髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

ようこそPerfume世界へ

2011-04-26 | Perfume
そんな訳で、現在は広島遠征に向けて絶賛準備中だ。
東京からバイクで広島まで行くので、どうしてもメインはバイク関係のことばかりになってしまうが、ひろしまフラワーフェスティバル当日の夜はオフ会を開いたり、翌日にはゆかりの地におもむいたりで、行ったことのない広島の地図を毎日眺めてあれやこれやと色々と考えている。

私は今回の広島遠征で、Perfumeを追いかけて地方まで行くのが…5回目だ。
仙台、名古屋、大阪、高知、広島と続いている。
毎度のことなのだが、この、遠征に向けてあれこれと考える時間が楽しくてたまらない。
当地の美味しいもの情報、観光情報、Perfumeを愛して止まない人たちとの出会いや交流。
もしもPerfumeが存在しなければ、こんなにワクワクすることなどなかったかも知れない。

このワクワク感を感じると、すぐに脳内に流れるのが、武道館公演のオープニングの「WELCOME TO PERFUME WORLD」という言葉だ。

PerfumeのLIVEは、本当に「PERFUME WORLD」だと思う。
幕が下りた瞬間に、現実世界から、非現実世界に一気に引き込まれる。

武道館公演を開催した当時は、私が初めて3人を見たGAMEツアー横浜の時のように「Perfume?アイドルでしょ?そんなにLIVEが良いの?」「お手並み拝見しましょうか」という感覚で見にきた人が多かったと思う(チケットは入手困難だったが)。
その観客全員に向かって、イントロで 「WELCOME TO PERFUME WORLD」と呼びかける。
そしてコンピューターシティで瞬時に武道館を制圧する。

この「現実世界から一気にPERFUME WORLDに引き込まれる快感」を一度でも味わってしまうと、抜け出すのがむずかしい。

そして「PERFUME WORLD」は、LIVEをやっている時間だけではなく、その範囲をどんどんと広げてくる。
こうして広島へ行くための準備をしている時間も「PERFUME WORLD」になるし、LIVEが終わった帰りの時間も「PERFUME WORLD」になるし、ふとLIVEを思い出す時間も「PERFUME WORLD」になってしまう。

今現在、グーグルマップで山陽道を調べている私は、完璧に「PERFUME WORLD」に入っている。
できるだけ長い時間、抜け出したくはない。

結論。
かしゆか好きっス!
コメント (6)

Perfumeという強大な壁

2011-04-24 | Perfume
もし2007年の私が「Perfume?アイドルだろ?くだらねえ」とあっさり通過してしまっていたら、今の私の人生は違うものになっていたと思う。

私がPerfumeにはまったのが2007年の夏。
毎日仕事を終えてからYouTubeでPerfume関連の動画を見まくり、それでも情報に飢えて、2ちゃんねるの「女性アイドル板」にも出入りするようになった。
そこには、同じように情報に飢えている私のような新参者から、彼女たちが幼かったころから応援している古参の人や、Perfumeが大嫌いで仕方ないアンチファンなどで溢れていて、とても盛況だった。
Perfumeの活動も、2008年からは武道館、紅白の出演に向けて、かなり白熱した季節だった。
2009年の末くらいまでは、2ちゃんねるの「本スレ」はほぼ完全に読んでいた(一日に4000くらいの書き込みがあっても、仕事を終えてから、それをほとんど読んでいた)。

そこから2010年になり、私がPerfumeを楽しむ軸足は完全にTwitterに移った。
特に目的もなく始めて見たものの、あっという間にPerfumeファンの方に囲まれて、オフ会に参加したりと、すっかりTwitterに馴染んでしまった。

そこで多くのPerfumeファンに囲まれて、Twitterを続けていて、とても驚いたことがあった。
それは、「Perfume以外のアイドルのファンの方がとても多い」
ということだ。

今ではかしゆかの足をペロペロしたい衝動を抑えるのに必死な私だが、私が最初にPerfumeの魅力に気づいたのは、楽曲の質の良さと、彼女たちのパフォーマンスの精度とセンスの良さだった。
Perfumeは「アイドル」という枠に囚われない、優れてずば抜けた表現者だと思った。
Perfumeほど新しくありながらも変わらない普遍性を感じさせてくれて、ドス黒さと誠意を人情と冷たさを混ぜ合わせて希望や絶望を与えてくれて、見習いたくて真似のできないアーティストは、他にはいない(それが「私のアイドル」という意味なのかも)。

なので、いわゆる「アイドルグループ」というものには、まったく目が行かなかった。
しかし「食わず嫌い」という言葉もPerfumeに教わったような気もしたので、Twitterの皆さんの好きなアイドルグループのPVなどを、YouTubeなどで見てみた。
だけど、残念ながら最後まで動画を再生出来たものは一つもなかった。

これは「他のアイドルが低級だ」という意味ではない。

Perfumeが強大な壁となって私の前に立ちふさがるのだ。
他のアイドルなどに目を向けようとすると「お前はPerfumeのすべてを楽しんだのか?」と問われるような気がしてしまう。

このブログに何度も書いていることだが、Perfumeは本当に「亀の歩み」で作品と情報を解禁していく。
正直に言って「そろそろアルバムだろうな」と思っていたのに、新曲のシングルリリースと聞いて、嬉しさよりも「アルバムはまだかよ!」という思いのほうが強かった。
なので、ついつい他のものに目が動いてしまう。
正直、音楽的な「浮気」は散々やっている。
今は打ち込み系の音楽よりも、人が演奏した音楽のほうが聴いていて気持ちがいい。

毎年、Perfumeの冬は長い。
今年は震災の影響で春の訪れはさらに伸びてしまった(capsuleのアルバムも)。

5月18日の新曲の発売と同時に、去年のような快進撃がまた見れるといいのだけど…。

結論。
かしゆか好きっス!
コメント (6)

五万根手指指向天空!

