髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

チケット開封の儀

2012-01-21 | 儀式
私が初めて参加する『キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour 「JPN」』の1月29日さいたまスーパーアリーナ公演のチケットが到着した。
このブログの読者であれば、チケットが到着してすぐにバリバリと封筒を破いて開封する、などと無粋で素人丸出しなことをする人は少ないと思う。
しかし私はすぐに封筒をバリバリと破いて開封した。
これは、古代メソポタミア文明から伝わるチケット開封の作法「粘膜粒子吸い」(ねんまくりゅうしずい)という奥義だ。
チケットが入った封筒の中に充満している「ココロの粒子」が外気に拡散する前に、鼻の穴の粘膜から粒子を吸い取り、その作用によってチケットの座席を良番に近づける方法である。
業界では略して「ずい」と呼ばれている。

用意するのは、粒子を漏れなく吸い取るためのガラスや鏡、粒子を吸い込みやすいように細かく砕くためのカード、粒子を吸い取るストローの3つだ。
周囲に警察などがウロウロしていると面倒なので、キッチリ外を確認しておこう。

まず全裸になり、チケットの入った封筒をガラスのテーブルの上に静かに置く。
そして、 粒子が拡散しないように気をつけてゆっくりと封筒を開き、ガラスの上に粒子を出す。
そして粒子をカードで細かく砕き、ストローを当てて、一気に鼻から吸い込む。
その後に鼻をズッ、ズッとすすりながら鼻の頭を親指か人差し指でこするとそれっぽくなるのでやってみよう。
慣れてくると、粒子を手の甲に置いてシュッと吸い込む事が出来るようになる。
そして数分の後に、お花畑の向こうのステージに上がった3人の姿が目の前に見えてくる。
ちょうど「ぐるぐるゆー」をやっているシーンだ。
かしゆかが「ゆー!ゆー!」と叫びながら腰に構えたマシンガンであなたを連射している。
弾丸が脳内を通過する感覚を味わいながら、あなたはとてつもない多幸感に襲われているだろう。
「多幸以上の言葉があればいいのに…」と、あなたの脳内に言葉が浮かんだら、その瞬間に「かしゆか好きッスのっちのち!あ~ちゃんあ~ちゃんぴったんこー!」と叫び、「命!」のポーズを取ってガラスのテーブルに向かって頭から倒れこむ。

これで「ココロの粒子」は、完全にあなたの体内に吸収された。
この状態で白目をむきながらチケットの入った封筒をバリバリと破こう。
「ココロの粒子」 を吸い込んで小宇宙(コスモ)が高まったので、チケットの座席番号は必ず良番になっているはずだ。

私はこの「粘膜粒子吸い」の秘技で、さいたまスーパーアリーナ公演2日目の200レベル、かしゆかサイドのチケットを手に入れた。けっこう斜めの座席だよ。
ぜひ、皆さんもこの方法でチケットの良番をゲットして、ツアーを思いきり楽しんで欲しい。

結論。
かしゆか好きッス!
コメント (13)

チケット開封の儀。

2010-10-21 | 儀式
Perfumeの東京ドーム公演のチケットがいよいよ到着し始めている。

当ブログ読者の皆さんは、到着したチケットをいきなり開封するような、素人丸出しなパフューマーはいないと思われる。
当たり前の話しだが、封筒に入っているチケットには座席の番号は記されてはいない。
開封する瞬間に、そのパフューマーの「ココロの粒子濃度」によって、座席番号が振り分けられるのだ。

「ココロの粒子」を体内に溜め込まずに乱暴に開封すれば、当然ながら座席はステージから遠く、豆粒の三人を楽しむ席になるだろう。
日ごろの行ないが悪いパフューマーであれば、後楽園ホールのチケットが出てくるかもしれない。

高レベルになると、当日になってもチケットの入った封筒を開封せず、それを額に入れたまま手ぶらで会場に行き、ドアの外に立って、音漏れを聴きながら揺れる、というプレイも可能だ。
さすがの私でも、ここまで高レベルには達していない。
せいぜい、当日まで小宇宙(コスモ)を高め、ココロの粒子を体内に満たして封筒に放射するくらいだ。

