グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

鳥見散歩 嶺公園

2010年01月31日 18時38分28秒 | バードウォッチング
この土日は暖かでしたね。前橋の最高気温は、昨日が13.4℃、今日は12.0℃。
土日とも嶺公園で鳥を見ながら歩きました。


キンクロハジロ

手前が♂、奥が♀

寝ぐせ? ちょんまげ? (^^)


羽繕い


1羽だけいるオナガガモ


シジュウカラ






シロハラ

黄色で縁取られた目がチャームポイントだね (^^)

キジ


ミヤマホオジロ



目立つ冠羽、眉斑と喉の黄色、胸の黒い三角形が特徴的。冬鳥として全国に渡来します。


嶺公園で見つけた鳥(2010.1.30-31)
マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、キジ、キジバト、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アトリ、シメ、カケス、ハシボソガラス、カオジロガビチョウ
コメント (2)

ぐんまちゃんスキー場に行く!

2010年01月29日 22時16分55秒 | その他
ぐんまちゃんは群馬県のマスコットキャラクター
          
平成6年に開催された、第3回全国知的障害者スポーツ大会「ゆうあいピック群馬大会」のマスコット「ゆうまちゃん」として生まれました。平成20年7月、東京に「ぐんまちゃん家(ち)」がオープンしたことを契機に、二代目ぐんまちゃんを襲名。
ゆるキャラまつりに参加したり、ぐんまの観光キャンペーンなどでがんばっています。

ぐんまちゃん、おっとりとしているように見えますが、実はスポーツが得意。
先日は、みなかみ町にある宝台樹スキー場で楽しんできたようです。



ぐんまちゃんがこんなにスキーが上手いとは、思いませんでした。拍手!

そうそう、この動画で流れているのは、ぐんまちゃんの歌「友だちになろうよ」ですが、歌っているのは松本典子さんです。

ぐんまのマスコット 「ぐんまちゃん」 群馬県





スキー場情報など群馬の観光情報はこちらから → 群馬の観光情報サイト

コメント (10)

彩雲 (と思ったら、環天頂アークだった)

2010年01月28日 21時48分10秒 | 自然観察
(2010.1.29に訂正&追記しました)

昨夜は月暈を見ましたが、今日は雲がきれいな色に染まる彩雲を見ました(正しくは「環天頂アーク」)


彩雲は、太陽の近くの雲が、雲中に含まれる水滴や氷粒に太陽光が回折や干渉をすることで緑や赤に彩られる現象です。
瑞雲、慶雲、景雲などとも呼ばれます。

彩雲は昔から吉兆とされているそうですが、実はありふれた気象現象だとか・・・
でも、きれいな雲が見られて嬉しいぞ。なんかイイことがありそう!って気分になります(^^)

【このきれいな雲、彩雲だと思っておりましたら、気象予報士のさとたけさんから、これは環天頂アークであろうというご指摘がありました】
さとたけさん、ありがとうございました。


雲・大気現象・大気光象について/よくある質問 気象庁



★          ★          ★          ★          ★          ★

今日の昼休み鳥見から
ホシハジロ

職場に隣接している池にしばらく前からマガモやコガモに混じって1羽だけいます。

ヒヨドリ

色は地味だし、ピーヨ、ピーヨと叫ぶ声はやかましいし、我が家のキンカンを食い荒らしちゃうヒヨちゃんだけど・・・
ボサボサ頭、褐色のほっぺ。よく見ると結構かわいい顔しているよね。
コメント (6)

月暈

2010年01月27日 22時59分08秒 | 自然観察
今日の前橋は昼間は快晴でしたが、夜になって薄い雲が広がってきました。
空を見上げたら、月の周りに輪が見えました。

月暈(つきがさ、げつうん)です。


太陽にもこのような暈が見えることがありますね。
暈は太陽や月に薄い雲がかかった時に見られることがあり、光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する現象です。

『月が暈をかぶると雨になる』と言いますが明日の天気は?
本日17時 前橋地方気象台が発表した群馬県南部の天気予報は「北西の風 くもり 夕方 から 晴れ 所により 昼前 から 昼過ぎ 雨」。

Wikipedia
コメント (2)

ニアウリ・エッセンス

2010年01月26日 20時28分11秒 | 番外編(県外)
今回はグッドぐんま『超』番外編

ニューカレドニアのお土産で頂いたニアウリのエッセンス。“ニガウリ”ではありませんよ (^^;)


ニアウリはニューカレドニアに自生しているフトモモ科の木本。ユーカリやグアバ、クローブなどもこの仲間に入ります。

ニアウリ・エッセンスは地元ニューカレドニアでは、風邪の症状の緩和や傷薬など万能薬として利用されているそうです。

ティッシュペーパーに少量染みこませると、ス~とする心地よい香りがあたりに広がります。鼻や喉に効きそう~って感じの香りです。
風邪予防や殺菌・消毒作用、鎮痛作用、さらには脳を刺激して集中力を向上させる効果もあるそうです。

