古代日本史への情熱

記・紀・源氏は魏志倭人伝の奇跡的で運命的な間違い方(逆)の構造どおりに記述されている。倭人伝にあるのは現代史と未来史

竹島は崇拝視されていたはず

2019年10月10日 17時04分57秒 | Weblog
竹島は異様と思えるほどに崇拝かつ重要視されています。 (気がついていない人が多いでしょうけれども) これまで、竹島に関連して、朝鮮と日本を結びつける直線・図形が数多く表われているのを見ました。 日本の内部に限っても △竹島ー伊勢・夫婦岩ー立磐神社(神武天皇・腰掛け岩)は正三角形になっています。 これらはそっくりな二個の岩が並んでいます。 また、△竹島ー立磐神社ー熊野速玉大社は二等辺三角形になり、竹 . . . 本文を読む

竹島関連の続き

2019年10月05日 14時20分41秒 | Weblog
これまでのまとめにもなりませんし、既にやっていることばかりで、止まりそうですが、なんとか、竹島で続けてみます。 【竹島=「ケケ島」=「二ケ島」=「二ヶ島」=「二個島」=両個島=りゃんことう =「両児島」《ふたごのしま》(最後に生まれた島) =リャンコトウ「Liancourt(Rocks)」】 「竹島の日」は2月22日ですが、「竹」が「二・2」を表していることを知っている方たちがいたことを示 . . . 本文を読む

卑弥呼・臺与(とよ)の子孫の『二つの祖国』

2019年09月20日 16時58分07秒 | Weblog
以下、あくまでも空想です。 スサノヲと卑弥呼・臺与(とよ)の子は,280年頃卑弥呼・臺与が火災による一酸化炭素中毒で殺された後、スサノヲとともに朝鮮に向かいました。 朝鮮では,スサノヲの凶暴性を伝え聞いており、朝鮮の人々は怖れます。そして、スサノヲと子孫は,意外と簡単に朝鮮北部まで制圧します。 しかし、まず高句麗から追放され、さらに百済からも追放され百済は滅びます。 その間30 . . . 本文を読む

瀧原宮ーピョンヤンと伊勢・内宮ー武寧王陵の交点は平城宮跡

2019年09月16日 20時52分10秒 | Weblog
瀧原宮―ピョンヤン(平壌)・安鶴宮跡と皇大神宮(伊勢神宮・内宮)―武寧王陵(ムリョンワンヌン)の測地線の交点は平城宮跡でした。 問題はその意味です。 勝手な空想をします。 今まで,平城宮跡がのる直線で、朝鮮と結びつけるものでは、 皇大神宮(伊勢神宮・内宮)ー平城宮跡ー出雲大社―武寧王陵(ムリョンワンヌン)が最も印象的な直線でした。 これは完全に百済系だけのための直線と思えました。 . . . 本文を読む

竹島ー佐太神社と沖津宮・宗像大社、気多大社

2019年09月11日 18時32分00秒 | Weblog
すみません。やはり、以下は以前やっていました。恥ずかしながら、消さないで残しておきます。これからもありそうです。9/12 https://blog.goo.ne.jp/go-hot-ai2395/e/f059d6f7d2214d78cf39f3f17300f5fa ⊿竹島-佐太神社-沖津宮・宗像大社 2015年09月30日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 気多大社の祭神は大 . . . 本文を読む

竹島(の位置)が重要になっていることの何度目かの追認

2019年09月06日 11時02分56秒 | Weblog
前回、△竹島ー桓武天皇陵ー気多大社をやりましたが、ほぼ二等辺三角形といってよく 竹島から桓武天皇陵,気多大社の距離はほぼ同一でした。 そこで、何か意味があるかもしれないということで、竹島を中心として、〈竹島ー桓武天皇陵〉を半径とする円を描いてみました。(以前も、桓武天皇陵以外でやっています) すると、難波宮跡,太宰府跡、武寧王陵(ムリョンワンヌン)が円周上にほぼのっています。 また、国東半島 . . . 本文を読む

桓武天皇陵ー比叡山ー気多大社

2019年08月31日 12時01分58秒 | Weblog
京都御所→比叡山延暦寺の延長線上に伊吹山がありました。 そこで、気になったのは桓武天皇陵です。 おそらく、桓武天皇は自らの陵の位置を生前に決めておられた、と想像します。 桓武天皇陵→伊吹山寺  ①47°05′35.11″ ②227°27′22.00″ ③78,129.291(m) 伊吹山は桓武天皇陵から見て 丑寅の方角、ほぼ45度ですから、北東にあたり、鬼門のど真ん中です《艮・ごん・うしとら》。 . . . 本文を読む

伊吹山の位置は京都御所の鬼門

2019年08月24日 23時47分33秒 | Weblog
平安京の鬼門に比叡山延暦寺が位置しているとされています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/鬼門 また、都市計画においては、平城京では鬼門の方向に東大寺が、裏鬼門の方向に植槻八幡宮が、平安京では大内裏から鬼門の方向に比叡山延暦寺が、裏鬼門の方向に石清水八幡宮が、鎌倉では幕府から鬼門の方向に荏柄天神社が、裏鬼門の方角に夷堂 が、江戸では江戸城から鬼門の方向に東叡山寛永寺 . . . 本文を読む

またもや無題

2019年08月17日 21時30分48秒 | Weblog
伊吹山から道成寺への直線は、砥鹿神社・里宮ー熱田神宮ー伊吹山の直線と伊吹山で直角になっています。 既にやっていましたが、伊吹山から道成寺の直線には、驚いたことに、曰く因縁のありそうなところばかり並びます。  安土・恭仁宮跡・平城宮跡・斑鳩・志都美、ちょっと離れていますが二上山・大津皇子墓がのっています。 既に検討したものですが https://blog.goo.ne.jp/go-hot-ai23 . . . 本文を読む

ヤマトタケルはなぜ最後に伊吹山に向かったのでしょうか

2019年08月10日 00時01分48秒 | Weblog
西に東に奔走し、敵を倒した後、 ヤマトタケルは草薙剣を持たずに伊吹山に向かい、伊吹山で正気を失い、それがもとで亡くなってしまったことになっています。 しかし、これはおかしいはずでした。 といいますのは、この伊吹山の位置は難波宮・藤原宮・瀧原宮・皇大神社(元伊勢・内宮)から同一距離にあたり、平城京以前の宮を抑える、支配する、とでもいったらいいのか、平城京以前の時代の統治の要の位置にあてられていたよう . . . 本文を読む