という訳で、チケットを開封する正式な儀式を紹介しよう…と思ったら、以前に書いていた。「チキンハート」という作法だ。

なので、今回は古代ローマ時代から続くチケット開封の儀式「ペロリウス」を紹介しよう。

これは、古代ローマ時代、コロッセオで開催される剣闘士と猛獣の戦いの際に発券されたチケットの座席番号を、できるだけ良席に近づける儀式だ。
当時のローマ人の約7割が実践していたという記録も残っている(民明書房刊「古代ローマの変態紳士と淑女」より)。

方法はいたってシンプルだ。

封筒を開封せずに、ぺろりぺろりと舐め溶かして座席の番号を確認するだけだ。

ぺろんこぺろんこ。

ぺろんこぺろんこ。

朝な夕なに、思い立ったらぺろりんぐ。

おやすみからおはようまで、封筒を見つめてぺろりんぐ。

これだけだ。

当時の文献に当たってみると、この儀式でチケ番号を最短で確認したものは30分ほどで、最長は一ヶ月をかけたようだ。

すでに封筒を開封してしまった初心者パフューマーの君は、ぜひとも次回に活かしてほしい。
そして、未開封のあなたには、せひ実践してほしい。

ああ…見える!私には見えるぞ!
かしゆかサイド最前列で、全力で「ぐるぐるゆー」をしている自分の姿が…!

神の息吹を!

結論。
かしゆか好きっス!
怖くて開封できニャイ!
コメント (10)

「送り小宇宙(コスモ)」について

2010-09-25 | 儀式
さて。Perfume東京ドーム公演の一般販売が迫って来ているが、君はしっかりとチケットをゲットできただろうか?
「サイトで確認したから大丈夫!」なんて思っていると、後楽園ホールのチケットが郵送されてくるから危険だぞ!

今日は、Perfumeファンの約9割、ニューヨーカーの約6割、スノッブなパリジャンの約2割、イギリス紳士の約1割が必ず行っていると言われる「送り小宇宙(コスモ)」というチケット応募の儀式を紹介しよう。

ほとんどのPerfumeファンは知っていることなので、古参の人はスルーしてもらっても構わない。
また、知らなかった!というPerfume新参の君には、ぜひ次回から実践して欲しい。

他にも上級者用の「昇天ペガサスMIX送り」などもあるが、これは一歩間違うと生命に関わることなので、素人にはおすすめできない。
Perfumeのライヴ会場などで、濃そうな人を見かけたら、聞いてみよう。

さて。「送り小宇宙(コスモ)」などと言われると、とても難しい儀式を想像してしまうが、原理はとても簡単だ。
みなぎってきた小宇宙(コスモ)を、パソコンのエンターボタンに流入させ、電波や電線を伝わらせてチケットセンターに送り込み、自分が希望するチケットの良席が当選するように仕向けることだ。

私はこの「送り小宇宙(コスモ)」の儀式によって、武道館公演の2日目を落選、代々木公演初日を落選、トゥワー東京を落選、GPF(ガールポップファクトリー)を落選、NHKの観覧を落選。おおよそ、だいたい人生をほぼ落選してきた。もう死にたい。

儀式に必要なものを紹介しよう。

・チキンラーメン
・ネットにつながっているパソコン、もしくは携帯端末。

これだけで十分だ。
それでは、以下に方法を紹介する。

1、チキンラーメンを封を切らずに麺を砕く(大きさはお好みにより様々でOK)。

2、全裸になる。

3、全身の毛を剃り落す。

4、身を清める。

5、全身全霊を込めて、ぽちぽちボタンをプッシュなう。

これだけだ。

それでは、細かい部分を解説しよう。
まず、全裸になるのは言うまでもなく、あ~ちゃんから発せられる「ココロの粒子」を身体全体で受け止めるためだ。
「ココロの粒子」は、微量ながらも自然界に存在する。それを一粒も残らずに吸収する。

「ココロの粒子」の吸収を助けるために、全身の毛は全部剃ろう!