現地で撮影したニアウリの花の写真と葉も頂きました。

花の形がブラシノキに似ているなと思い、調べてみたら属は違いましたが、ニアウリとブラシノキは同じフトモモ科Leptospermoideae亜科でした。葉の形もよく似ています。

ニアウリ
 学名: Melaleuca viridiflora
 科名: Myrtaceae (フトモモ科)
 治療用の特性: 駆虫作用、解熱作用、抗リウマチ作用、殺菌作用、殺虫作用、刺激作用、
           消毒作用、鎮痛作用、粘液過多治癒作用、鼻粘液排出作用、癒傷作用
ニューカレドニア観光局HPより


ニューカレドニア観光局


                                        

1週間ほど前にやってきたイカルの群れは、まだ職場に逗留しています。
コメント (2)

Boulangerie Tom Sauyer b-tom

2010年01月25日 23時33分57秒 | 美味しい洋菓子やパン
前橋市天川原町にあるBoulangerie Tom Sauyer b-tom は、我が家のお気に入りのパン屋さんです。

先日の土曜日のランチ








トムソーヤのパンは美味しいね (^^)
このお店、自然志向のパン屋さんとしても有名です

Boulangerie Tom Sauyer b-tom (トムソーヤ)
 ■場所 前橋市天川原町1-40-7
 ■営業 9:00~19:00
      日曜・第3月曜定休



★          ★          ★          ★          ★          ★

お知らせ

1月27日(水)から2月2日(火)まで、群馬展が開催されます
「ふるさとの味と技の競演」をテーマに、人気店の味わいの品や丹精込めて作られた品などが高崎高島屋に大集合!

詳しくはこちらから→ 「第31回群馬展」開催について 群馬県
コメント (2)

今日も鳥見  桃ノ木川 & 隣町の探鳥会

2010年01月24日 20時09分43秒 | バードウォッチング
今朝は、桃ノ木川で早朝鳥見
前橋の朝の最低気温は0℃。それほど寒くはありませんでした。

ホオジロ

梢に止まって、さえずっていました。春近し・・・

ジョウビタキ


コガモ


ハクセキレイ


ヒヨドリ

ヒヨちゃんって、「トトロ」に似ていると思う・・・

桃ノ木川で見つけた鳥(浪花橋~竹橋 2010.1.24)
カイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、トビ、イソシギ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カオジロガビチョウ



桃ノ木川から家に戻り、朝食を済ませた後は隣町へ。町内会主催の探鳥会のお手伝いです。
この探鳥会のお手伝いをするのは昨年に引き続いて2度目。
参加者は小学生を中心に総勢30名弱。私を含め3人の野鳥の会会員が、フィールドスコープ(望遠鏡)を持って鳥を探しながら歩きました。

昨年見られたオオタカやハヤブサなどは、今回見られずに残念でしたが、今回はミコアイサ♀、キンクロハジロ、カワウなど昨年は見られなかった鳥を見ることができました。特にミコアイサ♀が見られるとは意外でした。

モズは何羽も確認できました。




カワウ


キンクロハジロ


ミコアイサ♀ 少々遠過ぎですが・・・(^^;)


ジョウビタキ♀ 探鳥会終了後に出てきてくれました。(もう少し早く登場して欲しかった・・・)


歩きながら鳥を探した後は、公民館で座学。
「鳥のさえずりと地鳴きの違い」、「農業と野鳥」、「鳥の渡り」について、勉強してもらいました。
私が担当したのは「農業と野鳥」。一昨日UPした記事の内容に加えて、北太平洋沿岸のラッコの消長と漁業への影響などから、自然界では人間が予測できないことが発生する可能性があるという話(生物多様性保全のさわり)をしました。
時間が少なかったので、話の内容は理解しにくかったかも知れませんが、自然保護の第一歩は、「身の回りの自然や生き物に関心を持つ」こと。今日の探鳥会に参加した子供たちが、これをきっかけに身近な自然に関心を持ってくれるとよいと思っています。

K町探鳥会で見られた鳥(2010.1.24)
カワウ、コガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、トビ、キジ、キジバト、ヒバリ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス
(探鳥会終了後に、カイツブリ、ジョウビタキ、カオジロガビチョウを確認)

↑(探鳥会中は撮影ができなかったので、鳥の写真は探鳥会終了後にもう一度同じコースを回って撮影したものです)



★          ★          ★          ★          ★          ★

今日の月
コメント

週末鳥見

2010年01月23日 21時02分34秒 | バードウォッチング
明日、隣町で行われる探鳥会の下見をかねて、昼食後にご近所鳥見へ。
今日の前橋の最高気温は10.3℃。風が少々吹いていましたが、それほど寒くは感じません、日なたを歩いていると暖かさも感じます。お天道様って偉大です。


ホオジロ


コガモ


ゴイサギは今日も微動だにせず・・・ 不動如山?


