【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」:石原三丁目バス停付近の会話

2008-05-14 | ★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)

なんだ、この間の欠けたアーケードは?アメリカの石油商人のような強欲なヤツに間を盗まれたのか。
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の主人公のこと?
20世紀初頭に石油で一発当てて大富豪になっていくんだけど、何が彼をここまで突き動かしているのか、平凡な人間には理解できない。
最初から最後まで異常よね。アカデミー賞では、これまた異常な男が主人公の「ノーカントリー」と競って負けちゃったけど、最近のアメリカ映画ってどうして、こんなに異常な男が多いのかしら。
でも、主演男優賞は、「ノーカントリー」のハビエル・バルデムを押しのけて、この映画のダニエル・デイ・ルイスが獲った。
体中からにじみ出てくる油っぽいエネルギーは、尋常じゃないものね。
心の中に石油より黒いどろどろの闇を抱えているっていう感じが、ひと目で伝わってくるもんな。
しかも、それが最後まで続く。もう暑苦しくてしょうがなかったわ。
もしも、「ノーカントリー」のハビエル・バルデムと「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のダニエル・デイ・ルイスと、どっちかとつきあわなきゃいけないとしたら、どっちとつきあう?
なに、その質問。究極の選択じゃない。
だから、もしも、って言ってるだろ。
まだ、ハビエル・バルデムのほうがましよ。ダニエル・デイ・ルイスの体臭にはきっと耐えられないと思うわ。
なるほどねえ。
でも、監督のポール・トーマス・アンダーソンって、こんなにどっしりした映画をつくる監督だった?
「マグノリア」でカエルを降らせたり、「パンチドランク・ラブ」でピアノを落としたり、一筋縄ではいかない奇妙な監督だとは思っていたけど、ここまで堂々とした構えの映画を撮る監督だとは思わなかった。
「マグノリア」かあ。考えてみれば、あれもかなり偏執狂みたいな映画だったけど、こんどもかなり偏執狂みたいな映画よね。
何に偏執しているのか、よくわからなかったけどな。
とにかく、ダニエル・デイ・ルイスは、背景も経緯もなく、出てきたときからいきなりヘンな男だもんね。
対立する、まゆツバもののにわか牧師がまたヘン。
おまえは「エクソシスト」の悪魔祓い師かと思ったけど、その割りに威厳がない。
まだまだ、若いね、と思ったら、ラストはあんなことになって、しょうがないねえ、もう。
女がほとんど出てこない。しょうがない男たちのしょうがない物語なんだけど、それだけに、よけいな装飾をほどこされない原初のエネルギーを見せつけられたみたいで、圧倒されたわ。
ある意味、神話の域に達する、人間の業を思いきり圧縮したような映画だった。
監督のポール・トーマス・アンダーソンを突き動かしたのは、何だったのかしらね。
そりゃ、創作のエネルギーだろう。案外、ダニエル・デイ・ルイスより油っぽかったりして。俺も、あれぐらいの熱いエネルギーが必要かもな。
やめて。そんな暑苦しい人になったら、もう絶交よ。


この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<都02系統>
大塚駅前⇒新大塚⇒大塚四丁目⇒大塚三丁目⇒大塚二丁目⇒大塚車庫前⇒茗荷谷駅前⇒小日向四丁目⇒小石川四丁目⇒春日二丁目⇒伝通院前⇒富坂上⇒春日駅前⇒真砂坂上⇒本郷三丁目駅前⇒湯島四丁目⇒湯島三丁目⇒上野広小路⇒御徒町駅前⇒東上野一丁目⇒新御徒町駅前⇒元浅草三丁目⇒三筋二丁目⇒寿三丁目⇒蔵前駅前⇒本所一丁目⇒石原一丁目⇒石原二丁目⇒石原三丁目⇒石原四丁目⇒太平一丁目⇒太平二丁目⇒太平三丁目⇒錦糸公園前⇒錦糸町駅前




コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 「隠し砦の三悪人」:石原二... | トップ | 「丘を越えて」:石原四丁目... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いや、絶対・・・ (真紅)
2008-05-15 08:13:46
ジョーさん、こんにちは♪
いやいや、付き合うなら絶対、ダニエル・デイ=ルイスですよぉ~。ぐふふ。。
真紅さんへ (ジョー)
2008-05-16 22:36:35
なるほど、真紅さんは、脂っぽい男性が好きなんですね。好みは人それぞれですが、あの役のような男が現実にそばに現れたら、やっぱりうざったいだろうなあと思うのでありました。
究極の選択 (iina)
2008-06-07 11:15:14
「ノーカントリー」のハビエル・バルデムと「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の
ダニエル・デイ・ルイスとの究極の選択は、iinaならルイスを選ぶなぁ。
バルデムの考え方ひとつで、殺されちゃうよ。
ルイスの前半は、成功を求める野心家そのものだもの。
それが徹底しているだけで、バルデムは異常そのものです。
でも、映画的には「ノーカントリー」に軍配を上げたい気分です。
iinaさんへ (ジョー)
2008-06-08 09:37:17
たしかに、何考えてるかわからないのは、バルデムのほうかもしれませんね。でも、圧縮酸素で殺されるか、ボーリングの玉で殺されるかの違いにすぎないと思うと、どっちもどっちですね。こわっ。

コメントを投稿

★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『欲望と言う名の黒い血が 彼を《怪物》に変えていく…。』  コチラの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、4/26公開となった欲望にとりつかれた人間の悲喜こもごもを描いたPG-12指定のヒューマン大河なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  NY、LAの批評家協会...
悪人正機~『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 (真紅のthinkingdays)
 THERE WILL BE BLOOD  "I drink your milkshake!   I drink it up!"  ポール・トーマス・アンダーソン監督5年ぶりの新作。ご存知、英国の名優ダニエル...
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(映画館) (ひるめし。)
欲望と言う名の黒い血が 彼を≪怪物≫に変えていく・・・。
映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★☆ 20世紀前半の米西部を舞台に石油ビジネスに 執念を燃やした男の物語。 石油王を演じたDaniel Day-Lewisは アカデミー主演男優賞をとった。 原題は「There Will Be Blood 」。  幼い息子を連れて、あちこちで石油採掘を手掛ける Daniel Plainview...
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド★ダニエル・ディ=ルイス (銅版画制作の日々)
  ダニエル・デイ=ルイスの狂的な演技に、驚きと感動。   若き日の作品での彼の印象は、わぁ~ハンサムな俳優さんだと胸キュンしたことがあった。あれから随分時間が経って・・・・・。再びお顔を拝見したら、えらい年を喰ってしまい、それも驚きのひとつだった...
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”There will be blood”原作=アプトン・シンクレア『Oil!』。脚本・監督=ポール・トーマス・アンダーソン。撮影=ロバート・エルスウィット。オリジナル音楽=ジョニー・グリーンウッド(RADIOHEAD)。アカデミー作品賞最有力の下馬評は、ダークホース『ノーカントリー...
「ゼアウィルビーブラッド」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
愛と憎しみの不協和音。冒頭から10分超あったかと思われる主人公ダニエルの立身出世ダイジェスト。セリフいっさいなしで続く地下坑での闘いはかなりの緊張感だった。誰も頼れない状況に置かれた経験は、その後の彼の行動様式を決定づける要因となった。「他人の成功が嫌い...
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (もののはじめblog)
第80回アカデミー賞主演男優賞を始めとする多くの映画賞を受賞したが、東京でもわずか4館でしか公開されていない。 同・脚色賞、監督賞、作品賞、助演男優賞の4冠受賞『ノーカントリー』も興業館が少なく、R指定ではあるもののもったいない話だ。 この映画の見応えは...
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 (シネマ・ワンダーランド)
「パンチドランク・ラブ」や「マグノリア」「ブギーナイツ」の作品で知られる米国の監督、ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)が2007年、アプトン・シンクレアの原作「石油!」を映画化した大河ドラマ「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(=血は流れるだろう、米...
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ石油ブームに沸く20世紀初頭のカリフォルニア。鉱山労働者のプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)は石油が沸く源泉があるという情報を耳にする。息子(ディロン・フリーシャー)とともに石油採掘事業に乗り出すが・・・。感想石油屋VS宗教家勝つのはどっ...
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (悠雅的生活)
欲望と狂気の「石油屋」ダニエル・プレインヴュー