠地マンチェスターでの演奏会があり、次いでイングランド北部のシェフィールドでの演奏会、そして、当夜のロンドン公演という日程だった。
 バルビローリとハレ管弦楽団とは長い付き合いで、当時は首席指揮者の地位を高齢のため退いていたが、終身桂冠指揮者の称号をこのオーケストラから受けていた。言わば、ぴったりと息のあったところを聴かせていた時期にあたる。バルビローリのファンの方ならば、すぐに気付かれたと思うが、演奏会の冒頭にエルガーの「序曲《南国にて》」が置かれているのが、いかにもバルビローリらしい。エルガーは、バルビローリが得意にしていた作曲家であり、そのエルガーのイタリア・地中海体験から生まれた「序曲《南国にて》」は、バルビローリの中にあるイタリア人の血を思い起こさせるものだ。
 「序曲《南国にて》」は、後期ロマン派的な作品ではあるが、それでも、エルガー。普通の感覚では、やはりブルックナー・サウンドとはかなり隔たりがある。だが、実際のところ、この一見奇妙な取り合わせの曲による演奏会のブルックナーは、ほんとうに〈南国的〉だ。ひとつひとつ階段を昇って行こうとせず、一気に駆け上がり、小休止ももどかしげにグイグイと突き進む。呼吸は、あくまでも大らかで開放的。全身で表現するクレッシェンドがはちきれそうだ。これならば、エルガーの「南国にて」のあとに演奏されたブルックナーは、とてもよく似合っていただろう。オーケストラも懸命に随いてくる。
 いずれにしても、実に堂々とバルビローリ流に高らかに歌い上げられたブルックナーだ。ブルックナーを聴き慣れた人ならば、第1楽章の冒頭を聴いただけで、すぐに「おや?」と思われるに違いない。地の底からじわじわと上がってくるような厳しさ、切り立った、どこかひんやりとした冷悧さが影をひそめ、バルビローリのブルックナーは、とても暖かい。いきなり高い声で歌い出されて面食らうような、陽気なイタリア人気質。バルビローリの本質は〈英国紳士〉的なものではないのだ。そのことがとてもよくわかる演奏だ。愛すべき仲間、バルビローリの遺産に乾杯! (1997.5.30 執筆)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

『クラシック幻盤 偏執譜』の編集作業、異聞――BBC-RADIO-CLASSICSの扱いについて

2012年07月12日 11時31分48秒 | 雑文


 久しぶりに「BBC-RADIO-CLASSICS」シリーズへのライナー・ノートの再掲載を再開しようと思って原稿を整え、upしようと思った瞬間、ちょっとひとこと付け加えようと書きはじめたら、あっという間に長くなってしまいました。つくづく、わたしは「ワン・センテンスのつぶやき」ができない人間なんだなぁと、思いました。

――というわけで、当初、【ちょっとひとこと】と題して、末尾に付け加えるつもりだったものを、独立させて、本日、掲載します。

  =================

 「BBC-RADIO-CLASSICS」の再開です。89枚目ですから、いよいよラストスパートです。
 じつは、近刊の『クラシック幻盤偏執譜』(ヤマハミュージックメディア刊)に、この「BBC-RADIO-CLASSICS」のために書いた解説も収録しようという構想があったのですが、ページ数が膨大になってしまうので、いずれまとめたいと思っている「第3評論集」あるいは「第4評論集」に一気に100アイテムをまとめて掲載することにしました。その際には、もちろん、ブログでのいくつかの付記はもちろん、若干の註記的な加筆もするつもりですが、『偏執譜』の場合と同様に、元の原稿は、そのまま収録します。いつも言っていることですが、私の書き残したものは、執筆後数十年経っても、その資料的意味づけや、演奏論としての時代的位置づけに、ズレが生じていないからです。
 私としては、「BBC-RADIO-CLASSICS」のための一連の文章は、やはり、つまみ食いされるより、ひとつの塊りとして、お読みいただきたい、ということがあります。これは、書籍編集者として長年仕事をしてきた私の判断です。100本の原稿相互の関連が感得できるような「事項索引」も作成しなければなりません。本とは、そういうものだと信じています。第3評論集の基本テーマは、このBBCも含めて、作品解釈の地域差と、時代の変遷との関連にもうすこし目を向けた形にまとめたい、という野望があります。
 ついでながら、『クラシック幻盤 偏執譜』をお読みくださっている方にひとこと。同書15ページから17ページにかけて、いわゆる「売り手側」との感覚のギャップについて書いた文章、いわば、このBBCシリーズに対する私の考え方を収録しましたので、お読みいただければ幸いです。 
 では、明日から――。(明日は、バルビローリ指揮の、じつに不思議な魅力を持ったブルックナー演奏です。)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

