髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

NHK『MUSIC JAPAN』6月13日(日)観覧レポート

2010-06-30 | ライヴレポート
もうずいぶん前になってしまうが、6月13日の日曜日。
NHKの『MUSIC JAPAN』の観覧に行ってきた。

結論から述べると、終了後に呆然とするほど面白かった!

記憶が定かではないが、生放送の客席に座ったのは初めてだったかもしれない。
本番前の緊張感、MCをしている間のステージ転換の速さ、クレーンのカメラや、ステージ下のカメラ、ハンディカメラがめまぐるしく動いている姿。演者が次から次へと出てくる展開など、その場にいなくては分からないモノを沢山見れた。

開場は16時で、開演は17時(番組の放映は17時15分から)。

会場であるNHKホールの前には、パフュオタである証の「ピンクTシャツ」を着ている人がチラホラ見える。
いや、チラホラというか、かなりいた。
それ以外のパフュTシャツを着ている人も多く見かけたので、他のアーティストさんのファンよりは、断然に多かったと思う。
もちろん、自分は着ていかなかった。ごめんなさいかしゆか。

観覧当選はがきには、座席の場所は記されていない。
入場する際に、ランダムでチケットが手渡される。
私は「C3-21」というチケットをゲットした。
座席に向かってみると、2階席の中央。ステージを真正面から見下ろせるど真ん中だった。
紅白歌合戦をやっている会場だと思うと、相当に広いホールだと感じるが、実際に座席に座ってみると、ステージも近いし、それほど大きなホールだとは感じられない。ただ、天井はとても高い。
ステージの上に大きなモニターがあり、左右にもモニターが設置されている。
俯瞰好きの自分としては、かなりいい席だと思った。

ざわざわしながら開演を待つと、10分前くらいだろうか。ADの方がステージに上がって、いわゆる「前説」を行った。
本日の出演者の名前を読み上げていく。
当選はがきには書かれていなかったアーティストさんの名前が上がり、さらには放送後、次週分の収録までがあると分かり、会場の熱気は上がった。
ADの方は、8年目らしく手馴れた感じで会場を温めた。

収録も含めて、当日の出演者。
豪華すぎて目がくらむ。

阿部真央
加藤ミリヤ
キマグレン
坂本冬美×水樹奈々
TUBE
つるの剛士
Perfume
ヒルクライム
(収録)
ハニーエルデイズ
ガリレオガリレイ

この時に分かったのだが、Perfumeの応援団も多いが、水樹奈々さんの応援団も多いということだ。しかもかなり熱い人達だ。

放映2分前ほどになって、会場に緊張感が走る。

「それでは、MCをご紹介しま~す!」
ADの紹介で、青井アナウンサー、関根麻里さん、Perfumeの3人がテケテケとステージに登場!

会場は凄まじい熱狂。

半分くらいの客が立ち上がる。
挨拶を済ませて、青井アナと関根さんが下がる中、Perfumeの3人は残る。
熱狂を見たのっちが「凄い!皆さん立ち上がって!」と言うと、全員が立ち上がった。

ステージに残った3人は、フォーメーションを組む。
驚くべきことに、Perfumeはトップバッターだ!
ADが「拍手!」と客席に合図を出し、会場はグルーヴする。

Perfumeの「不自然なガール」で、生放送はスタートした。

「エレクトロ・ワールド」で聴かれるような「オイ!オイ!」というコールが聴こえる。やりすぎじゃろ。

モニターには、放送している映像が流れているようで、「不自然なガール」の歌詞が流れている。

もう、何と言うか興奮してあまり覚えていない。
一瞬で終わった。

それからは、本当に目まぐるしく進んだ。
テレビで見ている分には普通に歌い手が歌って帰っていく構成だが、それを目の前で生で見ているのだ。
どこか一つでも間違いが発生すれば、放送に障害が起きる。
それ故に生じる緊迫感があった。

深く印象に残ったのは、青井アナの紳士ぶりだろうか。
司会が終わって、袖に入るときに、MCの女性陣をしっかりとエスコートしているのが見えた。
そして、青井アナは長かった。ともかく縦に長い。
攻撃を加えるとすれば足だろう。

関根麻里さんもやはり可愛い。
後半の収録の時に、顔がずっと映される場面があり、そこでニコ~っと笑った笑顔が良かった。結婚したい。

そして、パフュの3人はもうなんと言いますか。

姿勢が美しい。

他の人達が姿勢が悪いのだろうか?と考えると、特にそうでもないのだが、3人の姿勢の美しさは特に印象に残った。
これはダンススキルから来るものなのだろうか??
収録では、ちょっとした待ち時間などに、観客の声援に応えて手を振ったりしてくれた。
結婚したい。

緊張する生放送が終わると、後半は収録が始まる。
収録になったとたんに噛みまくる青井アナ。
3回ほど噛んでいた。会場からはブーイングの嵐。
「どうせ放送では流れないから」的な発言で会場を煽る青井アナ。
収録なので、イマイチな部分は平気で撮り直しが始まる。

当然ながらパフュ目当てで行ったのだが、他のアーティストさんたちも素晴らしく、一瞬でも気が抜けない、楽しい時間を過ごせた。
これだけ豪華なメンツを見られて、こんなに楽しい時間が「無料」というところが凄まじい。
毎度毎度観覧に応募している人がいるそうだが、その人の気持ちが分かる。
次回があれば応募したいが、今回の当選が最後なのかもしれない。

