髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

カーズ2の試写会に行ってきた!

2011-07-25 | Perfume
友人からお誘いを受けて、7月20日、お台場シネマメディアージュに「カーズ2」の試写会を見に行ってきた。
お目当てはもちろん「日本人出演者の舞台挨拶」だ。
私と同じお目当ての方がいるようで、会場にはLSG11や、Perfume関連のシャツを着ている方もチラリホラリ(笑。

「カーズ」には、正直に言ってあまり興味はなかった。というか、ディズニー映画にはほとんど興味はない。
小さい頃から見ていないし、大人になってからも見ていない。
なので、さほど期待せずに見たが、初っぱなのシーンから世界に引きずり込まれ、とんでもなく面白かった。
「大人が本気になって子供を喜ばせる仕事」なんだということが、よく理解できた。
もちろん大人でも充分に楽しめる作品。
2時間ほどの上映時間はあっという間に過ぎ去った。
映画の楽しさの余韻に浸っている間に、舞台には司会の女性が現れ、これから舞台挨拶があることが告げられる。

友人が用意してくれた座席は、スクリーンに向かって右側の通路の前から5列目。
映画を見るには絶好のポイントだ。
スクリーン右側に階段があり、舞台挨拶者はそこから降りてくるものだと思っていた。

「それでは、出演者をお迎えしますので、みなさま盛大な拍手でお願いいたします!」
との司会者の声で、私は前方の階段に注目していたが、前の観客の方々が一斉にこちらの方に振り向く。
まさかと思い、私のすぐ右脇の入り口を見ると、驚くべきことに出演者は全員がそこから登場した!

福澤朗さん、ジローラモさん、朴ろ美さん、戸田恵子さん、山口智充さんが、私のすぐ右側を通り抜けて舞台に向かう!

そして…入り口のところに…かしゆかが…立っている!
かしゆかが立ち、あ~ちゃん、のっちと揃ったところで3人が登場した!
もう…本当に「目の前」を3人が通った…!
かれこれ2007年からPerfumeファンをやってきて、これほどまでに3人を近くで見たのは初めてだ。

かしゆかは…と言うより、3人ともあまりにも華奢で驚いた。
浴衣姿の3人は、東京ドーム公演の「GAME」で5万人を完全に制圧したあの圧力は微塵も感じさせず、「本当にあのダンスを踊っている3人なのか?」と思うほどに可憐でおしとやかな雰囲気をまとっていた。
そして、当然のごとく美しい!
私がこれ以前にPerfumeの3人を至近距離で見たのは、直角二等辺三角形ツアーの仙台公演だったと思うが、その時はダンスの鋭さで、触れる指先が切れそうだった。
しかし、今回の3人はなんともふんわりとして優しい雰囲気…!
重ね重ね言うが、この3人があの「GAME」や「edge」をパフォーマンスしている人たちなのだ。
もう何度も見ているのに「Perfumeって本当にいるんだな…」という素朴な感動があった。

舞台には左から福澤朗さん、ジローラモさん、朴ろ美さん、戸田恵子さん、山口智充さん、Perfumeの3人が並んだ。
福澤朗さんと山口智充さんの異常に面白くて上手い喋りを受けて、Perfumeの3人のトークに。
かしゆかはいつも通りの見事なまでにまとまった喋り、あ~ちゃんもいつも通りのやや長めの「棚からぼたもち」「あたしたち出てないんですけどね~」発言。のっちは噛まずに喋った。

舞台から降りるときにも3人は私たちの横を通過した。
周りを気にせずやや絶叫で3人を応援した。
「のっちお疲れー!」と叫んだら、軽く睨まれることに成功した。

「カーズ2」の本編には、4年前に彼女たちに大きなチャンスを与えた楽曲「ポリリズム」が挿入歌として使われた。
驚くべきことに、これはピクサー制作スタッフの中の「Perfumeファン」が、ジョン・ラセター監督に推薦して決定したそうだ。

日本版だけらしいが、この「ポリリズム」は最後のエンドロールでも、フルサイズで流れる。
エンドロールに流れる「POLYRHYTHM」という文字を眺めながら、しみじみとこの「ポリリズム」を聴いていたら、ジワジワと胸にこみ上げてくるものがあった。
ファンであれば周知の事実だが、この「ポリリズム」という楽曲は、間奏でリズムが複雑になる「ポリルーブ」部分が、テレビでもラジオでも無理ということで、所属事務所からカットされる予定だった。
もしも、そこで中田ヤスタカ氏が簡単に折れて「ポリループ」部分をカットしていたら、ひょっとすると今のPerfumeは存在しなかったかも知れない。
そこで簡単に妥協せずに、単身で所属事務所に行って説得したから、あの楽曲は生まれた。

その楽曲が奇跡を呼び起こし、武道館や代々木体育館、東京ドームを抜けて世界に繋がった。

RHYMESTERの宇田丸師匠がPerfumeの成功を指して「正義は勝つ!」と言ったが、一切の妥協をせずに、前だけを見て一生懸命に頑張って高いステージに上がって行く3人を見ているのは、本当に気持ちがいい。
これからも正義を貫いてほしい。

結論。
かしゆか好きッス!



画像拝借しました。
コメント (8)

Perfumeは優等生ではない。

2011-07-15 | Perfume
優等生 ゆうとう-せい 【優等生】(goo辞書より)

1 成績・品行とも特にすぐれている学生や生徒。
2 言動にそつがないが、個性がなくおもしろみに欠ける人。



Perfumeは優等生なのだろうか?と考えることがある。
もちろん「優等生」なんだろうと思う。
以前にここに貼り付けた「アンチ」の方の書き込みをもう一度貼るが、これらの要素をほとんど満たしているアイドルは、他にはいないのではないか?と思う。


以下コピペ


206 名前:ファンクラブ会員番号774[sage] 投稿日:2009/03/01(日) 07:35:46 ID:RyJLWYGw

アンチ活動にあたりパフュヲタがPerfumeに惹かれる要因を考察してみた
1)幼少時の夢を初心貫徹で実現している好感の持てる真面目な姿勢
2)旬な才能との偶然の出会いから生まれた良質な楽曲・ダンス・映像群
3)体育会ノリの継続的努力から結実される精緻なダンスパフォーマンス
4)10年におよぶ強い絆で結ばれた友情への羨望
5)素朴で善良な人柄が滲み出る笑えて癒される会話・トーク
6)経験に裏打ちされた観客への思いが伝わる楽しいライブ
7)強い低音と熱狂的な観客が醸し出す陶酔感のあるライブ
8)ネットに蓄積された過去の豊富な映像素材を自ら発掘・発見する楽しみ
9)ネット上におけるファン同士の比較的良好なコミュニケーション
10)思春期の女性が遂げる成長や変容への憧憬
11)彼女たちが進行形で作り続ける物語への参加意識
12)海外ファンの映像への応答から確認できる価値の普遍性

207 名前:ファンクラブ会員番号774[sage] 投稿日:2009/03/01(日) 13:19:03 ID:RyJLWYGw

13)優しく囁くような歌唱法を用い聞き続けても疲れないボーカル
14)大衆性の高いメロディと抑揚あるベースラインを特徴とし重層的に組上げられた楽曲
15)カテゴライズによる市場限定をせず顧客側の多様なニーズを投影可能な多面性
16)思い入れの強いファンが作り出すMADと呼ばれる2次作品群の存在
17)所属事務所の過剰宣伝ではなく口コミまたは自身の気付きにより広がったブランドへの信頼
18)メンバーそれぞれが持つ素直で豊かな表情表現
19)性と金銭の結びつきから距離を置いた保守的で清廉なイメージ
20)これらを1ユニットで総合的・複合的に具現化しサービス提供している


以上コピペ


2009年に書かれたものなのでやや古くなった部分もあるが、Perfumeはこれだけの要素を満たしている。
それだけではなく、2011年の現在でもPerfumeは「11)彼女たちが進行形で作り続ける物語への参加意識 」を我々に提供し続けている。Perfumeの物語は止まっていないのだ(最近のハリウッド進出なんて、まさに夢のような物語だと思う)。

これほど素晴らしい「優等生」が他にいるだろうか?
それ故に、Perfumeのファンは根強いエネルギーを蓄えていると思う。

正直に言って、私は今年の春先にはNewアルバムの報が来ると思っていた。
しかし、そこに来たのはNew「シングル」の知らせだった。
それから約2ヶ月が経過したが、夏のロックフェスに出演するという以外に、新作アルバムに関しての情報は一切流れてこない(7月8日で、前作のアルバムリリースから一年が経過した)。
他のアイドルのやり方はまったく分からないので比較は出来ないが、これは、かなりの長い期間の「お預け」だと思う。

それでも、アルバムを引っさげてのツアーを今か今かと楽しみに待ち続けている。

しかし、このエネルギーは、Perfumeが「優等生」だから蓄えられるのか?といえば、答えはNOになるような気がする。

「優等生でありながら優等生ではない」とでも言えば良いのだろうか。
「予想の斜め上を行くのがPerfume」と言われて久しいが、「彼女たちが進行形で作り続ける物語」は、今のところ我々の予想を気持ちよく裏切り続けている。

我々の期待に120%のチカラで応えてくれるのがPerfumeだし、中田ヤスタカの創り出すサウンドや、MIKIKO先生の振り付けや、熱狂的な海外のファンから新しい道を切り開き、良い意味で裏切り、いつでも驚かせてくれるのがPerfumeだ。
Perfumeは、「2 言動にそつがないが、個性がなくおもしろみに欠ける人。」とはほど遠い。

Perfumeの「次の一手」を待ちわびるファンの弓は、大きく引き絞られている。
後は、矢を放つだけだ。
それが待ち遠しい。

結論。
かしゆか好きッス!

と、ここに来て突然に新曲?の発表があった(7月12日)。
詳細はまだ分からないが、この曲が次のアルバムに繋がることを期待する!
コメント (4)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート第69回「かしゆかとムチ」について

2011-07-14 | かしゆかの魅力分析レポート
2009年から書いてきた今までのまとめはこちら

かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかファンには変態が多いという事実無根な噂が世間を賑わせている。

そんなイメージが付いたら、きっとかしゆかは「ニュヒヒ!」と笑ってムチで我々を叩い…もとい。
そんなファンの変態的なイメージが付いたら、かしゆかはきっと悲しむと思う。
なので、今回はそのイメージを払拭したい。テーマは「かしゆかとムチについて」だ。

みなさんは「ムチが似合うアイドル」というものを考えたことがあるだろうか。
もし、考えたことがあるのならば、それは変態的思考なので今すぐにここから退出してもらいたい。
ここは神聖で純情なかしゆかファンの集う場所だ。

私は「GAME」のジャケ写が発表された頃からそれだけをずっと考えていた。

GAME初回盤のあのかしゆかの、上から睨みつけるような表情…。
あの表情を見た瞬間、私は「踏まれたい!」という衝動が全身を駆け巡った。
そして、その衝動は「シークレットシークレット」のPVでほぼ絶頂に達したかと思われたが…。
ブヒッ…ブヒヒ…!「edge」のゆか様で完成されたでござるよ!

「edge」のかしゆかが醸し出す冷たくて突き放すような表現は、Perfumeが持っている「いちばん硬くてとがった部分」なのではないだろうか?と思う。
Perfumeが生み出す表現の中には、熱いものからクールなものまで色々とあるが、あんなにも冷たさを感じるステージ演出を担えるのは、かしゆかだけだと分析する。
たぶんMIKIKO先生も力を入れたんじゃないだろうか…。

温度も感情も感じさせずに冷酷にムチを振るうかしゆか…。
アイドル業界広しと言えども(Perfumeの他は何も知らないのですけど)、ここまでムチが似合う女性は、かしゆか意外に存在しないと断言出来る。見たことないけど。

結論。
ゆか様!どうぞ私にお仕置きを!

しかし、わけゆかになってから、かなりソフトな印象になりましたね。


コメント (2)

Perfumeの平和利用、もしくは軍事利用。

2011-07-13 | Perfume
暑くて犯罪の一つや二つは軽々とやってしまいそうな気だるさだが、皆さまはいかがお過ごしだろうか。
私は最近は近所から覗かれようが見られようが関係なく、自宅では胸毛を露出して暮らしている。
Tシャツ短パンでバイクを乗り回しているので、腕と足がチョコレートをかけたパンのようにツートンカラーになっているが、それもまったく気にならない。

そんなことよりも、ともかく暑さにやられてしまいそうだ(今現在、これを書いている部屋の室温は36℃だ♪)。
先ほども我が愛車XL883Nにまたがって渋谷から吉祥寺をお買い物ついでに流してみたが、エンジンから発せられる熱が暑すぎて、衣服をすべて脱ぎ捨てて奇声を発しながら井の頭通りに並んでるクルマのガラスを一枚ずつ割ってしまいそうな衝動に駆られた(ハーレーのエンジンは本当に本当に熱い)。


我が愛車XL883N「ユカーズハンマー(有香の鉄槌)」幻の6速ギアはまだ入れたことはない。

いよいよ股ぐらの熱で下半身の内蔵が沸騰しかけて、白目をむいて衣服を脱ぎ捨てそうになったそのとき…。

ふと見上げた頭上に、3人の爽やかな表情が目に入り、私は意識を取り戻した。


画像は原宿のもの。吉祥寺にも大きな看板があります!

その瞬間に私は宇宙からの電波をキャッチしたのだ。

「Perfumeは平和のために利用出来る」とッ!

事実、ふくらはぎをマフラーに接触させてしまって毛と肌が蒸発しても、熱さも痛さも感じずに、看板の3人に向かってヨダレをたらしながら満面の笑みを見せていたほどだ。

Perfumeは平和利用できる。

私のように、宇宙からの電波をキャッチしなくても、Perfumeのライブを見れば、自然と笑顔が溢れてきて楽しくなってくる。
そして、周囲の人間はみんな「仲間」になる。
Perfumeのライブに参加したことのある方ならばお分かりいただけるだろうが、まったく知らない人同士でも、ライブ終了後にハイタッチくらいは余裕で出来る。
街を歩いていても、いつどこであ~ちゃんやかしゆかやのっちに出くわすか分からないので、自然と品行方正な振る舞いが身に付いて、ナチュラルに紳士になれる。
世界中のイライラしている人たちを、Perfumeのライブに誘えば、きっと多幸感とナイスな非現実感と3人の人柄に魅せられて、ヨダレをたらしながら白目をむいて手を叩くこと請け合いだ。

それだけではなく、Perfumeは軍事利用も可能だ。

あ~ちゃんが敵国に赴いて説教すると情報を流せば大行列が発生するだろうし(それによる紛争も考えられるが)、敵国上空よりかしゆかの胸キュン写真を投下すれば、士気は一気に別方向へ盛り上がるだろう。
そして極めつけはのっちが敵国の首将の元に行き、散々話しを聞いた後に「何がですか?」と切り返せば完璧だ。
敵国のみぞおちに強烈なフックを叩き付けることが出来る。

平和利用も軍事利用も可能なテクノポップユニット…それがPerfumeであるッ!

結論。
かしゆか好きっス!

暑いのもう飽きました。脳みそがアルデンテにゆで上がっております♪
コメント (4)