そして、全身くまなく身を清める。
赤黒くなるまで真剣にやろう。

そして、ここからが少しだけコツが必要になる。

あとは応募するためぽちぽちボタンをプッシュなうするだけなのだが、そのときに叫ぶ呪文が存在する。
それほど長くないので、毎日朝晩絶叫すれば簡単に覚えられるだろう。
以下の文章を、一字一句間違わずに絶叫だ。


『「嫌だ」とか「やりたくない」ばかり言ってないで「私はいつでもラッキーガール」 そしたら本当にイイことたっくさん起きるよ。「心地よいココロの粒子」いっぱい出して行こう!!ぽちぽちボタンをプッシュなう! 』

男性の場合でも「ラッキーガール」だ。
その後はフィーリングに任せて叫ぼう。
「ぬりゃりゃりゃりゃ!」とか「我が人生に一片の悔いなし!」でも「ちんぴょろすぽ~ん!」でもいい。

中指にスナップを効かせて、ぱちん!とエンターボタンを叩き、そのまま腕を天に高く上げて「ワンルーム・ディスコ」のイントロのポーズをする。
そうすると左手なのか。いや、右手か!

そうすることにより、みなぎった小宇宙(コスモ)が指先から発せられ、エンターボタンを通して魔力がチケットセンターのコンピュータに流れ込む。

そしてその魔力によって、11月3日に水道橋、文京シビックホールで開催される「第5回ハワイアンフェスティバル」のチケットをゲットするのだ!

神の息吹を!

結論。
かしゆか好きっス!
コメント (8)

【緊急再掲】Perfumeの新作をより楽しむために。

2010-07-02 | 儀式
今月にPerfumeのファンクラブ限定DVDが届くことは分かっていたが、まさか7月に入ってすぐに来るとは思わなかった。
すでに現時点(17時前)で、いくつかの到着報告、内容の報告などが寄せられている。

ここでもう一度、Perfumeファンの約8割が実践していると言われる、Perfumeの新作を初めて体験するときの儀式を紹介しよう。
これを機に、Perfume初心者の君も是非、実践して欲しい。




まずは、準備以前の段階として、本日の様々な業務をすべて終わらせること。
DVDを見まくるのが本日の最終業務だ。
晩酌が好きな人は、おつまみなどは予め用意しておいたほうが良い。
もちろん、携帯の電源は切って、真っ二つに割って窓から放り投げよう。
二度とそんなものは使いたくない。

まずは、部屋全体を清める。
特に、DVDを再生する機器周辺は、ホコリ一つないようにしたい。
部屋全体を清めたら、この日のために用意した「かしゆか」「あ~ちゃん」「のっち」の花を活けよう。
花の選択は個人の趣味に任せても良いが、なるべくメンバー個人に似合った花を選ぶこと。

参考までに、かしゆかは「バラとカーネーションが好き」というブログの記述が見られたので、素直にバラとカーネーションを活けよう。
たぶん、渋めの色合いが好きだと思われる。
あ~ちゃんは「ガーベラが好き」と武蔵野美術大学で語っていたので、ここも素直にガーベラを活けよう。
出来れば、ピンクのガーベラにしたい。
のっちは、何だろう?ヒマワリかな?元気の出そうな花がいいかもしれない。もしくは、繊細で可憐な花でもいいだろう。
部屋の清めが終わったら、今後の儀式がスムーズに進むように、部屋の湿温度を最適な状態にしておくこと。

さて。
部屋を清めたら、今度は自分自身を清めよう。
ここは、もっとも初心者には厳しい局面だが、大切な部分だ。
驚かないで、素直な気持ちで実践して欲しい。

まずは、全身の毛を剃り落とそう。
頭髪もだ。

これは、Perfumeファンの間では「向かい入れ」と呼ばれる作法だ。
あ~ちゃんが発する、「ココロの粒子」を、DVDを通して全身の毛穴から流入させる意味合いがある。
このときに「ココロの粒子」の流入が少ないと、イザというときに禁断症状が現れて犯罪に走るケースが多い。
出来れば、内臓器官もむき出しにして粒子を受け付けたいところだが、世間一般ではそれを「切腹」と呼ぶので注意が必要だ。

