goo

自動車事故で31年の生涯を終えたピアニスト「リチャード・ファーレル」の残したレコードの超・稀少性

2011年08月30日 12時58分40秒 | LPレコード・コレクション
 




 以下は、2010年5月に発行された『クラシック・スナイパー/6』(青弓社発行)の特集「マニア大戦争」に際して併載されたアンケート「マニアが誇る一枚」に答えて書き下ろした原稿の一部です。(詳細は7月28日の当ブログをごらんください。)採りあげた3枚のLPレコードの内の1枚で、本日は、その3枚目です。

           *

■ブラームス:「ワルツ 作品39」全曲/「4つのバラード」作品10
  リチャード・ファーレル(pf)  [日本ウエストミンスター SWP-3514]

 リチャード・ファーレルはニュージーランド生まれのピアニスト。ロンドンでのデビューを果たし、アメリカでもカーネギー・ホールを初めとする多くのコンサートによって評価が高まったが、数枚の録音も果たした1958年、これからという31歳の若さで、自動車事故により世を去った悲劇の人である。私の知る限りでは、英パイに5枚のLPが残されたのみで、少なくともその内、リストの第1とグリーグの協奏曲を米マーキュリーとの提携で録音した1枚は米マーキュリーでステレオ盤が発売されているが、残りのピアノ独奏の録音4枚は、英パイのモノラル盤しか見ていない。日本では、当時、日本コロムビアとは別に活動していた日本ウエストミンスターから、5枚全てが順次発売されたが、ひょっとすると日本ではレコード・デビューが彼の死後だったかもしれない。独特の清冽なロマンの香り漂うピアニストである。4枚の独奏のアルバムが、ブラームス2種、ラフマニノフ、グリーグということからも、それが想像されるだろうと思う。
 このブラームスは1961年12月新譜である。日本では、これがファーレルの5枚目にあたるが、折からのステレオ盤の黎明期にぶつかり、これだけが何んとステレオで発売されている。この時期、本国イギリスでは、まだモノラル発売が標準だった。そして、早々に世を去ったこのピアニストのレコードは、どこからも再発売されることなく今日にいたっているらしい。
 だから、ひょっとすると、この国内盤は、世界で唯一のステレオ発売かもしれないと思っている。国内盤を軽視してはいけない。このLP、実は或るリサイクル・ショップの片隅で破棄処分寸前だったものを、私が救い出したものである。世界中でこれ一枚しか残っていないかもしれないという、大切な宝物のひとつである。購入価格105円。


【ブログへの再掲載にあたっての追記】
 この「三題噺」のように仕上げた「アンケート」への返答風の原稿。ブログでの掲載の3枚目、最終回となりましたが、じつは、『クラシック・スナイパー/6」に掲載した時は、これが冒頭、1枚目でした。「ゴミのように扱われているジャンク盤を軽視するな!」という戒めの例でした。ブログ掲載でこれを3枚目に回したのは、今村亨氏から、最近、ファーレルの英文情報に私の仮説を裏付けるような記載があったと教わったので、その確認に手間取ったためです。
 イギリスの音楽評論家が、「これほどの素晴らしいピアニストが居たことを知らなかった自分の不明を恥じる」と絶賛し、再評価を呼び掛けていたのです。リチャード・ファーレルの音楽に関心を持ってくれる人が現れたことを、うれしく思いましたが、イギリスでも最近までそうした扱いだったということを、わかってはいましたが現実として目の当たりにして、ちょっと複雑な思いです。
 この記述の中に、当録音の話があり、「ステレオ録音されたが、モノラル盤しか発売されなかった」とありました。上記の私の記述は、「推論」から「現実」になったわけです。また、英パイ盤のジャケットデザインが、私の所有している国内盤(ブログ冒頭に掲載)と同じだということもわかりました。「PYE」のマークをいじって「ステレオフォニック」の文字を入れているだけですが、これは発売元の日本ウエストミンスターで加工したものではないでしょうか? 英パイ盤で、こんなステレオ・マークは見たことがありません。
 いずれにしても、このレコードを自著『コレクターの快楽――クラシック愛蔵盤ファイル』(洋泉社)の中で紹介してから、もう18年も経ってしまいました。謎だらけだったリチャード・ファーレルにも、文献資料が出てくるようになったわけです。レコードのコレクションは、ほんとうに「長い航海」です。
 ファーレルについては、今の段階でも一気に、様々のことがわかるようになりましたが、それらについては、ゆっくりと整理、精査してから書こうと思っています。とりあえず、その18年前の私の文章を、以下に再掲します。出典は、上記『コレクターの~』の「第4章/とっておきの愛蔵盤ファイル」中、168ページです。ただし、享年を正しく「31歳」(1926年12月30日生、1958年5月27日没)に改めました。

