風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2018年2月28日 九州 祈りの幕が下りる時

2018年02月28日 | 風の旅人日乗


順調過ぎる仕事の話じゃつまらんので
あえてそれ以外の話題を

一度目に観たときに
後半一時間以降に
おしっこに行きたくなって
辛抱たまらず
ストーリーが頭から離れてしまい
うなだれて映画館を出た

悔しくて本を買って
文字でストーリーを楽しんだものの

映像できっちり観直したくなって
もう一度映画館に行くという無駄をした

祈りの幕が下りる時

よくもまあ
こんな複雑な話を
創造できるなあ東野圭吾

素晴らしい才能

本当に楽しかった

だけどちょっと引っかかること

あれだけ周到に
自身の存在を消すことに徹底した人が
なぜ二つの現場に
問題のカレンダーを残しちゃったのか?

その理由を納得したかった
かも

でもホント
楽しかった

すごいな東野圭吾

コメント

2018年2月27日 九州

2018年02月27日 | 風の旅人日乗
昨夜は
尾道の向かいに浮かぶ
向島(むかいじま)の
真横あたりを新幹線が通るとき

向島の方向に向かって
しばらく黙祷


先日胃がんで亡くなった黒屋が
大学卒業後に就職してから
ずっと住んでいたという島

黒屋が元気なうちに
会っておくべきだった

伝えたいこと
たくさんあった

古い友だちたちには
会えるときに会っておかないと
いつどちらかがいなくなるか
分かったもんじゃない

そんな思いもあって
昨夜は小倉で

駅のすぐ近くの
井筒屋コレットの裏にある
焼き鳥八ちゃんで
飲んでいると連絡があった
高校時代の友人たちに合流

みんな
すでにだいぶできあがっていて
なにか微妙に
波乱含みの場になっていたけれど


それぞれ内側には難しい問題を
抱えているわけで

お互い
悔いを残さずに
全力でこの世を生きるようにしような





コメント

2018年2月26日 葉山 東京 九州

2018年02月26日 | 風の旅人日乗
午前3時前から
おしっこを我慢しながら
布団から出られず



辛抱たまらず
6時になってやっと起き出す

早く出すもの出して
熟睡すればよかったものを

暖かい布団から
どうしても出られず

スパスパ目覚めのいいジブンにも
こういうことがあるのかと
新鮮に驚く

朝食後
午前11時までデスクワークして

午後1時からの
東京・浜松町でのミーティングのために
葉山を出る

予定よりも早く品川に着いたので
品川で電車を降りて
浜松町まで歩く

意外に時間かかり
結局なんと待ち合わせに遅刻

御成門のスタバで2件ミーティング後
品川から新幹線に乗り
九州に移動

夜は小倉のおさかなマルシェ2号店で
玄界灘の魚かな

博多駅前で焼き鳥かな

コメント

2018年2月24日 葉山 東京

2018年02月24日 | 風の旅人日乗
昨日
山を走りながら



あれやこれやを考えた



例えば

倉本聰が語るところの

海抜ゼロからの発想についてとか

大切なことだと思う

ずっとそれを心掛けてきたつもりだけど
周りに流されてないかな?
大丈夫かな?

