【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アキレスと亀」:亀戸駅前バス停付近の会話

2008-09-20 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

ロケット館?
トイレなんじゃないのか?
トイレの芸術的表現ってこと?
よくわからないものなんだ、芸術は。
ある意味、あきれる。
亀戸であきれる。アキレル、亀戸・・・アキレルと亀・・・アキレスと亀。
うーん、そーとー苦しい。
そうだ、芸術は苦しいものなんだ。「アキレスの亀」の主人公は絵を描くことに一生を費やすが、そのために妻も家族も苦しめてまったくいいところがない。
その芸術家をビートたけし、妻を樋口可南子が演じるんだけど、どうして樋口はこんなしょうもない男についていくのかしらね。
樋口可南子って、どんな男でも許しちゃう菩薩みたいなところがあるからな。ダメな男を支えるいい女を演じてたじゃないか。
それに甘えて、この絵描き、現実生活と向き合おうともしない。
まあ、そう目くじらたてるな。まともに描けば、芸術家の苦悩と悲惨っていうところなんだろうけど、監督が北野武だからそうはならない。軽妙というか、洒脱というか、いいかげんというか、ちゃらんぽらんな表現を採用している。そこが、世界のKITANOたる所以だ。
そういう意味では、世界の映画人と違って私はKITANOとは相性がよくないのかしらね。一筋縄じゃいかない映画だってことは初めから想像していたけどね。
そんなことはないだろ。話はいたって単純明快。表現もいたって平明。あっけらかんとしていて難しいこと全然ない。
あっけらかんとし過ぎよ。一歩間違えば単なるギャグの連続に見える。
そこをギリギリのところで映画の側に踏みとどまっているのが、北野映画の特徴なんじゃないか。
私はもっと陰影の深い映画のほうが好みだな。
まあ、俺も自画像を描くようになってきた最近の作品に比べれば、処女作の「その男、凶暴につき」の頃の硬質な作品のほうがひそかに好みではあるんだけどな。
あの映画はあまりに即物的に人を殺すんで驚いた記憶があるけど、こんどの映画もよく人が死ぬわよね。
父も母も友人も娘も・・・。
あんなにあっさりと人を殺す必要があるわけ?この監督、横暴につき、ってところかしら。
「その男、凶暴につき」はもともと犯罪映画だからある意味、人が死んでも必然性があるけど、たしかに今回の映画はこんなに死ななくてもいいんじゃないの、という気はしたな。
そういう多くの犠牲の上に芸術は成り立つんだ、っていう感じでもないしね。
いや、死の気配っていうのはいつも北野武の映画には漂っていて、それもまたトレードマークではあるわけだ。
なーるほど。って感心するほどのことじゃないでしょ。
やっぱりお前には真の芸術は理解されないか。
このロケット館と同じようにね。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前



