グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

ぐんま昆虫の森 早春  福寿草 節分草

2011年02月28日 21時08分35秒 | ぐんま昆虫の森
一昨日、土曜日の午後はぐんま昆虫の森
約一ヶ月ぶりです。



土曜日の気温は、春一番が吹いた前日に比べれば低かったものの、この時期としては高めでしたが、風がやや強かったので、チョウは見られず。

ふきのとう 


雑木林の中のフクジュソウ 






フクジュソウは虫媒花。普通、虫媒花は蜜を出して花粉を運んでくれる虫たち(花粉媒介者・ポリネーター)を呼び寄せますが、フクジュソウの花には蜜がないそうです。
では、どうやって虫を呼ぶかというと、「暖かさ」なんだとか。



フクジュソウの花は、パラボラアンテナのように見えますが、まさにその通りで、花の真ん中に太陽の光を集めるようなっています。だから花の中は周囲より温度が高くなります。
まだ気温の低い早春、フクジュソウの花の中はポッカポッカ。その暖かさを求めて虫が来訪するらしい。
フクジュソウは蜜というモノではなくて、暖かな場所を提供することで虫を集めているようです。面白いね。



セツブンソウ 



関東地方以西の本州に分布するギンポウゲ科の植物。セツブンソウもフクジュソウ同様、スプリング・エフェメラルの一つです。


スプリング・エフェメラルは里やまの雑木林のサイクルに適応した植物です。早春に花を咲かせ、林内が明るいうちに種子をつくり、光合成を十分に行います。木々の葉が茂って林の中が薄暗くなる夏には地上部分はすっかり枯れて翌年の早春まで姿を消してしまいます。
雑木林が利用されなくなり、荒れてしまうと、スプリング・エフェメラルの可憐な姿も見られなくなってしまいます。


つづく


コメント (4)

今日の花や鳥

2011年02月27日 23時04分13秒 | 自然観察
今日の前橋の最高気温は4月上旬並の15.5℃。穏やかで春~って感じの陽気でした。

オオイヌノフグリ 



コバルト色のかわいらしい花は、春の訪れを感じさせてくれますが、ヨーロッパ原産の帰化植物。1890年頃に侵入しました。

セイヨウタンポポ 


ホトケノザ 

こちらは帰化植物ではありませんが、世界中に広く分布している植物です。

ナズナ(ペンペン草) 


ナナホシテントウ 

越冬していた虫たちも、もぞもぞと動き出したようです。啓蟄は1週間先ですが・・・。

今日の鳥
モズ 

フェンスに止まって、地面を見まわして餌を探しているようでした。

ジョウビタキ 


コメント (2)

ヨシガモ 敷島公園ボート池にて

2011年02月26日 19時06分49秒 | バードウォッチング
国体道路脇のカワヅザクラをの様子をチェックした後、カモでも見ようかと公園のボート池へ。
やはり、カルガモ、オナガガモなどいつものメンバーだなぁと思いながら、のんびり泳いでいるカモたちを見ていたら・・・・

カルガモに交じって泳いでいるヨシガモ発見!


敷島公園のボート池で見たのは初めてです。


ヨシガモは私の一番のお気に入りのカモですが、ここで会えるとは思っていなかったのでビックリ

長く垂れ下がった三列風切が実に優雅で美しいのでございます。

オナガガモ 羽のお手入れ中


水面に浮かんでいる餌をパクパク


マガモ 


ヒドリガモ 

コメント (2)

サクラサク 2011

2011年02月26日 11時20分30秒 | さくら・さくら
上毛新聞敷島球場の隣、国体道路沿いのカワヅザクラが咲き始めました!


ねこじゃらしさんのブログでは、22日(火)に開花速報記事が出ていました。
昨日の暖かさで、開花がだいぶ進んだかなぁと思っていましたが、まだ咲いている花は数えられるくらい。少々寂しい感じではありますが、今年の初桜花に心ウキウキでございます。






2011年、さくらシーズン開幕です!

敷島公園の梅は満開




コメント (2)

春一番 キタテハ キタキチョウ

2011年02月25日 22時49分37秒 | 自然観察
 雪がとけて川になって流れて行きます
つくしの子がはずかしげに顔を出します
もうすぐ春ですね
ちょっと気取ってみませんか~ 

関東地方では今日、春一番が吹き、気温はぐんぐん上昇。前橋も21.9℃、5月上旬並みの陽気となりました。
この暖かさで、成虫で越冬していたチョウたちが舞う姿が見られました。

キタテハ 






キタキチョウ

 





現在の前橋は、昼間とは一転して強い北風が吹いています。明日の朝は冷え込みそう。
冬と春が力比べをしているようです。季節の変わり目を実感した一日でした。
コメント

サンパチ豪雪

2011年02月24日 21時36分05秒 | その他
2月下旬になり、春を感じることが多くなってきましたが、この冬は昨年末から各地で大雪に見舞われ、積雪の深さが観測史上1位を更新した地点も少なくありませんでした。
また、大雪による交通の混乱や、雪下ろし中の事故なども数多く発生し、改めて自然の驚異を認識させられました。
この冬の大雪が原因の死者数は2月14日現在、全国で122名にのぼっています。

過去、大きな災害が発生したとして気象庁が命名した豪雪は、「昭和38年1月豪雪」、「平成18年豪雪」の2つです。
昭和38年1月豪雪は、昭和38年の1月から2月にかけて、北陸地方に大きな被害が発生した豪雪で、“38豪雪(サンパチ豪雪)”などとも呼ばれています。
この豪雪は、私が生まれる少し前でしたが、私の手元には、当時の写真が3枚あります。
両親の生まれ故郷の新潟県長岡市郊外で昭和38年2月10日前後に撮影された写真です。

積雪により、民家の1階部分は完全に雪に埋まっています


除雪・消雪活動に派遣された自衛隊


写真の裏には積雪3mと書かれています。


昭和38年1月豪雪の被害
死者228名、行方不明者3名、負傷者356名、住家全壊753棟、半壊982棟

昭和38年1月豪雪(通称38豪雪) 気象庁データベース


ところで、豪雪地帯は過疎・高齢化が進行している地域と重なります。この冬も一人での雪下ろしをしていた高齢者が死亡したという悲惨な事故の報道をたびたび目にしました。
今後日本全体の人口減少が進行していく中で、自治体の除雪予を大幅に増やすことは困難でしょう。また、各地で除雪のボランティア活動なども行われているようですが、それにも限界があります。
『撤退の農村計画』のような人口減少時代に合った施策が必要になると思います。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント (2)

窓越しバードウォッチング

2011年02月21日 22時17分21秒 | バードウォッチング
昨日の嶺公園野鳥観察会の後、せきれいさんのお宅にお邪魔しました。
冬場、せきれいさん宅には野鳥レストランがオープン。たくさんの野鳥がやってきます。
書斎からは庭が見渡せ、セキレイさんはデスクに向かいながら鳥見を楽しまれています。

いつも、うらやましいなぁと思いながら、そのブログ記事を拝見していましたが、昨日は私も窓越しバードウォッチングを体験させていただきました(^^)

大好きなオレンジジュースを飲みに来たメジロ 




ヒヨドリ 


メジロ用のジュースの容器には止れないので、器用にホバリングして飲んでいます。

このヒヨドリ、つい最近になってホバリング技術を習得したようです。小さな容器に入ったジュースを何とかして飲みたい!と思ったのでしょう。“必要は発明の母”ですねぇ

シジュウカラ  

シジュウカラはペアで来ており、他のシジュウカラが来ると、2羽で追い払っていました。
シジュウカラは結構気が強い・・・(^^;)

ツグミ 

力関係:ムクドリ≧ヒヨドリ>ツグミ

キジバト 


ハクセキレイ 


カケス 


次から次へ鳥たちがやってきて賑やかでした。寒い日でも自宅の部屋の中から鳥見が楽しめるとは、ホントうらやましい環境でございます。
コメント (4)

嶺公園野鳥観察会&電気自動車試乗

2011年02月20日 21時42分17秒 | 自然観察
今日はやや雲が多かったものの、風もなく穏やかな鳥見日和。
嶺公園で行われた前橋市環境課主催の野鳥観察会に講師の一人として参加しました。
講師の依頼があった時に、私では役者不足・・・と、お断りしようかと思ったのですが、嶺公園はいつも通っているフィールドでもあるし、何事も経験と考え、引き受けました。
しかし、やはり約20名もの人たちを一人で担当するのは難しかった・・・。終了後、何名かの方から「面白かった」との声も頂き、ホッとしましたが、私としては自分の経験不足を痛感しました
探鳥会のリーダーの役を担うにはもっと修行を積まねばなりません。



嶺公園野鳥観察会で確認された鳥(2011.2.20) 
カワウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、トビ、キジバト、コゲラ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コジュケイ、カオジロガビチョウ


********************************************************************


野鳥観察会終了後は、電気自動車の試乗会。


前橋市は今年度、3台の電気自動車(日産 LEAF)を導入し、市長用公用車、防犯パトロールカー、環境イベントなどで利用しています。

向かって左側が充電スタンドでの急速充電用、右が家庭で充電可能な充電ポート


フル充電での航続距離は約200kmだそうです。一般のガソリン車の半分程度なので短いなぁと感じますが、家庭でも充電できるし、街乗り用としては十分な能力ですね。
公園内の車道を少し運転させてもらいました。当たり前ですが、エンジンの音やかすかな振動も感じません。車を運転しているという気分になりませんが、慣れれば違和感は無くなるのでしょうね。
アクセルを踏んだ時の加速感は、ガソリン車と変わりはありませんでした。

市立高校美術部の生徒がデザインした絵もなかなかカワイイ(^^)


午後、自家用車の点検に日産のディーラーに行ったら、充電スタンドがありました。

前橋市では独自の電気自動車購入助成金制度もできるようですし、都市部では意外と早く普及するかもしれませんね。(まぁ今後の景気次第ではありましょうが・・・)
コメント (6)   トラックバック (1)

トラツグミのダンス

2011年02月19日 23時22分02秒 | バードウォッチング
今季の嶺公園では、よくトラツグミに出会えます。
今日も間近でじっくりと観察させてくれました。


和風のシブ派手な羽の模様は、枯葉や枯草の中では周囲に紛れてしまい全く目立ちません。じっと動かないとどこにいるのか分からなくなってしまいます。


トラツグミの餌は昆虫やミミズなど。落ち葉をひっくり返しながら餌を探すのですが、その時に面白い行動をとります。体をぶるぶると震わせるのです。その様子は流行のヒップダンスを踊っているようにも見えます。

体は激しく揺れていますが、頭は全く動いていないのがスゴイです。

振動で隠れている虫を追い出しているのでしょうか?



シロハラ 

シロハラはトラツグミに近い仲間で、同じように落ち葉の下の虫などを食べますが、トラツグミのような体を震わせる行動は見られません。

マンサクの花が見頃です。


見れば見るほど面白い花弁ですね

コメント (8)

月の入り

2011年02月19日 22時16分09秒 | 自然観察
今朝6時15分頃、眠い目をこすりながらカーテンを開けて外を見ると、榛名山の上にきれいな月が見えました。


あっと言う間に沈んでしまった。


コメント