風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

風に乗る。風になる。

2008年03月06日 | 風の旅人日乗
(photo by Yo Yabe/KAZI)
ハワイに行く前、ハワイから帰ってきてから、ニュージーランドに行く前、ニュージーランドから帰ってきてから、冬だというのに、ここのところ相模湾と東京湾でのセーリングが続いている。
遊びのときはもちろんのこと、仕事のときだってセーリングは、やっぱり、滅法楽しい。
(photo by Yo Yabe/KAZI)

いつも思うんだけど、我々の先祖は海の上を風だけで走るセーリングという技術を、どういうきっかけで編み出したのだろうか?
(photo by Yo Yabe/KAZI)
いつも当然のような顔をしてヨットを操っているけど、このことを考えれば考えるほど、我々の祖先が持っていた能力に驚いてしまう。
幸運なことに自分が受け継いだこの能力を、人間の身の回りにあるごく当たり前の自然エネルギーである風を使って地球上の海を自由自在に走り回ることのできるこの能力を、次の世代に伝えていくことが今後自分のやるべき仕事のひとつだと、いつも考えるようになった自分がいる。
(photo by Yo Yabe/KAZI)

この一連の写真は、今本屋さんに並べられているヨット専門誌『KAZI』4月号の仕事でセーリングしたときのもの。楽しい1日でした。
(photo by Yo Yabe/KAZI)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 君のことが好きだよ、ニュー... | トップ | 次回アメリカズカップは、200... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。