【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「バード★シット」:業平橋駅前バス停付近の会話

2010-07-10 | ★業10系統(新橋~業平橋)

おお、これが噂のスカイツリーか。
鳥のフンの処理とか大変でしょうね。
なんだよ、いきなり夢のない話だな。鳥のフン、すなわちバード・シットか。
そう、ロバート・アルトマン監督の「バード★シット」もなんだか夢のない話だった。
鳥の翼をつくって空を飛ぼうとする若者の話だっていうから、もう少し夢というか、ロマンのある映画かと思ったら、さすがアルトマン、皮肉たっぷりの映画に仕上がっていた。
そもそも、空を飛ぼうとするという想像が間違いだもんね。彼が飛ぼうとしたのは屋根付スタジアムの中。はなっから空なんか見えない。人間が飛ぶなんてこんなもんに過ぎないんだよ、って言ってるみたいにね。
その彼の前に個性豊かな女性たちが入れ替わり立ち替わり登場するんだけど、彼の飛行計画に係わっているのか、いないのか、観客は想像の翼を広げるしかない。
そう、そう。この映画は作り手も受け手も思いっきり想像の翼を広げる映画なのよ。
妙な形で発情する女とか、背中に翼の跡がある女とか、つけまつげのお化けみたいな女とか。
あら、あのつけまつげの女は久しぶりのシェリー・デュヴァルよ。あいかわらずチャーミングだったじゃない。
久しぶり、ってお前、この映画がつくられたのは40年も前だぜ。“久しぶり”じゃなくて、“懐かしい”って言ってくれよ。
あら、40年ぶりの再公開なんだから“久しぶり”でいいじゃない。
いまはなきロバート・アルトマン、若気の至りの一作だったな。
それって誉めてるの、けなしてるの?
両方。
なんだか煮え切らないわね。
空を飛ぼうとする男の話に、鳥類学者の講義とか、鳥のフンによる殺人事件とかからんでくるんだけど、これが大団円に向って収束していくわけじゃなくて、脱線しっぱなし。ひとことでいうとやりたい放題。円熟した監督では、こうはいかない。
たしかに遺作になった「今宵、フィッツジェラルド劇場で」なんて、脱線ばかりしているように見えて、実はまとまりがよかったもんね。
「バード★シット」は飛び立つシーンも実にあっけなく終わる。
やっぱり、鳥の翼じゃなくて、想像の翼を広げる映画なのよ、この映画は。
俺たちも、想像の翼を広げて考えてみようか。
何を?
スカイツリーについた鳥のフンの処理方法。
完成前にね。




このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前
コメント

「あの夏の子供たち」:本所吾妻橋バス停付近の会話

2010-07-07 | ★業10系統(新橋~業平橋)

床屋の店先でクルクル回るやつ、あれ、なんで赤、青、白なんだか知ってるか。
フランス国旗をまねたんじゃない?
残念でした。もともとイギリスが発祥で、昔、床屋は外科医も兼ねていて血液と包帯の色から赤と白になったんだけど、その後、床屋と外科医が分裂したので、区別のために青を加えたらしいぜ。
へえ。妙なこと、知ってるのね。
「あの夏の子供たち」の父親も、近くに外科医を兼ねた床屋があったら助かったかもしれないな。
独立系映画のプロデューサーである父親が仕事上の行き詰まりから拳銃自殺して、妻と子供たちが残されるという、ミア・ハンセン・ラブ監督のフランス映画ね。
資金繰りやら、スタッフとの調整やら、映画をつくるって、洋の東西を問わず大変なんだなって、身につまされる映画だった。
身につまされるって、あなたはただの観客で、映画なんてつくってないじゃない。
ただの観客だって、こういう映画を観れば、映画を一本完成させるっていうのは命がけなんだなあ、どんな映画であれ、これからは襟を正して観なくちゃいけないなあ、って初心に戻ると思うぜ。
“最低映画鑑賞会”の推薦映画でも?
お、久しぶりに聞くね、その会の名前。
なに、言ってるの。あなたは、最低の出来の映画を選定する最低映画鑑賞会の会長でしょ。
会員は俺一人しかいないけどな。それに、最近は最低映画観賞会が胸を張って推薦できるような趣味の悪い映画も少なくて開店休業状態だ。
たしかジャン=クロード・ブリソー監督の映画「はじらい」以来、推薦作は出てないんじゃない?
ああ、あれも映画人が主役のフランス映画だった。でも、ああいう箸にも棒にもかからない映画と比べちゃあ、「あの夏の子供たち」に失礼ってもんだ。
同じフランス映画でも、「あの夏の子供たち」は子供たちの自然な演技も目を見張るほどみずみずしく、柔らかな光に満ちた明るい映画だったもんね。
父親の死があっても、観終わってみれば、記憶に残るのは生き生きとした子供たちの姿ばかりで、映画全体は沈み込まず、かといって肩肘も張らずに、なかなかチャーミングな映画だった。
人生を謳歌するのが得意なフランスらしい映画よね。
どんな悲しいできごとがあっても、人生はクルクル回っていく・・・って、なんだかあの床屋のサインみたいだな。
あれはやっぱりフランスの色なんじゃない?





