YNWC的な日常

ブログ開始から10年。横浜で見られる生き物や季節の遊び、食べ物などを紹介しています。

モダマの活用法

2020-10-21 07:27:00 | ビーチコーミング



モダマシリーズ第3弾

海を旅する幸福の豆「モダマ」。
第2弾では、シャンプーのお話を書きましたが、原産地や漂着地では、大概アクセサリーや飾りに利用されているようです。

海外で見かけたモダマたち↓


ムル(マレーシア


アマゾン(ペルー)


イキトスの宿屋(ペルー)


チェンマイ(タイ)

アフリカでもアクセサリーに加工されたものをたくさん見かけました。

というわけで、わたしも色々作ってみましたよ。



家にあったウッドビーズや革紐、麻紐などを組み合わせ、あれこれ試してみたのですが、結局の所ところシンプルなものがいちばんかなというのが結論。

お気に入りはこれ↓





普通に持ち歩いても、それほど違和感ないんじゃないかと思うのですが、どうだろう???

ごちゃごちゃしたものは時間がかかるわりにイマイチ(^^;;



籐のバッグとかになら合うのかな?

以前ビーチコーミングで拾ったときにはこんな風に加工していたようです↓


基本は同じような作り方ですが、コットンの紐を使うと素朴な感じになりますね。いずれにしても、こういうのはセンスだなぁと…。なかなか難しいものですね(^^;;

まあ、個人で楽しむ分には満足…



なんてったって「幸福の豆」ですし…♪

ちなみにモダマの種皮は硬いので、穴をあけるためにミニルーターを使いました。



ミニルーターというのは、ペンのように持って使う電気工具で、先端部分を交換することで、穴を開けたり、研磨したり、彫刻したり…。様々な用途に活用できます。

以前使っていた300円(100円ショップで購入)のものが壊れてしまったため、新たに通販で購入。いろいろついて2000円弱。

いい感じかも♪



いろいろできたので、袋詰め。

石垣島から届けていただいた165個のモダマたち。存分に楽しませていただきました。モダマ愛(?)がいっそう深まった秋です(*^_^*)


おまけ↓



特別展「医は仁術」2014年@国立科学博物館で見かけたモダマの展示。

昔の薬屋さんのコーナーに飾られてました。生薬としても扱われていたようです。
まだまだ奥が深い!!






大人気のアマビエ様
出典は、京都大学附属図書館所蔵「肥後国海中の怪」

こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★

季節の話題がギュッと詰まったホームページを新設しました→横浜歳時記七十二候

日々の自然情報をインスタでアップしていますynwc_photos

★★★★★★★★★★★★★★★★"








コメント

モダマシャンプー!?

2020-10-20 06:58:00 | ビーチコーミング



職場でモダマの種子を散布(?)するにあたり、こちらの鞘も持っていきました。 

ちょうど外国語講師の方がいらっしゃっていたので、この豆を見たことがあるか聞いてみました。

彼女はフィリピン出身で、初めは「タマリンド」という同じマメ科の植物(東南アジアではメジャーな果物)と混同されていましたが、学名のentada phaseoloidesを手掛かりにネット検索してくださり、

「フィリピンで使われているシャンプーの原料」

と教えてくれました。

えええーーーっ!?
モダマってシャンプーになるのですか?
初耳〜!!!!!


そのシャンプーは現地では
gugo shampoo 
と呼ばれ、それなりに有名らしいです。たしかに、Wikipediaの記事の中に「gugo」の文字が!!!


Wikipediaより




植物由来の石鹸といえば同じマメ科のサイカチが思い浮かぶけれど、モダマにもサポニンが多く含まれているなんて初耳。

ネットで調べてみても資料は少なく…
「グゴシャンプー」についてはある程度のサイトはあるのですが、その原料のこととなると、そこまで詳しくは書いていなくて…



熱帯の国フィリピン!
謎のシャンプー「GUGO」!!!

色々調べてわかったのは、どうやらグゴシャンプーは、ヒメモダマの樹皮を叩いて薄く伸ばした繊維を原料にしているようです。

これはいつの日か調査(?)な行かねばなりません。



ちなみに外国語講師の彼女の話によると、彼女が中学生の時「サイエンスプロジェクト(おそらく総合学習的なもの?)」で、この「グゴシャンプー」をテーマに友人と2人でレポートを作成したとのこと。自宅で2人でシャンプーし合ったんだそうです。

フィリピンでもエコが意識されていて、天然成分由来である「グゴシャンプー」はそうした意味でニーズが高まっているとのこと。

同じマメ科のサイカチはサポニンが多量に含まれることで有名ですが、まさかモダマの樹皮にもサポニンが多量に含まれているとは(詳しくは調査中)!!