全身の毛を剃り落としたら、生まれたままの姿で浴槽に漬かり、しっかりと身を清めたい。
バスルームの鏡を利用して、剃り残しのチェックも忘れずに。
30過ぎの紳士諸君は、「耳毛」の処理にも気を払いたい。
身体が赤くなるほどにゴシゴシとしごくこと。しごく。
すっかりと身を清めたら、体脂肪のチェックだけを済ませ、服を着てはいけない。
これは、Perfumeファンの間では「向かい入れの向こう側」または「活き穴」と呼ばれる作法だ。
あ~ちゃんが発する、「ココロの粒子」を、一つも残さずに全身の毛穴から流入させるために、全身の毛穴は常に開放的、刺激的に保っていたい。

主に東北地方で多いという話を聞いたことがあるが、風呂場から自室に戻る際には「love the world」を口ずさみながら戻ると縁起が良いとされる。
ここは細かいルールは存在しないので、思い思いのPerfumeソングを口ずさみながら自室に戻ろう。
もちろん、全裸で常に全身と末端の神経を高潮させること。
発汗によって失われた水分の補給も忘れずに。

自室に戻ったら、腕を肩の高さまで左右に水平に開き、片足立ちになってくるりと一回転する。
これには何の意味もない。

あらかじめ用意してある、卸したてのシルクハット、蝶ネクタイを着用する。
部屋の気を乱さないように、静かに、克つしなやかな動作を心がけること。

着用が済んだら、静かに深呼吸を5回。
床に正座し、右手から先にジャケットを両手に持ち、ジャケ写を3分間凝視する。
その後、ビニールをスマートな動作で外し、今度は「嗅覚」でジャケットを楽しもう。

クンカクンカ、一心不乱に嗅ぐ。

「嗅覚」でジャケットを堪能したならば、言うまでもなく今度は「味覚」でも楽しもう。
好きなメンバーの写真をぺろぺろ舐めること。

ぺろんぺろん!
ぺろんぺろん!

これは、一見すると変態的な行為に見えるが、ジャケットの紙質を確認する方法としては江戸時代後期から確立しているもので、「鮭舐め」(じゃけなめ)と呼ばれ、主にカブキ者のあいだで流行していたということは一切なく、正真正銘の変態行為だろう。病院に行ったほうが良い。

そして、いよいよ「お初」の儀式に移る。
ここから先は慎重に行動したい。
もう一度自分の姿を鏡でチェックし、自分の肉体に付属しているものは
1・シルクハット
2・蝶ネクタイ
だけだ、ということを確認する。
この状態を「正装」と呼ぶ。

もしも夜であれば、自室の部屋のカーテンを開放すれば、ガラスに映る自分の姿を手軽に確認できる。

さて、ここでやっとDVDをプレイヤーに挿入するのだが、ここで君は突然目の前に現れた大きな問題に直面するだろう。
そう。「DVDがケースから取り外せない」はずだ。
ここは落ち着いて行動したい。
無理に引っ張っても、けっこうぐにゃーんとDVDがゆがむだけで、決してケースからDVDは外れない。
床にDVDを置き、熱心に中央部分を押す。
これでDVDが安全に取り外せるはずだ。

そして静かにDVDをプレイヤーに挿入する。
近年はPCにて再生する人が多いとは思うが、基本姿勢は、背筋をピンと伸ばした「正座」である。
椅子に座って聞く場合も、椅子の上でキチンと正座をするように。
住環境の違いがあるので、ここは自由だが、なるべくなら音圧を最大限に楽しめる機器、ヘッドフォンなどを用意しておくこと。
PC再生であれば、最適なオーディオキャプチャ、PC用スピーカーで聴きたい。

さあ。
これで準備は万端だ。

気をしっかりと持ち、「ココロの粒子」をビンビンに受け入れられるよう、常に全身の毛穴以外のことは考えないように。
末端の神経もビンビンと刺激的に保ち、赤黒く腫れるくらいの気持ちを持続したい。















それでね、かしゆか。
















いつになったらウチに発送メールは来るのかにゃ?orz…。
コメント (8)

『パッと楽しく遊ぼうの会』 ライブハウストゥワーチケット到着!

