【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「イカとクジラ」:勝島バス停付近の会話

2007-01-07 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

船がいっぱい繋留されてるけど、汚い東京湾でも魚なんて採れるのかしら?
結構採れるぜ。アナゴにシャコにアオヤギ、アサリ、メゴチ、スズキ・・・。
でも、さすがにイカとかクジラとかは採れないわよね。
それは、魚じゃないんじゃないないのか?
イカとクジラの格闘なんて言われても、ピンとこないわよね。
だから、あまり気乗りせずに観たんだけど、身につまされるところもあるぜ、アメリカ映画の「イカとクジラ」。
作家同士の夫婦が離婚して2人の息子たちは奇行に走る、っていう家族ものなんだけど、あの夫、たいして売れもしない本を書いてるのに、一般の人々を俗物呼ばわりして、最低なのよね。
最低なのは、妻のほうだろう。夫に隠れて浮気を繰り返して、まったく俗物そのものだよな。
でも、その妻の書く本は売れてるのよ。
それがどうしたんだよ。いい本が売れるとは限らない。レベルの低い本のほうが大衆受けがいいっていうのは、事実だぜ。
だけど、家族団らんしてるときにペダンチックな本の話をしたって、息がつまるだけよ。
くだらないお喋りするより、ディケンズやT・ハーディの話をするほうが子どもたちの将来のためにいいだろう。
そんなこと言ってるから、こんな兄弟ができちゃうんじゃない。
どんな兄弟だよ。
16歳の兄はピンク・フロイドの歌をパクッても平気で僕の曲だって言ってコンテストで歌っちゃうし、弟は12歳なのに酒びたり。
だからそれは、おまえが浮気ばっかり繰り返すからだろう。
あなただって、人をバカにするくせに、ピンク・フロイドの曲も知らないで自分の息子がつくったって、信じこんで、笑っちゃうわ。
わかった、わかった、おまえとはもうやっていけないぜ。別れよう。
・・・て言って別れちゃうのようね、この映画の夫婦は。
あ、そうそう。俺たちの話じゃなかったな。映画の話だったな。
でも、ひとごととは思えないのよね。
ああ。俺たちの会話の中にも「勝手にしやがれ」とか「野生の少年」とかの話題、よく出てくるもんな。
デートで「ブルー・ベルベット」を観に行ったりして・・・。
映画としてはおもしろいけど、青少年がデートで観る映画じゃないな。
それを子どもに薦めちゃうんだから、この親は空気が読めないというか浮世離れしているというか。こういう親に「離婚するから週のうち半分は母親と、半分は父親と暮せ」って突然言われても困っちゃうわよね。
そんな親にならないためにも、やっぱり、俺たちは結婚なんかしないで、このままの関係のほうがいいかもね。
でも、あの兄弟、結構いじらしくて、かわいいのよね。
そうそう。親がダメな割りにいい子に育ってるな。
ダメな親でも子は育つ。ああいう子どもたちならいてもいいかも。
結婚しないで子どもだけつくるか?
そういう話じゃないでしょ。キーワードは「イカとクジラ」なんだから。
ああ、あのラスト・シーン。たしかにキーワードは「イカとクジラ」だった。どう読むかは人によって違うだろうけど、そうやって人は成長していくんだ、って俺は読んだね。
問題にちゃんと対峙する覚悟ができたってことね。
この間観た「リトル・ミス・サンシャイン」もしょうもない家族の話だったけど、この映画もまた違った意味でしょうもない家族。
というか、家族ってしょうもないものなのよね、結局。
でも、いとしいものなんだよな。シリアスな話なのに、どこか温かみを感じるっていう。
そうね。ちょっとリアルな「リトル・ミス・サンシャイン」て感じでこの映画、想像以上におもしろかったわ。単館でしか公開していないのがもったいないくらい。
やっぱ、俺たちも家族になるか。
なに、そのふらついた発言。
じゃあ、この船で俺たちのイカとクジラを探しに行くっていうのはどうだい?
免許もないのに?


