【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ルンバ!」:大久保通りバス停付近の会話

2010-08-04 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

マッコリみたいなお酒を飲むと、気分がよくなって踊り出したくなっちゃうんだよな。
どんな踊り?
たとえば、ルンバとか。
マッコリとは関係ないけどね。
いや、「ルンバ!」っていう強烈な映画を観ちゃったあとだからさ。
たしかに、ベルギー人とカナダ人の道化師ユニット“アベル&ゴードン“が監督、主演を務めた映画「ルンバ!」は、強烈としか言いようのない個性的な映画だった。
「お嫁サンバ」も真っ青!
それも関係ないし・・・。
オリジナリティとはこういうものさ、っていうのをこれでもか、これでもかと見せつけられるような映画。
それは言えてる。
何十年も映画を観続けてきたはずなのに、世の中にはまだこういうジャンルの映画があったのかって発見する驚き。
ダンス愛好家の夫婦が、ダンス大会で優勝した直後に自動車事故に遭い、夫は記憶喪失、妻は片足を失い、悲惨な経験をするっていう話。ストーリーだけ追うと、どう見ても悲劇なんだけど、映画はなんとも奇妙なテンポと味わいに満ちた喜劇になっている。
放り投げた花が自分のところに戻ってくるなんていうギャグひとつにさえ有り余る才能を感じちゃうんだから、凄い。
チャップリンのようでありながらチャップリンではなく、ジャック・タチのようでありながらジャック・タチでもなく、ルイス・ブニュエルのようでありながらルイス・ブニュエルではなく、エミール・クストリッツァのようでありながらエミール・クストリッツァでもなく、アキ・カウリスマキのようでありながらアキ・カウリスマキでもないという信じられない映画体験。
要するに、どんな映画にも似ていない。
まったく、こんな悲劇を笑っていいものかと思うんだけど、とにかくオフビートな笑いに満ちている。
笑いといっても、人を小馬鹿にするような笑いじゃなく、真情があふれているから、他人の不幸を笑いものにするような後ろめたさがないんだろうな。
事故にあったあと、幻想の中で二人がルンバを踊るシーンなんて、これ以上ないくらい切ない名場面だもんね。
「お嫁サンバ」も尻尾を巻いて逃げる。
だから、関係ないでしょ!
セリフがまた、サイレント映画かって思うほど、極端に少ない。
登場人物が寡黙っていう点では、アキ・カウリスマキの映画以上なんだけど、その分、肉体がこれでもかっていうくらい饒舌に動き回って、観ている側があっけにとられるほど。
映画の精神は肉体に宿る。
妻なんて、「ポパイ」に出てくるオリーブのように細長い手足をしてるんだけど、それがそのまんま、漫画映画の中のオリーブのように変幻自在に動くんだからビックリヒャックリ。
ミュージカル映画は、「ウエストサイド物語」で個人の技を見せるものから集団演技になってつまらなくなったっていうのが定説だけど、この映画は、まさに集団演技の映画を“個”の存在に戻してくれたっていう印象だよな。
個人の技に酔わされる映画。
マッコリを飲んだあとのように酔わされる。
だから、マッコリとは関係ないって。



このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<橋63系統>
小滝橋車庫前⇒新宿消防署⇒大久保駅前⇒新大久保駅前⇒大久保二丁目⇒大久保通り⇒都営戸山ハイツ前⇒戸山二丁目⇒国際医療センタ前⇒戸山町⇒若松町⇒牛込柳町駅前⇒山伏町⇒牛込北町⇒納戸町⇒市谷田町⇒市ヶ谷駅前⇒番町⇒麹町四丁目⇒平河町二丁目⇒永田町⇒国会議事堂前⇒霞が関⇒経済産業省前⇒内幸町⇒新橋駅前





コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「パリ20区、僕たちのクラ... | トップ | 「アイスバーグ!」:都営戸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ルンバ! (LOVE Cinemas 調布)
ベルギー出身の道化師ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンの夫婦の長編第2作目。今回はルンバが大好きな夫婦が交通事故でそれぞれ片脚と記憶を失ってしまう。前作同様台詞を極力排し、道化師ならではの体の動きや、それに合わせたアナログな映像で笑いを誘う。前作に引...
『ルンバ!』(2008)/ベルギー・フランス (NiceOne!!)
原題:RUMBA監督・脚本:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミ出演:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。...