 ======================

 夭折した演奏家にばかりこだわっているわけではないが、そうした演奏家は活動期間が短い分だけ、忘れられてしまう人も多い。この自動車事故で1958年にわずか31歳で世を去ったピアニストについて語るひとは少ないが、深く沈んだ情感をたたえて、しっとりと歌う独特のピアノは、ブラームスの控え目な音楽の優しさを、ドイツ的な響きとは全く異なった中に結実させている。ニュージーランド出身でイギリスを中心に活躍していた彼が、グリーグを得意にしていたのも頷ける。若くして、自身の世界の確立していた人だ。

 ======================

 ぜひ、この悲劇のピアニストの名を、記憶にとどめておいていただきたいと思っています。


【9月1日、追記】

「瀕死の若様」から、詳細なコメントを頂戴しましたので公開いたします。ご覧ください。この欄の右下「コメント(1)」の「(1)」をクリックすると現れるはずです。
そこでご指摘いただきましたが、私の上記「日本ウエストミンスターのオリジナル・ロゴか?」は撤回します。英パイ盤に使われていたのですね。英パイのそのマーク付き初期ステレオは、見たことがありませんでした。英盤の初期ステレオは全般的に少ないので、判断が難しいですね。ありがとうございます。
CD2枚組等のこと、テレビでの特番放送のことなど、様々、わかって来つつあるのですが、ひととおり整理してからご報告するつもりでおりました。いずれにしても、こうした再評価機運を大事にしたいと思っております。

goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

ロジェストヴェンスキーの華麗な指揮で、ブリテン「春の交響曲」の生き生きとした躍動感を感じ取る

2011年08月16日 11時33分56秒 | BBC-RADIOクラシックス


 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 以下の本日掲載分は、第4期発売の15点の10枚目です。

  ========================



【日本盤規格番号】CRCB-6085
【曲目】ブリテン:「春の交響曲」
    ブリッジ:管弦楽のための狂詩曲「早春」
    ブリッジ:交響詩「夏」
【演奏】ロジェストヴェンスキー指揮BBC交響楽団
      エイドヴェン・ハーリー(sop.)
      リンダ・フィニー(con-alt.)
      ロバート・ティアー(te.)
      BBC交響合唱団、ロンドンヴォイセス
      サウザンド少年合唱団
    チェールズ・グローヴス指揮BBC交響楽団
    アシュリー・ローレンス指揮BBCコンサート管弦楽団
【録音日】1980年9月6日、1978年9月12日、1976年10月7日