なんてことなんかを
いろいろと

まだ寒いけど
山には春の息吹も



シダの芽

ニュージーランドのマオリは
これをコルと呼び

誕生や平和や新しいチカラの
象徴だと考えている



既存の固定観念を打破して
新しい流れを
生み出したいと
強く願う

本日は
朝から東京に出て
先週の沖縄でのサバニで
不注意で痛めてしまった右肩の
メンテナンス

夕方からはお台場で
今年から先の
セーリング普及活動についての
会議を
初対面の人たちと



皆が同じ方向を向かないと
パワーにもならないし
継続もできないことになるので
慎重に進めるつもり

お昼から夕方までの時間
なにしよっかなぁ
コメント

2018年2月23日 葉山 山ラン

2018年02月23日 | 風の旅人日乗
ここのところ

いろいろなことがありまして

本日は
思い切って
仕事は完全オフに決定

柴崎から三が岡山に登り



降りて

パークド四季を経由して
仙元山に入って



葉山教会から降りる

ここまで約二時間

ジブンの身体をいじめる

それでも

今週火曜日のセーリングでの
ジブンの不甲斐なさに対する強い怒りが
まだ収まっていないことを感じ

今来た道を
もう一度登り返す



四時間の山歩き

でもまだ
ジブンに対する怒り収まらない



日が暮れて

夕飯食って

本読んで

酒飲んで

寝る

でもな

こんな日もあるさ

コメント

2018年2月22日 葉山 横浜 横須賀

2018年02月22日 | 風の旅人日乗
糸満
よかったなあ



本日は
朝から横浜

プロパンガスボンベを
プロパンガス屋さんから
引き取って

横須賀のヨットに納品

いいか
ジブン

つまらない仕事だと思うな

どんな仕事でも
家族を養うために
みんな我慢してやっておるのだ

すべての仕事に
すべてのやるべきことに

手を抜かず
全力を尽くせ

でもな

クッソーだよな

分かっておるぞ

その気持ち
その悔しさは
忘れなくていいぞ

コメント

2018年2月21日 葉山 横浜 平塚 鎌倉

2018年02月21日 | 風の旅人日乗
それにしても昨日は
悔しい思いをした

ジブンに腹が立って仕方ない

残り少ない人生なのに
達成したいことが
またひとつ増えてしまった

やらなくてもいいことを
きちんと排除していかないと
時間が足りなくなるぞ


コメント

2018年2月20日 葉山 深く落ち込む

2018年02月20日 | 風の旅人日乗
葉山の海で



今日は完敗

繰り返すが
完全に負けた



ジブンの不甲斐なさに

すっごく

落ち込む

くっそー

仕事どころではない

来月のリベンジを
心に深く誓う

コメント

2018年2月19日 葉山

2018年02月19日 | 風の旅人日乗
沖縄から一変

寒い



海には出ず
デスクワーク


悔いのない人生を
コメント

2018年2月18日 沖縄糸満 Day3

2018年02月18日 | 風の旅人日乗
糸満漁港サバニ浜
我が侘び住い





狭いテントの中で
ひとり

暗い夜の時間を過ごす

こういう時間
まったく嫌いじゃない

むしろ
たまらなく大好き

すぐそこ3メートルの
渚に寄せる波の音を聴きながら
ヘッドランプの灯りの中で

日記を付ける

読みたかった本を読む

最高にぜいたくな時間

寒くないし

暑くもない

天高くに輝くオリオン座

そんな幸せな時空の中で

くっだらない悩みが
あったりもする

それだから
人生
おもしろい


さて

糸満サバニ浜に
朝が来た



本日は
糸満のサバニ仲間たちで揃って



白銀堂に初詣



ジブンの沖縄通いは
金稼ぎ仕事には繋がらない

しかし
こういう時間をこそ
ココロから大切にすること

いいですか?
ジブン

ものごとを
空を飛ぶ鳥の目で
見降ろして

大きく
全体像を見るようにすることを
忘れないこと

お願いしますね


沖縄東京ヨットレースに
2年ごとに来てた頃

いつも通ってた
ジャキーステーキ



店の場所はその頃とは違うけど
懐かしい

20代になったばかりだったからね
ステーキ食べまくったなぁ


帰りたくないなぁ
沖縄



でも
さようなら沖縄

もしいろんなことがうまくいけば
次は4月

いろんなことが
うまくいきますように




葉山に帰ろう

コメント

2018年2月17日 沖縄糸満 Day2

2018年02月17日 | 風の旅人日乗


嵐の夜が明けた



サバニ浜の日の出



強い北風

なぜジブンは
仕事にもならないこの活動を
17年も続けているのか

常によく考え続けること

目指している
大きな頂上を忘れないこと

そうじゃなければ
一緒に沖縄に来たいのに
我慢している家族に
申し訳がなくなるぞ