2011-04-15 | Perfume
Twitterを通じて、中国のPerfumeファンの方が「ブログをコピペしてもいいですか?」と丁寧な日本語で訪ねてきたので許可をしたところ、あっと言う間に私のブログが中国語に翻訳されていて感動した!

こちら!→[日本香民blog翻译]巨蛋DVD先行日!

もう素直に嬉しい。
頑張って読んでみたが、なんとなくしか読めない・笑。
私は日本では「変態」の部類に入るので、今後の翻訳が(していただけるのであれば)心配ではあるが、そこの部分はしっかりと隠して翻訳してくれるそうで実に頼もしい。
日本は震災ですっかり暗い雰囲気になってしまったが、こうして遠い地でPerfumeを楽しんでいるファンがいるのだと思うと、こっちも負けてられないぞ!と言う気持ちになる。

昨日は5月18日にリリースされる新曲「レーザービーム/微かなカオリ」のジャケット画像も公開されて、一気にテンションヌが上がった。
このままのテンションヌを保ち、5月の広島フラワーフェスティバルに向けて小宇宙(コスモ)を高めるだけだ。




こちらは公式サイトのアー写。はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!




通常盤のジャケット。この二面性がPerfumeの真骨頂ではあるまいか!


結論。
最愛ksyk!←かしゆか好きっス!
コメント (8)

広島遠征決定だ!

2011-04-12 | Perfume
本来であれば、3月のGO!FESで久しぶりの生Perfumeを堪能して、もうそろそろ発売される新曲にソワソワしている時期だった。
しかし、3月11日の震災でそれはなくなった。
GO!FESは中止になり、新曲は5月の末まで発売が伸びた。
それはそのままアルバム発売の日が先送りになり、それを引っさげてのツアーも先送りになる、ということだ。

実は少し前に、公式ファンクラブである「P.T.A.」に、ツアーの予定はあるのか問い合わせてみた。
すごく丁寧な文章で「未定でございます。決まり次第公式ページでご報告いたします」との返信があった(もっとも、ツアーの予定が決まっていようと教えてはくれないだろうが)。
それに合わせて、最近の巷のニュースなどを見ていると「ひょっとして、今年の全国ツアーはやらないんじゃないだろうか?」という考えが頭をもたげてきた。

今年の全国ツアーに備えて去年の暮れから始めた「Perfume貯金」はすでに6万円を越えている。
そろそろ来るだろうと、ツーリングなども控えて、先の日程は空けておいたのだが、何の予定も無くゴールデンウィークを迎えようとしていた。
「今年のゴールデンウィークは、バイクでキャンプツーリングでも行こうかな~」などと考えているところに、「第35回ひろしまフラワーフェスティバルにPerfumeがスペシャルゲストとして出演!」という報が流れた。

その3日後には広島のホテルを予約していた。

「バイクでの広島遠征」は、去年に高知から東京まで800キロを走った時に思いついていた。
800キロを走れば、次に挑戦したいのが1000キロである。
しかし、ブログ検索などをしてみても、東京から広島まで一気に走り抜けた人は見当たらない。
そもそも、東京から広島までの正確な距離が分からない(950キロくらい?)。

Perfumeの出演時間が分からないと行程表が作れないが、大まかなところで

・5月2日の夜に出発
・5月3日の朝~昼に到着(15時間見積もり)
・そのままPerfumeを応援する
・ホテルに宿泊
・5月4日、軽く観光(安神社のジャングルジムや牛田小学校の校門をペロペロ舐める)して帰路につく
・5月5日未明に東京着

といったスケジュールだろうか。
やや無謀な雰囲気がしているが、改めて装備の確認やバイクのメンテなどをして気分を盛り上げている。
さてはてどうなることやら。

結論。
かしゆか好きっス!
コメント (10)

夢じゃないよね?

2011-04-05 | Perfume
先日のエイプリルフールで、ふと思い出した。
今の私たちが見ているPerfumeは、全部あ~ちゃんが見ている「夢」だった、という2009年の誰かの投稿を。
以下コピペ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


349 名前:ファンクラブ会員番号774[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 02:03:40 ID:r2eMqL/U

本質って・・・みんな気が付かない様だけど、、、
全てはPerfumeが売れず広島に帰郷する新幹線の自由席であ~ちゃんが見てる夢だよ
本当の現実は、PSPSを最期に・・・
この900超まで続いてるスレッドも紅白も武道館もニコ動の凄いマッシュアップや大量削除も楽しかったLIVEツアーも
カエラジもAXもMステも夏フェスもCDJもポリ嵐もBcLインストアイベントもPTA発足もDVD発売もオリコン1位も
全ては今あ~ちゃんが寝ながら泣いたり笑ったり楽しそうに見てる夢
それがここで言われてるPerfumeの本質だよ
のっちとかしゆかは、あ~ちゃんを挟んで隣で寝てるよ
いつかは覚める夢だけど、ことの他この夢は居心地良い幸せな夢だから
新幹線はまだ静岡辺りだから、まだこの夢は続きそうだけどね


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コピペ終わり。

あ~ちゃんが見ていた夢はみんな実現してきたけど、3月11日を過ぎてから「あれ?Perfumeって東京ドームでライヴをやったよな?あれは夢じゃないよな?」などと思うようになった。
コメント