結論。
かしゆか好きッス!
コメント (2)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート エンドロール

2010-06-27 | かしゆかの魅力分析レポート
さてはて。
4月28日から毎日更新(一日さぼった)してきた「かしゆかの魅力分析レポート」ですが、昨日分で書いてきたものすべてが終了しました。

かしゆか、あ~ちゃん、のっちの魅力が光っているからこそ(ここはとても大切な部分!)書けたのですが、ズラズラとよくもこんなに書いたものだと思います。
それでもまだ書き足りないのですけどね!
かしゆかの魅力については、今でも毎日発見があるのですが、また書きたいことがあれば、チビチビと書き足そうかと思います。

ここまで読んでくださったみなさま。本当にありがとうございました。

のっち、あ~ちゃん、かしゆか好きッス!


かしゆかの魅力分析レポート 01
かしゆかの魅力分析レポート 02 「しぐさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 03 「声」について(その1)
かしゆかの魅力分析レポート 04 「笑顔」について(その1)
かしゆかの魅力分析レポート 05 「ダンス」について
かしゆかの魅力分析レポート 06 「奥ゆかしさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 07 「美しい三角形」について
かしゆかの魅力分析レポート 08 「男気」について
かしゆかの魅力分析レポート 09 「ぱっつん」について
かしゆかの魅力分析レポート 10 「品のよさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 11 「スタイル」について
かしゆかの魅力分析レポート 12 「黒さ」について
かしゆかの魅力分析レポート 13 「魅力の加速度」について
かしゆかの魅力分析レポート 14 「かしゆかのほっぺた」について
かしゆかの魅力分析レポート 15 「楽しんでいる姿」について
かしゆかの魅力分析レポート 16 「かし脳」について
かしゆかの魅力分析レポート 17 「素の部分」について
かしゆかの魅力分析レポート 18 「ニョムニョム運動」について
かしゆかの魅力分析レポート 19 「波状イヒゆか」について
かしゆかの魅力分析レポート 20 「かし脳」について その2
かしゆかの魅力分析レポート 21 「色気」について
かしゆかの魅力分析レポート 22 「タムちゃん」について
かしゆかの魅力分析レポート 23 「かしゆかの自信」について
かしゆかの魅力分析レポート 24 「かしゆかのかっこよさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 25 「かし腰」について
かしゆかの魅力分析レポート 26 「かしゆかの歴史」について
かしゆかの魅力分析レポート 27 「ユカイ犯」について
かしゆかの魅力分析レポート 28 「かっしかし」について
かしゆかの魅力分析レポート 29 「かしゆかの静けさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 30 「かしゆかの体温」について
かしゆかの魅力分析レポート 31 「かしゆかの和なふいんき」について
かしゆかの魅力分析レポート 32 「かしゆかの魔力」について
かしゆかの魅力分析レポート 33 「かしゆかが牽引するもの」について
かしゆかの魅力分析レポート 34 「かしゆかのイタズラ」について
かしゆかの魅力分析レポート 35 「お団子ゆか」について
かしゆかの魅力分析レポート 36 「クチビル」について
かしゆかの魅力分析レポート 37 「かしワキ」について
かしゆかの魅力分析レポート 38 「イチイチ」について
かしゆかの魅力分析レポート 39 「かしゆかというポジション」について
かしゆかの魅力分析レポート 40 「好きッス!」について
かしゆかの魅力分析レポート 41 「声と歌い方」について
かしゆかの魅力分析レポート 42 「かしゆかの品質」について
かしゆかの魅力分析レポート 43 番外編「あ~ちゃんの魅力」について
かしゆかの魅力分析レポート 44 番外編「のっちの魅力」について
かしゆかの魅力分析レポート 45 「振り幅の大きさ」について
かしゆかの魅力分析レポート 46 「かしゆかの誕生日」について
Perfume かしゆかの魅力分析レポート 最終回 「信頼」について
かしゆかの魅力分析レポート 48 エンドロール
かしゆかの魅力分析レポート 49 「不安の先」について
かしゆかの魅力分析レポート 50 「かしゆかと恐怖」について
かしゆかの魅力分析レポート 51 「PSゆかにゃん好きッス!」について
かしゆかの魅力分析レポート 52 「カシュカの森」
かしゆかの魅力分析レポート 53 「かしゆかの根っこ」について
かしゆかの魅力分析レポート 54 「タイムドランゲージってるリディアンクロマチックコンセプ」
かしゆかの魅力分析レポート 55 「銀河系ドM軍団」について
かしゆかの魅力分析レポート 56 「増殖する胸キュンポイント」について
かしゆかの魅力分析レポート 57 「笑顔の射程距離」について
かしゆかの魅力分析レポート 58 「かしゆかの歌声」について
かしゆかの魅力分析レポート 59 「かしゆかの初心」について
かしゆかの魅力分析レポート 60 「かしゆかの二重構造」について
コメント (2)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 60 「かしゆかの二重構造」について

2010-06-26 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、わりと最近に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら
※さりげなく、静かにこれで「最終回」です。


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「かしゆかの二重構造」について。

かしゆかファンの皆さんは、「不自然なガール/ナチュラルに恋して」のPVは存分にご覧いただけただろうか。
私は調査分析のため、かれこれ45回くらいは見た。
真っ暗な部屋で、モニターに異常に顔を近づけて見るのがとても好きです。
最近になって、のっちとあ~ちゃんもチラ見するようになりました!