コメント

2018年2月16日 葉山 羽田 那覇 糸満Day1

2018年02月16日 | 風の旅人日乗
昨日は
東京都内ワンダーフォーゲル

横浜で仕事済ませたあと

電車で渋谷まで出て
トンカツで昼メシ

原宿まで歩いて
太田記念美術館で



浮世絵の原画を初めて見る

杉浦日向子さんご指摘の通り
教科書やパンフレットや
スマホケースなどの



印刷物とはまるで別物
衝撃を受ける

浮世絵に描かれた
江戸時代人たちが
怖いくらいに細密に描かれていて
心に肉迫してくる

まるで
今ここにいるかのような生々しさ

太田記念美術館を出て
竹下通りの若い人波の中を
泳ぐようにして抜け

原宿から明治通りを伝って
新宿を経由して初台へ

初台での仕事終わって

初台から新宿を通って
新宿御苑の横を抜けて
四谷へ
迎賓館を見ながら赤坂見附に降りて
そこから
山王 虎ノ門 新橋へと歩く

新橋まで初台から
2時間弱

ここで空腹に耐えられなくなって
有楽町方面に向かい
コリドー街牛たんねぎしへ

麦ごはん大盛り計三杯も
食べ
ここまで歩いて消費したカロリーを
上回るカロリーを摂取してしまう

お腹いっぱいになって
歩くスピードここから一気に鈍り

のんびりと
ぷらぷらと
数寄屋橋から銀座を抜けて
築地

築地から
勝鬨橋を渡って



昨日の最終目的地・勝鬨へ
勝鬨橋を渡って勝鬨へ

勝鬨でモスセーラーの床屋さんで
髪を切ってもらう


さあて今日から
沖縄サバニキャンプ合宿



いつだって
ワクワク



いろいろと
心配ごとや
悩みごとのタネは尽きないけど

いまは旅に出たんだ
非日常を楽しもうじゃん

しかも
サバニは
ジブンのやりたいことの
目標にも直結する

海に文化が直結する沖縄では
旧暦が生活に直結してきた

本日は旧暦のお正月
祝日だ

だからこの週末は三連休となり
糸満のサバニ乗りたちも集まってくる

それに
うみすばるサバニ部会の合宿日程を合わせた

この週末は
糸満のサバニ乗りたちに
がっつりと稽古をつけてもらおう

さあ
糸満に着いたぞ

コメント

2018年2月15日 葉山 横浜 東京 JORA

2018年02月15日 | 風の旅人日乗
過ちを改めざる
これを過ちという

うーむ
なるほど

いい格言だ

ノートにしっかりと書いておこう

朝から
いいことを学んだ

いい一日にしよう

本日は朝から
横浜で仕事してから
東京に出て

新宿

勝鬨

間に時間ができたら
原宿に寄って

杉浦日向子さんお勧めの
太田記念美術館にも行きたいぞ


Les Sables - Horta - Les Sables 2017

写真提供©️ / JORA

アゾレス諸島のファイアル島から
フランス大西洋岸の
レサーブルまで

大西洋半分横断レースを
北田オーナー・スキッパーと2人で


JAPAN OCEAN RACERS ASSOCIATIONは
日本の次世代外洋レーサーを
応援しています

テレビでは扱ってもらえませんが
自分で働いてお金を稼ぎながら
外洋セーリングの夢を追い求めている
日本の若者たちがいます

JORAはそんな若者たちを
サポートする活動を続けています


コメント

2018年2月14日 葉山

2018年02月14日 | 風の旅人日乗
穏やかな朝

仕事の合間に砂退治
玄関もベランダも
砂を取ってから水で流す

スッキリ爽やかになったところで
強い西風が吹き始め
再び砂だらけ

この季節
浜辺に住む者たちの
砂との戦いは続くのさ

仕事の方もはかどり
午後2時には完了

フネを降ろして
古谷さんの到着を待つ間

長靴の修理

フォイルカバーの修理

古谷さんの新作ブーム
かっこいい



その作業も
順調に終了



遅い夕方から
鎌倉にプール

明日は一日中東京

明後日から沖縄だぁ


コメント

2018年2月13日 葉山 森戸神社

2018年02月13日 | 風の旅人日乗
今日は
一歩も外に出ないぞ

机にしがみつくぞ

森戸神社の
正殿正面の御賽銭箱の上に
こんなうたのしおりが
束になって置いてあった

心だに
誠の道にかなひなば
祈らずとても
神や守らむ



うむ

知らないではない
うただけれども

強風の中
わざわざ神社までお参りに来て
当然御賽銭もお収めしようと
御賽銭箱の上に手を伸ばした人の
視線の先に置くうたとして

神社営業上
困ったことになりはせぬか

人ごとながら思っちゃいもする

まことの道に従おうとする
勇気あるありさまだと
褒め称えるべきかも知れんな


いやいや
そんなことはどうでもよろしい

金曜日からの沖縄行きを前にして
まだ仕事がまったく終わっていない

頑張れジブン

菅原道真公の
下の句だけいただいちゃおう

祈らずとても神や守らむ

お願いします!
コメント