2010-03-18 | 儀式
4月3日に参戦するPerfume『パッと楽しく遊ぼうの会』ライブハウストゥワー高知公演のチケットが到着した。
神聖なるPerfumeファンは、ここでいきなり封筒をバリバリと破るような無粋な真似はしない。



封を開けずに、静かに念を送り、チケットの整理番号が上位に入っているように祈り続けるのだ。

今日は、Perfumeファンの約六割が実践していると言われる作法、「チキンハート」を紹介しよう。

「チキンハート」などというと、臆病者のことを思い浮かべるかもしれないが、ここでの場合、ニワトリのように肌を緊張させ、Perfumeメンバーが発する「ココロの粒子」を心臓に直接送り届けるという意味合いがある。
心臓で直接受け取った「ココロの粒子」を、血流に乗せて体内で循環させて、全身から発散させて封筒に向かって照射する。
それによって封筒の中のチケットの整理番号がぐいぐいと良番になっていくのだ。

もう一度書くが、決して「整理番号を知るのが恐くて恐くて仕方がない」ということではない。

単に臆病なだけである。

それでは、具体的に「チキンハート」のやり方をお教えしよう。
ベテランの方は、今一度自分の手順やフォームが正しいのか確認していただきたい。

まずは全裸になる。

正式な作法としては、先に全身の毛を剃り落とし、身を清めるのが正解だが、この部分は省略しても構わない。
チケットの入った封筒は、床から650ミリ程度の場所にそっと置く。
テーブルや机などがちょうど良い高さだろう。

そして、全身の毛穴を活性化させるために、柔軟体操をする。
両方の手を軽く握りしめ、足はつま先を揃える。
そして、リズミカルに両方の拳を「上」「下」「上」「上」「下」「上」「下」「下」と上下させる。
拳の上下と共に膝も上下させること。
この運動により、体内の血流とかいろんなことがみなぎってくる。

個人的な感覚で構わない。
「いまみなぎった!」
そう感じた瞬間に眼球が飛び出るほどの勢いで目を見開き、呼吸を止めて、

「命!」

のポーズを展開する。

見開いた目はチケットの入った封筒を隅々まで凝視すること。

そして、いよいよ呼吸が必要になったら、天に向かって以下のように叫ぶ。

「あ~ちゃんは天使!」
「かしゆか好きっス!」
「のっちは噛みさま!」

「命!」のポーズは決して解除してはいけない。
そのまま爪先立ちになり、天を仰いだままくるりと一周する。

この一連の動作を、起床時に1回、就寝前に1回行う。
これが「チキンハート」と呼ばれる作法だ。

私はかつて、この作法によって、ZEPP東京のチケットの2300番代を友人から売ってもらった経験がある。
なので今回も3月一杯はこの作法を続けるつもりだ。
きっと、封筒の中のチケットは、日を追うごとに良番に変化していくだろう。

私には見える。ステージ向かって左側の最前列にいる自分が…。

コメント (13)

それでは聴いてください。Perfumeで「ドMFighter」

2010-03-06 | 儀式
いよいよ明日から、Perfumeのファンクラブ向け全国ツアー『パッと楽しく遊ぼうの会』が横浜でスタートする。
私は約一ヶ月後の高知公演に参戦する予定だ。

