土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

生コン打ち

2018年04月16日 | 国道493号小島トンネル関連

半ばおどけて

アメアメフレフレカアサンガ

などと書いてしまったら

ホントに降りました。

それもけっこう強く。

そんな土曜日、

小島トンネル明かり工事現場の作業は

ボックスカルバートの生コン打ち。

 

 

 

ひと口に生コン打ちといっても

色んな作業をしている人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

降り出す雨との競争も含め

ポイントとなる日だったので

他現場からの応援ももらい

みんなのチームワークで

11時過ぎに打設は完了。

 

 

打ち終わったらすぐ、雨対策のシート養生。

 

で、雨が降り始めたのは15時前。

 

その夜はかねてより予定していた

年度初めの社内呑み会。

それぞれがそれぞれの役割を果たし終え、

ときおり強く窓を叩く雨音にも動じることなく

ぐっすりと呑んだのは言うまでもありません。

 

休日をはさんで週明けの今日からは

型枠や支保工の組み立て作業。

まだまだこれから

ひと山もふた山もありますが、


ともあれ、

よかった。


(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アメアメフレフレカアサンガ | トップ | あたらしい現場は「いごっそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国道493号小島トンネル関連」カテゴリの最新記事