髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

Perfume×植物その2

2010-02-26 | Perfume
Perfumeの魅力の根源を追求すると、花や植物の美しさの根源に近くなってくる。のは私だけである。
という訳で、こんなことは誰も書かないシリーズ「Perfume×植物」その2だ。

「花の美しさ」とは、その花自身よりも、その花の「背景」や「背後にあるもの」によって増幅されることが多い。
「花がキレイだな」と感じた瞬間には、その花の背後に見える「何か」があるはずだ。
それは、あるときは「青空」かもしれないし、またあるときには「渡してくれた人の顔」かもしれない。
そのときに感じた匂いだったり、流れてた音楽もあるだろう。

これに気づいている人は意外と少ないと思う。

花を飾ろうとして、一番気をつけなければならないポイントは、花そのものではなく、その花を飾る「空間」が重要になる。
「何を飾るのか」ではなく「何を背景に飾るのか」を先に考えておかなければ、花を選ぶのは難しくなる。
花だけを見つめていると、中々このような考えにはならない。

一本の花の美しさを際立たせようと、一枚の葉を入れる。
すると、客から「その葉っぱはやめて、花を入れてください」といわれることがある。
これは、「そのキャベツはやめて、とんかつを入れてください」というのと同じぐらい愚かな提案である。
とんかつが2倍になれば、初めのうちは喜びに打ち震えてむしゃむしゃと食べ始めるだろう。
しかし、途中で気づくはずだ。「なんか気持ち悪くなってきた」と。
キャベツが隣にいることによって、とんかつの存在は光り輝いていたのだ。

慣れていなければ難しいかもしれないが、まずは「花を飾る場所」を決めて、その次には「花を活けるベース(花びん)」を決めて、それから花のことを考えるとうまく飾れる。
恐らく多くの人は「では部屋を片付けなければ…」と思うかもしれない。
悲しいが、それが正解である。
どんなに立派な花でも、土台がしっかりと作れていないと、その美しさは充分には伝わらない。
また、小さく可憐な花でも、小ぎれいにまとめられたスペースでは、充分に魅力を放つ。

Perfumeという花は、それだけでも十分に美しいが、やはり花の背景や背後に見えるものによって、その美しさを増幅させている。
背景や背後がしっかりと作られていて、きれいに整えられているから、中心の花が際立って美しさを放っている。

これに気づいていない人は、意外と多い。

かしゆか好きっス。


コメント (4)

かしゆかの魅力分析。

2010-02-18 | Perfume
以下の文章は、某巨大掲示板に投下した文章の改変である。
元の文章はこちら

かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のように小さな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「かしゆかの根っこ」について。
かしゆかの魅力を構成する要素は、表面に見えるものだけではなく、実に根深い。

今日は真冬のような寒さだったが、もうそろそろ新緑や花の咲き乱れるシーズンが到来する。
木々が美しく見えるといつも思うのだが、かしゆかの魅力は、「木々や花の魅力」と重なる部分が多い。

一般的に多くの人々が、木々や花を見るとき、その枝ぶりや咲き誇る花を見て「美しい」と感じる。
しかし、その美しさを支えているのは、実はその植物の「根っこ」なのである。
「根っこ」が生き生きと健康に伸びている植物は、ほぼ間違いなく上に伸びている枝葉や花も美しく育っている。
逆に、どうも様子がおかしいなと感じる植物は、引っこ抜いて「根っこ」を見ると、明らかに腐っていたりする。
観葉植物などを育てた経験がある人にはわかると思う。ちなみに水やりは少ない方が良い。

木々や花を美しく育てるためには、土の中に隠れている「根っこ」をどれだけ意識して育てるのか、ということになる。

これは個人や組織についても言及できることである。
しっかりとした根を張らずに膨張した個人や組織は、枝葉がもろくて徒長しやすい。
太陽の力を受けるための葉っぱが少ない枝は、密度が少なくて折れやすい。

誰の目にも見える「枝葉」よりも、地上からは決して見えない「根っこ」が大切なのだ。

かしゆかが根っこを伸ばし続けた期間は約8年。
枯れる寸前だったが、アミューズの水やりが極端に少なかったお陰で、かしゆかの根っこは太くたくましく育った。
その根っこが、文字どおりかしゆかの魅力の根源になっていると分析する。
もちろん、あ~ちゃんの根っこも、のっちの根っこもしっかりと育っている。
計算高い大人たちが、二匹目のドジョウを狙っても上手く事が進まないのは、地面より上の彩りにしか考えが及ばないからだ。
まずは「根っこ」を見て、しっかりと根を張るところから考えてみたら如何であろうか。

かしゆかの根っこは深く、健康に伸びている。
まだしばらくは美しい枝ぶりを魅せて、大きな花を咲かせるだろう。 -->
コメント (11)

猛攻!