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前


コメント (2)   トラックバック (1)

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」:東駒形三丁目バス停付近の会話

2010-07-03 | ★業10系統(新橋~業平橋)

消防団員といえば、青島クンを思い出すな。
どうして?
「踊る大消火栓」。
あのねえ、青島クンは警察官であって、火消しじゃないのよ。
でも、そろそろ「踊る大捜査線」もマンネリになってきたことだし、青島クンが消防署に転職したっていう設定でドラマ化したらどうかな。タイトルはもちろん、「踊る大消火栓」。
マンネリってあなた、今度の映画は七年ぶりの新作よ。
その割に、かつて観た映画をそのまま、またつくり直しているような感覚を覚えて、懐かしさよりマンネリ感を感じてしまったのは俺だけ?
まあねえ、犯人が軽薄な若者たちだっていうのがまたかよっていう感じだし、その裏にいるのがあの人物だっていうのも、もはや新鮮味がないしねえ。
出てくる面々の人間関係というか関係性っていうのも、まったく変わり映えしないで、そよとも変化を起こさない。
偉大なるマンネリって言われた「男はつらいよ」だって、毎回マドンナが違って、手を変え、品を変えしてたもんね。
同窓会みたいなメンバーばかりじゃなく、もっと新しい血を入れてもよかったんじゃないかなあ。
それが小栗旬なんじゃない?
でも、「調整役だ」ってセリフにあるとおり、あっちにもつかず、こっちにもつかずの中途半端な存在になってしまった。
前回の真矢みきの存在のように、ちゃんとした対立構造になっていないから、青島クンの「俺には部下はいない。いるのは仲間だけだ」っていう決めゼリフも、「事件は現場で起きているんだ」っていうセリフほど、心に響かないのね。
なんか、締まるところが締まっていないというか、全体的に構成がルーズな気がするなあ。
「踊る大捜査線」のディープなファンにはわかるような小細工はあちこちに仕掛けているのにね。
いかりや長介のような重しがなくなったのも、締まりがなくなった一因かもしれないな。
彼の抜けた穴を「交渉人・真下正義」でひとまわり大きくなったユースケ・サンタマリアが埋めるかと思ったら、また軽くなっちゃった。
やっぱり、「踊る大消火栓」に衣替えするしかないかな。
でも、そのときの主役は“青島クン”じゃなくて、“石原クン”よね。





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前










コメント   トラックバック (38)

「マイ・ブラザー」:本所四丁目バス停付近の会話

2010-06-30 | ★業10系統(新橋~業平橋)

お、しゃれたちゃんこ料理屋だな。家族そろって食べにくるか。
相撲界が戦場のように荒れているときに、そんなのんきなこと、言ってていいの?
相撲界は戦場でも、俺の家族には関係ないさ。
そういう利己的な考えだから、いつまでたっても戦争がなくならないのよ。
なんだか発想が飛ぶねえ。
そんなことないって。遠くの戦争が家族にもたらす悲劇はいまも続いているのよ。あなたも観たでしょ、ジム・シェリダン監督の「マイ・ブラザー」。
兄がアフガニスタンで戦死したという訃報が届き、残された妻と子どもたちは弟に励まされ、ようやく穏やかな日々を取り戻したところへ、人格が変わったようになった兄が生還するっていう映画だろ。ちゃんこではないけど、あの映画にも家族が食事をする風景はたくさん出てきたぜ。
あれは、アフガニスタンとアメリカは遠いけど、戦場と日常はすぐ近くにあるっていう象徴ね。
そういう意味では、たしかに戦争が家族にどんな陰をもたらすかっていう映画ではあるんだけど、俺はむしろ「エデンの東」を思い出してしまったな。
「東のエデン」?アニメの?
違う、違う。「エデンの東」。エリア・カザンのアメリカ映画。
ああ、ジェームス・ディーンがすねちゃう映画ね。
賢い兄とちょっと不良の弟がいて、父親は兄のほうにばかり愛情をかけるが、兄の愛した女性はいつしか弟にひかれていくっていう構図が、「エデンの東」に似ていると思わないか。
どちらも兄は戦場に行っちゃうしね。
「エデンの東」は兄が戦場に行くまでの話、「マイ・ブラザー」は兄が戦場から帰ってからの話だけどな。
トビー・マグワイアが戦場の体験で別人のようになってしまった兄を「スパイダーマン」の俳優とは思えない鬼気迫る演技で熱演すれば、ジェイク・ギレンホールは刑務所帰りだけど気のいい弟を好演している。
間に立って弟にひかれていく妻役は、ナタリー・ポートマン。
そう、そう。「エデンの東」に出てくる女性は兄の恋人だけど、「マイ・ブラザー」は兄の妻。しかも子どもが二人もいる。これは大きな違いよ。
それだけに、弟とはちゃんと節度を持って接している。
死んだはずの兄の出現にも、表面上、おとなたちはみんな冷静を装って接するんだけど、そのおとなたちの微妙な違和感を敏感に感じ取ってしまうのが、兄の子どもたち。
みんなが心の中に抱えているけど、言ったらおしまいというひとことを、幼い娘が勢いで口に出してしまう。
子どもって、ときどき残酷な真実を無邪気に口にしてしまったりするから怖いわよね。
そのひとことを言ってしまった瞬間、その場の空気が製氷機の中のように凍りついて、下手なサスペンス映画なんて敵わないほどの緊張感。ドキドキするぜ。
ジム・シェリダンの映画って「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」といい、子役の演技がナチュラルだからねえ。
観終われば、やっぱり戦争映画というより、家族の映画だったっていう印象が強いなあ。
そうね。ちゃんこ料理も、家族が楽しい相撲の話題を口にしながら食べられる日が戻ってほしいわね。