すでに皆さんもお解かりのように、今回のPVには「ゆかにゃん」と「ゆか様」が出演している。
「ナチュラルに恋して」に出演しているのが「ゆかにゃん」で、
「不自然なガール」に出演しているのが「ゆか様」である。

ぱっつんを軽めに仕上げて、春らしくて楽しい笑顔の「ゆかにゃん」と、いつもライブ開始直後に我々をPerfumeWorldに引きずり込む、表情の無い「ゆか様」。

「ゆかにゃん」を見ると、無性にほっぺをプニプニしたくなる衝動に駆られ、「ゆか様」を見ると、急いで四つんばいになり、ピンヒールの衝撃に備える。

もう何度かこの分析で述べてきたことだが、この「ふり幅の大きさ」がかしゆかの魅力の大きな要因となっている。

かしゆかが目の前に現れるたびに、我々は翻弄され、ニヨニヨしたり、急いで服を脱ぎ去ったりするのだ。
もちろん、我々の願いは2つに分かれたままくっつくことはなく、永遠だよwonder2と分析できる。

今のところ、かしゆかのほっぺをプニプニしたり、ピンヒールの衝撃の洗礼を受けることができるのは、タムちゃんだけのようである…。

それを想うだけで、私はgoogleマップでユカタン半島を呼び出し、チクシュルーブ・クレーターの辺りをそっと指でなぞりこうつぶやくのだ。

「たまらんちょたまらんちょ以上の言葉があればいいのに…」

結論。
3人とも、本当にキレイになった!
コメント (2)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 59 「かしゆかの初心」について

2010-06-25 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、かしゆかブログの更新が途切れちゃった前に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら
※かしゆか好きッス!


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「かしゆかの初心」について。

今の季節は、どこに行っても「新人さん」の姿を見ることが多い。
新人さんは、誰彼かまわずに元気よく挨拶をしている。
同じ空間にいて、新鮮な空気が感じられて、実に清々しい。
しかし、そんな清々しい空気もいつの間にかどこかへ消え去ってしまう。
誰もが自分が「新人さん」だったころを忘れてしまうのだ。

しかし、いつまでたっても初心を忘れない3人娘がいる。
こちらが「ありがとう!」と叫んでいるのに、ずっと頭を下げ続ける3人娘がいる。

新曲リリースの発表時に、真っ先に「ありがとうございます」という言葉が出るアーティストは、一体どれくらいいるのであろうか。

「初心」の気持ちを、10年もの間に渡っても忘れないのがPerfumeの3人なのである。

「今みたいに忙しくなるまで、時間がかかって良かったです(笑)」
これが、2年前のかしゆかの発言だ(QJ77号)。

かしゆかが、何を思ってブログを毎日更新すると決めたのかは、分からない。
しかし、毎日更新すると宣言してから今日まで、一日も休まずにブログを更新している。
ここにかしゆかの力強い「初心」の気持ちを見出してしまうのだ。
もう何度も書いているが、かしゆかは見た目のにゅにゅにゅー☆に対して、芯はとても強いと分析できる。
毎日の更新、本当にありがとう。

結論。
かしゆかイチイチ好きっス!
参考に1月1日のブログ見て昇天したッ!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 58 「かしゆかの歌声」について

2010-06-24 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、わりと最近に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「かしゆかの歌声」について。
ちなみに、かしゆかの「声」に関しては、第3回目ですでに分析を終了している。
なので、過去に一度読んだような分析になることをお許しいただきたい。

さて。
かしゆかの歌声はとても細い。
過去のQJ誌などで語られているが、かしゆかは自分の声に自信を持っていない(その当時は)。
「自分の声が役に立たない」とまで言い切っている。
ライヴDVDなどを見るとしみじみと感じられるが、かしゆかは自分が生の声で歌うとき、かなり真剣になっていて、歌うことだけに集中しているのが分かる。
一生懸命に腹から声を出そうと頑張っている姿が見える。
それでもやっぱりかしゆかの歌声は細い。

しかし。

Perfumeにとって、かしゆかの歌声は、なくてはならない大切な要素なのである。
抜群の歌唱力を持つあ~ちゃん、真っ直ぐに伸びる歌声ののっち。
この二人の声に、かしゆかの歌声が乗っかると、化学反応が起きるのだ。

かしゆかの歌声が、Perfumeの楽曲に不思議な色合いを持たせてくれる。
昨今のディーヴァ系の歌姫たちが表現するものとは、まったく正反対のPerfumeらしい音像を創り上げる。

大胆な楽曲の表現の中に、今まで聴いたことがない繊細で可憐な飾り付けを施してくれるのだ。
かしゆかの歌声は、かしゆかにしか出すことはできない、Perfumeが持つ大きな強みだと分析する。
かしゆかの声の魅力を存分に引き出した、中田ヤスタカ氏の業績は、高く高く評価せざるを得ない。
生肉に換算すると、ユッケ5トン分の効果があるとの分析も報告されている。

そんなかしゆかの歌声の魅力が、「不自然なガール」のソロパートで爆発している。
かつては「自信がない」と語っていたかしゆかだが、今はどう考えているのか聞いてみたい。
きっと、以前とは少し変わった答えが返って来るに違いない。
そう期待している。

結論。
かしゆかたまらんちょたまらんちょ~!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 57 「笑顔の射程距離」について

