髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

3歳次男 想定外の成長

2019-10-01 | 3歳児
6歳になると保育園での人間関係も色々あるようだ。

保育園に行きたくないと訴える6歳長男の話を真剣に聞き、内容を保育園に伝え対応をお願いし、こちらも日々の出来事を長男と先生から聞く。
私と嫁さんも連夜の夫婦会議を開催し、今後大人はどのようなスタンスで介入していく、もしくは介入していかないかを相談する。

単純に子供たちの表面だけを見れば白黒簡単に塗り分けられそうな人間関係でも、その中を探っていくと、その他の人間関係も絡んでいたりと根は深かったりする。

嫁さんは静観派で私は介入派だったのだけど、結果的には一時的な感情のもつれによる問題だったようで、一週間ほどで保育園イヤ期間は終了し現在は静かになった。

静観派の嫁さんいわく、人間関係による悩みは長男がこれから小学校に上がればまだまだ出てくるので、長男自身による自己解決の成功例を身につけて欲しいとのことであった。
さすが私の嫁さんである。
かっこいい。

この期間、毎朝深刻な表情で支度をする長男に対して、悩みゼロの、底抜けに明るい3歳次男の存在がとても救いになった。
暗い顔で着替えるお兄ちゃんに対し、オムツ一丁で踊りながら

おならぷー!
おならぷー!
おならぷー!
おならぷー!
おならぷー!

と叫んでケツをこすりつけてお兄ちゃんに殴られて泣いて私に抱きついてきたりした。
この弟の存在がどれだけ兄の心を柔らかくしただろうか。

そして先ほど殴られたことを忘れた次男は、今度は抱っこされたまま父親を殴り始める。
そんなに痛いことしないでー!パパ好き好きチュッチュッチューしてー!と次男にお願いすると、不敵な笑みを浮かべて
「イヤだね。パパ大嫌いチュッチュッチュー」
と、チュッチュッチューは残してくれる。
この次男の存在がどれだけパパの心を柔らかくしてくれただろうか。

もちろんママの心も柔らかくしてくれる次男。
6歳お兄ちゃんも成長していれば、3歳弟もしっかり成長している。
この先もいろいろなことがあるだろうけど、現時点では次男の底抜けの明るさに家族全員が救われている。
嬉しい想定外だ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 6歳長男 想定外の成長。 | トップ | 妊娠34週のこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

3歳児」カテゴリの最新記事