風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

3月、2回目のニュージーランド

2012年03月27日 | 風の旅人日乗
今月2回目のニュージーランドに到着。

ニュージーランドを留守にした2日の間に、
この国の重要な交通規則が変わった。

世界の、クルマは左側通行の国の中で、
ニュージーランドは、唯一、右折優先の国だった。
この国にクルマが走り始めて以来続いていた
世界で類を見ないこの規則が、
3月25日を期して、左折優先に変更された。

その日は、ニュージーランド各地で交通事故多発か、
と思われていたが、そうでもなかったみたい。

バイアダクトハーバーからウエストヘイブンまでを歩いたが、
相変わらずヨットだらけ。
チームニュージーランドの前を歩いていたジョーイ・アレンに声を掛ける。
中国の三亜で会ったばかり。
今日もオークランドはいい天気。
コメント

3月20日業務報告

2012年03月20日 | 風の旅人日乗
2月末に雪国から帰って以来、
自分の仕事机に座る時間がほとんどないまま、
寅さんのように日本中をあちこち旅して楽しんでいたら、
3月も、もう20日。

今は成田空港第2ターミナルで、
クライストチャーチ経由オークランド行きの出発を待っているところ。
24日に日本に帰って来て、25日に関東でセーリングの仕事をして
26日には再び南半球へ。

この、なんだか分からないけれども、
どうも忙しいようだぞ、という状態、
とてもありがたいし、すごく楽しい。
なにせ、全部セーリングの仕事だから。
すべての人々に、すべてのできごとに、感謝しています。

コメント

雪国で沖縄の話をする、の巻

2012年03月03日 | 風の旅人日乗
中国の人たちが
『中国のハワイと言われています』と
誇らしげに話す常夏の島、海南島から
日本に帰った翌週は、日帰り関西行きの後、
雪国へ。





腰まで積もった雪をかき分けて、
艇に向かう。





マリーナの奥の海面は
シャリシャリに凍っている。



見上げるような積雪…
スケートリンクのようにツルンツルンに凍った道路…
零度以下じゃなければ凍らないはずなのに、凍結する海面…

軟弱な九州人であるワタクシにとっては、
すべて、目がテンの、初体験。

特に、ツララが半端じゃない。



そんな厳しい雪国で、
次のレースに向けて
とても実り多い打ち合わせと交流ができた。
チーム関係者の方々、
本当にありがとうございました。

次に伺うときには、
ヨットクラブの屋根の雪下ろし作業の戦力として
ちゃんと働けるよう、
腰の状態を整えておきます。






コメント

ボルボオーシャンレース中国三亜日記 最終回

2012年03月03日 | 風の旅人日乗

[photo by Ian Roman/volvo ocean race]

今回、中国三亜でVO70のCAMPERに乗ったことは、
今後何年にもわたって展開するはずの
ある重要なプロジェクトにとって、
意味のあるマイルストーンになった。

特に下の写真は、
将来そのプロジェクトが成功したあかつきには、
思い出の写真になるはず。
画面真ん中に、オタついているようにみえる奴がいるが、
それはワタクシ。


[photo by Ian Roman/volvo ocean race]
コメント