【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話

2010-06-23 | ★業10系統(新橋~業平橋)

家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。
ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。
じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればいいんだ?
小林政広監督の「春との旅」は、19歳の孫娘と北海道の漁村で暮らす老人が、孫娘を独り立ちさせるために、自分は兄弟のところに身を寄せようと道内や東北を回るが、行く先々で煙たがられるという話。
そりゃそうだよなあ。なにしろ、老人ていうのが、あの仲代達矢なんだぜ。あんなリア王みたいなじっちゃんが突然やってきていきなり「一緒に暮らしたい」なんて言われたら、血を分けた兄弟だって拒絶反応を起こすぜ。
その兄弟や家族たちを演じるのが、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、淡島千影、柄本明といったベテラン俳優の面々。
見た目にも、仲代達矢と一緒に暮らせるとは思えない。
それぞれ出番は少ないのに、存在感を示して、登場シーンではみんながみんな場面をさらっていく。
大滝秀治が妻役の菅井きんの肩を抱き寄せる。それだけでもう、万感の思いがこもったシーンになっちゃうんだもんねえ。
淡島千景なんて、近頃とんとご無沙汰だから引退でもしたのかと思ってたら、矍鑠たるおばあちゃんを全然ブランクなく演じて、あの仲代達矢がタジタジになるんだから見ものだわ。
そういうひとくせもふたくせもある連中の中でひとり、孫娘役の徳永えりだけがまっすぐな演技で映画を支えている。
ほんと、加齢臭プンプンの中で、彼女の清潔感は、文字通り一服の清涼剤よね。
小柄な徳永えりが両腕を開いてがにまたでチョコチョコ走っていく姿は、なにやらアニメの登場人物みたいに見えなくもないんだけど、どっしり構えた老人たちの演技合戦の中で絶妙なアクセントになっていて、映画がじじくさくなるのを救っている。
どんな名演より、実はあの走りがいちばん映画の質感を決めているのかもしれないわね。
まあ、暑苦しい連中ばかりの中で、撮影中は徳永えりも相当プレッシャーを受けていたと思うけど、いままでどちらかといえば脇役が多かった彼女も、これで脚光を浴びるようになると嬉しいな。
結局、仲代達矢に「一緒に暮らさないか」って声をかけるのが血のつながっていない人物だったなんて、小津安二郎の「東京物語」みたいな展開だけどね。
でも、主演の仲代達矢が笠智衆みたいに枯れていないっていうのがミソでね。
笠智衆なら一緒に暮らしてもいいかもしれないけど、仲代達矢じゃちょっとねえ。
やっぱり、家庭センターに相談するしかないかな。
だから、家庭センターは子どもの相談を受けるところなんだって言ったじゃない。あなたもそろそろボケが始まったんじゃないの?
やばっ。





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前





コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 「闇の列車、光の旅」:緑三... | トップ | 「クレイジー・ハート」:石... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

春との旅 (映画と本の『たんぽぽ館』)
人生の終焉と萌芽のコントラスト             * * * * * * * * 北海道、増毛(ましけ)。 かつてニ...
「春との旅」 (シネマドライブ(シネカフェ))
映画館で観た。脚本・監督は小林政広監督、出演は仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、淡島千影、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之。 本当によかった!!です。最後は号泣でした。仲代達矢氏の目力はすごい。本当に釘付けでした。老人の役なのに私には...
「春との旅」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本:ティ・ジョイ=アスミック・エース配給原作・脚本・監督:小林 政広 「バッシング」(05)、「愛の予感」(07)で知られる小林政広監督が、10年前から企画を温め、8年かけて脚本を仕上げ
【映画評】<!-- はるとのたび -->春との旅 (未完の映画評)
老いた元漁師が孫娘・春と共に人生最後の居場所を求めて親類縁者を訊ね巡る、人生を見つめる旅路。
[映画][2010年]「春との旅」の演出意図を想像する (タニプロダクション)
前述したように、小林政広監督の「春との旅」は、個人的にはいまひとつだった。 その理由は、キャメラワーク・編集・演出面にあると書いたわけだ。 http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20100527 ほとんど「相性」の問題と言って良い。 ただ同時に、決して駄作とは思わない。...
春との旅 (映画的・絵画的・音楽的)
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。  実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。  実際のところも、実に静かでしっとりとした作...
『春との旅』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・原作・脚本:小林政広出演:仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこ...
『春との旅』 手帳の住所は正しいか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  観客の年齢層は高かった。  老人が自分の居場所を探す『春との旅』について、読売新聞では「頑固老人と家族の絆」...
春との旅 (映画尻エリカ)
『春との旅』 (2009・日本) 2h14 監督・原作・脚本 : 小林政広 出演 ; 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之 老漁師、忠男。孫娘、春との旅で己を知る。 忠男がこれまで自分勝手にわ...
【映画】春との旅 (新!やさぐれ日記)
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親...
映画『春との旅』 (健康への長い道)
夜19:00、梅田ブルク7から帰ってきました。雨が激しく降っています。おかげで今日は洗濯できなかった・・・。 Story 北海道、4月。まだ寒さ厳しい中、元漁師の忠男(仲代達矢)は、18歳の孫・春(徳永えり)と共に気の乗らない東北への旅に出ることになる。2人が訪れ...
『春との旅』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度...
春との旅 (試写会) (風に吹かれて)
老後の面倒は誰がみる公式サイト http://haru-tabi.com5月22日公開 原作・脚本・監督: 小林政広まだ寒い、北海道の四月。母の死後、春(徳永えり)は地元の小学校の給食係をして、元漁師
mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演....