2010-06-23 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「笑顔の射程距離」について。

昨日のGO!FESに参戦してきた。
強烈な圧縮地獄の中、背が低い私は、頭と頭の間から僅かに見えるかしゆかの表情を楽しむことができた。

ヒルクライムさんが終了して(良いパフォーマンスでした!)、どっと前方に流れるパフュファンの列。
後方に下がるお客さんを見つけると「人が通ります!」と大声を出して身を引くピンクTや青Tの姿が印象的だった。
そして、前方を死守する他アーティストさんのファンを巻き込んでの圧縮開始。
若い女性が多かったので、守りたい気持ちはあったが、edgeの出囃子であきらめる。

トゥワー中でコンディションも絶好調なのか、3人は堂々としたパフォーマンスを披露してくれた。
オーディエンスのキモチワリュイ盛り上がりに、かしゆかはご満悦のご様子。
何度もステージから微笑みを振りまいてくれた。

このときの「微笑み」が、私の知っているかしゆかの「微笑み」とは違っていると感じられた。
なんと書けばいいのか思いつかないが、「慈しみを持った微笑み」とでも言えばいいのだろうか。
今までのように客席を見渡してニヨニヨするような感じではなく、一人一人の観客の心の中に侵入するような微笑みだ。

残念ながら私のほうに向かっての微笑み照射はなかったが、それは圧縮地獄に降り注ぐ恵みの雨のように感じられた。
スタート直後は、ともかくこの「慈しみを持った微笑み」にやられっぱなしだった。
後半はかしゆかもみなぎってきたご様子で、皆さんもご存知の「ニャハー!」といった笑顔を連発。
乱れぱっつんも手伝って、しっかりとゆかにゃんの表情も見せてくれた。

前からかしゆかは楽しそうに笑ってダンスすることが多いが、この「笑顔」が伝える情報量が、ここ最近になって飛躍的に増えた。
これは、以前よりも多くのファンを想うかしゆかの気持ちがそうさせているように感じられる。
「笑顔の射程距離」は、グッと伸びていると分析できる。

結論。
イチイチ進化が止まらない素敵な女性だッ!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 56 「増殖する胸キュンポイント」について

2010-06-22 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「増殖する胸キュンポイント」について。

私が個人的にかしゆかに感じる魅力の大きな部分は、かしゆかから感じ取れる「優しさ」だろうか。
「まろやかさ」と言ってもいいかもしれない。
現実に打ちのめされ、倒れそうになっても、あのクリクリした目をニュッ!と細めて、「ガンバッテネ!」と背中をピンヒールでぐいぐいされることを妄想するだけで、前を見て歩くDream Fighterになれる。

しかし、言うまでもなくかしゆかは「優しさ」のみで構成されている訳ではない。
書ききれないが、「強さ」「美しさ」「格好良さ」「女らしさ」「男らしさ」「黒さ」「柔らかさ」「しなやかさ」「誠実さ」「ピョコピョコさ」「タムさん」など、かしゆかの魅力は、実に様々な要素で構成されている。

かしゆか応援スレッドには、かしゆかが大好きな住人が集まっているが、上記のように、かしゆかの魅力は広範囲に渡っているために、住人各々の「胸キュンポイント」が完全に一致することはない。
一人一人の胸の中に、自分が大好きな「胸キュンポイント」のかしゆかが存在するのだ。
これは、年齢や性別、ファンになった歴史などの影響も受けていると分析できる。

かしゆかは一人しかいないが、ファンの数だけ好きなかしゆかが存在しているのだ。
そして、ファンが好きなかしゆかは、脳内で細かな分岐をして、新たな「胸キュンポイント」を作成する。

昨今の「俺が好きなかしゆかが一番だ!」という叫びは、誰もが自分だけの「胸キュンポイント」を主張しているように感じられる。
どんなに声高に叫ぼうが、世界にかしゆかは一人しかいない。

今までがそうであったように、かしゆかは必ず「更新」をしてくるだろう。
前髪が云々といった小さな更新ではない。それが何なのかよくワカラニャイが。
いつでも最新のかしゆかが最高のかしゆかであると、正装して足元に四つんばいになって叫ぶ日は近い。
何故なら、もう春はそこまで来ているのだから。

結論。
何してもイチイチカワイイ!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 55 「銀河系ドM軍団」について

2010-06-21 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという稀有な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「銀河系ドM軍団」について。

パフュ関連スレッドの中でも、屈指のドM紳士&淑女が集う場所がこの「かしゆか応援スレッド」だと言われて久しい。
書き込むのは10~20人程度だが、その背後には約2万のROM専ドM軍団がいるというのは、あまりにも有名な話である。

一般的な軍団員の反応としては、ピンヒールで踏みにじられたいなどの「打撃系」や、鋭い目線で見下されたい、気持ち悪さを認定して欲しいなどの「蔑まれ系」、愛を告白して無視されたいなどの「スルー系」に分類される。
また、上級者になると、歯ブラシや電柱、玄関マットやタムちゃんのドッグフードなどの、物質になりたがる「生まれ変わり系」の反応も観察できる。
最近の流行としては、自ら肉体を捨てて、魂だけになってステージに上がり、静かにかしゆかの足元に待機して踏みにじられる「幽体離脱系」の反応も報告されている。パーフェクトな病人だッ!
その魂たちを、肩に乗せてトゥワーに参戦する「運び屋」とよばれる非合法グループも暗躍しているらしい。

また、かしゆかウイルスに完璧に脳を侵食された「かし脳患者」なので、かしゆかがピョコ!と動くだけでも即座に炭化する能力を持っている。上級者になると、かしゆかを描写した文章だけでも炭化することができる。

以上が、かしスレを支える「銀河系ドM軍団」の性質だと分析する。
報告によれば、一年以上も新曲を出さないドSな所属事務所の仕打ちに、もっとも身悶えて喜びぬいたのは、かしスレの「銀河系ドM軍団」との分析結果も寄せられている。ホントか?

