風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2019年5月18日 葉山 鎌倉

2019年05月18日 | 風の旅人日乗
昨夜
帰りのバスで
運転席の後ろの席をゲット
ちょいと運がいいかも
小さく幸せ
 
目の前にポスター
 
 
なるほどなるほど
 
しかし
5番めの標語が
ココロにグサリと突き刺さる
 
経験を「油断」に変えない心掛け
 
ここのところお付き合いのある
ヨットの指導者の中に
 
次世代セーラーに対して
頭ごなしにものをいい
 
自分の経験をふりかざし
自分の経験を押し付けて
自分が100パーセント正しいと
まったく疑わない人に何人か遭遇し
 
少々困っている
 
その取り扱いに悩んでいる
 
バスで見つけた高齢者ドライバーへの
注意喚起ポスターの標語の
「油断」を
「思い上がり」とか
「慢心」に置き換えれば
 
まるきりその自称ベテランに
伝えたいことと一致する
 
高齢者ドライバーへのアドバイスは
そのまま
高齢者ヨットマンへの
アドバイスにも活かせるなと
思った
 
本日の葉山の空は
雲多めながら
気持ちいい
 
 
ジブンがいま
日本の次世代セーラーたちに
伝えたいことは
 
日本には昔から
日本オリジナルのセーリング舟で
当たり前のようにセーリングしてきた
祖先たちがいての
 
 
君たちはその子孫なんだから
優秀なセーラーとしての血を
受け継いでいるのだぞ
 
恐れずに
自信を持って
突き進みなさい
 
ということかなぁ
 
コメント

2019年5月17日 葉山 広尾

2019年05月17日 | 風の旅人日乗
おはよう葉山
 
朝ごはん前に原稿仕上げて
 
東京に出る前に
コーヒーを持って
森戸の浜を散歩する
 
 
すっかり夏になっちゃったなぁ
 
立っている砂地のすぐ近くから
トンビが飛び立つ
 
弱い風のなか
苦労しながらじわじわと高度を上げていく
 
あっちにこっちに
羽ばたいているうちに
うまく上昇気流を見つけ
 
くるりくるりと輪を描きながら
一気に空高く舞い上がって
見えなくなる
 
トンビと同じくらい
風を見つける能力を備えた新種のヒトが現れたら
そのヒトたちは
ヨットレースで常勝しちゃう
ヒトになるだろうな
 
などと
つまらないことを考えながら
渚のコーヒー飲み干して
 
バスに乗って逗子に出て
横浜経由で東京の広尾に向かう
 
用事を済ませ
広尾に来たらここ
と決めている蕎麦屋さんに寄って
 
公園を抜けて
次の目的地に向かう
 
 
大都会の真ん中に
オアシスのような新緑
 
 
目にも心にも優しい空間
 
 
コメント

2019年5月16日 葉山 浦安

2019年05月16日 | 風の旅人日乗
仕事に追いかけられているような
好ましくない感じ
 
沖縄行きの準備も始めなきゃ
 
でももう
浦安に向かうべき時間
 
今日は
けーろを教わろう
 
けーろ
 
櫂を艪のように操って
べか舟を進める
 
櫂艪
 
かいろが訛ってけーろ
 
日本の海洋文化を
ジブンの身体を使って学び
 
ジブンの身体を使って
次世代に伝える
 
 
 
