【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マッチポイント」:田町駅前バス停付近の会話

2006-09-19 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

田町といえば、ウディ・アレンだな。
どうして?
たまち、たまっち、たまっちぽいんと・・・なんちゃって。
「マッチポイント」って言いたいわけ?
明快だろ?
あなたのジョークは、ウディ・アレンには、とおおおおおおく及ばないわね。
そうなんだよなあ。俺がウディ・アレンを好きなのは、俺のレベルに合わせたような高級ジョークの数々なのに、今回の映画にはジョークはほとんどなかった。
あなたのレベルに合わせた低級ジョークはもう使い果たしちゃったのよ、きっと。今回は、あなたとは永遠に縁のない高級な階級の話だからね。
ああ、上流社会に入ろうとする男が愛人が邪魔になって・・・ていう、「アメリカの悲劇」みたいな辛気臭い話だからな。
ロンドンが舞台だからどちらかというと「イギリスの悲劇」だけどね。
でも、愛人が「ロスト・イン・トランスレーション」のスカーレット・ヨハンソンなんで、パッと妖艶な花が咲いたような映画になったな。
そうそう。明らかにウディ・アレンはスカーレット・ヨハンソンに気があるわよね。撮り方が、かつてのダイアン・キートンとかミア・ファローみたいに、監督としてというより男として好きで好きでたまらないって撮り方だもの。
おいおい、ウディ・アレンは71歳で、スカーレット・ヨハンソンは20歳そこそこだぜ。孫みたいな女を好きになるか?
男と女の間に年齢は関係ないわ。
しかし、そういう見方だけでこの映画を語るのは、敬愛するウディ・アレンに失礼というものだろう。
じゃあ、どういう見方をすればいいの?
指輪を巡る深遠な物語なんだよ、これは。打算から上流社会の女と結ばれ、結婚指輪を指にはめた男がその指輪に拘束されてしまう物語。愛人のほうがよくてほんとは指輪をはずしたいのに、はずせない。指輪を捨てたいのに、出世欲とか金銭欲とかが邪魔をして捨てられないんだ。結局関係のない人間の指輪をはずし、それを川に投げこもうとしたところから、運命が変わってくるという、皮肉な物語。いわばウディ・アレン版「ロード・オブ・ザ・リング」とも言える映画なんだ。
ずいぶん飛躍した解釈ね。
これくらい飛躍していいんだ。ウディ・アレンは変わったんだら。
でも、劇場前を撮影の場所にするとか、今回はオペラだったけど音楽の入れ方とか、ロンドンが舞台でもニューヨークと同じような撮り方をして、いかにもウディ・アレンらしい映画だったわよ。
いやいや、「ドストエフスキー」とか「モーターサイクルダイアリーズ」とか出てきて、おちょくりの対象にするのかと思ったらそんなそぶりが全然ない。昔は絶対ジョークの対象にしてたのに。
そのぶん、スカーレット・ヨハンソンに気が行ってたのよ。
あの唇、たまんないもんなあ。やっぱり、男と女に年齢は関係ないのかもな。
不倫したくなるのもわかるってこと?
いや、そこまで踏み切れないのが男の悲しさなんだ。後半、一気に物語が飛躍するけど、それもわかるような気がするね。
いいのよ、私なら身を引いても。ちょうどここはバスの終点だし。
って、それは飛躍のしすぎだろう。


ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。
コメント (6)   トラックバック (19)