■このCDの演奏についてのメモ
 このCDのアルバム構成も、〈BBC-RADIO クラシックス〉ならではのもので、ブリテンの声楽を伴う大作「春の交響曲」に加えて、ブリテンの師であるフランク・ブリッジの、春と夏にちなんだ作品が収められている。ユニークな構成であるばかりでなく、イギリスの近代管弦楽曲の中での、〈春〉の一般的イメージを知る上でも、参考になる作品の収録となっている。ブリッジの描く「早春」と「夏」からは、イギリスの牧歌的な美しい風景が、目に浮んでくるようだ。
 ところで、ブリテンの「春の交響曲」の成立過程については別項にあるので、ここでは触れないが、春の訪れを人一倍待ちわびるイギリス人たちの〈春〉を歌った曲としてだけでも、この作品はイギリスで人気の高い曲のようだ。ブリテン自身の指揮、コヴェントガーデン王立歌劇場管の録音が英デッカ=ロンドンにある他、プレヴィン/ロンドン響によるEMI盤、ヒコックス/ロンドン響による英シャンドス盤などが知られている。
 当CDは、それらに伍して、ロシアの指揮者、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーによるライヴ録音である点がユニークだ。もっとも、オーケストラはBBC交響楽団で、歌手たちも全てイギリス勢。会場もプロムナード・コンサート(プロムス)だ。当時、このオーケストラの首席指揮者として、次々にロンドンっ子の愛聴曲を自身のレパートリーにしていったロジェストヴェンスキーの才人ぶりに改めて驚かされる。
 この人は、どんな曲でも、器用に、そして的確にすぐ振れてしまうところがあって、それは、この大規模な作品でも発揮されている。特に、第3部あたりからの生き生きとした自由さは、この作品が既に彼のなかで充分に醸成されていることを感じさせる。終曲のリズム・センスにも、ロジェストヴェンスキーの華麗で色彩感豊かな現代感覚が、鋭く光っている。1931年生まれの彼は、戦後のロンドンで最も人気を博した指揮者だが、そのことを納得する演奏のひとつだ。
 ブリッジ「早春」で指揮をしているチャールズ・グローヴズは、その率直な表現でイギリスの聴衆に愛されていた指揮者。1992年に惜しまれつつ世を去った。
 アシュリー・ローレンスは、ニュージーランド出身だが、ロンドンの王立音楽院を卒業後、バレエ指揮者としてキャリアを積みながら、イギリスのライト・ミュージックの分野で成功した。1990年に急逝しているが、その生涯をイギリスのライト・クラシックの発展に尽くしたことで、多くのファンから敬愛されている。(1996.7.29 執筆)

【当ブログへの再掲載に際しての付記】
 これは、この曲のイメージをかなり変える演奏だったという記憶があります。じっと「春を待つ」北欧音楽的な感覚は、イギリスにもありますが、ロシアの「ロジェヴェン」の抜けるような明るさはちょっと独特。ロジェヴェンが、戦中派の後の世代特有の、ある種の「アッケラカン」としたタフさを持っているからだったのかもしれません。15年ほど前の自分の原稿を読み返して、久しぶりに聴き直してみたくなりましたが、ここ数日、別件で忙しいので、延期、です。このブログの更新も、来週まで無理かもしれません。猛暑でバテているわけではありません。ご心配無用です。個人的なことで恐縮ですが、本日は、私の誕生日! 62歳になってしまいました!! 
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ジャン・コクトーとストラヴィンスキーの出会いが生んだレコードと、そのジャケット・デザインをめぐって

2011年08月02日 11時26分18秒 | LPレコード・コレクション
 




 以下は、2010年5月に発行された『クラシック・スナイパー/6』(青弓社発行)の特集「マニア大戦争」に際して併載されたアンケート「マニアが誇る一枚」のために書き下ろした原稿の一部です。(詳細は7月28日の当ブログをごらんください。)採りあげた3枚のLPレコードの内の1枚で、本日は、その2枚目です。