限界があることは分かっているけど
 
やるべきだと気づいた者が
やるしかない
 
コメント

2019年5月15日 葉山 お台場

2019年05月15日 | 風の旅人日乗
今朝も雨
 
昨日の夕方逗子でたっぷり泳いだので
今朝の浜ランさぼるを許す
 
本日午後は
セーリングヨット部活動日
 
 
デスクワーク半端のまま
バスに飛び乗り
新逗子から品川に向かう
 
品川からは
寄贈する2隻目のOPを載せた
クルマに乗り換え
お台場へ
 
本日のメニューは
そのOPをグラウンドか中庭に出し
タッキングとジャイビングの
動作を確認して
次回からの海上練習に備える
 
部員たちも
きっと喜ぶぞ
 
 
コメント

2019年5月14日 葉山

2019年05月14日 | 風の旅人日乗
朝から雨に振り込まれる
 
デスクワークを溜め込んだ身としては
雨にありがとうと言うべきだな
 
 
先週末の西湖では
とてもいい天気に恵まれたのだけれど
 
こどもたちを怖がらせてはいけないと
サングラスを掛けずに過ごした
 
ふだん海で
サングラスを忘れると
そのあと2、3日は
目が充血して痛くてたまらないのだけど
 
今回はそうならない
 
なぜかなぁと思いつつ
理由を考えていたら
フト思いついた
 
きっと山の緑のおかげだ
 
山あいの西湖には
周囲の山々の新緑そのものだけでなく
湖面にもその緑が映りこんでいる
 
その緑のおかげで
紫外線が和らいだのではなかろうか?
 
科学的に正しいかなぁ?
 
現実として目がまったく充血してないのは
確かなんだが・・・
 
 
それにしても
西湖で
朝の景色のうつろいを
コーヒーを飲みながら観て過ごすたびに
 
シュルヴィッツの「よあけ」を
思い出す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来年も
来れるかな
 
 
コメント

2019年5月13日 葉山

2019年05月13日 | 風の旅人日乗
 
おはよう葉山
 
昨日までの
西湖セーリングイベントが
無事終了したことを報告しに
森戸大明神にお礼参り
 
 
 
富士山麓に負けないくらい肌寒い朝
天気は下り坂の気配
 
さ本日は
たまりにたまったデスクワークを
ひとつひとつこなしていく日
 
コメント (1)

2019年5月12日 西湖 お台場 葉山

2019年05月12日 | 風の旅人日乗
おはよう西湖 Day2
 
 
昨日よりも
太陽が一分早く昇ってきた
 
季節は間違いなく夏に向かっている
 
 
ボートが一隻漕ぎ出してきた
 
あれにおじいさんと孫が乗っていたら
ユリ・シュルヴィッツの
「よあけ」
の絵そのままだ
 
 
さあて本日も
西湖は機嫌が良さそう
次世代たちを応援してくれそう
 
本日も
無事故を第一優先しつつ
次世代たちにセーリングを楽しんでもらおう
 
 
 
 
 
コメント

2019年5月11日 西湖

2019年05月11日 | 風の旅人日乗
おはよう西湖
 
 
次世代たちと
セーリングで過ごす一日め
 
 
まずは
安全を祈念する
 
次に
次世代たちが
楽しい思い出を作れるよう願う
 
 
きれいな模様の雲だなぁ
 
 
楽しいコンディション
 
 
美しい湖水と新緑の中
次世代たちが
初めてのセーリングを楽しむ
 
 
 
 
コメント

2019年5月10日 葉山 お台場 西湖

2019年05月10日 | 風の旅人日乗
起き出して
氏神様に安全を祈願してから
 
朝一の横横に乗ってお台場へ
 
クルマをそこに置いて
門前仲町に行ってトラックを借りて
再びお台場へ
 
ヨットを積み込み
お台場を出発
 
 
中央道に向かう
 
 
談合坂で休憩して
 
河口湖を経て
 
西湖を目指す
 
 
本日は穏やかな西湖
 
明日はどんな風が吹くのかな
 
 
コメント

2019年5月9日 葉山 浦安 勝鬨

2019年05月09日 | 風の旅人日乗
開設された池江璃花子の応援サイトに
次世代たちが
一所懸命メッセージを書き込んでいる
 
ともに祈る
 
本日午後は
浦安まで行って
 
絶滅した
東京湾で最小だった
にっぽんオリジナルの帆かけ舟の
操船術の練習
 
 
 
これを
次世代たちにバトンパスする
役割を担えればな
 
 
浦安で厳しい指導を賜わったあと
 
同じく浦安市内の温水プールで
ガシガシ泳ぐ
 
舞浜駅から越中島駅に行き
そこから歩いて勝鬨へ
 
髪の毛を切ってもらって
葉山に戻る
 
さあて明日からは
山梨県の西湖で
こどもたちに
セーリングを体験させるイベントだ
 
 
コメント