「出口のない海」:慶応義塾大前バス停付近の会話

2006-09-18 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

この、いまは平和な慶応大学からも、戦争中は「出口のない海」みたいに多くの学生が戦場へ出て行ったんだろうな。
「出口のない海」の主人公は明治大学だったけどね。
最近の戦争映画って言うと、傑作「紙屋悦子の青春」から愚作「男たちの大和」に至るまで、必ずおじいちゃんになった人が出てきて現在から戦争時代を回顧するっていう構成になっているけど、どうしてバカのひとつおぼえみたいにああいうシーンがあるんだろうと思っていたら、この映画はいきなり戦争シーンから始まったんで、新鮮と言うかすっきりと映画に入れたよ。
蟻の兵隊」なんて、本当に軍人だったおじいちゃんが主役だったけど。
あれは別だよ。今現在も戦争は続いているっていう映画だからね。「男たちの大和」なんて、その視点がすっぽり欠けて昔を懐かしんでるだけじゃない。仲代達矢なんかどうしていいかわからず、大根役者みたいにぼーっと突っ立ってるしかないの。
ずいぶん「男たちの大和」には厳しいのね。
なにしろ、最低映画鑑賞会推薦作品だからね。
なに、最低映画鑑賞会って?
文字通り、最低映画をけなす会。
会員は?
いまのところ、俺ひとり。
最低・・・。
ところが、やっぱり「出口のない海」も最後になっておじいちゃんを出しちゃった。傑作の予感がしてたのに、あれで普通の映画に成り下がっちゃったな。あの時代と現在がつながっているんだということをもっとスマートに描ける監督は日本にはいないんだろうか、って思っちゃったよ。
佐々部清って監督は、スマートっていうより真面目な監督だからね。「半落ち」にしろ「カーテンコール」にしろ。そこが好感を持てるところでもあるし、退屈なところでもあるんだけど。
ほんとに、誠実に撮ってるよな。だからすべての主張が中途半端に見える。
主張?
「お前は敵を見たことがあるのか」とか「貧しいから軍神になるしかないんだ」とかいった主張がその場限りで、あとの展開へつながっていかない。
上野樹里なんて、あまり出番なかったしね。
いつ、「ジャズやるべ」って言い出すのか楽しみにしてたのに。
別れのシーンなんて、もっと情感が出てきてもいいのに、なんか恋人たちって感じが出ないのね。
そこが真面目な監督の所以だ。
でも、「回天」ていう乗り物がいかにどうしようもない乗り物なのか、よくわかったわ。
そこをまっとうに描くのも真面目な監督らしい。次から次に故障してついには敵艦にあたるどころか、あんな形で最後になるなんて、どうしようもない代物。こんなんで真面目に戦おうと思ってるんだから、ちゃんちゃらおかしくて、悲劇どころか、喜劇でしかないのに、監督はいたって神妙に描くんだから。
岡本喜八が撮ってれば「肉弾」よね。
要するに、無駄死にだ。
主人公の市川海老蔵も言ってたわね。「負けるってわかっててどうして死ぬんですか」って聞かれて「それが問題なんだよ」って。
うん。そのあとになにやらもっともらしい理屈をつけるけど、本音は「それが問題なんだ」よ。祖国のため、とか、家族のため、とかいろいろ理由をつけても結局戦争なんて無駄死にだからね。それを認めようとしないから「男たちの大和」は最低映画鑑賞会推薦になっちゃうんだ。大和なんか戦局が有利になるわけでもなんでもないのに、ただ残しといちゃやばいっていうだけで出撃させられて何千人ていう若者が犠牲になってるんだから、無駄死に以外の何物でもないのに、そこのところをごまかしてるんだから「男たちの大和」は最低なんだ。
じゃあ、「出口のない海」は最低映画鑑賞会推薦にはならないの?
「それが問題なんだ」のひとことがあるだけでも、最低映画とはいいがたい。しかも、物語の構図はしっかり、無駄死にの話だ。あの無様な死に方。神妙に描いてはいるけれど、無様すぎて涙も出ない。それが戦争なんだ、って少しでも感じらる部分があって、決してひどい映画じゃない。
ああ、よかった。私、この映画案外好きなんだよね。
いい意味でも悪い意味でも、真面目なやつには好感を持って迎えられると思うよ。
そんなのどうでもよくて、ただ伊勢谷友介ってかっこいいなあ、って思っただけなんだけど。
不真面目なやつめ!


ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。












コメント (12)   トラックバック (33)

「うつせみ」:三田五丁目バス停付近の会話

2006-09-17 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

立派な森だな。
三井倶楽部の森よ。
夏にはさぞ、せみの声もにぎやかだったんだろうな。
いまはもう九月だからね。
せみも消えて、「うつせみ」だけが残るか・・・。
って、まさかキム・ギドクの「うつせみ」の話をしようとしてるんじゃないでしょうね。
いけないか?
昨日、「」の話をしたばかりなのに、またキム・ギドクの映画の話をするわけ?
しょうがないだろ、天才なんだから。
そりゃ、泥棒でもないのに留守中の家に入るのが趣味の青年が、たまたまあるお屋敷にいた主婦と恋に落ちるなんておかしな話をこれだけ魅力的な映画にできちゃうのはキム・ギドクくらいしかいないとは思うけど。
いったいどうしてこういう話を思いつくのか、といつもあきれちゃうんだけど、今回もまったく期待を裏切らないというか、期待を上回った怪作というか、もう、恐れ入りましたというしかないよな。
」の前につくった映画なんでしょ。
ああ。この映画の主人公たちもほとんど言葉を喋らない。それでいて感情は十分に伝わってくるんだからたいしたもんだ。
でも、とくに後半、そんなのあり?って展開になってくるけど。
いつもそうだろ。「」だって、そんなのあり?って展開になってくる。凄いのは、どうみても思いつきでそうなったような話なのに、見てると妙に納得しちゃうんだよな。
理性というより感情が画面を支配しているからかしら。
そこが説明しずらいところなんだけど、理性も感情もひっくるめて頭が納得しちゃうみたいな、不思議な映画になっているんだ、いつも。
天から降ってきた映画としか思えないわね。
つまり、天才なんだよ、この監督は。秀才の映画監督というのはたくさんいるけど、天才の映画監督っていうのは、ほんとに数えるほどしかいないからね。
たとえば?
「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリックとか、「花様年華」のウォン・カーワァイとか。
たしかに私たち凡人の頭脳を超えてるもんね。
こういう天才系の映画には、俺たち凡人はなんにも考えないで、ただ身を浸すしかなんだよ。
なにも考えないで?
そ、なにも考えないで。
なにも考えないでいいなんて、怠惰なあなたにぴったりの映画ね。
そういうこと・・・て、おいおい。



ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。






コメント (3)   トラックバック (5)

「弓」:魚籃坂下バス停付近の会話

2006-09-16 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

魚籃坂って、珍しい名前だな。
坂の中腹に魚籃寺ていうお寺があるのよ。
魚籃寺?
本尊が「魚籃観世音菩薩」ていう、頭髪を唐様の髷に結った乙女の姿をした観音像であることに由来する名前なんだって。
乙女の姿?
中国、唐の時代、仏が美しい乙女の姿で現れ、竹かごに入れた魚を売りながら仏法を広めたという故事に基づいて造形されたらしいわよ。
乙女と魚といやあ、キム・ギドクの「弓」っていう映画だな。
あれは、乙女と魚釣りだけどね。
海の上に一艘の船が浮かんでて、そこには老人ともうすぐ17歳になる少女が暮している。少女は孤児で小さい頃からこの船で老人に育てられ、老人は17歳になったら少女と結婚しようと思っている。そこに魚釣りに来た青年が現れて波乱が起こる・・・。
いつものキム・ギドクらしく、奇妙な話よね。
韓国では1週間の上映で打ち切られたっていうけど、わかるような気がするね。どう説明していいかわからない映画だもんな。
じゃあ、退屈かというとそんなことなくて、少女と老人と青年の関係がどきどきするような緊張感の中で展開していくのよね。
ほーら、きた。女一人に男二人という映画の黄金三角関係だ。
黄金三角関係?
以前も話したけど、女一人に男二人というシチュエーションの映画には名作が多いんだ。「突然炎のごとく」とか「冒険者たち」とか「明日に向って撃て」とか。今年の映画だって「ゆれる」とか「紙屋悦子の青春」とかみんな黄金三角関係だ。
少女役のハン・ヨルムがとにかく、妖しくて、幼くて、狡猾そうで、神々しくもあるという不思議な存在で、とても魅力的な表情をするのよね。
キム・ギドクも計算してよく撮ってるよ。ドキッとするシーンがいっぱいあるもんな。人工的な話なのに、海の上に浮かぶ船というシチュエーションになったところで広がりが出たしな。
ああ、たしかに同じように少女の表情が魅力的だった「ハードキャンディ」も、シチュエーションが人工的なんで映画自体が人工的になってしまって損してたわね。
そりゃ、キム・ギドクのほうが一歩も二歩も曲者さ。「魚と寝る女」といい、「春夏秋冬そして春」といい、いつもいつもよくおかしな設定の映画を魅力的に仕上げてしまうもんだとあきれ返るよ。
要するに天才なのよ。
宗教的な匂いもして、実は「魚籃観世音菩薩」をモチーフにした映画なんです、って言われてもそうかもしれない、と思っちゃうよな。
少女と老人はひとことも言葉を発しないで、それがまた神秘性に拍車をかけるのよ。
こういう傑作の前には俺たちも言葉を失うね。


ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。

















コメント (4)   トラックバック (20)

「明日の記憶」:白金高輪駅前バス停付近の会話

2006-09-15 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

新しいマンションに囲まれて、古い屋敷がひとつ・・・。
東京では、ときどき見かける風景ね。
この屋敷もいつか消えて、俺たちの記憶の中にしか残らないんだろうな。
記憶に残ればいいけど、記憶にも残らないかもしれないわ。
「明日の記憶」みたいにか。
働き盛りの40代で、どんどん記憶が消えていく映画。へたなホラーより恐ろしいわよね。
でも、俺はもともと記憶力悪いからな。暗記の試験なんて、いつも赤点だったし。
それは、記憶力の問題じゃなくて、努力の問題だと思うけどな。
でも、記憶がなくなりゃ、いやな思い出も全部なくなっていいじゃん。
なんか、そんな映画あったわね。「エターナル・サンシャイン」だっけ。恋人に振られた記憶を手術で消し去っちゃうの。
あれはファンタジーだけど、これはリアルだからな。怖いよな。
なんだ、やっぱり怖いんじゃない。
渡辺謙が結構はげた頭で幼児みたいにウロウロしてたりするとな。
あの「ラストサムライ」や「バットマンビギンズ」で堂々たるところを見せた渡辺謙だけに衝撃的よね。
頭、はげてるし。
監督の堤幸彦って「トリック」みたいなふざけ倒した映画しかつくらないのかと思ったら結構腹をすえた映画もつくるのね。
題材が題材だからな。でも、ほんと怖いよ、どう考えてもハッピーエンドになりにくい話だから。
最後には奥さんの顔まで忘れちゃうんだもんね。
奥さんって言っても、樋口可南子だぜ。あんなきれいな奥さんの顔、俺だったら絶対忘れないね。
私だったら?
・・・忘れたくても忘れられない強烈な顔ってのもあるよな。
ふざけないでよ。まじめな映画の話してるのに。
だって、こんな残酷な映画のこと、真顔じゃ話せないぜ。
大滝秀治が出てきてなぐさめてもだめ?
ありゃ、励ましだったのか。いくら大滝秀治にあんなこと言われても解決にはならないよ。
記憶をなくす男の話でも「博士の愛した数式」はこんな悲惨じゃなかったのにね。
だからファンタジーなんだよ。「エターナル・サンシャイン」とか「博士の愛した数式」とかは。そっちのほうが気楽に見れていいなあ。
ああ、やっぱり、相当身につまされてるみたいね。
記憶をなくすなら、真っ先にこの映画の記憶をなくしたいね、俺は。
心配しなくても、あなたはもともと記憶力ないんでしょ。
そうだった、いつも赤点だったの、忘れてた。


ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。



コメント (4)   トラックバック (3)