2010-02-17 | Perfume
昨年7月、アルバム「⊿」リリース。

「新曲は秋ごろかな?」
「いや、年末じゃない?」

そのまま音沙汰なく秋を迎える。

「新曲は、新年一発目だな」
「ああ。新年に一気に来るだろうね」

そのまま音沙汰なく新年を迎える。

「新曲は2月だろうね」
「ああ。2月には確実に出るだろうね」

そのまま音沙汰なく2月を迎える。

「新曲出るのかな」
「新曲って何だっけ?」

その間には、所属事務所であるアミューズのサーバが一週間以上もダウンしたり、iTunesで楽曲が違法ダウンロード販売されたり、ネガティヴキャンペーンを当てられたり、Perfumeファンにはつらく厳しい「冬」を過ごさなければならなかった。

あ~ちゃん。
今年は「攻める」んじゃなかったのか?と。

10万枚以上売れた「GAME DVD」を、ファンにせっつかれて販売したりする事務所とレコード会社だ。
それなりに待たされることは覚悟していたが、まさかここまで引っ張られるとは予想できなかった。

しかし先日。

・突如のHPリニューアル(かなり改善された)
・新曲情報解禁
・だけどタワレコ痛恨のフライング発表(これは笑い事ではないと思う)
・会員特典のDVDの発送

と、いきなり怒涛の「攻め」の姿勢に転じたPerfume!
とりあえず、送られてきたDVDの内容の濃さにやられた。
去年の一枚目も内容豊富だったけど、今年のも凄まじい!

恐らく、寒さも今が「底」だろう。
春がそこまで来ているのを感じられる。
Perfumeは今年も私たちを楽しませてくれそうだ。



左が去年のDVD。右が今年のDVD。
ちゃんとパッケージもデザインされている。
コメント (2)

Perfume PS(プリティスタイル)に掲載。

2010-02-01 | Perfume
「え?パフューム?あ、Perfumeね。うんうん。俺好きだよPerfume。
まああくまでも『サウンド』に惚れ込んだって感じかな。ヤスタカのサウンドにね。
俺のブーツ見れば判るっしょ?ほら、ドクターマーチンの14ホールだよ14ホール。
履くのも脱ぐのもマジキツイから。
俺がマジのサウンドファンだって判るっしょ?マジでヤスタカのサウンドに惚れたわけよ。
やっている女の子って5人組だっけ?へへ。俺よく知らねえんだよ。
あくまでもサウンドだけを評価しているからね。やっている女の子には全然興味ないのよ。
見た目とかサウンドの本質に関係ねえし!マジでヘドバンできるサウンドが本物なんだよ。
だから、それ歌ってる女の子が可愛いとか可愛くないとかマジ関係ないから。
マジ最初聴いたときアイドルだって思わなかったもん。バリのハードコアだと思ったもん。
だから、歌ってる女の子が可愛いとか可愛くないとかはマジで関係ないんだよ。
俺、全然興味ないのよ。歌ってる女の子にはね。

え?ビニール袋に入ってる雑誌?

あれ?俺こんな雑誌買ったっけな?

ああ!そうそう。
ほら最近出版不況とか言ってんじゃん。ウェブ2.0とかクラウドコンピューティングが盛り上がってんのよ。
それでさ、最近の雑誌の紙質とかを研究しようかなと思ってさ。
まあ何でもよかったんだよこんな雑誌。

え?この雑誌にPerfume出てんの?

へえ~。そうなんだ~。それは知らなかったね~。

じゃあ、ついでにPerfumeの女の子でも見てみるよ。
6人組だっけ?全然興味ないんだけどな(笑)。
ドクターマーチン履いたままベッドに横んなって見てみるわ。
コアなサウンドファンだから俺」

帰宅後。

「ゆかにゃん…。お待ちかねのご対面でちゅよゆかにゃん♪」



コメント (2)