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前



コメント (18)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 「みえない雲」:新浜川橋バ... | トップ | 「長い散歩」:勝島一丁目バ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (kuroneko)
2007-01-09 01:35:57
初めましてkuronekoと申します。
TB頂きましてありがとうございます。
こちらも僭越ながらさせて頂きました。
ユニークなブログですね。関心しました。
たまにお邪魔するかもしれません。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-09 22:50:17
■kuronekoさんへ
たまにと言わず毎日でもお邪魔してください。
そんなに更新していませんが・・・。
身に・・・ (kimion20002000)
2007-09-23 22:04:52
TBありがとう。
そうなんですよね。
なんか、身につまされる映画なんですよ。
あんまり、カップルで見たくない(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-24 08:54:11
■kimion20002000さんへ
カップルで観るのもつらいですが、ひとりで観るのもつらいですよね。でもなかなか含蓄のある映画でした。
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪ (miyu)
2007-09-30 21:16:15
いつもお世話になっております。
確かにちょっと身につまされちゃうお話でもありますよね。
うんうん、家族ってしょうもないもんなのかもしれません。
子供って親のしょうもなさになかなか気付けないけど、
それに気づいた時成長するのかもしれませんね~。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-01 21:36:08
■miyuさんへ
まったく家族とは洋の東西を問わず、やっかいなものですね。思わぬ拾い物の映画でした。
こんにちは♪ (AnneMarie)
2007-11-02 14:59:03
やっとこの映画を観ました~。
私は、離婚というテーマでも「リトル・ミス・サンシャイン」ぽい映画なんだと思い込んでました。
ところが全然笑えない。
リアルな映画でした。
そして、コチラの記事を拝見してもう一つ、激しく思い込んでいたことが判明!!!!
お二人はご夫婦じゃなかったんですね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-03 16:56:58
■AnneMarieさんへ
男女の仲は他人にはなかなか計り知れない、ということで・・・。
Unknown (石田崚真)
2019-07-16 16:38:19
ウィラ大井
Unknown (成山裕治)
2019-07-16 16:38:52
辻松裕之

