【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「桐島、部活やめるってよ」

2012-08-17 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)


部活を中心に高校生たちの生態を描いた群像映画。監督は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八。
高校生の話っていうとすぐいじめの問題とか出てくるのかと思うけど、そういうあからさまな設定じゃないのがよかった。
高校生たちのモヤモヤ感が映画になってる。
その心の空洞を不在の桐島で象徴させる。原作の功だろうけど、うまい構造。
いま売り出し中の若手俳優たちがそれぞれに見せ場をつくりながら少しずつ時空をずらして展開していく、ささやかだけれど彼らにとっては世界より大事な物語。
バスケ部、バドミントン部、吹奏楽部、映画部、そして帰宅部。
けれど、いちばん心に響いたのは、脇役にすぎないはずの野球部のキャプテン。
「三年生になるのにどうして引退しないんだ」と聞かれたときの浮世離れしたひとこと。あれにはグッとくるわよね。
本筋とは何の関係もないのに、というか本筋と関係のない唐突さがよかったのか、あの場面には気持ちが揺さぶられた。
何か青春の本質にぶち当たってしまったような、バカだなあ、でもわかるぜその気持ち、的な感覚ね。
“青春”なんて口にすると限りなく嘘くさいことばになってしまうんだけど、「檸檬のころ」とか「ひゃくはち」とか「夜のピクニック」とか青春映画だからこその脆くもこっ恥ずかしい映画の系譜というのは連綿とあって、この映画もその系譜にきっちりとはまった気がする。
映画の出来がいい悪いを超えて、どうしても甘酸っぱい思いが残ってしまう映画群ね。
無知で惨めで鈍く輝いていた日々を思い出してしまう映画。
いい年をしてね。
いい年だからかもしれないな。

コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 「グスコーブドリの伝記」 | トップ | 「おおかみこどもの雨と雪」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

「桐島、部活やめるってよ」 (Con Gas, Sin Hielo)
青春のいじわる。 大きな事件が起こるわけじゃない。校内暴力が潜んでいるわけでもない。言ってみれば平和で健全な学校である。 しかし、そんな学校にも確実に存在する大きく高い壁。言い換えれば生徒間格差とでも言おうか。 脚光を浴びる者と陽の当たらない陰で暮ら....
桐島、部活やめるってよ (だらだら無気力ブログ!)
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
「桐島、部活やめるってよ」桐島パニックに巻き込まれた先にみたそれぞれの立場から見た人間関係の距離感 (オールマイティにコメンテート)
「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウの原作を映画化した作品で男子バレーボール部で人気だった桐島が部活を辞めた事で周りに様々な衝撃を与えて、関わりある人も関わりない人 ...
8ミリ越しの下克上~「桐島、部活やめるってよ」~ (ペパーミントの魔術師)
↑てっきり神木くんが桐島かと思ってました。 もしくはこの物語でいちばんかっこいい役なのかと。 違ってました(笑)いや半分は当たってたかな。 ダサダサな映画部の部長で運動神経ゼロ、どっちかいうと クラスでは存在感がなく、どうでもいい人間のように見られてる。...
映画『桐島、部活やめるってよ』観てきた・・・・ (よくばりアンテナ)
原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで この本は読んでみたいって思ってたんですよ。 文庫になったら。 でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...
文化部 × 運動部 × 帰宅部 ~『桐島、部活やめるってよ』 (真紅のthinkingdays)
 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」が部活を辞める--。金曜日 の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人 の梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最...
『桐島、部活やめるってよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本美月、       松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、...
桐島、部活やめるってよ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。 (1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。  とりわけ、 イ)映画のタイトルにもなってい...
桐島、部活やめるってよ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
桐島、部活やめるってよ '12:日本 ◆監督:吉田大八「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」 ◆出演:神木隆之介、大後寿々花、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、...
桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 -感想- もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
桐島部活やめるってよ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんあり....
「桐島、部活やめるってよ」 (或る日の出来事)
うん、まあ…普通。