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前


コメント   トラックバック (10)

「クレイジー・ハート」:石原三丁目バス停付近の会話

2010-06-26 | ★業10系統(新橋~業平橋)

あの赤いところ、何て書いてあるの?
天狗。
どうして遠くから眺めてるの?
どんなに才能があっても、天狗になっちゃあいけないと思ってさ。
「クレイジー・ハート」に出てきたカントリーシンガーみたいに?
まあ、彼も天狗になっていたわけじゃあないんだろうけど、かつて一世を風靡していただけにいまの自堕落な生活との落差を感じちゃうよな。
その自堕落なカントリーシンガーを名優ジェフ・ブリッジスが演じた映画がスコット・クーパー監督の「クレイジー・ハート」。
結婚生活は何度も破綻し、アルコールに溺れ、ひたすら落ち目の日々。対照的に、弟子であり、バックバンドの一員だった男はいまや大スター。
物語自体は、かつて脚光を浴びていた男の典型的な転落物語。
そこに彼を愛する女性が現れ再生していくという展開も、意外性はない。
こういう話は、いかに演出していくかという勝負になるんだけど、いたって常識的だった。
「クレイジー・ハート」っていうから、もっと映画自体がクレイジーなのかと思ったら、実に誠実というか、手がたい演出で、破たんがなかった。
大スターになった弟子も憎めない男で、師匠をないがしろにするどころか、尊敬のまなざしを変えることはない。コリン・ファレルが、師匠の再生のために手を差し伸べる儲け役を爽やかに演じていた。
最大の見どころはやっぱり演奏シーンだな。
ジェフ・ブリッジスが、自身、まるで昔から主役のカントリーシンガーであるような自然な存在感で愛用のギターを抱え、渋く歌う。
一挙手一投足にこれまでの日々を感じさせる。
アカデミー賞を獲るのもあたりまえの演技ってことね。
でも、同じように落ちぶれても音楽をやめない男たちの姿を描いた「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」なんていうドキュメンタリー映画を観ると、実際はもっともっと惨めで滑稽だよな。
家族に見限られ、頭は禿げあがり、それでも夢を追い続けている。
それに比べると、ジェフ・ブリッジスは、まだまだかっこ良すぎる。アル中もすぐ治っちゃうし。
そこはやっぱりドラマとしての抑制を効かせているのよ。
でも、同じように落ちぶれた中年男を描いたドラマでも、ミッキー・ロークが主演した「レスラー」にはもっと切羽詰まった破れかぶれ感があったぜ。
あれは、題材がレスリングだから、あそこまでなりふり構わない演出ができたんじゃないの?
いや、「クレイジー・ハート」をけなしているわけじゃなくて、ジェフ・ブリッジスにアカデミー賞をあげるなら、ミッキー・ロークにもあげて良かったんじゃないの、とふと思ったもんだからさ。
ふたりとも、賞をもらったからって天狗になるような歳じゃないしね。
そう、俺と同じようにな。
何言ってるの。あなたには、そもそも天狗になるような才能なんてないじゃない。
むふっ。





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前









コメント (2)   トラックバック (9)