【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「カティンの森」:三ノ輪駅前バス停付近の会話

2009-12-30 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

あそこに見えるマンションの1階に図書館が入ってるのよ。
よし、行こう、行こう。
何を調べるの?
「カティンの森」の真相に決まってるだろ。
あなたって、ほんと、映画に影響されやすいのね。
だって、巨匠アンジェイ・ワイダが、70年前、自分の父親が惨殺されたカティンの森事件について、ようやく映画化できたんだぜ。俺たちも、襟を正して真実を知る努力をするしかないだろう。
第二次世界大戦でポーランドの将校や指導者たち1万5千人が虐殺された事件。内容は重いけど、アンジェイ・ワイダ監督83歳にしては、信じ難くみずみずしい映画よねえ。
ドイツに追われた民衆とソ連に追われた民衆が橋の上で遭遇する冒頭のシーンからして、これから起きる悲劇の物語をすべて凝縮して一気に映画に引き込む。その力技はどうだ。
西からはナチス・ドイツ、東からはソ連・共産党に攻め込まれて、大国の横暴に翻弄される小国ポーランド。その象徴的なできごとが、カティンの森事件。
この事件、ドイツはソ連が起こしたと言い、ソ連はドイツが起こしたと言う。
戦後、戦勝国ソ連は、もちろんドイツのせいにする。そのソ連の衛星国になったポーランドは、立場上、真相を暴くわけにはいかない。
真相を暴こうとするどころか、ちょっとでもソ連のせいだって暗示しただけで、人々は捕まってしまう。
「ドイツとソ連の支配は千年続く」とか「ポーランドに自由は二度とこない」とか語る人々の言葉が、ものすごく重く響くのよねえ。
カティンの森で処刑された人々はもちろんだけど、残された女性たちに焦点をあてているから、身に迫るものがある。
日本の戦争は1945年で終ったけど、こういうヨーロッパの国々の戦争は、ナチスが滅びても延々と続いているっていうことを改めて思い知らされる。
その魂の叫びを、アンジェイ・ワイダは感情に流されることなく、けれど本当の怒りを持って描くから、画面から目が離せない。
女性たちの苦しみが淡々と描かれたあとに、そういう悲しみをもたらした虐殺の光景がまた丁寧に描かれるから、胸をかきむしられる。
刻一刻と築かれていく遺体の山を、これでもかこれでもかと見せつけられて目をそむけたくなるんだけど、それこそが真実なんだ、目をそむけるな、とアンジェイ・ワイダは信念を持って訴えてくる。
「灰とダイヤモンド」以来、50年間、祖国ポーランドを見つめ続けてきた監督にしか成し遂げられない映画よね。
寒色を基調にした緊張感あふれる画面構成、地に足がついた役者たちの心震える演技、歴史を透徹したまなざし。映画としても、まさしく一級品。
こんなみごとな映画なら、影響されてあたりまえ。
だろ?





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門




コメント (2)   トラックバック (16)

「海角七号 君想う、国境の南」:大関横丁バス停付近の会話

2009-12-26 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

ここ三ノ輪橋駅が王子電気軌道の駅としてできたのは、大正二年にさかのぼる。
戦前、戦中、戦後と日本の歴史をつないで、戦争で負けた日本人が南方から帰ってきたころにも健気に走っていたんでしょうね。
台湾で大ヒットした「海角七号 君思う、国境の南」もまさしく、そういう歴史と現在をつなぐ映画だ。
終戦で引き揚げざるを得なかった日本人男性と台湾に残った女性との引き裂かれた恋。そして、現代の台湾人男性と日本からやってきた女性との恋。二つの恋が並行して描かれる。
ちなみに「海角七号」って台湾にあった住所のこと。
英語でいえば、“Seaside 7th Street”みたいなもんかしらね。
なんか、雰囲気違わない?
そんなにおしゃれな映画じゃない。
過去を語る部分の重さと現代を語る部分の軽さが、バランスいいんだか悪いんだかわからないような仕上がりをみせる奇妙な映画だった。
構造は考えられているのに、描写は大雑把でち密さに欠ける。
戦後と現代をつなぐ感動的な歌が「野ばら」なんだけど、実はこの歌でなければならないっていう、のっぴきならないエピソードがあるわけでもない。
でも、まあ、そういう杜撰なところも、南方特有のおおらかさと思えば、まったく観ていられない映画でもない。
現代の日本人女性を演じたのは、田中千絵。
日本ではほとんど無名よね。
水川あさみになりそこねたような女優で、演技がどうのこうのっていう段階ではない。
相手の台湾人男性、范逸臣も、韓流の美男子たちに比べれば、騒ぐほどの容姿でもないしね。
台湾では、映画史上に残る大ヒット作らしいけど、どこがそんなに彼らの琴線に触れたのかな。
じつは、台湾の人たちってものすごい親日家なのかも。
俺たちも、日本と台湾の関係にもっと関心を持たなきゃいけないな。
そして、主人公の男性がバンドのボーカル役だっていうのが案外、映画のミソかもね。
おじいちゃんから無愛想な女の子まで世代を超えたバンドメンバーが織りなすドタバタが愉快だっていうことか。
映画を身近に、親しみやすくしているのはたしかよ。
シネコンというより近所の映画館にサンダル履きで行ったころの感覚の映画。
古き良き時代の映画みたい。そこが安心できるのかもね。
終盤、海辺でバンドが演奏をするシーンに映画が集約していくに従って、観客にも高揚感がもたらされてくる。
音楽の力ってやっぱり侮れないなあ。ボロが出そうなところをうまく隠してくれる。
終戦時の悲恋は、物語を動かすというより、映画にうま味を出すための材料になっていた。
そして、何度も出てくる引き揚げ船の風景。船上で何かが起こるわけではないんだけど、懐かしい抒情をかきたてる。
乗り物はいいよな。船でも路面電車でも、出てくるだけで絵になる。
都バスもよ。忘れないでね。