コメント

「パコと魔法の絵本」:亀戸四丁目バス停付近の会話

2008-09-17 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

亀戸駅へ続く通りって、ときどき青空市をやってるのか。
古本とか売ってるみたいね。絵本はないかな。
「ガマ王子対ザリガニ魔人」とか?
どうして私のほしい本がわかるの?
そりゃあ、わかるさ。俺とお前の仲だ。以心伝心ってやつだな。
うそばっかり。「パコと魔法の絵本」を観たばかりだからでしょ。あの映画の中に出てくる絵本が「ガマ王子対ザリガニ魔人」。
ガマガエルってところが、なーんか他人事とは思えないんだよなあ。
記憶が一日しかもたない少女パコのために同じ病院に入院している患者がその絵本を繰り返し読み聞かせ、お芝居までして励ますっていう物語。
いまどき、心洗われる純粋な物語だ。
文部科学省選定にしてもおかしくない。
ところがどっこい、この物語を語る語り口っていうのが、ギンギンの極彩色画面、趣味悪全開爆発メイク、ドタバタギャグの連続攻撃。
監督が中島信也だから「嫌われ松子の一生」そのままの画面づくりをしている。
あれ以上に、CGアニメもガンガンに使ってやりたい放題、ハチャメチャやってる。
いきなり、ジュディ・オングの「魅せられて」だもんね。
それを歌うのがおかまの國村隼なんだから、悪趣味も極まれり。ガラガラ声で「女は海~」。たまんないねえ。
迷場面、いや、名場面よね。
まったくこの映画、迷場面が名場面になっちゃうんだからたちが悪い。
そうかと思うと、包帯ぐるぐる巻きの木村カエラ。
ガマ王子も“ゲロゲーロ”なんて、青空球児好児じゃあるまいし。
って、誰それ?
あや、お前にはディープな話題過ぎたな。
こんな情報量の多い画面を二時間近くも見続けるたら頭がウニになっちゃう、と観始めたときは思ったんだけど、これが意外に最後までちゃんと観れたんだから不思議よねえ。
「嫌われ松子の一生」のときも思ったけど、過剰なほど凝った画面づくりはしているものの、実は観客の感情の流れは大事にしているから、置いてきぼりを食らうことなく観ていられる。
マクドナルドとコカコーラとトイザラスを足してディズニーランドをかけたようなガジェット映画なんだけどね。
中心にいるパコだけはヘンな扮装もしないし、おかしなことも言わない。ひたすら純粋な少女。だからこそ、その周囲の人々が思いっきり弾けても映画のタガがゆるむことがないんだろうな。
計算してるんだ。
ガマ王子が、あるときは役所広司扮する老人の芝居になったと思ったら、あるときは3Dアニメになったりして、それはもう、めまぐるしい展開なんだけど、観ている子どもたちはきゃあきゃあ喜んでた。
凄まじいほどの実写とアニメの切り返し。どれくらい労力をかけたのか想像すると、なんだかクラクラしてきちゃう。
かと思うと、役所広司が絵本を朗読する声を聞いているだけで、意外にしんみりきてしまう。
ほろりとしちゃう。爆笑×号泣の虹色感動エンターテインメント♪ 宣伝コピーに偽りなしよ。
しかし、このあたりにはないなあ、「ガマ王子対ザリガニ魔人」の絵本。
この際、自分で演じたら?
ゲロゲーロ。




この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前













コメント (6)

「おくりびと」:福神橋バス停付近の会話

2008-09-13 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

やっぱり、あれよねえ。死ぬときくらい美しい姿で死にたいわよねえ。
なんだよ、いきなり。あと100年はピンピンしていそうな体格して。
でも映画の「おくりびと」とか観るとそう思わない?
わかった、わかった。そのときは、俺があそこに見える花王の石鹸で顔を洗ってやるよ。
いやよ、そんなの。やっぱり本木雅弘君みたいなハンサムな納棺師に丁寧な化粧を施してほしいなあ。
そういうミーハーな観方をしたか。ほんとは人間の生と死に迫ったもっと厳粛な映画なのに。
本木君だって厳粛に演じてたわよ。真剣であればあるほど、そこはかとなく漂うユーモアがまたス・テ・キ。
「おくりびと」って、ひょんなことから故郷の山形で納棺師になった青年の物語なんだけど、そんな職業があるって、お前、知ってたか。遺体に死に化粧を施し、死に装束をまとわせ、棺に納める専門職。
知るわけないじゃない。死んだこと、ないんだから。
いや、そういう問題じゃないだろう。
でも、それだけ最近は人の死が身近じゃなくなっちゃったってことなのかしらね。
それだけにこういう映画を観ると、死ぬことに対して改めて襟を正してみたくなる。
遺体の身体を心をこめて拭き、純白の衣裳を舞うように着せ、敬意をこめて棺に納める。そのおごそかな儀式を眺めているうちに、死者をおくるって本来こういうことなのよねえ、って妙に納得しちゃう。
映画にも出てくるけど、無神経な葬儀屋の場合は、はい、はい、はいと段取りをさっさとこなしてして一丁あがり。あれじゃあ、生きた心地がしない。
というか、死んだ心地がしない。
なるほど、そうだ。そして納棺の儀式をとりおこなう間に、家族たちは肉親が生きてるころに思いをはせ、心の中で別れを告げ、また自らの生を生きていく気力を得ていく。大切な儀式であり、重要な時間だ。
職業柄、本木君はいろいろな遺体と対面するんだけど、それぞれにドラマがあって、遺体を前にした短いシーンで彼ら彼女たちの境遇や家族関係をくっきりと浮かび上がらせる。
人はそれぞれに事情を抱えて生きているってことだな。
ええ。納棺師の会社の社長もそこの事務員も、そして本木君自身もね。
死ぬっていうことは生きてきたことの反映だって、改めて思い知らされる。
そして、脇役の笹野高史がまたいいセリフ吐くのよねえ。
最初はただの銭湯好きのおっさんと見せておいて、途中で正体をバラす。その手口がなんとも心憎い。
でも、やっぱり、一番の見所は本木君よ。彼が見せる納棺の儀式は、うっとりとして官能的でさえあったわ。
ああ、遺体を前に見せるあのしぐさ。手の動き。ひとつの芸術にまでなってた。ずっと眺めていたいほどだ。
しかも、こんな題材を取り上げながら、映画自体はそこかしこにユーモアを醸し出して、決して暗くならない。
なおかつ、品が落ちない。
そうなのよねえ。もう、感嘆。
もし、この映画を気にいらないやつがいたら、俺は言ってやりたいね。
何て?
花王の石鹸で顔洗って出直して来い、って。
なーるほど。牛乳石鹸じゃだめ?
いいけど。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前








