髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

第二子の誕生

2016-05-23 | 妊娠、出産
もう一月前の話になるが、なにせ仕事が超繁忙期に入ってたため、ブログ更新どころか生きていくだけでも精一杯だった。
なのでひとまずご報告まで、と思い記しておく。

2016年4月20日(水)の昼過ぎ、第二子の男の子が誕生した。

予定は5月5日であったから、15日早い出産だった。

第一子の時には腸の機能が不完全でミルクを飲んでも吐き戻しが多く、体重が低下していたのですぐに産院から大学病院に転院し、嫁さんはホルモンバランスの変化による精神の不調と、母乳が生産されても穴が開通しない激痛との戦い、自分は仕事の超繁忙期…と、かなり精神的に辛い出産だった(当時の手帳には「子供は大丈夫。それよりも嫁さんに休息が必要。絶対に必要」と書いてある)。

それに比べると今回は嫁さんはやや精神的に不安定な日はあったが、母乳も無事に開通し、次男は頑張って母乳を吸い体重を落とさず、自分も仕事を切り上げてすぐに見舞いに駆けつけることもできたので、ずいぶん順調だった(相変わらず健闘しているのは嫁さんだけで自分は精神的にも肉体的にも何も負荷がないけど)。

第一子は2週間の入院だったが、今回は母子ともに誕生から4日で退院する事となった(ちなみに、そんな第一子の長男も、3歳になった今では毎日父親を殴る蹴るの暴行を働くほどに元気に育っている)。

子供が生まれた喜びはもちろんあるが、ここまで無事に過ごせたことでホッとする気持ちと、これから先に向けての不安や期待などが入り混じって、両手放しに喜ぶ…という感情ではない。

ただ、間違いないのは、嫁さんに対する誇らしい気持ちと感謝と尊敬の念だ。

本当にありがとう。

などとしみじみと感謝する間も無く、里帰り先から嫁さんと息子が帰ってきた。
ここまででも、我が家族にとっては大きなミッションだったので、やはりホッと胸をなでおろす感じ。
大きな事故も無くここまで辿り着けたことが幸せだ。



今はともかく母乳やミルクを吸って、早くお兄ちゃんみたいに強くなるんだぞ!
コメント