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門







コメント   トラックバック (13)

「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話

2009-12-23 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。
おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。
でも、平和に暮らしてたって、いつ襲われるかわからないっていうのは、宇宙的な真実よ。
それはそうだな。我々地球人だって、高価な鉱物資源があるからっていう理由だけで、平和な星の住人を迫害するんだから。まったくひどい話だ。
ジェームズ・キャメロン監督の新作「アバター」の話ね。
誰だって、アメリカ・インディアンの悲劇を思い出す。
私は、ベトナム戦争を思い出したけどね。
大国による小国の蹂躙。悩める兵士。そして、密林の中の戦いといえば、「プラトーン」をはじめとするベトナム戦争映画に度々登場しているからな。
しかも、ジェームズ・キャメロンだから戦闘シーンの迫力はハンパじゃないんだ、これが。
ジェームズ・キャメロンをご本尊とする「ターミネーター」の四本目が他の監督で今年封切られて、これも結構迫力あったんだったんだけど、キャメロン返り咲きの戦闘シーンを目のあたりにすると、まだまだ彼にはかなわないなあ、と思ってしまう。
その「ターミネーター4」で主役のクリスチャン・ベイルを食ってしまうという信じられない快挙を成し遂げたサム・ワーシントンが今回の主役。そして、「エイリアン2」のシガニー・ウィーバーが堂々凱旋。
海兵隊も出てくるし、女戦士も出てくるし、懐かしや、モービル・スーツまで現われて、キャメロン印満載だ。
キャラメルみたいになめつくせるキャメロン映画。
お、うまいこと言うね。お前の冗談も、きょうは珍しく快調だな。
でも、最後の戦闘シーンに至るまでの経緯は、宮崎駿のアニメーションを思い出すんじゃないかしら。
ああ、、基本は木を守る戦い、自然を守る戦いだからな。不思議な生物たちが現われて森を守る展開は、「もののけ姫」そのものだ。
そして、怪鳥に乗り、空を飛ぶ壮大な滑空シーン。
怪鳥がまた、ほんものみたいな質感で我々を驚かす。「ジュラシック・パーク」どころの騒ぎじゃない。
快調な怪鳥ね。
そのダジャレは不調だけどな。
とにかく、最近はすっかりご無沙汰になってしまったけど、心躍る滑空シーンといえば、かつては宮崎駿のトレードマークみたいなものだった。その爽快な滑空シーンにこんなところで遭遇できるとは思わなかったわ。
優雅で、力強く、そして美しく。スクリーンでまみえると、CMで垣間見える以上の出来映えだ。
しかも、3Dだから、文字通り、目を見張る臨場感。
うっとりするほど鮮やかな蛍光色に彩られた3D映画。水中シーンがあるわけではないけど、何か、夜の水族館に紛れ込んだこんだみたいな感覚にも襲われしまう。
ラストの再生シーンは、はるか「風の谷のナウシカ」に目配せしているとしか思えない。
って、どういう意味だ?
それを言っちゃあ、おしまいよ。ここから先は劇場へ急ぐべし。
混んでたけどな。
コンドルけど飛んでいく。
ぜ、絶不調・・・。





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門





コメント (8)   トラックバック (89)