           *

■ストラヴィンスキー:オペラ=オラトリオ「エディプス王」
  ストラヴィンスキー指揮ケルン放送交響楽団・合唱団
  ジャン・コクトー(語り手)
  ピーター・ピアース(テノール)他 [仏フィリップス A. 01 137 L]
 今でこそストラヴィンスキーの傑作のひとつに数えられるようになったが、初演から数十年、この作品は顧みられることなく眠っていた。第2次大戦終結後、ほどなくしてパリで再会した台詞の作者コクトーと作曲者ストラヴィンスキーが意気投合し、この自分たちの自信作の再演を目論んで実現したのが1952年のシャンゼリゼ劇場での公演だった。語りには、難解だと悪評だったラテン語の台詞を補完して、詩人コクトー自身の語るフランス語のナレーションが付された。(これは上演地域の言語に翻訳して語られることを前提としている。)
 このレコードはそれに先だって、綿密なリハーサルの末にスタジオ録音された演奏である。記念すべき改訂版を永遠に残そうとした二人の意気込みが伝わってくるエピソードである。この世紀の録音に協力したのは、創設して数年しか経っていない若いオーケストラ、ケルン放送交響楽団だった。(もちろん、シャンゼリゼ劇場での公演は、パリのオーケストラが担当した。)ジャケットに使用されたイラストにはコクトーが描いたものが使用されているが、おそらく、全体のデザインにも何らかの関わりを持っていただろう。
 ところで、この盤では、私が所有しているフランス盤と異なるデザインの物が別に存在する。当時フィリップスをヨーロッパでの発売窓口としていた米コロンビアが発売したML番号のアメリカ盤である。それを見たのは、私がフランス盤を手に入れるよりも前の1980年代。美術出版社から刊行された沼辺信一氏の労作『12インチのギャラリー』という書の掲載写真でだった。同書には多くのことを教わったが、ひとつ弱点を指摘するならば、沼辺氏のコレクションが殆んど米盤で成り立っていることだろう。それによって、仏コロンビア盤、仏VSM盤のカサンドル工房作品も、微妙に改作された米エンジェル盤になっているものがほとんどだったと記憶している。英ASD盤と文字配列が異なるなどはしばしばである。これは、作曲家よりも演奏家を大書したり、作品のニックネームを際立たせたりといったアメリカ商業主義の実態がわかるところがおもしろいとも言えるが、「オリジナル・デザイン」という観点から、疑問のあるものも少なくない。このコクトーとストラヴィンスキーの盤も、そのケースのひとつである。
 おそらく沼辺氏がコレクションをしていたのは、60年代後半から70年代なのだろうと思う。私の記憶でも、その時代に日本で輸入盤を入手しようとすると、殆んどがアメリカ盤だった。英盤、仏盤などを当たり前のように見かけるのは、90年代になってからだったように思う。中古レコードのフィールドは、斯くも広く、深い。

【ブログへの再掲載にあたっての追記】
 この「三題噺」のように仕上げた「アンケート」への返答風の原稿の2枚目は、ジャケットデザインの「異盤」の面白さについて語ったものです。もちろん、ただ単に「違う!違う!」と大騒ぎするのはハシタナイことだと思っていますから、なるべく、その時代の、その国なり、その会社の置かれていた状況などを感じ取る資料として見比べるようにしています。つまり、「ジャケット・デザインの文化摩擦」とでもいうべき事柄がおもしろいわけです。
 上記の原稿では米コロンビアのML盤のデザインの特徴について、詳細まで触れていませんが、最大の特徴が、コクトーとストラヴィンスキーの写真位置が逆転していることと、使用写真が違うことでしょうか? また、写真にブルー色を重ねているのも仏盤だけです。タイトル文字は、こちらはフランス好みのぽっちゃり型ですが、米盤はもっと鋭角的な字体を使用しています(タイポグラフィの一覧を見れば、どちらも名称がわかるはずですが…ごめんなさい。省略させてください。)とにかく、「大違い」なこと、この上なしなのです。(画像が小さい場合は、このブログ冒頭の掲載日部分をクリックして、当日分のみの表示にすると大きくなります。)
 余談ですが、ジャケットに見なれない演奏家の遺影が掲げられているものなども、要注意です。ほとんどの場合、レコードの制作者側の深い思い入れが込められていて、詳細な資料が付されていたりします。そうして知った未知の(=未知だった)演奏家との出会いは格別です。著名演奏家のレコードばかり集めていては、そうした稀少盤には出会えません。


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )