グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

最近

2017年12月15日 20時18分58秒 | 動物・ペット
モコ君






人間の歳に換算すると、60代半ば。最近、歳をとったねぇと思うことがしばしばあります。
寝ていることが多くなったし、周りの物音に鈍くなったし。 散歩では、まだまだ元気に歩いてますけど。
長生きしてほしいな・・・。


コメント

雨・・・

2017年07月29日 21時52分12秒 | 動物・ペット
今日は朝から雨が降ったりやんだりの梅雨のような空模様。
先週は食あたりで土日ともつぶしてしまったし、このところ、全然、虫見に出かけられない・・・ (^^;)

雨降だと散歩に行けないモコ君もストレスたまってるだろうな




コメント

モコ君

2017年01月21日 18時45分41秒 | 動物・ペット
モコ君

先日、尿路結石の手術をしました。2回目です。
1回目の手術以降、尿路結石に対応した餌を与えていたのですが、再発。
食事に気を付けていても再発は完全に防げないのでしょうかね? 体質だから仕方ないのかな・・・。


コメント

Before-After

2016年01月31日 17時56分37秒 | 動物・ペット
昨年末から体調を崩していたモコ君(トイプードル♂10歳)。 ストレスがかかるということで、獣医さんからトリミング禁止令がでておりましたが、やっと体調が元に戻り、先日、ボサボサになってしまった毛をカットしてもらうことができました。

Before


After

サッパリしたね (^^)
トイプードルの10歳は、人に換算すると50代半ばくらい。私より‘年上’になりました。


おまけ
ホオジロ





コメント

連休初日は雨

2014年11月01日 20時08分53秒 | 動物・ペット
今日から三連休ですが、残念ながら前橋は雨。最高気温は16℃。
家から一歩も出ずに、本を読んだり、PCでネットを見たり、借りてきたDVD観たり、犬と遊んだりしてダラダラと一日を過ごしました。(借りてきたDVDは「マトリックス レボリューションズ」。ミフネ隊長、カッコイイ)

モコ君




人年齢に換算すると、私とほぼ同年代でございます。





午後、雨が途切れた時に空を眺めておりましたら、ツグミが1羽、鳴きながら上空を通過していきました。



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村
コメント

ジャパンスネークセンター  (ヘビ画像多数 閲覧注意)

2014年09月21日 20時43分34秒 | 動物・ペット
土曜日の午後、太田市藪塚町にある「ジャパンスネークセンター」に行ってきました。


ジャパンスネークセンターは、ヘビの研究機関である「財団法人 日本蛇族学術研究所」が運営するヘビ専門の動物園です。

白蛇(はくだ)観音様に導かれ、園内へ


日本の毒蛇の代表、ニホンマムシ


マムシは屋外の飼育場でもたくさん見られます(タンビマムシ)




セイブダイヤガラガラヘビ (毒蛇)

アメリカ南西部からメキシコ北部に分布。全長80~210cm。毒が強く攻撃的で危険。

アメリカマムシ (毒蛇)

アメリカ南西部~メキシコ北西部に分布。全長50~130cm。毒は弱く、重症例は少ない。

ブラックマンバ (毒蛇)



極めて危険な毒蛇で、専門家にも恐れられているようです。
こんな危険なヘビを違法に飼育しているマニアがいることが信じられん・・・。

ビルマニシキヘビ 

中国南部からミャンマー、インドネシア、ボルネオ、ジャワ、スラウェシに分布。最大で6.5m。抱卵し、筋肉を収縮させて発した熱で卵を温める。

アミメニシキヘビ

東南アジアに分布。最大10mにもなるアジア最大のヘビ。

ボアコンストリクター

メキシコからアルゼンチンまでと、小アンチル諸島に分布。2~3m。

ハブの採毒実演



大きな牙。毒の量も多いです。
でも、ハブによる死者は、最近は数年に一人あるかどうかくらい。それに対して、マムシによる死者は年間5名くらいあるそうです。



このイベントは土日に一日3回開催されています。採毒の実演だけでなく、ヘビ大好きオーラを放っている講師から毒蛇に関する講義も聞けます。


ヘビ大好き~って人は、あまり多くないと思いますが、ヘビ嫌いな人も、一度行ってみて損しないところだと思いますよ。多分・・・ (^^;)



ジャパンスネークセンター公式サイト

蛇研裏話 日本蛇族学術研究所のスタッフによるブログ



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村










   「ゆるキャラグランプリ」ぐんまちゃん投票用ページ


コメント (2)

同い年?

2014年02月20日 22時01分25秒 | 動物・ペット
我が家のモコ君

換算すれば、私とほぼ同い年・・・ (^^;)

血尿、頻尿の症状がでたので、獣医さんに連れて行ったら膀胱結石と診断され、昨年末に手術を受けました。手術直後は痛々しい感じでしたが、現在は元通り元気です (^^)
最近、ちょっと太ってきたので、現在ダイエット中。 私も見習った方がイイかな?

コメント (2)

世界の名犬牧場

2013年05月24日 22時34分21秒 | 動物・ペット
先日、前橋市富士見町石井にある「世界の名犬牧場」にモコ君を連れて行ってきました。

モコ君、ドッグランで大喜び (^^)





でも、若い頃に比べると、走りに勢いがなくなってきたように感じます。
考えてみれば、モコ君も今年で8歳。人間に換算すると50歳近くですからねぇ。私とほとんど変わらないオジサンです。走りに勢いがなくなったのも当然でしょうか・・・ (^^;)




世界の名犬牧場
コメント (2)

ジャパンスネークセンター(太田市藪塚町)

2011年07月23日 23時58分34秒 | 動物・ペット
今日は太田市の藪塚温泉にあるジャパンスネークセンターに行ってきました。
ジャパンスネークセンターは名前で分かるように、ヘビ専門の動物園、ヘビのテーマパーク。
施設も古くなり、温泉地の射的屋とかスマートボール場と同じ昭和的な匂いがします(そんな雰囲気、私は嫌いではありませんが)。地方によくある寂れたテーマパークとも言えるかも知れませんが、スネークセンターをナメてはいけないよ、君!
スネークセンターは日本のヘビ研究の拠点、財団法人日本蛇族学術研究所の展示施設です。身近なヘビから世界各地の大蛇や毒蛇の生体や標本が展示され、さらにはヘビと触れ合えるイベントも行われているという、ヘビ好きにはタマラナイ施設であります。(私は、ヘビ大好き!ってほどではありませんが、嫌いじゃありません。カエルに比べたら5万倍くらいヘビの方が好き・・・)

入り口近くに建つ白蛇観音(はくだかんのん)

昭和46年建立。

ビルマニシキヘビ

最大6.5m 平均3~4m

ビルマニシキヘビの、みなみちゃん


ボアコンストリクター


最大5.5m 平均2~3m


インドニシキヘビ

最大6m 平均3m。ワシントン条約付属書Ⅰに記載。

アミメニシキヘビ


最大10m以上。野ブタやヤギ、シカやニワトリなどを捕食。


アフリカニシキヘビのダーナちゃん


身近な毒蛇ニホンマムシ

落ち葉の上だと、まったく目立ちません。気を付けましょう。

ハブ

言わずと知れた日本最大の毒蛇

エラブウミヘビ

強い毒を持っていますが、性格はおとなしく、人に危害を加ええることはほとんどありません。

エジプトコブラ


クレオパトラはコブラに胸を咬ませて自殺したと伝えられていますね。


サハラツノクサリヘビ

砂の中に隠れています。

アメリカマムシ


ビルマアオハブ


トウブグリーンマンバ

見かけは無毒に見えますが、強い神経毒を持ち、咬まれると極めて危険だそうです。

ブラックマンバ

全長2~2.5m。ヘビの中で最速の運動能力を持ち、毒も非常に強いうえに攻撃的。極めて危険な毒蛇。専門家にも恐れられているらしい。

ブームスラング

カワイイ顔をしていますが、コイツも素早い動きと強い毒を持つ危険なヘビ。


縁起の良い白蛇 アオダイショウの白化個体です。




シマヘビ


屋外でたくさん飼われています。





きれいな骨格標本





土日には、ハブの採毒が見られます。


もちろんガラス越しの見学ですが、すぐ目の前で攻撃態勢をとっているハブは、迫力あります。


ピンボケですが、牙から毒が滴っているのが見えます


すごい牙です


エボシカメレオン

カワイイですね

ツチノコは残念ながら展示されていません (^^;)



おまけ
昭和の香り高きロボットコブラ



ジャパンスネークセンター公式サイト

コメント (2)

日本鳥学会自由集会 カワウを通して野生生物と人との共存を考える

2010年09月19日 15時04分34秒 | 動物・ペット
昨日は、日本鳥学会2010年度大会の自由集会「カワウを通して野生生物と人との共存を考える」での講演を頼まれ、船橋市の東邦大学習志野キャンパスへ


「カワウを通して野生生物と人との共存を考える」という自由集会は今回で13回目。これまでにも多くのテーマで活発な議論が行われてきました。


私がこの自由集会に参加するのは今回が初めて。多くの鳥の研究者を前にして話をするのは初めてでしたので少々緊張しましたが、エミリーと一緒にやった水産試験場内での実験や烏川でのエミリーの活躍などについて紹介しました。




野生動物の増加、分布拡大によって引き起こされる人間との軋轢は、カワウだけでなく色々な動物で最近大きく取り上げられています。
関係者が知恵を出し合って、なんとか少しでもイイ方向に進めたいですね。


日本鳥学会

野生鳥獣の保護管理(ワイルドライフ・マネジメント)の推進について 兵庫県

コメント