【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マイ・ブラザー」:本所四丁目バス停付近の会話

2010-06-30 | ★業10系統(新橋~業平橋)

お、しゃれたちゃんこ料理屋だな。家族そろって食べにくるか。
相撲界が戦場のように荒れているときに、そんなのんきなこと、言ってていいの?
相撲界は戦場でも、俺の家族には関係ないさ。
そういう利己的な考えだから、いつまでたっても戦争がなくならないのよ。
なんだか発想が飛ぶねえ。
そんなことないって。遠くの戦争が家族にもたらす悲劇はいまも続いているのよ。あなたも観たでしょ、ジム・シェリダン監督の「マイ・ブラザー」。
兄がアフガニスタンで戦死したという訃報が届き、残された妻と子どもたちは弟に励まされ、ようやく穏やかな日々を取り戻したところへ、人格が変わったようになった兄が生還するっていう映画だろ。ちゃんこではないけど、あの映画にも家族が食事をする風景はたくさん出てきたぜ。
あれは、アフガニスタンとアメリカは遠いけど、戦場と日常はすぐ近くにあるっていう象徴ね。
そういう意味では、たしかに戦争が家族にどんな陰をもたらすかっていう映画ではあるんだけど、俺はむしろ「エデンの東」を思い出してしまったな。
「東のエデン」?アニメの?
違う、違う。「エデンの東」。エリア・カザンのアメリカ映画。
ああ、ジェームス・ディーンがすねちゃう映画ね。
賢い兄とちょっと不良の弟がいて、父親は兄のほうにばかり愛情をかけるが、兄の愛した女性はいつしか弟にひかれていくっていう構図が、「エデンの東」に似ていると思わないか。
どちらも兄は戦場に行っちゃうしね。
「エデンの東」は兄が戦場に行くまでの話、「マイ・ブラザー」は兄が戦場から帰ってからの話だけどな。
トビー・マグワイアが戦場の体験で別人のようになってしまった兄を「スパイダーマン」の俳優とは思えない鬼気迫る演技で熱演すれば、ジェイク・ギレンホールは刑務所帰りだけど気のいい弟を好演している。
間に立って弟にひかれていく妻役は、ナタリー・ポートマン。
そう、そう。「エデンの東」に出てくる女性は兄の恋人だけど、「マイ・ブラザー」は兄の妻。しかも子どもが二人もいる。これは大きな違いよ。
それだけに、弟とはちゃんと節度を持って接している。
死んだはずの兄の出現にも、表面上、おとなたちはみんな冷静を装って接するんだけど、そのおとなたちの微妙な違和感を敏感に感じ取ってしまうのが、兄の子どもたち。
みんなが心の中に抱えているけど、言ったらおしまいというひとことを、幼い娘が勢いで口に出してしまう。
子どもって、ときどき残酷な真実を無邪気に口にしてしまったりするから怖いわよね。
そのひとことを言ってしまった瞬間、その場の空気が製氷機の中のように凍りついて、下手なサスペンス映画なんて敵わないほどの緊張感。ドキドキするぜ。
ジム・シェリダンの映画って「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」といい、子役の演技がナチュラルだからねえ。
観終われば、やっぱり戦争映画というより、家族の映画だったっていう印象が強いなあ。
そうね。ちゃんこ料理も、家族が楽しい相撲の話題を口にしながら食べられる日が戻ってほしいわね。





このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前



コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 「クレイジー・ハート」:石... | トップ | 「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

マイ・ブラザー (試写会) (風に吹かれて)
戦場の傷を癒せるのは誰公式サイト http://my-brother.gaga.ne.jp6月4日公開デンマーク映画、スザンネ・ビア監督の「ある愛の風景」のハリウッドリメイク作。 監督: ジム・シェリ
静かなる反戦映画~『マイ・ブラザー』 (真紅のthinkingdays)
 BROTHERS  米軍大尉のサム(トビー・マグワイア)は退役軍人の父(サム・シェパード)を 持ち、妻グレース(ナタリー・ポートマン)の...
「マイブラザー」 (Con Gas, Sin Hielo)
戦場は時に死よりも過酷な生をもたらす・・・ってことで。 100%作品が悪いわけではない。 予告を何度も観た後では、T.マグワイアがいかに優しい父親を演じていても、これ後でキレちゃうんだぜって思ってしまうのは仕方のないところだ。 でも、それを差し引いたと...
「マイ・ブラザー」 (古今東西座)
サム(トビー・マグワイア)は美人の妻グレース(ナタリー・ポートマン)と2人の娘に恵まれ幸せにくらしていた。父(サム・シェパード)とそりが合わずグレてしまった弟トミー(ジェイク・ギレンホール)とも仲は良かった。しかし、罪を犯して服役中だったトミーが出所す...
マイ・ブラザー (だらだら無気力ブログ)
デンマーク映画『ある愛の風景』をハリウッド・リメイクしたドラマ。 戦地で凄惨な体験をしたことで心に大きな傷を負ってしまって帰還した兵士 の苦悩とその家族と兵士の弟を巻き込んだ家族の崩壊と再生を描く。 出演は、『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイ...
【マイ・ブラザー】 (日々のつぶやき)
監督:ジム・シェリダン 出演:トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード  世界の果てを見た兄に、まだ声は届くだろうか。 「穏やかで優しいサムはいい夫で二人の娘のいい父親だった。妻グレースが嫌っている服役中
10-155「マイ・ブラザー」(日本) (CINECHANの映画感想)
戦争の行き着く先は、死者だけが見れる  妻グレースの良き夫であり、かわいい2人の娘の良き父である米軍大尉のサム。一方、その弟トミーは問題ばかりを起こす家族の厄介者。彼が銀行強盗での服役から出所したばかりのある日、入れ替わるようにサムがアフガニスタンの戦...
マイ・ブラザー (5125年映画の旅)
有能な軍人であるサム・ケイヒル。彼は派遣されたイラクの地で消息を絶ってしまう。悲しみにくれる妻のグレースと二人の娘は、サムの弟トミーに支えられて次第に人生に希望を取り戻していく。そんな時、死んだと思われていたサムが奇跡の生還を果たした。家族は喜びに沸...
マイ・ブラザー (knockin' on heaven's door)
Brothers 優等生の兄と、落ちこぼれの弟。訃報を受けたはずの家族のもとに、兄が戦地から返ってくる・・・。 傷を負った心は、どのように取り戻せるのか。兄弟と兄の妻、3人の関係を軸にしたヒューマンドラマ。 ...
「マイ・ブラザー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 戦場で死んだはずの兄が、別人のように変わり果てて帰ってきた。兄に何があったのか。その時、彼の妻は。そして弟は…。 ありがちな「戦争仕掛けちゃってゴメンナサイ映画」にサ...