ヒロシの日記

たくさんの人たちの幸福を願いつつ、常に自然な生き方を望む私の日記です。

イベントの終わった直売所の枝豆畑を片付けています

2018-10-18 21:03:27 | 農産物直売所
イベント用の畑は二カ所あって、もう一カ所は既にトラクターが入って片付けも次の植え付けの準備も終っていましたが、イベント終了時にまだ枝豆が少し残っていた畑はそのまま残っていたので、自家用の収穫も兼ねて畑の片付けに入りました。

 

残ったものですが、葉がまだ青々としたものは十分に美味しくいただけますので収穫します。
片付けるのは、収穫間近の豆を付けたまま枯れてしまった株や刈れる途中のものです。
株から枝が取れてしまったものでも「落穂」として利用できそうなものがありますが、そのようなものは枯れてしまった株に付いている豆より美味しいので、後日拾うつもりでそのまま畑に残してあります。

 

雑な刈り取り方をするとこのように豆の付いている枝が残ってしまいますが、これは美味しい豆なのでしっかり収穫します。

 

まだ片付けは終わっていませんが、これだけを回収して引き取りました。
直売所にはイベントでの三束分の代金を支払いました。

 

今日はここまでですが、まだ一束分くらいの値打ちの枝豆が残っていますので、天気が良い時にまた来たいと思います。



回収したものは主にご近所へのおすそ分け用にしますので、良いものを選んでから洗ったり束ねたりしました。

 

左下のは莢付きが悪いもので、無料野菜行きになります。

 

水を掛けて洗ったものは水を切ってから束ねます。



今日は10軒くらいに配ります。

 

今日は配布先が多かったので、終わる頃は夕方になってしまいました。
不在のお宅にはこうして置いて帰ります。

コメント

今日の色々です

2018-10-17 20:41:04 | あれこれ畑日記
10月10日に播種した紅菜苔の様子です。
2年前に購入した種でも問題なく発芽しました。

 

ジャンボにんにくの植え付けと芽出しための養生です。
小さ目の鱗片は先に畑へ植え付けました。


 
大きな鱗片は、芽出しをしてから植え付けることにしました。

 

葉が塩害で枯れてしまったつくね芋は、一部を除いて収穫してしまいましたが、芋の形が悪いので失敗です。

 

郵便局に大口定期預金をしに行きました。

 

スープ作家の有賀薫先生の著書の販促のために、大型ショッピングセンターに入っている書店を訪れましたが、今日は不在になっている店長との交渉が必要なので、日を改めて打ち合わせを申し込むことにしました。



10月9日に出荷したソラマメの種は、今日になって完売しました。
昨日までの実績は11(袋入り10粒)でしたが、今日になって一気に売れてしまいました。
多分「初姫」という品種をよくご存じの方がまとめて購入されたのだと思います。


コメント

カナヘビの子供たちは元気に庭を走り回っています

2018-10-16 20:51:49 | 虫の世界
9月27日に孵化を報告したカナヘビの赤ちゃんですが、庭で見ない日がありません。

 

脊椎動物は可愛いですね。
コメント

丹波黒の枝豆は台風24号による被害で深刻な状況です

2018-10-16 20:10:54 | あれこれ畑日記
葉の半分以上が枯れてしまったので、大きくなった莢の中の豆がなかなか大きくなりません。

 

ジャガイモは新しい葉が出ているので、ある程度は取り戻せるかと思っています。

 

私の方で育てていた小糸在来は、木が大きくなり過ぎた上にサツマイモの蔓が被さり加減になり、そこへダメ押しのように台風が風害と塩害をもたらしました。
味は悪くはなかったのですが莢付きが悪かったので、それらの多くは無料野菜行きにしました。(まだ途中です)

 

畑の隅に植えてあったノグルミも大きく傾いています。
新しく葉が出ているのは、塩害で葉が全て枯れてしまったからです。



コメント

市販の「丹波黒」枝豆に驚きました

2018-10-14 21:34:03 | あれこれ畑日記
昨日直売所の枝豆イベントに参加したせいか最近枝豆には敏感になっていて、どんな品種の枝豆をどのように売っているのかが気になるのですが、今日買い物に行った先のスーパーで、初めて「丹波黒(丹波の黒豆)」のしかも秋田産のものを売っているのを見つけて、どのような実力かを見極めるべく購入しましたが・・・。



風袋込みで260グラムが課税前で297円ですが、直売所のイベントの袋詰めの「小糸在来」は300グラム(税込み)で、300円でした。
小糸在来の方が安いですが、味は全く異なりますし、見かけも大違いです。



私の作っている「丹波黒」はプランター栽培のもので、この秋田産のものより豆が大きくなって(太って)いません。

 

しかし味は「地元産」のプライドにかけて、絶対に美味しいと思っていましたが・・・。

 

手前が私の育てているものです。
豆が太っていない割には、黒豆らしい皮の色になり始めています。
そして、肝心な味は・・・。



「丹波黒」として満足のいく味でした!!
現時点の私の豆よりはっきりと美味しいです!
好みかも知れませんが、収穫したての直売所の「小糸在来」よりもです!!


おそらく流通から展示まで温度管理がしっかりしているからだと思いますが、こんな品質で売られていては私の出る幕はありません。

そろそろ私の家庭菜園は、「終活」に入るべきかも知れませんね。
コメント