ちなみにベトナムにはボーケットシャンプーというサイカチを原料にしたシャンプーがあるようです。

また、ムクロジの実は、ソープナッツとして多くの国で石鹸として使われています。



今、こうした天然成分由来の石鹸が世界各国で見直されているんですよね。日本でもオーガニックコーナーなどで見かけるし…

もちろんグゴシャンプーも国内での販売もあるようです。私としては商品そのものも気にはなるところではありますが、それよりも樹皮を叩いて平らにしたという原材料を見てみたい!!!

コビットの問題がなければ、今年の冬はフィリピンに飛んでいたことでしょう…
残念だけれどらもう少し落ち着いたら実現したい夢の一つにしておきますり

石垣島から届いたモダマをきっきっかけに好奇心に火がつきましたよ。外国語講師のほっこりした思い出話も聞かせてもらえたし、人とのつながりが、こうして新たな扉を開いてくれたことに感謝感激♪

人との出会いこそ、人生を豊かにしてくれるんだということを実感。皆さま、これからもどうぞよろしくお願いします。





大人気のアマビエ様
出典は、京都大学附属図書館所蔵「肥後国海中の怪」

こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★

季節の話題がギュッと詰まったホームページを新設しました→横浜歳時記七十二候

日々の自然情報をインスタでアップしていますynwc_photos

★★★★★★★★★★★★★★★★"




コメント

モダマの種子届く!!

2020-10-19 10:32:00 | ビーチコーミング



石垣島の野鳥ガイドさんから、こんなにたくさんのモダマの種子を送っていただきました♪

その数、なんと165個!



丸いもの、四角いもの、こげ茶のもの、薄茶のもの、いろいろな形状のものがありますが、どうやらほとんどはコウシュンモダマ(ヒメモダマ)という石垣島に自生するモダマのようです。



以前、件の野鳥ガイドさんに「今ならバンナ公園でモダマの実が見られますよ」と案内していただいたときに見たモダマの鞘↓

世界の熱帯、亜熱帯地域に見られる常緑蔓植物で、30種(アジア地域限定なら8〜9種)近くあるとされているようです。

大きなものでは蔓の直径が50cm以上、鞘の長さも1mを超え、世界最大の豆と言われています。うっかり落下地点を通りかかってしまったら危険すぎます!!!



これは上野の骨董市会場の片隅で見つけたモダマの鞘。商品見本だったにもかかわらず値切ってゲットしたお値打ち品(笑)
※骨董ではありません

これは東南アジアから輸入したものということで、ピーチコーマーの間では「太っちょモダマ」と呼ばれるモダマの鞘です。

今回いただいた中にも入っていました。


左側のぷくっとしたモダマです。横から見ると暑厚さの違いがよく分かりますか↓



外国産モダマが石垣島で拾えるという不思議。モダマは海を旅することができる海流(水流)散布型種子なのです。

水に浮く仕組み、漂流中に腐らない仕組み、呼吸に必要な酸素を確保する仕組みなどなど、多くの工夫が組み込まれた豆!!




海に流れ着くことから「Sea beans」と呼ばれたり、遠く旅して根を下ろすことから「幸福の豆」とか「ラッキービーンズ」とか呼ばれることも。海外ではハート型に近いことから「Sea heast」と呼ぶこともあるようです。

そんな幸福の豆を165個も送っていただきました♪

とても自分1人で消費できる量ではありませんから、職場のお客様たちにお裾分け〜♪



ラベルを作成して袋詰めしてみましたよ。

少し「ツヤ」を出してみようと、ハンドクリームを塗ってみたところ、薄茶のものはこげ茶に復活。



乾燥していたってことでしょうか…。
この色の違いは識別ポイントではなかったようです。最初は違う種類かと思っていました(^^;;

丸いものも四角いものも、真ん中が高くなっているのは、どうやらコウシュンモダマ(ヒメモダマ)のようでした。中には発育不良なのか真ん中が高くなってないものもありましたけど…

たぶんこれみ〜んなコウシュンモダマ↓
(確証はありません)



