【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アウトレイジ」:菊川駅前バス停付近の会話

2010-06-12 | ★業10系統(新橋~業平橋)

金もうけのいい方法があるんだけど。
なに?
宝くじ売り場から、宝くじを大量に盗むんだ。
それで?
どれか一枚でも当たってりゃあ、一躍億万長者だ。
バカねえ。お金と交換しに行ったら、一発で捕まっちゃうわよ。
あ、そりゃ、そうだ。世の中、悪いことはできないねえ。「アウトレイジ」のやーさんみたいに、コツコツと薬の売人やカジノでもうけるしかないか。
それも、立派に悪いことじゃない。
そんな悪いことに手を染めて自滅していくやーさんたちの物語が「アウトレイジ」。
文字通り、全員、悪人。
世界の北野武の新作だから結構期待したんだけど、やくざ社会の内輪の話だから、思ったほど想像力を刺激されなかった。
裏切りとか騙し合いとか殺し合いとかに明け暮れる話なんだけど、そんな世界だって承知しながら、みんなが裏切ったとか裏切られたとか大騒ぎしているのがどうにも愚かにしか見えない。
誰か客観的に見ているような冷静な登場人物がいればよかったのかな。
それがいつものたけし自身のような気がするんだけど、今回はコマのひとつを演じちゃたからね。
役者はみんな、そうそうたる芸達者が揃ってるんだけど、そこにいるだけで悪賢さを感じさせるような圧倒的な存在感を放つ人物はいないから、なにか全体に小粒な話に見えちゃうんだよなあ。
北野監督お得意の、画面から直に痛覚を刺激するような暴力シーンも、それだけでは新鮮じゃなくなってきてるしね。
「その男、凶暴につき」から始まった北野武の映画も、青春映画やら、コメディやら、いろいろなタイプの映画をぐるっと回って、また「その男、凶暴につき」の世界に帰ってきたなという感慨はあるんだけど、あの映画にあったぬるっとした気持ち悪さがなくなって、ちょっとスタイリッシュになっちゃったっていうのが、気になるところではあった。
要するに、上手になっちゃったのかしら。
前作の「アキレスと亀」なんか観ると決してそんなことないんだけどな。
あの映画は逆に題材が北野監督個人に寄り過ぎたしねえ。
やっぱり、映画の世界は難しいってことかな。
金もうけと同じくらいにね。






このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前


コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「孤高のメス」:森下五丁目... | トップ | 「ケンタとジュンとカヨちゃ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かからないエンジン)
2010-06-13 18:00:09
トラックバックありがとうございます。

なるほど、何か物足りないものがあったと思ったら、あの頃の雰囲気とは確かに違いますね。

とは言え、北野映画が今後どういう方向に傾くのか、気になるところではありますが。
■かからないエンジンさんへ (ジョー)
2010-06-13 22:52:11
同じところには留まらない印象のある北野映画ですから、
たしかに今後も目が離せませんね。

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

青森散歩 (東葛brass(29) blog)
@八甲田山付近 八甲田山付近は非常に雪が深いです。 生まれて初めてこんなに高い雪を見ました。 どうしたった埋もれたくなります。 ---------- 映画「アウトレイジ」 OUTRAGE=激怒 全員悪人。 というキャッチコピーの通り、 海外で人気のヤクザ(暴力団)映画です...
青森散歩 (東葛brass(29) blog)
@八甲田山付近 八甲田山付近は非常に雪が深いです。 生まれて初めてこんなに高い雪を見ました。 どうしたった埋もれたくなります。 ---------- 映画「アウトレイジ」 OUTRAGE=激怒 全員悪人。 というキャッチコピーの通り、 海外で人気のヤクザ(暴力団)映画です...
アウトレイジ (Akira's VOICE)
命を大切にしやがれってんだ,この野郎!  
アウトレイジ 第153回映画レビュー 暴力溢れるコノヤロウ祭り (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
映画 アウトレイジ(2010/06/02)鈴木慶一商品詳細を見る 北野武監督最新作「アウトレイジ」観て参りました。 本作、北野監督久々のバイオ...
アウトレイジ (だらだら無気力ブログ)
ヨーロッパなどで評価が高い「世界のキタノ」こと北野武監督が、 欲と裏切りが渦巻くヤクザ社会を描いたバイオレンス群像劇。 登場人物全員が悪人で、報復の連鎖の中で生き残りをかけて闘う男達の 生きざまを描く。 主演の巨大暴力団組織内の下部暴力団の組長をビートた...
北野武監督、超絶的正攻法。『アウトレイジ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。ネタばれしています。鑑賞後に御覧下さい。北野武監督が久々に描く本格バイオレンス・アクション『アウトレイジ』。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪人。いつもの北野組(寺
「アウトレイジ」激しい抗争の果てにみたルール破りを続けたしっぺ返しの結末 (オールマイティにコメンテート)
6月12日公開の映画「アウトレイジ」R15+指定を鑑賞した。 この映画は北野武監督最新作品で ヤクザの世界を舞台に全員悪人しか登場しない今時珍しい映画で、 仁義なき戦いを繰り広げた先に裏切りに裏切りを 繰り返して抗争を繰り広げていくストーリーである。 ヤク...
[映画][2010年]アウトレイジ(北野武) (タニプロダクション)
池袋東急 アウトレイジ 日本映画 監督・脚本・編集:北野武 出演:ビートたけし他 撮影:柳島克己 音楽:鈴木慶一 プロデューサー:森昌行 吉田多喜男 配給:ワーナー オフィス北野 http://office-kitano.co.jp/outrage/main.html 採点=☆☆☆★ 北野武監督の新作・・...
アウトレイジ (悠雅的生活)
呼び出しは、体育館の裏。
[映画『アウトレイジ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  ヤクザカーストの中で、上流の思いつきで翻弄される下層組織に始まり、そのシステム自体が崩壊していく物語。  そこには、ビートたけしらしい、バイオレンスとおとぼけと間(ま)が厳然とあり、  観る者は、シェイクスピアとコントが紙一重であるこ...
「アウトレイジ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/オフィス北野=ワーナー配給監督・脚本:北野 武 作る度に常に話題を振りまく、鬼才・北野武監督の、15作目に当る新作。 「ソナチネ」、「HANA-BI」等の静謐な暴力映画で、ヨーロッパ
『アウトレイジ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ」□監督 北野武□キャスト ビートたけし、三浦友和、椎名桔平、加瀬亮、國村隼、石橋蓮司、小日向文世、杉本哲太、北村総一朗、塚本高史、中野英雄 ■鑑賞日 6月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満...
OUTERAGE (脊髄小脳変性症って人生      )
アウトレイジ、ようやく観に行きました。 面白くて面白くて、昨日今日と立て続けに行きましたよ。 ところがしくじったことがひとつ。 ...
「アウトレイジ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 いまや自他共に認める、日本を代表する映画監督「世界のキタノ」こと北野武。その最新作は、登場人物全員が悪役のブッチギリヤクザムービー。 些細ないざこざに端を発するチンピ...
アウトレイジ (映画的・絵画的・音楽的)
 カンヌ映画祭での受賞は逃しましたが、話題性たっぷりということで、北野武監督の『アウトレイジ』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画は、北野武率いる弱小ヤクザ組織大友組が、上の大組織(北村総一朗率いる山王会本家と、その下の國村隼率いる池元...
[映画]アウトレイジ (余白日記)
「BROTHER」の加藤雅也は自らをヤクザと 名乗っていた。配下に石橋凌というバランスで 英語と日本語を話し、男っぷりもよかったが 寺島進がアニキと呼ぶ北野武への忠心を 表に出されては、誰が演じても 損な役回りだったと思う。 今回は日本が舞台の話でありながら、 変...
アウトレイジ (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が多くて、公開から1週間遅れになったけど(記事のアップは、さらに・・・^^;)。 ひさびさの世界の北野の暴力映画(?)ということで、「アウトレイジ」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多め。 「アウトレイジ」は、中くらいのスクリーンで、...
【映画】アウトレイジ (新!やさぐれ日記)
▼動機 北野武最新作 ▼感想 非常にスッキリ!なぜだろう? ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織・山王会組長の関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長・池元(國村隼)のことで苦...
mini review 11514「アウトレイジ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ヤクザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる、「世界のキタノ」こと北野武監督が放つ本格バイオレンス・アクション。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪...
アウトレイジ : ザ・極道 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 今日は朝から目が痒いです。ここ広島でも花粉が飛び始めました。花粉症の皆さんにとってつらい日が続くと思いますが、耐え忍んで行きましょう。では、本日紹介する作品はこちら
アウトレイジ (のほほん便り)
キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。 予想はしてたけれど、「仁義なき戦い」も真っ青に、容赦なく人が殺されまくるし、キレ演技とバイオレンス・シーン満載に圧倒。 でも、ここまで徹すると、ある意味、潔いです。乾いたトーンで、テンポが良...