【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「シャッター アイランド」:枝川バス停付近の会話

2010-04-29 | ★業10系統(新橋~業平橋)

あそこの建物、何に見える?
倉庫だろ。
とんでもない。レンタルスペースなのよ。
な、なんだって!倉庫に見える建物が実はロッカールームだって!そりゃ、驚愕の事実だ。
って思うような頭の持ち主が宣伝担当だったんでしょうね、「シャッター アイランド」は。
「あなたの脳を信じてはいけない」とか「この映画には隠された謎がたくさんあります」とか、挙句の果てには「絶対に最後を教えないで下さい」とかすさまじい宣伝文句が並ぶ。
一体どんなラストが待ち受けているのかと期待していたら、みごと肩すかしを食わされた。
宣伝にまんまと乗せられて、まだ何かあるはずだ、まだ何かはずだと思いながら観ていると、想像の範囲内で終わってしまう。映画の内容じゃなくて、宣伝に騙される映画だったんだな。
映画の中でも申し訳程度のどんでん返しはあるんだけど、全体を構成する大きな謎があれじゃあ、驚愕の結末っていうわけにはいかない。
「絶対に最後を教えないで下さい」って言うのは、教えられないほど凄い結末が待っているっていう意味じゃなくて、教えられないほど何もないっていう意味だったってことだ。
そういう意味では見事に観客の想像を裏切る映画だった。いやあ、すごい、すごい。
宣伝担当者も、この際、宣伝と実態との落差を思いっきりひろげて観客の度肝を抜くっていう破れかぶれの作戦に出たってことだな。相当、ひねくれた知恵者だ。
でも、そんな手を使わなくても、マーチン・スコセッシとレオナルド・ディ・カプリオのコンビなんだから、映画の魅力をまっとうに宣伝してもよかったんじゃないの?
1950年代、ナチとの戦争の後遺症が残るなか、共産主義の影が忍び寄ってきて、ロボトミー手術なんていうものが公前と行われる時代。あの時代のアメリカの不安を一身に背負った男の物語と見れば、十分鑑賞に耐えられる。
戦争の悲劇も確かにあったものだし、ロボトミーなんて悲惨な現実もたしかにあったわけだし、ただの謎解きで終わらせるには惜しい映画よね。
マーチン・スコセッシの演出は健在だし、マックス・フォン・シドーなんていう大御所も出演しているし、実は見どころ満載だ。
逆に、最初から謎を観客にばらして、その上で、その物語を表現する監督や役者の腕前をじっくり堪能してください、と宣伝したほうがよかったのかしら。
ああ、そのほうが、案外よけいな雑念を入れずに映画そのものを味わうことができてよかったかもしれない。
そこにシャッターを閉めてしまったわけね、この「シャッター アイランド」は。
惜しいことをした。




このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前





コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 「ゼブラーマン ゼブラシテ... | トップ | 「アイガー北壁」:枝川一丁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

シャッターアイランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれ...
「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない (はらやんの映画徒然草)
マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。 あ
「シャッター アイランド」 (或る日の出来事)
原作を読んで、大きな秘密(?)を知ってしまっているのに面白かった。…のだが。
【シャッター アイランド】 (+++ Candy Cinema +++)
【SHUTTER ISLAND】【監督】マーティン・スコセッシ   【原作】デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』 【脚本】レータ・カログリディ...
シャッターアイランド (花ごよみ)
監督は『ディパーテッド』の、 マーティン・スコセッシ、 レオナルド・ディカプリオが『ディパーテッド』と 同じく主演をつとめます。 舞台はある事件が起きた孤島。 この島で謎解きが展開されます。 原作はデニス・ルヘインの小説。 ディカプリオが連邦保安官の役を...
『シャッター アイランド』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パト...
シャッターアイランド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの四作目のコンビ作は、断崖絶壁に囲まれた孤島、「シャッターアイランド」に建つ精...
シャッター・アイランド~騙されたのか? (Osaka-cinema-cafe)
恐らく、期待した映画ほど期待はずれになることも 多いはず。 この映画もかなり宣伝が上手く、かなり煽る映像で これは見に行かないと、思い、でも、この手の映画って、 よくあるパターンもあるしなあと、考えつつ映画館へ 映画「シャッター・アイラン...
★「シャッター アイランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。
【シャッター アイランド】試写会★レオナ... (猫とHidamariで)
全ての”謎”が解けるまで  この島を出る事はできない。精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた―シャッターアイランドHP注意!最後の謎が解けた時...
シャッター・アイランド■50年代の苦悩のア... (映画と出会う・世界が変わる)
この映画、「意外な結末」ということが宣伝ポイントになっており、騙される快感を期待しそうであるが、この映画をそのような期待を持って見てはいけない。この映画の宣伝方法は、間...
『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような (SOARのパストラーレ♪)
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索...
シャッターアイランド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スコセッシ監督×ディカプリオ主演の4作目は、「ミステック・リバー」の人気推理作家デニス・ルへインのベストセラー小説を原作に映画化! “閉ざされた島”にやって来た捜査官を襲う底知れぬ恐怖と謎!・・・孤島の病院を舞台に描くトリッキーなサスペンス・スリラー...
閉ざされた島~『シャッターアイランド』 【超日本語吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 SHUTTER ISLAND  1954年、ボストン湾に浮かぶ孤島。精神を患った犯罪者を収容する施設があ るこの島に、連邦捜査官テディ(レオナルド・...
[映画]シャッターアイランド (余白日記)
ひらひらと舞い落ちてくるものがある。それはパレードのビラだったり、 時には人間(「カジノ」)だったりもする。 「レイジング・ブル」の冒頭では、リングの上に雪が降っているように見える。 フラッシュが炊かれ、歓声が上がり、もろもろの喧騒に取り巻かれているのが...
シャッター アイランド (だらだら無気力ブログ)
お馴染みマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが 『ディパーテッド』以来、再びタッグを組んでおくるミステリーサスペンス。 精神病を患った犯罪者達を収容する精神病院がある孤島で起きた失踪事件を 捜査にきた連邦保安官が直面する不可解な出来事に...
「シャッター・アイランド」 (てんびんthe LIFE)
「シャッター・アイランド」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 ラストを人に話すなとか、ヒントがたくさんとかいろいろガイドが画面に出てくるので、最初から、全員を疑いながら観賞。 勿論、ラスト知らなかったんですが、冒頭のシーンで船がどうもインチキっぽいじゃない...
シャッター・アイランド Shutter Island (映画!That' s Entertainment)
●「シャッター・アイランド Shutter Island」 2009 アメリカ paramount Pictures,Phoenix Pictures,138min. 監督:マーティン・スコセッシ  原作:デニス・ルヘイン『シャッター・アイランド』 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キング...
シャッターアイランド (シネマ名画座)
今日は、ディカプリオとスコセッシの4度目のタッグとなる話題作『シャッターアイランド』についてです。なお、ネタバレありですので、未見の方はご注意下さい。 ブログを書くならBlogWrite
「シャッター アイランド」(2回目) (或る日の出来事)
エンドロールの、ダイナ・ワシントンの歌まで聴いてから席を立とう。
シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会)  (風に吹かれて)
何が真実か見極めてこの謎を解け公式サイト http://www.s-island.jp4月9日公開同名小説(デニス・ルヘイン著)の映画化監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ 
【シャッターアイランド】 (日々のつぶやき)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー すべての謎が解けるまで、この島を出ることができない 「1954年9月、ボストンから遠く離れた孤島の犯罪者専用のアッシュクリフ精神病院から一人の女性の姿が消...
シャッター・アイランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前に原作を読みました~ 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
シャッター アイランド (Shutter Island) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑...
「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...
mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...