リパッティのショパン『ワルツ集』録音年ねつ造説――異聞(今村享氏の調査を踏まえて)

2012年07月02日 18時54分35秒 | 雑文



 私の新刊『クラシック幻盤 偏執譜』(発行:ヤマハミュージックメディア)に収載の「リパッティ《ショパン/ワルツ集》録音年ねつ造説」について、今村亨氏から以下のメールをいただきました。私が知らなかった事がまた増えましたが、私が舌足らずだったこともありましたので、彼からのメール転載に続けて、私のコメントも一緒にupします。
 
 ===================

 リパッティのショパン:ワルツ集の録音時期について、どのように言及されて来たのか少し調べてみましたが、英コロンビアのオリジナル発売盤(33CX1032)のスリーヴノートは曲の解説だけで、録音の経緯どころか、リパッティに関してさえ一切触れていません。しかし、当時そうした録音の経緯を詳しくスリーヴノートに記載するのは極めて異例で、そうしたジャーナリズム的視点がスリーヴノートに導入されるようになったのはステレオ時代に入ってからだったのではないでしょうか?
 日本国内でのリパッティに関する理解がどうだったのかを調べてみると、手元にある昭和37年(1962年)発行の音友レコード名演奏家全集2「ピアニスト」の中の、リパッティについて書かれた項目では、ショパン:ワルツ集は「1950年7月にジュネーヴのリパッティの自宅で病苦を押して吹き込まれた最後の録音である。」と記され、当時の日本で、既にこのように理解されていた事が判りました。
 注目したのは、“リパッティの自宅”という記述で、竹内さんが86年の初CDに示されている録音データとして『偏執譜』にジャケ写と共に書かれた、“ジュネーヴのスタジオ”での録音という記載との相違です。
 また、同じ記事の中に、こうした話の出典の手掛かりとも思える、英グラモフォン誌1951年2月号にレッグが寄稿した「リパッティ追悼記」をかなり詳しく紹介した記述が見られますが、恐らく、録音の経緯についての理解は、このレッグの追悼記を訳した解説が前にあって、そこからリパッティの病気を押しての録音という伝説が生まれたのではないでしょうか?
 未だ想像の域を出ませんが、「病気を押しての50年7月録音説」は初出盤のスリーヴノートに記載があると考えるより、当時の音楽誌(「ディスク」「音友」等)に、レッグの追悼記についての何らかの言及があったと考える方が可能性が高いような気がします。
 ネット検索を幾つかのキーワードで行うと、英グラモフォン誌1951年2月号の記事が見つかりましたが、何故かレッグの寄稿ではなく、当時のレギュラー批評家によるもので、次のように記されていました。

「ディヌ・リパッティ」
 この輝かしい若手ルーマニア人ピアニストの死亡ニュースは、真にピアノ音楽に興味を持つレコード・コレクターたちに大きなショックをもたらすだろう。リパッティは未だ30代に入ったばかりで、彼が国際的名声を得たのは、第二次大戦後からに過ぎなかった。しかしながら、大戦前の日々、彼はフランス国内では既に知られた存在であり、ナディア・ブーランジュ女史とのピアノ・デュオ演奏のレコードを一枚乃至二枚録音していた。
 私は彼が1946年のミラノ・スカラ座再開記念コンサート・シリーズの一つにソリストとして出演し、ショパンのピアノ協奏曲を完全無欠な表現で弾ききった話を特権的に聞き出した。
 彼のレコードは2曲のピアノ協奏曲を含む次のようなものが既に発売されている:

●シューマン:ピアノ協奏曲/カラヤン指揮(Columbia LX 8624/7)
●グリーグ:ピアノ協奏曲/アルチェオ・ガリエラ指揮(Col. LX 8579/82) ※ショパン:ワルツ2番変イ長調「華麗なる円舞曲 op.34-1がフィルアップ
●ショパン:ピアノ・ソナタ3番ロ短調 op.58(Col. LX 8560/2)
●ショパン:夜想曲8番変ニ長調 op.27-2(Col. LB 63)
●ラヴェル:「道化師の朝の歌」(Col. LB 70)
●リスト:「ペトラルカのソネット104番」(Col. LB 68)

 筆者は2曲のピアノ協奏曲は全ての録音の代表盤であり、特にグリーグは他の演奏は考えられないと言って絶賛し、ソロ録音では「ペトラルカのソネット」がリパッティの表現を特徴的に表した名演だと記した後、丁度この月にリリースされたばかりの2点が紹介され、早く試聴したいと書かれています。

●バッハ:パルティータ1番変ロ長調 BWV.825(Col. LX 8744/5)
●ショパン:ワルツ全集(Col. LX 1341/6)