コメント (8)

「落語娘」:柳島バス停付近の会話

2008-09-10 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

この川沿いの散歩道もこれだけ長いと、歩いているうちに落語の「じゅげむじゅげむ・・・」も全部語り終わっちゃうかもしれないわね。
散歩しながら、落語の稽古をするつもりか?
いけない?
いけねえ、いけねえ。女が落語をするなんて、女が寿司を握るようなもんで、どうも粋じゃないねえ。
そう?
あったりめえよお。真昼の星だ。見られたもんじゃねえ。
なに、落語家みたいな口調になってるのよ。
いや、だって、映画の「落語女」の中の偉い落語家も女に落語は無理って言ってたじゃねえか。
弟子入り志願のミムラも同じようなことを言われて門前払いされてたけど、一風変わった落語家に拾われてたわ。
女と金にだらしねえ異端の落語家だろ。津川雅彦が軽妙に演じやがってた。
彼の弟子になったミムラは、すったもんだしながら一流の女落語家になっていく。めでたし、めでたし。
ま、ひとことで言うとそういう話なんだけどよ、ただの人情話とはどこか趣きが違ってたぜ、はっつぁん。
って、誰がはっつぁんよ。
じゃあ、くまさん。
誰がくまさんよ。
だって、お前の目の下、くまだらけだぜ。
あのねえ、あなたの無駄話につきあってるひまないの。いまは映画の話をしてるのよ。
そう、そう。映画の話だった。「落語娘」。タイトルがいかにもだし、主演はミムラだし、「しゃべれども しゃべれども」のような展開の、心にポッと火が灯る温かい物語だとばかり思ってたら、途中からちょっとトーンが変わってくる。
意外よね。
その演目を演じた者はみんな死ぬという呪われた落語を津川雅彦が披露するっていうおどろおどろしい展開にポイントが移っていく。
さあ、津川雅彦は無事にこの一席を演じ切れるのか。弟子のミムラは師匠の危機を救えるのか。
毛に汗握る展開だ。
それを言うなら“手に汗握る”展開でしょ。それにしても、津川雅彦の演じる落語がどうにも本格的な怪談話なのにびっくり。
鼻の毛もよだつ展開だ。
それを言うなら“身の毛もよだつ”展開でしょ。
そうとも言うな。
落語の中に出てくる哀れな女の怨念が、それを演じる落語家に乗り移っちゃうっていう設定。
江戸時代の男と女の怨念話を丁寧に見せていくんだけど、それがまるで中田秀夫の「怪談」みたいな本格的な時代劇になってる。
でも、最後はくるっと回ってミムラが主人公の明るい人情話に戻ってくるんだけどね。
思いがけずミムラが師匠を助け、また落語家としても成長する。元気な女落語家と、恐ろしい怪談話と、温冷二題話みたいな展開を一本の映画にまとめあげていく、その手つきがうまい。鮮やか。監督の中原俊は、職人的な技で好編に仕上げたな。
でも、職人的なだけに、どこか地味な印象もつきまとう。
観た人は結構面白かったって言うけど、最初から観る気にはなかなかならない。
この手の映画のつらいところね。
ま、女の落語ファンがひとり増えただけでも、もうけものってところだな。な、くまさん。
はい、はい。じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのぶらこうじパイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーのちょうきゅうめいのちょうすけさん。
って俺のことか?
もちろんよ、じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・・。
長い!



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前








コメント (2)

「グーグーだって猫である」:十間橋バス停付近の会話

2008-09-06 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

うなぎといえば、「グーグーだって猫である」を思い出すな。
なんで?
どちらも、とらえどころがない。
なるほど、座布団一枚!・・・なわけないでしょ。ただのこじつけじゃない。
しかし、犬童一心監督の「グーグーだって猫である」は、漫画家の日常を点描するだけで、なーんかとらえどころのない映画だったなあ、って気がしないか?
だって、大島弓子の原作がそうなんだから仕方ないじゃない。
でも映画までそれでいいのか?俺は、一本芯が通った物語があって、それに展開が貢献していく映画じゃなきゃ満足できないんだよ。だらだらと漫画家の生活が描かれても眠くなるだけでさあ。
それはまた不幸な性格ね。グーグーという名前のオス猫が白いメス猫を追いかけるシーンとか、老人体験だといっておかしな器具をつけて街中を走り回るシーンとか、けっこう愉快なシーンがいっぱいあったのに。
そこにあるのは、‘恋’と‘老い’だろ。中年の漫画家にとって切実な問題だ。ちゃんとそういうテーマはあるのに、映画として深く掘り下げることなく、うわべだけなぞって終わっている。それが俺には悔しいのさ。
軽いタイトルから感じられるように、そんな深刻な映画にするつもりは始めからないんだから、それを期待するほうが間違いよ。
しかし、名前は変えてあるものの、明らかに主人公は原作者の大島弓子で、彼女が実際に描いた過去の漫画の一部が映画の中に出てくるんだけど、そこは核心をついてる感じがあったぜ。
うん。ちょっと映画の空気が変わってね。「四月怪談」とか「八月に生まれる子供」とかもう一度読んでみたくなったわ。
あの線で映画にも一本芯を通せば結構傑作が出来上がった予感もするのに、中途半端にコメディに流れてしまった。惜しい。
でも、小泉今日子は相変わらず魅力的だし、猫はかわいいし、上野樹里も森三中も軽い演技を楽しんでるし、それでいいじゃない。
そういう細部だけで満足しちゃうから女はやだよなあ。男は、もっと全体として芯があるかどうかっていう大きな観点から映画を観てるんだよ。
そう?別に女だからとか男だからとかの問題じゃないと思うけど。
加瀬亮だって「人のセックスを笑うな」の松山ケンイチみたいに年上の女と恋する儲け役を演じているのに、あの映画ほどツバを飲むような胸焦がす展開にはならないし・・・。
品がいいのよ。
そうじゃないだろう。切り込み方が浅いんだよ。
だから、もともとそういう映画なの。素直に楽しめばそれでいいの。
やっぱり、そういう映画なのか。とらえどころのない・・・。
言いたきゃ、言ってなさい。私は結構満足したんだから。
ああ、エド・はるみのファンが観たら大満足だろうけどな。しまいには、これでもか、これでもか、と、グー、グー、グーが出てくるんだから。
そして、映画もグー。
俺はうなぎを食ったときのような、肝のある映画のほうが好きだけどな。
じゃあ、うなぎパイでも食べてたら?
昼間っから夜のお菓子かよ!



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前





コメント (2)