【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「みえない雲」:新浜川橋バス停付近の会話

2007-01-04 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

なに、このガウディのできそこないみたいな施設は?
よくわからん。地下道かとも思ったが、ドアも閉じられてるし。
核シェルターかしら。
日本でこんな公道に核シェルターなんてあるか?
そりゃそうね。「みえない雲」のような核をテーマにした映画さえ日本にはないんだもんね。
「みえない雲」は、原子力発電所の事故で一般の市民が放射能の恐怖にさらされるというドイツの映画なんだが、日本にだって原子力発電所はいっぱいあるのにどうしてこういう発想の映画ができないのか、不思議だな。
広島、長崎を描いた映画はたくさんあるんだけど、いま現在の日本が核の恐怖にさらされているっていう映画はないのよね。
北朝鮮が核を持ったっていうのに、いまひとつ核の危険性が語られないのは、どうしてなんだろうな。
みんな、のんきなのよ。万一原発で事故があったら、あなた、どうする?
どうするって言われたってなあ。
でしょ。「みえない雲」は偉い政治家とか科学者とか全然出て来なくて、ごく一般の市民がいきなり放射能の恐怖にさらされて右往左往する姿をドラマの中心に添えているから、他人事じゃなく、怖いのよね。
駅に群集が集まるシーンなんか、パニック映画も真っ青のリアリティで、すさまじかったけど、ほんとに原発事故が起きたらきっとあんなふうになるんだろうな。
ああいうシーンていままでもパニック映画にたくさん出てきたけど、フィクションとは思えない恐怖を感じたのはどうしてかしらね。
全体が絵空事じゃなくて、本気で核の恐怖を訴えようとしているからじゃないか。
あの白血病に犯されていくシーンもたとえば日本の「世界の中心で愛を叫ぶ」よりずっと胸に迫るわよね。
この映画と比較すると「世界の中心で愛を叫ぶ」の白血病がいかにドラマを盛り上げるためだけのお膳立てに過ぎなかったか、よくわかるよな。
「世界の中心で愛を叫ぶ」は泣け、泣け、と強制されているような映画だけど、もっと悲惨な「みえない雲」が涙ではなく明るいラストシーンにしているのも見識があって好感が持てたわ。
でもきっと、日本では評判にならないうちに消えていくんだろうな、こういう映画は。
そして核の恐怖も忘れられ、対処の仕方を考える人もなく、日本は滅んでいくのかしら。
うーん。万一原発で事故があったら、ほんと、どうする?
映画の中ではドイツの役人は「地下室に入れ」って叫んでたけど。
日本じゃ個人の家に地下室なんてないぜ。
やっぱり、このわけのわからないガウディもどきの施設にでも入るしかないかしらね。
正月から、絶望的だな。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前


コメント (16)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 「雪に願うこと」:大井競馬... | トップ | 「イカとクジラ」:勝島バス... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新年 (ふくちゃん)
2007-01-05 00:10:34
あけましておめでとうございます。
今年も絶妙の会話を楽しみにしております♪
パニック (t-higu)
2007-01-05 00:49:48
TBありがとうございます。

駅でのパニックのシーンは、すごかったですね。
実際に同じようなことが起きたら、きっとああいう風に混乱
しそうな気がします。

セカチューは未見ですが、病気の見せ方が大分違うみたいですね。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-05 21:55:40
■ふくちゃんへ
絶妙な会話、楽しみにしてくださいね。
絶妙というより、ただの妙な会話だと思いますが。

■t-higuさんへ
ああいう状況になったらどんなに混乱するか考えると恐ろしくなります。
それでなくたって、私たちの会話はいつも混乱しているんだから。

みえない雲 (ヌートリアE)
2007-01-09 17:27:18
こんばんは。
新年早々こんな映画見てしまって、今年はいい年になるんだろうか、と、、。
でもこの映画、タッチが面白い。
カットのつなぎが完結でダラダラせずに、次の場面へ。
こういうびしっと来る演出はたいしたものです。
わくわくして見てしまいました。
でも、原子力事故という重いテーマではあるものの、「ポセイドンアドベンチャー」と変わらないかもしれません。
緊急事態における人間の言動、行動はいかに、と言う角度から見ればかなり楽しめる作品でもありました。今年もこういう隠れたいい作品をどんどん見たいと思っています。
それでは。
ヌートリアE
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-09 22:58:13
■ヌートリアEさんへ
「ポセイドンアドベンチャー」は自然が相手ですが、「みえない雲」は人災ですから、たち悪いですよね。
新年早々、米原潜接触事故なんていうのもありましたしね。
あるいはカサ何とか (現象)
2007-01-12 00:23:23
年明けて初ですね。
今年もよろしくお願いします。
写真、たしかにちょっとグエル公園っぽい感じがしますw
日本にも原子力発電所はあり、
実際は事故で死者も出ていますが、
どうも身近に感じないこの危機管理能力の低さ。
ちょっと自分が恥ずかしくなりました。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-14 11:27:54
■現象さんへ
ドイツ映画だったので地理的な距離感がわかりませんでしたが、映画のような原発事故があったら東京なんてひとたまりもないんでしょうね。
でも、さわやかな青春映画にもなっていたのが、ミソですよね。
Unknown (あっしゅ)
2007-03-29 22:40:04
コメント&TBありがとうございます!

