焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルチャーハウス 5

2007-06-23 18:16:07 | カルチャーハウス
月日が経つのは早いもんですねぇ
もうすぐ7月・・・夏だ!

今回は夏はやっぱり沖縄
「泡盛」についてちょっぴり勉強会です。

泡盛ってキツイよねぇ、度数も高いし(30度~43度・・・60度~)
水で割ったり、炭酸でわって飲みやすくしてもいいですね。

今回は6種類の泡盛を持ってきました。

味わいの違った泡盛をチョイスしましたが。
私の一押しは「山原くいな」
店では瓶で買ったものを甕に移し変えて飲んで頂いております。


カルチャーハウスに来られる方は楽しい人ばかりで私も楽しんでおります。


今回は泡盛と言うこともあり、沖縄から食材を取り寄せました。
当然、ゴーヤチャンプルも作りんました。
九州のゴーヤより香りや苦味が強い様な気がしますね。
油味噌も使い方を考えたら面白くらりますね


豚の三枚肉、角煮ですね。
沖縄では「ラフテー」と言います。
このままお酒の肴にしてもいいのです・・・そうきそばにいたします


いっぱい作っております!
ピーヤーシーをふって完成です。

さて、次回は何しようかな?
お楽しみに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Campaneiio × Fujiya

2007-06-17 18:40:33 | お店の紹介
久しぶりのイタリアン!

今日は西天満にある「カンパネッロ」の周年に伺いました。
鈴木シェフは私のお店に来ていただいているお客様でもあります。
今回は谷町4丁目の近くにある超有名店「Fujiya」の藤原氏とのコラボです。
さてどんな料理かなぁ

液体窒素のハーブティーのムース

何してるかわからんやろ
液体窒素の中にムースを落として凍らしています。


どう!!びっくり!
すぐに食べて下さいって・・・口から煙、鼻からも・・・
入れたとたん口の中から消えました。


あらビックリ、ハコが出てきた・・・。
上には「ピスコと緑のソース」、横の封筒みたいなんに「乾燥させた黄色い髪」
下には「チーズに埋め込んだプチトマト」
奥のスプーンの上に「エビとアボガドのパチパチサラダ」


上に乗ってたピスコです。抹茶のソース・・・かな。


黄色い紙!!手で持って写真撮ろうとしたら・・・レンズにあたって割れた


手前がトマト・・見たらわかるな


「軽く燻製した木炭」・・・・!?
カップの中に燻製の煙が入っていて開けたら・・・炭?
お芋さんでした、黒はイカ墨だって


「フォアグラのテリーヌとソテー、ブリオッシュ添え」
白ワインを飲んでいたんですが、軽めの赤が欲しかった。
美味しいに決まってる・・・。


「ハモとキャビアを乗せた冷製タリオリーニ、山中トマトのソース」
ハモも美味しかったしソースのトマトの風味とフレッシュ感も最高!
パスタも抜群にうまかった・・・写真がピンボケ


「サマーポルチーニと有機カボチャのリゾット」
ポルチーニ茸のいい香りが口一杯に広がります。
カボチャは小さなヤツ・・・乾燥させてるのかな?


「しっとりと仕上げたアイナメとグレープフルーツのソース」
なんだっけ・・・木いちごやったかな?ベリー系のフルーツを粉末にしている。
アイナメの焼き具合は、こんな風に焼かないといけないと言う見本みたい。


「黒毛和牛バラ肉のロースト、骨髄入りの赤ワインソース」
写真の通り・・・美味しい!!
もちろん赤ワインが急ピッチに進む


「オリエンタルな香りの桃のコンポートとジャージー牛乳のジェラート」
桃ってもう出てるん?柔らかでホッとする


「ソーダ水に溺れたパイナップル」
甘いパイナップルを口の中に・・・シュワっと炭酸を感じます。


「ブランコ・イ・ネグロ」
白と黒と言う意味らしい
後ろのほわほわしたヤツが美味しくて・・・聞いたけど・・忘れた
また聞いときます。

ほんとに美味しかったです、ありがとうございます

Campanello
北区西天満5-16-3 西天満ファイブビルB1F
06(6365)8101

Fujiya
中央区鑓屋町2-4-14
06(6941)2483

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ビールの飲み比べ

2007-06-09 18:08:15 | ビール
先日、お客さんが数本のビールを持ち込んで来ました。

「えっ?シメイ・ブルーやん。ようさんあるやん」

「実は、某酒屋さんで年代で味が違うって言われて、買ったんです」

「そうだね、熟成タイプのビールは違うはずだけど・・・比べたこと無い」

「じゃあ、飲んでみましょう」

「うそ、これ全部いいの?」

「はい!」



2001年から6年(5年は無かった)

2006年はさすがにフレッシュ感がありアルコールも強く感じる。
香りもいきいきしていました。

4年と飲み比べると明らかに?微妙に?熟成感があります。
香りはまろやかになっているような・・・。
3年、2年、1年になると、かなり変化があります。
シェリーのアモンチュリアードを思わせる様な味や香り。
熟成感も出てきて、また違ったビールでした。

個人的には3,4年が好きでした。
と言う事は3,4年前のビールを買えばいいのかな?

マニアは各年代でストックしてるとか・・・
置き場が無いよなぁ。

また、誰か美味しいのん持ってきて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加