髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

第3子の心拍確認

2019-05-02 | 妊娠、出産
今年も花水木の花が咲き始めてきた。


毎年この花を見ると、長男が生まれた6年前の春を思い出す。


2013年5月


喜びも大きかったが、自分が父親になるという実感が湧かず、その責任の大きさに不安ばかりが募っていた。
自分のようないいかげんな大人が父親になっても本当に大丈夫なんだろうか?
生まれてきた子供は、私が父親と知ったら落胆するんじゃないだろうか?
自分自身の人生すらまともにコントロールできなかったのに、子供の人生を背負うことなんてできるのだろうか?


つい最近までは寒かったのに、気がつけば空の青さが色濃くなって穏やかな風が吹く季節。
うきうきするような気分とこれからがどうなるのかうまく想像できない不安。


嫁さんがずいぶん長い期間、苦しみながら命をかけて新しい生命を胎内で育ててきたのに、いざ出産という段階になってそのことを不安に思ってしまう自分の小ささと臆病さが情けなかった。


やめなきゃやめなきゃと思いつつやめられないタバコに火をつけて、駅前の花水木を見ていた。


結果的にはそこでタバコは止めて6年の月日が過ぎて次男も生まれて、まあなんとか自分は「父親」になれたような気がする。
子供たちに比べると実に遅い成長だ。


嫁さんの身体の中には、今2つの心臓が動いている。
まだ3センチにも満たない第3子は、この世に生まれてこようと一生懸命に栄養を吸収している。


前回の妊娠の時も書いたように思うけど、嫁さんに
「今の私はグーダラしているように見えるが、腹の中では壮大な作業を行っているのだ。お前がやっている家事などはすでに形骸である。あえて言おう、カスであると!」
と言われれば
「そうですね」
と答えるしかない。


毎度のことだけど、私は身体も精神も何も変化がないので家事にまい進するしかない。


長男次男と春の生まれなので、君たちの誕生日が近づくと花水木が咲くんだよと教えたが、第3子は秋の深まる頃に生まれる。
どんな花が咲いていたのか、物心つく頃になったら教えてやりたい。


コメント