「誰がため」:荒川区役所前バス停付近の会話

2009-12-19 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

木立の向こうに見えるのが、荒川区役所。
でも、荒川って、荒川区にないんだぜ。
じゃあ、どこにあるの?
足立区、葛飾区、墨田区、江東区に占められている。
デンマークがナチスに占領されていたようなもんかしらね。
うーん、全然違うと思うけど。
デンマークについて知っていることなんて、ほとんどないけどね。
デンマークといえば、ヴィゴ・モーテンセンっていう渋い役者がいるじゃないか。
たしかに彼はデンマーク出身だけど、デンマークって言われてそんなこと思い出す人なんて、あなたくらいよ。
まあ、映画の世界だって、ヨーロッパ映画といえば、イギリス映画やフランス映画ばっかりで、デンマーク映画なんてめったにお目にかかれないからな。
「誰がため」は、そういう人間にこそ観てほしい映画よね。
第2次世界大戦中に、祖国デンマークのために戦った実在の暗殺者たちの物語だからな。
祖国のために、純粋な気持ちからレジスタンスとなって戦っているのに、裏切りや権謀術数の中でズタズタになって散っていく二人の男たちの悲劇。
祖国の英雄たちなのに、片や、愛する女性には知ってはならない秘密があった。
片や、待つことに疲れた妻に去られてしまう。
ヴィゴ・モーテンセンこそ出演していないけど、この二人の主人公を演じる男たちが、あまりなじみのない俳優だけに真実味を感じさせる。
そんな物語以上に驚かされたのは、映画としての画面の質の高さ。
いままで観てきたこの手の映画の名作に劣らないほど、緊迫感と冷徹さにあふれた映画づくりがなされている。
テロリスト映画というくくりではスピルバーグの「ミュンヘン」を思い出させるような瞬間があるし、暗殺シーンにはコッポラの「ゴッドファーザー」を思い出させるような瞬間もある。
ハチの巣になるシーンなんて「俺たちに明日はない」だ。
そして、硝煙と瓦礫の街並みは、ポランスキーの「戦場のピアニスト」。映画史に残る傑作の粋を集めたような画面が続く。
全編から沈痛な面持ちが立ちあがってきて、デンマーク映画にこれだけの映画的技術があるとはほんとうに意外だった。
でも、残念なことに、見知らぬデンマーク映画だから、観る人はきっと少ない。
こういう映画があること自体、みんな知らない。
荒川が荒川区にないことを知らないようにね。





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門





コメント   トラックバック (14)

「ジュリー&ジュリア」:荒川三丁目バス停付近の会話

2009-12-16 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

宅急便て、時間通りに届いて助かるのよねえ。
なにごとも締め切りがあるっていうことは、いいことだな。
「ジュリー&ジュリア」の主人公ジュリーも、最初に締切を決めたから、365日ブログを更新するなんてことができたんだもんね。
現代のニューヨークに住むジュリーは、有名な料理人ジュリア・チャイルドの著した料理本に載っているレシピ500以上を365日で全部作って、ブログに掲載することを決意する。
その料理人ジュリアも、もとはただの主婦。1949年外交官の夫ポールの任地パリで、無謀にも名門料理学校コルドン・ブルーのプロ養成クラスに飛び込む。
この時世を越えた二人の女性の物語を交互に描く映画が「ジュリー&ジュリア」。
現代のジュリーを演じるのは「サンシャイン・クリーニング」のエイミー・アダムス。料理人ジュリアを演じるのは「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープ。
ジュリーは仲間がバリバリ働いているのに自分だけパッとしないアラサー世代。演じるエイミー・アダムスは、「サンシャイン・クリーニング」に引き続き、こういう負け犬キャラがすっかり板に付いたな。
ジュリアは帽子の作り方を習ったりトランプゲームを習ったりしてもいまいち続かず、エネルギーを持て余している主婦。演じるメリル・ストリープは、いつもどおり、余裕の演技で、この図体の大きいキャラクターになじんでいる。
どちらも、夢中になれるものを見つけられない欲求不満な人生を歩んでいた。
そんなある日、気づいたのが、自分は食べることが何より好きだったんだっていうこと。
この物語の芯は、そこだな。自分の好きなことをやれ、っていういたって単純な事実。
ジュリーのつぶやくひと言、「うまくいかなかった日も、家に帰ってチョコと砂糖とミルクと卵黄を混ぜると、確実にクリームパイになってホッとする」がこの映画のすべてを語っているわね。
俺に言わせりゃあ、「うまくいかなかった日も、家に帰って二コール・キッドマンのポスターとシャーリーズ・セロンの映画パンフレットとゴッドファーザー全3巻のDVDを見るとホッとする」というようなもんだな。
私に言わせれば、「うまくいかなかった日も、家に帰ってトニー・レオンのポスターとジョニー・デップの映画パンフレットとインファーナル・アフェア全3巻のDVDを見るとホッとする」というようなもんだけどね。
ジュリーとジュリアは自分の好きなことに気づいたときから、悪戦苦闘の日々が始まるんだけど、基本的には好きなことだからどんなトラブルに遭っても悲壮感がない。
彼女たちを支える夫たちがまた素敵。
妻たちのわがままを陰でしっかり支えて、貞淑な妻、ではなく、貞淑な夫だな。
いい女の陰にはいい男あり。
「僕がパンなら君はバターだ」とか、臆面もなく言ったりしてね。
私も、一度でいいから言われてみたい。
誰に?
それが問題なのよ。
それにしても、ジュリーとジュリア、どちらも実在の人物だっていうのがまた映画に奥行きを与える。
それだけに、映画の中でもこの二人が時空を越えて心を通わせるなんていう、あざといシーンはひとつもない。
でも、観終わったあとには、どこかで二人がつながっていることを自然に感じられてくる。
そういう節度を守った映画。
気分が落ち込んだときに観ると元気がもらえること、うけあいだ。
DVDになったら宅急便で送ってあげるわよ。
そうだな、そのころには俺たちの仲も「僕がカビの生えたパンなら、君は溶け切ってベタベタになったバターだ」になっているかもしれないしな。





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門




コメント (2)   トラックバック (30)