それでは次の曲に参りましょう…

届かない、愛と知りつつ、叫ぶ声…悲しい運命(さだめ)のかし見酒…
惚れた男が悪いのか、だました女が悪いのか…今日も男が独りで悶絶…
それでは聴いてください。Perfumeで「ナチュラルにドMして」

結論。
かしゆかイチイチ好きっス!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 54 「タイムドランゲージってるリディアンクロマチックコンセプ」

2010-06-20 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


「え?パフューム?ああ。Perfumeのことね。けっこう好きだよあのサウンドは。
まあ、やっている女の子には全然興味ないけどね(笑)。
あくまでも僕は中田君のサウンドにしか興味ないから(笑)。
中田君のサウンドはやっぱりハーモニックマイナーとドミナント・トニックの使い分け?それと4度進行のケーデンスがセコンダリー・ドミナントでモーダル・インターチェンジが効果的にディソナンス・レヴェルを保っているところに惹かれるわけよ。
もちろんやっている女の子にはまったく関心は無いよ(笑)。

え?机の上に乗ってる本は何だって?

あ。ああこれね!
これはPerfumeのライブ写真集だよ。
もちろんこの女の子に興味があるわけじゃないんだ(笑)。

これは中田君のサウンドから放出されるカデンツァがハーモニクス・ディミニッシュ・コードとの関係性の中で生まれるベンディングとクロノス時間の計測に使っただけだよ。
シラブル・タイムド・ランゲージとしてリディアンクロマチック・コンセプトしたわけじゃないよ(笑)。
もちろん、中の女の子にはまったく興味ないね(笑)」

友人が帰った後…

「ゆかにゃんゆかにゃん…やっと二人きりになれたねゆかにゃん…」
(ジャージのゆかちゃんを眺めながら)
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 53 「かしゆかの根っこ」について

2010-06-19 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという危険な生命体になるのだ。

かしゆかの魅力分析レポート第54回。テーマは「かしゆかの根っこ」について。
かしゆかの魅力を構成する要素は、表面に見えるものだけではなく、実に根深い。

今日は春のような陽気で、もうそろそろ新緑や花の咲き乱れるシーズンが到来する。
木々が美しく見えるといつも思うのだが、かしゆかの魅力は、「木々や花の魅力」と重なる部分が多い。

一般的に多くの人々が、木々や花を見るとき、その枝ぶりや咲き誇る花を見て「美しい」と感じる。
しかし、その美しさを支えているのは、実はその植物の「根っこ」なのである。
「根っこ」が生き生きと健康に伸びている植物は、ほぼ間違いなく上に伸びている枝葉や花も美しく育っている。
逆に、どうも様子がおかしいなと感じる植物は、引っこ抜いて「根っこ」を見ると、明らかに腐っていたりする。
観葉植物などを育てた経験がある人にはわかると思う。ちなみに水やりは少ない方が良いですよ。

木々や花を美しく育てるためには、土の中に隠れている「根っこ」をどれだけ意識して育てるのか、ということになる。

これは個人や組織についても言及できることである。
しっかりとした根を張らずに膨張した個人や組織は、枝葉がもろくて徒長しやすい。
太陽の力を受けるための葉っぱが少ない枝は、密度が少なくて折れやすい。

誰の目にも見える「枝葉」よりも、地上からは決して見えない「根っこ」が大切なのだ。

かしゆかが根っこを伸ばし続けた期間は約8年。
枯れる寸前だったが、アミューズの水やりが極端に少なかったお陰で、かしゆかの根っこは太くたくましく育った。
その根っこが、文字どおりかしゆかの魅力の根源になっていると分析する。
もちろん、あ~ちゃんの根っこも、のっちの根っこもしっかりと育っている。
計算高い大人たちが、二匹目のドジョウを狙っても上手く事が進まないのは、地面より上の彩りにしか考えが及ばないからだ。
まずは「根っこ」を見て、しっかりと根を張るところから考えてみたら如何であろうか。

かしゆかの根っこは深く、健康に伸びている。
まだしばらくは美しい枝ぶりを魅せて、大きな花を咲かせるだろう。

結論。
イチイチカワイイ!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 52 「カシュカの森」

2010-06-18 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の春頃に書かれたものです。
※去年分のまとめはこちら


ユカタン半島、プラヤ・デル・カルメン北西部に「カシュカの森」と呼ばれる小さな森林がある。
そこは昔、「カシュカ」と呼ばれる小悪魔妖精に村民が苦しめられたという。
狩猟に出かけた男たちが、森の中で「カシュカ」に出会うと、一瞬にして灰にされてしまうからだ。

村民たちが長年の間「カシュカ」に対抗する手段を考えた結果、
どうやら、「カシュカ」の魔力は子どもにはイマイチ通用しないということが判明した。
それによって、狩猟に出かける時には、子どもたちを先頭に置いて行く方法が編み出された。
先頭を行く子どもたちが「カシュカ」を見つけると、急いで戻って大人たちに知らせるのだ。