放射能のおそろしさを実感することができました!本当に恐ろしいですね!
日本で原子力発電所が事故ったら絶対全滅ですね。だって逃げるところないんだもん。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-03-29 22:54:51
■あっしゅさんへ
ついこの間も日本海側で地震がありましたが、原発だいじょうぶなのだろうかと心配です。
電車でも車でも歩いても逃げようがなにんですから、怖いですよね。
こんばんは! (アイマック)
2007-06-18 23:11:11
リアルで、今そこにある危機って感じでしたよー。
目にみえない恐怖を実感しました。

そういえばドイツのお家には、みな地下室があるんですね。
日本は大丈夫か。。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

【MOVIE 】みえない雲 (思いつくままに)
■感想など 他人事とは言い切れない。 もう年が明けてしまいましたが、これが私の2006年最後の映画でした。 原発事故とラブストーリーが入り組んでいる展開で、恋人もできかけ、幸せな人生を 送りつつあったハンナは、ある日突然発せられたABC警報により、その後 ...
みえない雲 (八ちゃんの日常空間)
原発事故で被曝しながら、その事実を受け入れ前向きに生きようとする少女の甘く切ないラブストーリー。さわやかな明るい映画なのに、マジマジと「見えない恐怖」をスクリーンから伝えてくる。パニック映画でない事がある意味成功しているのだ。
みえない雲 (シャーロットの涙)
30日公開の独映画「みえない雲」・・・実はドイツ映画祭にて「黒い雲」という邦題名で7月に鑑賞済み 題名が変わったので、タイトルを変えて記事はその時にUpしたものを 以下コピペ{/note/}{/pen/} 「みえない雲」・・・ドイツ公式サイト 国内公式サイト ド ...
みえない雲 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  みえない恐怖・・・見つめるこの愛  
真・映画日記『みえない雲』 (CHEAP THRILL)
1月4日(木) 仕事初め。 一年で一番仕事が楽な一日。 今年は5日からという所が多いので、 なおさら楽だった。 午後4時10分に終業。 おっ、これなら『みえない雲』の5時からの回に間に合う。 三田線から日比谷に出る。 日比谷に着き、 出口A4aのビッ ...
#4.みえない雲 (レザボアCATs)
原発事故という重いテーマを扱った社会派ドラマでありながら、なぜか生きる希望とか愛の強さを感じさせる、ドイツ映画。    
映画『みえない雲』を観て (KINTYRE’SDIARY)
2.みえない雲■原題:DieWolke■製作年・国:2006年、ドイツ■上映時間:103分■鑑賞日:1月8日 シネカノン有楽町(有楽町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:グレゴール・シュニッツラー□製作:マルクス・ツィンマーキャスト◆パウラ・カレ ...
みえない雲@シネカノン有楽町 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
映画が切り取った時間はハンナが転校生のエルマーと急速に接近し、その間に原発事故が起こり、二人はくっついて離れてくっついて離れてくっついて、数々の不幸が彼女を襲い、そこから立ち直るまでで、とり立てて長い期間ではない。淡い青春物語が一転してパニック ...
みえない雲 (ショウビズ インフォメーション)
ハンナ役の パウラ・カレンベルク エルマー役の フランツ・ディンダ チェルノブイリ原発事故直後の1987年に発表され、数々の文学賞を受賞した小説を映画化した問題作。 小さな町を襲った原発事故の悲劇と、その極限状況
真・映画日記『みえない雲』 (CHEAP THRILL)
1月4日(木) 仕事初め。 一年で一番仕事が楽な一日。 今年は5日からという所が多いので、 なおさら楽だった。 午後4時10分に終業。 おっ、これなら『みえない雲』の5時からの回に間に合う。 三田線から日比谷に出る。 日比谷に着き、 出口A4aのビッ ...
みえない雲 (とんとん亭)
「みえない雲」 2006年 独 ★★★★ 予告を観て、絶対に観ようと思った作品。 原発事故が突然、人々の平和を襲う。 若い主人公の、家族も恋も未来も友情も、全てあの雲が奪ってしまった! これは、六ヶ所村に原発がある我が青森県民としては他人事の...
みえない雲 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                        2人の切ない愛の奇跡に涙があふれ、そして明日への希望を抱きしめる。   評価:★10点(満点10点) 2006年 103min 監督:グレゴール・シ...
「みえない雲」VS日本の国民保護計画 (再出発日記)
ドイツには今17基の原発があり、110数件のトラブルが報告されているという。(日本にはその約三倍の原発があり、報告の精度はそれよりもおそらく低い)もし近郊の原子力発電所で臨界事故が起きれば人々はどうなるのか、という映画だ。事故そのものは一切映さず、70キ...
みえない雲 (小部屋日記)
DIE WOLKE(2006/ドイツ)【DVD】 監督:グレゴール・シュニッツラー 出演:パウラ・カレンベルク/フランツ・ディンダ/ハンス=ラウリン・バイヤーリンク/トマス・ヴラシア/カリーナ・ヴィーゼ/リッキー・ミューラー レンタル屋さんで一番下の棚においてあった...