 グラモフォン誌51年2月号が発売された時点で、英コロンビアは未だLPの発売を行っておらず、紹介されているレコードは全て78回転SP盤ですが、注目すべき事実として、一番早い時期の発売盤である、ガリエラ指揮のグリーグに既にワルツ2番がフィルアップされている事があります。これと全集が同一録音なら、全集もほぼ47年制作と言って良いのではないかと思うのですが…

 ===================

 ここまでが今村氏のコメントです。ほんとうは、このあとにまだ数行あるのですが、さらに話がややこしくなるので、ここまでにします。以下は、私のコメントです。

 先日、今村氏と電話で話した時には、英コロンビアの33CXオリジナルについて、曖昧にお答えしてしまったのですが、私も所有していました。今村氏の指摘のとおり何も記載のない素っ気ないものでしたので、拍子抜けして、入手以来記憶から抜けていたのです。
 
 私は、新薬コーチゾンの投与によって死の直前に病いを押して録音された、という感動的エピソードを、日本盤の古いLPの記載から言及していますが、最初からイギリスで語られていたはずだ、と思っています。これは、今村氏が誤解しています。私がそう言う根拠は、日本国内初出(日本コロムビア盤)の解説のリプリントのはずの上野一郎氏の東芝盤解説です。(これは、当時の印刷テクニックからして、既存の不均等なインクむらのある印刷物から写真製版したものとみられるからです。)そこに、筆者名も出典も明らかにされていないのですが、とてつもなく詳細な録音に至るいきさつが記載され、その最後のところで、英国での発売直前の演奏評のごとき引用があり、その出典は「グラモフォン誌/1950年12月号」とありますから、私の解釈では、この号に詳細な「いきさつ」が掲載され、それを全文訳しながらも、著作権料逃れ的に出典ぼかしがあったのだと思っているのです。

 「とてつもなく詳細」というのは、スイスの医師からの「リパッティが演奏可能になったがそれは1、2か月程度」という連絡を受けたEMIのレッグが、大急ぎで以下の手配をしたというからです。

(1)仏コロンビアに米コロンビアが貸し与えてプラド音楽祭のカザルスを録音していた最新の機材を、ジュネーブに至急空輸する要請を行なった。
(2)新しいピアノをドイツからジュネーブに送らせたが、これは、戦後スイスへの第1台目の輸出だった。
(3)ジュネーブの放送局のスタジオを録音場所に確保するため、その間、放送局では、通常の番組編成を変更し、一定時間スタジオを空けて協力した。

 そのようなことまで詳しく昭和30年頃に上野一郎氏が解説しているのは、英語文献を読んでいるからとしか思えません。今村氏は1951年2月号の英「グラモフォン誌」は見ているわけですが、その2ヵ月前の1950年12月号に、上野氏の解説の根拠があるのではということです。なお、1986年の英EMIからの初CD化の際の解説のディテールが、上野解説にほぼそっくりなのは、言うまでもありません。つまり、1950年12月あたりに「ねつ造」された同じ文献から書き起こされているはずなのです。病いを押しての強行録音という感動エピソードの発信地は日本ではないはずです。

 「リパッティの自宅で録音」というのは、主治医が付きっきりで録音されたとか、毎日、何時から何時まで休憩を挟んだとかも、上記の上野氏の解説に詳しく書かれていますから、その辺を早とちりした人物が執筆したというだけでしょう。日本のレコード文献の記述では、よくある間違いです。

 しかし、それにしても、SP盤での「グリーグの協奏曲」に「ショパンのワルツ第2番」が付いていたとは初めて知りました。確かに演奏時間からして、SP盤4枚8面にカッティングすると7面まででグリーグが収まってしまいそうで、最後に5分ほどの小品を入れたくなりますから、生前のリパッティが「ワルツ第2番」のテイクだけは、しぶしぶ発売を了承していたのかも知れません。これが、一時期の東芝で1947年録音とされ、現在は1950年録音とされているスタジオ録音と同一演奏だったなら、私の仮説は真説になるなぁと思いました。「新発見の別テイク」と敢えて断わり1950年7月録音だと言っているものや、1950年の全曲録音が、1940年代末に発売されたSP盤グリーグにフィルアップできるはずはないのですから……。 
 まあ、でも、私としては、リパッティのショパンは、稀代の大プロデューサー、ウォルター・レッグが大ウソをついて守り抜いた演奏なんだ、と思って聴いている今が、幸せです。もう、真相追求など、どうでもよくなってきました。私が何よりも声を大にして言いたかったのは、レコードに残す演奏が、これほどに厳しく選別されていた時代が過去にあった、ということへの感動なのです。

 ――とは言いながら、SP盤、探してみましょうか? 何年かかるでしょう?


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )