髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

6歳長男 想定外の成長。

2019-09-06 | 6歳児
子育ては苦労の連続だ。
「試練」と書かれたハードルが次から次へと休みなく目の前にやってきてはよいしょよいしょとそのハードルを乗り越えていく。
時にはハードルを倒してしまうこともあるが、それを振り返る余裕もなく次のハードルが現れる。


体力だけで力任せに飛び越えられるハードルも多いが、中には体力、知力を結集しないと乗り越えられないハードルも出てくる。
私は40歳を過ぎてから父親になったので、この日々のハードル越えが地味にキツい。
しかも第三子のことを考えると、これからまだ20年以上、還暦を過ぎてもハードル越えが続く。


なんと果てしない物語だろうか。。。


などと絶望してしまいそうだったが、ここ最近になってそのハードルがググッと低くなる現象が頻発している。


それは「長男の成長」である。


6歳長男がしっかりお兄ちゃんらしく育ってきており、3歳弟の遊び相手になってくれたり(これが最大で最高の成長)、食後の片付けやその他諸々のお手伝いをしてくれることが多くなり、本当に助かっている(最近は兄弟でお風呂にも入っている)。
この長男の成長のおかげで、息子たちは息子たちで行動できるようになり、自宅であれば目を離しても安心できるようになったので、家事を進めるスピードがグンと上がった。


毎日のハードル越えに忙しくしていて、長男が成長することによってこんなに嬉しい副産物ができるなどとは想定していなかった。


そんなお兄ちゃんの姿を見ているので、自然に次男もお兄ちゃんの真似をして着替えをしたりおもちゃを片付けたりするようになったので、棚からぼた餅、もしくは一石二鳥の成長ぶり。


このまま行けば10年後くらいには家事のすべてを任せることが出来そうだ。
嫁さんと「これはちょっと報酬を与えても良いのでは…?」という事態になっている(言うまでもなく一番の功労者は嫁さんである)。


この調子で子供たちが成長してくれるのであれば、まだまだ自分もハードルをガンガン飛び越えていけそうだと勇気をもらった。


今現在はパパが子供たちを抱えて寝室へ連れて行っているが、早く長男に抱えてもらってパパが寝室に連れて行ってもらえるようになりたい。



今年の夏は海だ山だプールだキャンプだとたくさん遊ぶことができた。来年の夏は0歳
児と一緒なので大人しく…はしないだろうなあ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 高尾山から景信山を経て陣馬... | トップ | 3歳次男 想定外の成長 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6歳児」カテゴリの最新記事