ところがある日、先頭に行かせた子どもたちが中々戻ってこない日があった。
心配した大人たちが探しに行くと、どうやら子どもたちが輪になって踊っているように見えた。
今までに見たことがないほどの子どもたちの弾けるような笑顔。
その中心にいたのは、「カシュカ」だった。

「あ。カシュカだ」

その光景を見た大人たちは瞬時に灰になった。

それから再び長い月日を経て、村民たちは「カシュカ」対策に頭を捻った。
そこから導き出された答えは「カシュカの魔力を無効にするのは『笑顔』だ」というものだった。
勇気のある大人たちが、再び「カシュカの森」に入っていった…。
現地言で「スキッス!(我は恐れず)」という言葉を胸に抱いて…。

それ以来、何故か村の男たちは特に用もないのに「ちょっとパトロールしてくるわ」などと言ってニヤニヤしながら頻繁に「カシュカの森」に訪れるようになった。
夜な夜な繰り広げられる「カシュカ」のダンスパフォーマンスの虜になってしまったのだ。
その宴は何年も何年も続いたという。

ところがある晩に、感極まった男たちがキモチワリュイ笑顔全開で「スキッス!スキッス!」と
踊り狂っている場面を見た「カシュカ」は、急に顔をクニュッとゆがめると、涙を流してその場から消えてしまった。
その涙を最後に、「カシュカ」を見るものはいなくなったと言う。

それ以来、「カシュカの森」は、四季を通じて花が咲き乱れる森林になった。
それはまるで「カシュカ」が思い描いていた「夢」が咲き乱れるようにみえると言う。
コメント (8)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 51 「PSゆかにゃん好きッス!」について

2010-06-17 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、今年の2月くらいに書かれたものです。
※しかも当ブログにも投下したので再掲です。


「え?パフューム?あ、Perfumeね。うんうん。俺好きだよPerfume。
まああくまでも『サウンド』に惚れ込んだって感じかな。ヤスタカのサウンドにね。
俺のブーツ見れば判るっしょ?ほら、ドクターマーチンの14ホールだよ14ホール。
履くのも脱ぐのもマジキツイから。
俺がマジのサウンドファンだって判るっしょ?マジでヤスタカのサウンドに惚れたわけよ。
やっている女の子って5人組だっけ?へへ。俺よく知らねえんだよ。
あくまでもサウンドだけを評価しているからね。やっている女の子には全然興味ないのよ。
見た目とかサウンドの本質に関係ねえし!マジでヘドバンできるサウンドが本物なんだよ。
だから、それ歌ってる女の子が可愛いとか可愛くないとかマジ関係ないから。
マジ最初聴いたときアイドルだって思わなかったもん。バリのハードコアだと思ったもん。
だから、歌ってる女の子が可愛いとか可愛くないとかはマジで関係ないんだよ。
俺、全然興味ないのよ。歌ってる女の子にはね。

え?ビニール袋に入ってる雑誌?

あれ?俺こんな雑誌買ったっけな?

ああ!そうそう。
ほら最近出版不況とか言ってんじゃん。ウェブ2.0とかクラウドコンピューティングが盛り上がってんのよ。
それでさ、最近の雑誌の紙質とかを研究しようかなと思ってさ。
まあ何でもよかったんだよこんな雑誌。

え?この雑誌にPerfume出てんの?

へえ~。そうなんだ~。それは知らなかったね~。

じゃあ、ついでにPerfumeの女の子でも見てみるよ。
6人組だっけ?全然興味ないんだけどな(笑)。
ドクターマーチン履いたままベッドに横んなって見てみるわ。
コアなサウンドファンだから俺」

帰宅後。

「ゆかにゃん…。お待ちかねのご対面でちゅよゆかにゃん♪」



コメント (2)

懐かしきあの日…。

2010-06-16 | Perfume
PCの中身を整理していたら、とても懐かしいモノが出てきた。
2年前に自分が2ちゃんねるのPerfume本スレに書き込んだレスと、それに対するレスの数々。
「釣り」でも何でもなく、素直に質問してみたのだが、真剣に考えてくれる住人たちに驚いて保存したのだと思う。
まるで「電車男」のように、「女の子」というワードに微妙に反応する住人の姿も面白いと思った。

今現在の本スレはほとんど見なくなったが、当時は帰宅すると2時間くらいかけて流れに食らいついていた。
で、結局この質問の数日後にアルバム「GAME」と「GAME DVD」を貸して、同僚の女の子にはPerfumeを気に入ってもらえた。
当時の人たちありがとう。

「517」が私です。



517 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:49:28 ID:mxDzxfwx
会社の同僚の女の子に「最新のアルバムを貸してくれ」といわれた。
どうすれば効果的に良さが伝わるのか真剣に悩む。

1.素直に「GAME」だけ貸す
2.「GAME」と「コンベス」を貸す
3.CD全部貸す
4.「GAME」と「ツアーDVD」を貸す
5.箱で持っていく

今のところ4かなあ。


518 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:50:39 ID:zfQSf3/X
>>517
家まで取りに来いと言う。


519 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:51:15 ID:1TTyiNW6
ちょっとお茶でも飲んでいけよと言う


520 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:51:25 ID:BDxWzIIv
>>517GAMEだけでいいんじゃね?


521 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:51:45 ID:mssbo+Ac
>>517 DVDはやめたほうがよい
「男子~」「うええええ~~~い」
で一般人は引く


522 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:52:51 ID:A0uQPuM7
4でひとつ
昔の曲聞かせるのはちょっと懸念が・・
と書いたところで確かに掛け声で引かれる可能性もあるか


523 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:53:56 ID:x6Xatl+J
>>517
無糖とGAME


525 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:56:04 ID:1FUUFhgx
GAME貸して反応が良かったらDVD


526 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:56:05 ID:ThvJbVIB
>>517
んにゃ4はちょっとがつがつしすぎじゃないか?
1だな

527 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:56:36 ID:zDAC4WCa
DVDは死亡フラグ立つ可能性あるからな


529 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:57:04 ID:EdoY10Oa
>>517
それよか、その同僚の女の子に「お気にぃのアルバムを貸して」と言ってみなよ。
相手さんも喜ぶし、今後いろいろ音楽談義ができる。
1.素直に「GAME」だけ貸す を支持。あせる事はないよ。
反応よければ次回に渡せばいいじゃん。


530 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:57:19 ID:lL4XTags
>>517
1だな

かしゆかオヌヌメのDAICHI DANCEを借りてきました


531 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:57:46 ID:aEWITeKc
>>517
つPrima BOX


532 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 18:59:13 ID:T46fr6CS
>>517
オレは友達に「DVD買った」と言っただけでドン引きされたからGAMEだけ渡せばいいと思うww


533 名前: ファンクラブ会員番号774 投稿日: 2008/10/31(金) 19:00:26 ID:0zSMp1Qf
オレ調べだと

普通の人が聴くとバタフライ辺りで飽きるらしい


536 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:00:47 ID:e71fhdre
>>517
1。解説いりの手紙とか付けるなよ。CDだけぽろっと渡せ


537 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:00:47 ID:AMGS1g7n
とりあえず1。
で、「来週キミをテイクミーテイクミーしてもいいかい?」と聞いて
ビンタ喰らうのも人生での貴重な経験になると思う。


541 名前: ファンクラブ会員番号774 [age] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:03:04 ID:EwEpSbP1
やっと743だ追いついた・・・はぁはぁっ

>>517
GAMEのCDとかっこいいPVを・・・


544 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:04:57 ID:QXWlV+fA
うちの嫁はDVD見せたら、はまったよ
女はあのダンスに惹きつけられるらしい
嫁の友達も嫁に呼ばれてみてハマったし


557 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:12:37 ID:/voIHILC
>>517
ラブワ(初回限定版)とGAME
    ^^^^^^^^^^^^^^※ここがポイント!


560 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:14:34 ID:mjpFOyp8
>>517
ついでにポリリズムも貸せばいい
もちろんSEVENTH HEAVENの為に


577 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:28:59 ID:/voIHILC
>>517
しつこくレス
GAME初回とラブワ初回でおおよその良さは伝わる気がしてきた
DVDまで見てくれるかは賭けだと思うが
ポリのあ~ちゃん泣きで彼女らのおおまかなキャラを知ってもらって
SEVENS、マカロニ、edgeで「こんなのもできるんだよ」というのを印象つけて
セラガショートでダンスレベルの高さを堪能してもらうがいい


581 名前: 517 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:31:13 ID:mxDzxfwx
みんなレスありがとう!

詳細な解説文を封入したい気持ちを抑えるのに必死だw

作戦としては、GAMEを一通り聴いてからDVDを見る。
「あれ?アルバムに入っていない曲があるんだな」

「しかも良い曲じゃない?盛り上がってるし」

コンベスが聴きたくなる。


という流れなんだけど。

やっぱり一般の人はDVD、途中で飽きちゃうのかな。


584 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:35:13 ID:bvRnQbMx
>>581
俺が学校の女の子に貸した時はGAME貸して気に入ったって言ったから
次にcapsule渡して最後にDVDにしたよ


593 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:41:00 ID:HYzlst6P
>>581
俺はあんまり嵌まってない時にGAME→bitterの順番で聴いてDVD見てって感じだったけど、
GAME気に入った後だったからすんなり見れたよ。
てか、bitter見ていろんな事ができる子達なんだな、って衝撃受けた。


598 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:43:13 ID:BDxWzIIv
Perfume初心者にDVD見せるならGAMEのほうがいいのかな?
あのダサかっこよさ(否dis)はファン向けな気がするんだが。


601 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:45:04 ID:1Ah4HMVX
>>517
「オッス…うちでレコードでも、聴かねーか…」


603 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:45:36 ID:tyIXPMGv
>>598
池袋のHMV店内モニターでDVDかけてたら群れ成して
モニターみてたっていうから、初心者への訴求効果はGAME-DVDのほうが
いいかも


608 名前: ファンクラブ会員番号774 投稿日: 2008/10/31(金) 19:48:41 ID:MoxNhzyB
>>517
耳元で歌ってあげる。


609 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:49:13 ID:TY2YDplu
>>598
イケメン寄りなら
bitter
キモオタ寄りなら
GAME

女ならGAMEが無難


612 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:51:19 ID:/voIHILC
>>598
女性はいきなりbitterだと引く恐れもある
DVDならGAMEが無難だと思う


615 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 19:52:00 ID:BDxWzIIv
>>603
全体的にはいいと思うんだがGAMEは衣装と相まって学芸会みたいとか思われそうだなーと。


658 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 20:12:15 ID:YtKlBNQ8
>>598
個人的意見ですが、bitterの方を推します。
ブレイク以前のPerfumeの、今現在に通ずるひたむきさやパフォーマンスの素晴らしさ等が凝縮されてると思います。
またスーパージェットシューズ後の息の切らしぶりは必見です。
他にもMCの面白さや練習風景等、見所満載ですし。


743 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 21:06:41 ID:keSYNVDT
有給とった人なんて理由でとった?


747 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 21:09:38 ID:+JNrYday
>>743
親戚を殺しました


748 名前: ファンクラブ会員番号774 [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 21:11:03 ID:mShOrO/U
通報しますた
コメント (6)

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 50 「かしゆかと恐怖」について

2010-06-16 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、年始に書かれたものです。


かしゆかを魅力的に感じられる要因は星の数ほど存在する。
煌めく星のようにちっちゃな魅力の集合が、かしゆかという危険な生命体になるのだ。
それは、冬の夜空のように厳しくて美しい。

かしゆかの魅力分析レポート第50回。テーマは「かしゆかと恐怖」について。
ひょっとしたら以前にも同じことを書いたかもしれニャイ。

かしゆかファンのみなさんは、もうほとんどの方が見られたと思うが、やはり直角二等辺三角形ツアーDVDの「edge」は素晴らしかった。
遠景も最高だが、私は超二流さんの編集した本編のバージョンがお気に入りだ。
イントロでボックスカーからせり出してくる姿にしびれる。
そして、かしゆかがセンターでパフォーマンスが始まるので、まるで「かしゆかが主役の曲」のように感じられて「かし脳患者」としては嬉しくなってしまう。

今回のDVDの「edge」で見られる、ちょっとした怖さ、理解しにくい心理状況、追いつめられるような緊迫感。
Perfumeが、あらゆる場面で「異端」として扱われるのは、やはりこういった、今までには存在しなかった異質な空気感を醸し出しているところに大きな要因があると分析できる。

少なくとも「これが普通だ」とは理解できない。

私の持論なのだが、MIKIKO先生はPerfumeのステージ演出に
「恐怖」
「狂気」
「必要以上の緊迫感」
を持ち込もうとしていると分析する。

GAMEツアーのイントロや、シティの「故障」、今までの「edge」の演出などに、いつもそれを感じてしまう。

そして、その演出の表現に絶対に外せないのが、ここで見せるかしゆかのダンスパフォーマンスだと結論付ける。
長い手足を柔らかく操り、指先にまで神経を集中したダンス。
キューチクル成分豊富な髪の毛に静電気をまとい、人間とは思えないほどに冷たさを感じさせる動作。
のっちは単純にカッコよくなってしまうし、あ~ちゃんは天使成分とココロの粒子放出が止まらない。

この、異質な「恐怖感」を醸し出している要因の主軸に位置しているのが、かしゆかのダンスパフォーマンスなのだ。

結論。イチイチカワイイ!というか、表現の幅が広いよかしゆか!
コメント

Perfume かしゆかの魅力分析レポート 49 「不安の先」について

2010-06-15 | かしゆかの魅力分析レポート
※以下の文章は、年始に書かれたものです。


かしゆかを魅力的に感じる要素は、イチイチたくさん星の数ほど存在する。

かしゆかの魅力分析レポート。テーマは「不安の先」だ。

かしゆかは、3人の中でも最も「気くばり」のできる女性である。
こんなことはかしゆかファンにしてみれば、釈迦に説法、四つんばいにピンヒールでグイグイだ。
とても気持ちが良い。
あ~ちゃんも気くばりの天才だが、大天使という役目を背負っているので、全体を見渡す必要がある。
のっちは明らかに「こちら側」の人間なので、「ゆかちゃん、毎日乙れす」とかしゆかブログを楽しんでいるはずだ。

様々なインタビューで「自信がない」と話していたかしゆかだが、私の分析では、去年の一年間で、かしゆかは相当な自信を持ったのではないかと結論を出している。
それくらいに輝いて見えた。
つまり、「不安を克服」したように、自由に振る舞い、個性を魅力的に見せてくれるようになった。

「ジョジョ立ち」を見せてくれるなんて夢にも思わなかったし。

しかし、「問題の解決は、新たな問題を呼び起こす」と言われるように、かしゆかは新しい問題を発見したのだと分析する。
それが「ブログの毎日更新」なのだろう。
不安を克服し、年齢を一つ重ね、ハードワークを経て成長したかしゆかは、「自分がPerfumeの一員として、どのように貢献できるか?」と、真剣に考えたのだろう。

自分に出来ることは何だろう?
心に余裕が生まれなければ出来ない思考だ。
少なくとも、不安を抱えている状態では考えられない。
その結果が、毎日のブログ更新なのである。たぶん。

2009年のかしゆかには出来なかったことに挑戦する2010年のかしゆか!
こんなに嬉しい成長は他にあるだろうか?

突然の毎日更新のブログで、かしゆかは不安定になっていると思う。
2輪ライダーの私から言わせてもらえば、バイクは止まったら倒れる。
走っているときが一番安定するのだ。
今のかしゆかは安定を求めて確実に速度を上げてきている。
かしゆかには、今年も突っ走ってもらいたいと祈願する。

でも、時にはコテーン!と寝っころがるのも悪くないよかしゆか。

結論。
イチイチカワイイ!!
コメント