空を見上がると、カラスが猛禽を追いかけていました。
被害者はトビ? と思い双眼鏡を覗いたら、ノスリでした。

カラスの猛禽嫌いは筋金入りですなぁ

ご近所散歩で見つけた鳥(2010.1.23)
カイツブリ、ゴイサギ、コガモ、トビ、ノスリ、キジバト、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、オナガ、ハシボソガラス

★            ★            ★            ★

ご近所鳥見から家に戻ると、ピアノ塾から帰ってきた次女が「どっか行きたいなぁ~」。
「じゃぁ、嶺公園に行ってカモでも見ようか」 ということになり、3時頃になっていたのですが、ちょこっと嶺公園を散歩しました。

マガモ


キンクロハジロ御一行さま


冠羽がカワイイ (^^)


カシラダカ


菖蒲園の四阿で少し待っていたらカラの群れがやって来ました。コゲラやエナガも混じっています。
シジュウカラ




ヤマガラ


コゲラ


エナガ






歩きながら、後を歩く次女に「この辺で、ルリビタキに会えるかも知れないよ」と言って、前を向いたら、目の前にルリビ君がいたので、ビックリ
ルリビタキ


サービスのいい、ルリビ君に感謝。できれば日なたにいてくれると、もっと嬉しいのだが・・・(^^;)


小一時間ほどの鳥見でしたが、カワイイ小鳥たちがたくさん見られて、次女は大喜びでした。

嶺公園で見つけた鳥(2010.1.23)
マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、トビ、キジバト、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、カケス
コメント (2)

農業と野鳥

2010年01月22日 23時45分00秒 | 自然観察
農業と野鳥の関係と言えば、やはり鳥による農作物の被害でしょう。
平成20年度、農業の鳥獣害被害は全国で約199億円にのぼり、そのうち鳥によるものは約52億円です。群馬県では被害金額約4億円。うち鳥によるものは約2千6百万円です。
農作物に被害を与える主な「害鳥」には、カラス、ヒヨドリ、スズメ、カモ、ムクドリ、ハトなどがあります。

農水省 鳥獣被害対策コーナー

では、これらの「害鳥」は、どんどん駆除して絶滅させてしまえばよいのでしょうか?
スズメを例に考えてみましょう。


スズメは人家とその周辺の樹林、農耕地、草地、河原などに生息し、山奥や、廃村となってしまって人のいない場所では見られません。
スズメは主に植物の種子を食べ、特ににイネ科、タデ科、キク科などの小粒状の乾いた種子を好みます。
しかし、5月から7月のヒナを育てる時期には、昆虫(主にイモ虫)を大量にとります。

鳥の繁殖には、卵から大人と同じサイズの若鳥まで一気に育て上げるという、大きな特徴があります。ヒナを短期間で育てるためにはタンパク質が豊富な動物質の餌が必要です。このため、スズメなど繁殖期以外は植物の種子などを主食にしている鳥も、繁殖期には栄養価の高い昆虫を主食にします。
スズメも農地の害虫駆除に一役買っていると言えます。事実、スズメを駆除したために害虫の大発生があったという報告もあります。

また、繁殖期以外でも米や麦だけを食べているわけではなく、主に雑草の種子を食べているので、雑草防除にも役立っているとも考えられています。

こにように鳥の餌は季節や地域で変わることが多く、一面のみをとらえて「害鳥」、「益鳥」のレッテルを貼ることはできません。


中央農業総合研究センター 鳥獣害対策サブチーム


★      ★      ★      ★      ★      ★      ★      ★      ★

今宵の月
コメント

青柳本店の糸くるま (前橋市)

2010年01月21日 21時47分02秒 | 美味しい和菓子・まんじゅう
前橋市本町、国道50号線と駅前けやき通りが交わる交差点のすぐ東側にある青柳本店は、創業明治3年(日本がまだ西暦を採用する前!)という老舗の和菓子屋さんです。

このお店の看板商品糸くるま

上毛かるたに「県都前橋糸のまち」と詠われる前橋市らしい、繭を象ったかわいい最中です。

しかも、ただの最中ではありません。
生地はすり砂糖で薄くコーティングされ、シャリッと独特の食感。
そして、その生地に包まれている風味豊かな柚子餡は色も美しい (^^)


前橋の手土産品として喜ばれるお菓子でしょうね。

どら焼きも美味しかったよ(^_^)v





青柳本店
 ■場所 前橋市本町2-15-1
 ■営業 9:00~18:00
      水曜定休



★      ★      ★      ★      ★      ★      ★      ★

サケの稚魚がぐんぐん大きくなっています

3月初めに利根川に放流される予定です
コメント