焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルチャーハウス

2010-07-26 01:10:56 | カルチャーハウス
7月末の講座のテーマは「夏のお酒」

まあ、ビール・チューハイやスパークリングワインもいいんだけれど。

なんせ、くくりが焼酎と日本酒だけに少し大変です・・・。

昼過ぎの明るい暑い最中・・・焼酎ロックはなかなか辛い

とっ!思ったから「つくし」のソーダ割りにスダチを入れたヤツからスタートしようと思ったら・・・。

なんと・・・「つくし」・・・持って来るの忘れた

もう、一発目にミスると後はグダグダに・・・

生徒さんが持って来ていた「サントリーの山崎」

現地に行って試飲して来たヤツを渡してもらい、ソーダ割りに・・・。

当然、合わすはずだった料理をやめて

これも生徒さんがスペイン旅行のお土産に持ってきたピスタチオを出しました。

なんと言う偶然か・・・合うに決まってるが・・・。

次のお酒につなぎ難い


さてその次のお酒は「土佐しらぎく 純吟 吟の夢 微発泡生」

しゅわしゅわと軽い発泡した、夏のお酒!

・・・なんで、ハイボールの後なんだ

次のお酒は「白岳仙の吟生」

淡く口の中を少し乳酸した様なお酒が楽しめます。



合わすのはヨーグルトにももの果肉とクリームチーズを入れたもの。

キュウリをちょっと塩で水分を抜いたものを添えてます。

キュウリの皮が剥いてます、お酒と合わすと苦いんです。


「阿部勘 純吟 夏の酒」

名前の通り、爽やかなお酒ですが。

白岳仙より米の味がしっかり残るので後に持ってきました。



かぼちゃやツブ貝の炊き合わせを合わせます。

青いゆずの皮を擦ったものを軽くかけると、香りもいいし、もっと夏らしくなります。




日本酒の後は焼酎なんですが

日本酒も焼酎も合うニナ貝、ガンガラとも言います。

なかなか取りにくい貝ですが、美味しい貝です。

田舎の味がするのは私だけかなぁ・・・。


ほっこりした芋焼酎より切れのいい仕上がりの焼酎を選びました。

「月の中」です。

爽やかな仕上がりの芋焼酎です。

「ネックのにこごりのわさび和え」が残った日本酒と月の中に合わせる料理です。

ダシで鶏のネックを煮てゼリーで固めて作ります。

崩しながらワサビをからめていく一品ですが、写真が無い

「月の中」の対する焼酎は「宝山 芋麹全量」

麹が芋だけあってしっかりした味です。

夏には重たい焼酎と思いましたが・・・。

生徒さんは6種類目のお酒となり・・・丁度いいらしい



大降りにカットしたネックを佃煮風に濃い味付けにして。

国産大豆のしっかりした田舎豆腐に乗せます。

柔らかな豆腐じゃなくて豆腐を食べてる感が欲しかったんですが。

タレも作って行けば良かったかな。

柔らかな豆腐が好きな人もいる・・・まあ、当たり前ですなぁ~。

100%ヒットはない

次回、がんばろうっと。



この数ヶ月、ずっとずっと悩んでまいりましたが。

この講座のありかたや進め方。

数年前に前任からのバトンタッチで始めたのですが。

回数を重ねるごとに私自身もいろいろ勉強になり、考えもします。

教えることの難しさや思った様に伝わらない・・・。

来月、本当にやりたい講座を実践してみようと思います。

お店の勉強会ではたまにやってるんですが

生徒さんがどう思うかな・・・

自分が行ってみたいな~と思う講座ってなんだろう。

したいやり方をしてみます

カルチャーハウス香里ヶ丘




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛鳥 8月のお知らせ

2010-07-16 00:12:09 | 私の店のインフォメイション
7月も半ばになってしまいましたね~。

沖縄フェアも終わり・・・。

世間では今から沖縄って感じかもね

梅雨も明けそうやしね~!


7月後半、8月のテーマは「薬膳料理で夏を乗り切る!」です

まあ、飛鳥ではずっと食材の効果を考えながら作って来たから普通なんだけど。

暑さや脱水、食欲不振や不眠・・・。

夏バテをしない、予防をする料理を提供したいと思ってます。

朝鮮人参だけが薬膳ではないからね。

梅や鶏、鴨にごま・・・たまねぎにセロリ・・・。

たくさんある食材を組み合わせてみました。


お酒は「泡」です

大好きな、泡・スパークリング!

もちろんシャンパンもいいですね~!

お手頃でガンガン飲めるプロセッコ!カヴァにランブルスコ。

シードルもいいね。

いろいろご用意しております。

よろしくね~


P.S あまから手帳の9月号に飛鳥登場です。
    久しぶりやなぁ・・・。
    立ち読みでもして下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加