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

イカとクジラ (knockin' on heaven's door)
The Squid and the Whale 突然離婚を宣言した両親とその事態に直面する息子たち。変わり者揃いの一家の悲喜劇、もろインディーズ作風まっしぐら。優しい眼差しに満ちたダメダメ家族のお話。 インテリ作家の両親なのに、理想の親とはほど遠く。子供たちより自 ...
真・映画日記『イカとクジラ』 (CHEAP THRILL)
12月8日(金) 日中はそこそこ忙しい。 週末だからね。 仕事は午後6時40分に終業。 急いで新宿へ。7時15分に着く。 新宿武蔵野館へ。 関東では現在ここでしか上映されていない『イカとクジラ』を見る。 客入りは8割くらい。 定員133人のところだから ...
『イカとクジラ』 (Gingham Notes)
いつもギリギリで観る事が多い映画。『イカとクジラ』は公開した週に観に行きました。予告では飄々とした印象を持ったけど、もっと淡々と現実的でした。公開したばかりという事もあり、小さい映画館とはいえほぼ満員。あちこちから笑い声が聞こえてきました。だけ ...
イカとクジラ (シャーロットの涙)
世界最大といわれるダイオウイカと、それを餌にするマッコウクジラ。ニューヨークのアメリカ自然博物館に巨大ジオラマが展示してあるようだけど…映画や文学、そして音楽等のオマージュがたくさん登場し、粋でリアリティに満ちている台詞たち。 詳しくは知らない ...
「イカとクジラ」 (或る日の出来事)
この映画は昨年度の映画賞レースで、脚本賞などをよく受賞していた。 “THE SQUID AND THE WHALE”というタイトルが「イカとクジラ」という意味だと知って、変な題名だなあと思ったものだ。 「イカとクジラ」は、ニュ
イカとクジラ (映画のメモ帳+α)
イカとクジラ (2005 アメリカ) 原題   THE SQUID AND THE WHALE       監督   ノア・バームバック 脚本   ノア・バームバック       撮影   ロバート・イェーマン          音楽   ブリッタ・フィリップス ディーン ...
イカとクジラ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
突然、離婚した夫婦、そして、そのことによる環境の変化に戸惑う二人の息子。それぞれの独身生活を謳歌する両親は、息子たちに現れてくる異常行動に気付く余裕もありません。 親の離婚が、その子どもの心にどんな変化をもたらすか...。「両親の離婚」という ...
『イカとクジラ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
わかるわかる。大人は判ってくれないけど。 あのイカとクジラのように心の海にユーモアとせつなさがせめぎ合うのだ。 1986年、ブルックリンのパークスロープ。16歳のウォルトと12歳のフランクの作家である両親が離婚することになった。監督のノア・バームバッ ...
イカとクジラ (映画通の部屋)
「イカとクジラ」 THE SQUID AND THE WHALE/製作:2005
イカとクジラ (とにかく、映画好きなもので。)
 離婚した両親に振り回される兄弟の姿、ダメなオヤジと浮気を繰り返す母親、思わずコミカルで風刺の効いた演出に本当に笑って良いのか困ってしまう。  家族を描いた作品は、映画の永遠のテーマとも言えるだろう。それは1986年のブルックリ ...
『イカとクジラ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
最近では、1980年代半ばの物語が予想以上に古めかしく映ることを痛感しますが、その頃を音楽を並べれば、今よりもクリエーティヴな時代だったことがわかります。
映画@イカとクジラ/THE SQUID AND THE WHALE (sattyの癒しのトビラ)
16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家 父バーナードは、スランプが続いていた。。 一方の母ジョーンは、華々しいデビューを控えた新進作家 ある日、兄弟は両親から離婚することを告げられる。。 兄弟に共同監護という形で父の家と母の家を 行ったり来たり...
『イカとクジラ』 何でこんなタイトル・・・・? (銅版画制作の日々)
この不思議なタイトルの意味が明かされるのはラストの3分えぇ~それだけ 京都シネマにて観てまいりました。不完全家族の悲喜劇物語。時は1986年、ブルックリン・バークスローブが舞台バークスローブは作家やアーティストが住むことで有名なNYの高級住宅街そこに住む...
イカとクジラ (小部屋日記)
The Squid and the Whale(2005/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本: ノア・バームバック 出演: ジェフ・ダニエルズ/ローラ・リニー/ジェス・アイゼンバーグ/オーウェン・クライン/ウィリアム・ボールドウィン/ アンナ・パキン 離婚した両親に振り回される...
ノア・バームバック監督「イカとクジラ」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ノア・バームバック 出演 ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェス・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン  スノッブな味が満載。  映像としては、夫が別居した妻を訪ね、玄関口で会話するシーンにスノッブの特徴がよくあらわれている。夫、妻の顔が会話...
「イカとクジラ」 The Squid and the Whale (俺の明日はどっちだ)
舞台となるのは1986年のブルックリン。16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家。しかし父バーナードはかつては脚光を浴びたものの、現在は長くスランプが続いていた。一方の母ジョーンは『ニューヨーカー』誌での華々しいデビューを控えた新進作家。そんなあ...
イカとクジラ@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介するのは、ジェフ・ダニエルズ主演の映画、『イカとクジラ』です。 まずは映画のストーリーから・・・ ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。 父は元売れっ子作家だが、今は大学講師、母は「ニューヨーカー」誌でのデビューを控えた有望な...
mini review 07073「イカとクジラ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: アカデミー賞で脚本賞にノミネートされたほか、各映画賞を席巻したヒューマンドラマ。作家同士の両親の離婚を機に、父と母の家を往復する生活を余儀なくされる兄弟の心情をつづる。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。出演は『グッド...
『イカとクジラ』 (Sweet* Days**)
イカとクジラ(2007/06/20)ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー 他商品詳細を見る監督:ノア・ボーンバッハ CAST:ジェフ・ダニエルス、ローラ・リニー他 アカデミー賞脚本賞他ノミ...
イカとクジラ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「イカとクジラ」は、ノア・バームバックが監督&脚本を務めたPG-12指定のヒューマン・コメディです。監督のご両親もこの映画同様2人とも作家で、自伝的な映画と言えるんだそうですね。  タイトルの「イカとクジラ」は、「ナイトミュージアム」の舞台でもあ...
『イカとクジラ』'05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじかつては人気作家だったが今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦、は離婚を決意した。そのため、2人の子どもで、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と12歳のフランク(オーウェン・クライン...
イカとクジラ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
観るつもりだったのにうっかり見逃しちゃった「イカとクジラ」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェス・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン 上映時間:81分  かつては人気作家だった落ち目のバーナード(...
イカとクジラ (悠雅的生活)
この、困った家族たち。
『イカとクジラ』・・・ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:アメリカ映画、ノア・ボーンバッハ監督&脚本、ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー主演。 ≪DVD観賞≫