そんなわけで130個近くは職場のお客様と同僚の皆さんに貰われて行きました。

お客様とは以前こんなお話もしているので、石垣から届いた素敵な贈り物効果で、さらに植物や生物への興味づけになってくれるたらなぁ…




運良く子どもたちの心に残ってくれたら、このモダマの種子たちは、未来を担う子どもたちの心に蒔かれたといっても過言でなかったり…。



たくさんの幸福を送っていただいた、ガイドさんのお店はこちら。


野鳥ガイドさんとしての腕も素晴らしいです。石垣島で自然観察をされたい方はぜひコンタクトを取ってみてください。

こんなに素敵な贈り物を送っていただき、ありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡


大人気のアマビエ様
出典は、京都大学附属図書館所蔵「肥後国海中の怪」

こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★

季節の話題がギュッと詰まったホームページを新設しました→横浜歳時記七十二候

日々の自然情報をインスタでアップしていますynwc_photos

★★★★★★★★★★★★★★★★"






コメント

蟋蟀在戸(寒露末候)

2020-10-18 06:40:00 | 七十二候



☀️日の出/日の入り(横浜市)🌙月齢
(2020年)
10月18日☀️5:50/17:02🌙1.3
10月19日☀️5:51/17:01🌙2.3
10月20日☀️5:52/17:00🌙3.3
10月21日☀️5:53/16:59🌙4.3 
10月22日☀5:54/16:58🌙5.3

本日より寒露末候「蟋蟀在戸」。日暮れがいよいよ16:00台へと突入。そして寒い!!12月初旬並みですって!!
戸口でキリギリス(コオロギとの説も)が鳴き始める季節とありますが、こんなに寒くて大丈夫でしょうか?

なお、写真はキリギリスでもコオロギでもなく、ツチイナゴです(^^;;



さて、話は変わって。この季節の夜空のイベントといえばオリオン座流星群。

今年は10月21日に極大となるようですが、今年は活動は体調との予想が出ているようです。条件の良いところで1時間に5〜10個程度らしいので、我が家からではまず難しいかな…。

【季節の果実】カリン



かりんの実が黄色く色づいてくる季節。カリンは砂糖と一緒に煮詰めると茜色の甘酸っぱいジャムになります。その色の美しさは格別。






去年のジャムは、まだまだ煮詰め方が足りなかったので、今年はリベンジしたいです。

【季節の樹木】紅葉・黄葉・落葉



鍵の色が移り変わる季節。地元横浜の紅葉はドラマチックとは呼べない程度に過ぎ去りますが、ちょうど今の季節は各地から紅葉の便りが届き始める頃。

落ち葉の保存法については前候で書きましたので、本候では遊び方をいくつか紹介。









大人気のアマビエ様
出典は、京都大学附属図書館所蔵「肥後国海中の怪」

こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★

季節の話題がギュッと詰まったホームページを新設しました→横浜歳時記七十二候

日々の自然情報をインスタでアップしていますynwc_photos

★★★★★★★★★★★★★★★★"






コメント

簡単!美味しい!シソの実の塩漬け

2020-10-16 07:29:00 | 食べもの



少し前の話ですが、シソの花が咲きました。暑い時期は、葉っぱをこまめに詰んでは。食べていたので花が咲くに至らなかったのですが、すっかり忘れて気づけば花も終わりかけ。


これは食べ頃と思い、少量ではありますが、収穫。

よく洗ってから、実を取り外し、さっと茹でます。



ちょっぴりですが鮮やかな緑になりました♪

あとは水気を切り、適当に塩をまぶします。



ご飯にのせて、いただきました。
食べる気持ちが勝って写真はありません…
(^^;;

あっという間に食べ終わってしまいましたが、とても良い香りでした。



シソは日本を代表するハーブ。
ビタミン、ミネラル、カルシウム、カロチン、カリウム、鉄など、体に良い栄養素がたくさん含まれています。

葉も花も、実も利用できる優れもの。
しかも簡単に育つのもありがたい。
来年はもっと育ててみようかなぁ…。





大人気のアマビエ様
出典は、京都大学附属図書館所蔵「肥後国海中の怪」

こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★

季節の話題がギュッと詰まったホームページを新設しました→横浜歳時記七十二候

日々の自然情報をインスタでアップしていますynwc_photos

★★★★★★★★★★★★★★★★"




コメント