本来は、高知公演に参戦するまで一切の情報を遮断して、新鮮な気持ちで臨むのが正道と思われるが、今回はネタバレをできるだけ回収してから臨もうと思う。
というのも、過去2回の全国ツアーでの経験から、どんなにネタバレしても、想定の範囲外の感動が味わえたからだ。
逆に言えば、どんなに文章で素晴らしさや楽しさを書いたとしても、その感動はほんの僅かしか伝えられないということだろう。

もちろん、ネタバレを読んで平静でいられる訳ではない。

見たい気持ちを抑えて身悶えるのだ。
文章から伝わる僅かな情報を元に、想像や妄想を繰り広げて悶絶する。
簡単に説明すると、ネタバレをじっくりと読んでから、好きなメンバーの写真を胸に抱き、「行きたいにゃ♪行きたいにゃ♪行きたいにゃ♪」とつぶやきながら、布団やベッドの上を転がる(×5回)。

一見すると、やや変態的な行為にも見えるが、これはPerfumeファンの間ではポピュラーな作法で、「待ちうけ」と呼ばれている作法だ。
Perfumeメンバーの一人であるあ~ちゃんから発せられる「ココロの粒子」を全身で受け止めるために、身体中の「粒子受け入れ口」を広く開放する。
この作法によって、期待で胸がパンパンに膨らんだ状態でツアーを楽しむことができる。

それと、もう一つの作法がこれから始まる。
「待ちうけ」とは対照的な作法で、これは「聴かざる」と呼ばれている作法だ。
関西発祥と聞いているが、関東地方ではこの作法を実践している人は少ないといわれている。
私が知る限りでも、関東では18名ほどがこの作法を実践している。

これも簡単に説明すると、Perfumeの新曲が発表されて、ラジオやテレビなどでオンエアされても、そのすべてをスルーして、自分の手でCDをゲットするまで一切新曲を聴かない、というものだ。

フライングゲットの日に初めて新曲を聴き、PVを見るのだ。

これほどドM魂がくすぐられる作法はない。

私は、前回のシングル「ワンルーム・ディスコ」からこの作法を始めたが、これは中々実践が難しい。
特に気をつけなければいけないのが、ラジオ番組である。
Perfumeが出演する番組は元からシャットアウトするので問題はないが、うっかり聴いているラジオから新曲が流れ出す危険があるからだ。
それと、CD屋さんの前を通過するときも危険である。
もちろん、不用意にURLをクリックするのも危険だ。
また、私の場合は友人の妨害工作にも悩まされた。
「かしゆかの可愛い画像が集まったから、動画を作ったよ」
などと、YouTubeのURLを送られて、クリックしてみると、かしゆかの画像が集められた動画が再生される。
「むほ。むほほ」
などと画面を食い入るように見つめていると、突然に「ワンルーム・ディスコ」のPVが流れ出したりするのだ。
お陰で、CDを手に入れる前に、3秒ほどイントロを聴いてしまった。

それに激怒していると、再び友人が
「さっきはゴメンネ♪今度はちゃんとした動画作ったから」
と再びURLが送られてくる。
ジャジーで静かなBGMに乗って、かしゆかの画像が集められた動画が再生される。
「むほ。むほほ」
などと画面を食い入るように見つめていると、そのジャジーな曲が、カップリング曲の「23:30」だと判明する。

もっとも恐ろしいのは、この動画を作成した友人が女性で、それほどPerfumeに関心がない、ということだろう。
「ココロの粒子」を全身に浴びていないと、Perfumeはここまで人の心を狂わせる。

2度と同じ手は通用しないので(してるだろう)、もう友人の妨害工作には引っかからないが、敵はどんな手を使ってくるのか分からないので、注意が必要だ。

ともかく。

ツアーに関してのネタバレは明日から始まるライブレポをじっくり読んで悶絶したい。
4月発売の新曲に関しては、音源とPVを見ないように慎重に行動したい。

「聴かないドMプレイ」は、もっと何度も経験できるかと思っていたが、なんと前回のシングルから実に一年が経過した。
これだけ待たせるPerfumeの姿勢にもまたドM魂がくすぐられた。

かしゆか好きっス。
コメント (5)