焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルチャーハウス

2008-11-22 00:16:13 | カルチャーハウス
一ヶ月経つのは早いです。

今回の日本酒もちょっと面白いですよ。
楽しんでもらえたと思います。



伊賀の酒 三重錦 三重県 中井仁平酒造場 19BY

超辛口純米 ・ 精米歩合60% ・ 八反錦 ・日本酒度+10 ・ 酸度1.8
酒創りの全ての工程を一人でこなしてしまうつわものの杜氏。
中井昌平(36歳)『三重錦』を醸す中井仁平酒造場4代目蔵元。
A級ライセンスを持つ、現役プロボクサー。伊賀上野ボクシングジム代表。
濃厚で芳醇、旨いのに、手に入りづらいと評判の生産量60石(一升瓶で約6000本)という少数生産ながら、その名は全国区です。

ほんとにボクサーみたいな酒です。
ストレートでバシバシって感じです、人柄か・・・。


川亀 愛媛県 川亀酒造合資会社 18BY

山廃純米 ・ 精米歩合60% ・ 八反錦 ・ 日本酒度+6 ・ 酸度1.6
「川亀酒造」は、300石にも満たない小さな酒蔵です。5~6年前まで伊方杜氏が酒造りをしていましたが、社長である二宮 久さんの息子さんで、二宮 靖さんが大学院で醸造学を学び、後を引き継いで酒を造っています。造り始めたのは若干24~5歳でしょうか。なんと30歳!!
新酒監評会に出品した酒が5年連続金賞受賞という、まさに痛快な快挙を成し遂げ、今や東京を中心に地酒ファンを唸らせているようです。



酒屋 八兵衛 三重県 元坂酒造株式会社

純米 ・ 山田錦 ・日本酒度+5 酸度1.5 アミノ酸度1.6
清酒八兵衛醸造元の元坂酒造は、三重県多気郡大台町にあり創業が文化二年(1805年)という老舗酒蔵です。現在、元坂酒造では少量手造りで750石(10石=1,000本)のお酒を造っています。そして県内消費が98%。
杜氏はこの道二十余年の社長(オーナー杜氏 元坂 新氏 40代後半)が兼ねています。代々続く銘柄の「東獅子」、「五十鈴川」と、'90年頃より立ち上げた純米を中心としたこだわり銘柄のこの「酒屋 八兵衛」シリーズがあります。 「酒屋 八兵衛」シリーズの酒質は、ここ数年右肩上がりに伸びており、業界でも噂の酒となっています。

いい酒ですね。生徒さんも好きな人が多かったようです。
蔵では「Nバージョン」と呼ばれてプレッシャーを掛けているようです。



大根の酒盗和えです。
ちょっとしっかりしたアテですが、日本酒にも合うし、焼酎にも合います。
大根は米のとぎ汁で炊いてからだしで味を入れてあります。



田舎のこんにゃくと牡蠣の味噌田楽
この季節にはいいですよね。
あんまり太らないし
牡蠣は日本酒にぴったりです、ミルキーやし。



寒ぶりの雪見造り
ぶりの上にメレンゲとおろし大根を混ぜた物を乗せています。
味付けはスダチやかぼすの汁と塩が入っています。
今回はちり酢を下にひいてますが・・・いしるなんかにちょっと漬けてもいいですね。




宝山 白豊 34度 鹿児島 西酒造株式会社

1865年創業の本蔵は、東シナ海に面する吹上海岸で知られる吹上町に蔵を構えます。取締役社長兼杜氏である「西陽一郎」氏(東京農大卒)のつくりだす焼酎は正に焼酎業界を一新させるほどのうまさと驚きを秘めています。
どれもおすすめしたい商品ばかりですが、年間生産量3600石(65万)と、中小規模の蔵元の為お買い求め出来ないことも・・

原料となる『白豊』という芋は、でんぷん質が非常に多いのが特徴です。どっしりとした蒸し芋の良い香り、ふくらみのある落ち着いた味わい。

小牧 25度 鹿児島 小牧醸造株式会社

小牧醸造は1909年創業以来、「こだわり」という言葉を信条とし、家族経営だからこそできる「こだわり」を追求している薩摩郡さつま町の一刻者(薩摩藩士)たちが造る薩摩焼酎です。
100%の甘藷と、黄金千貫を地熱を利用した独特のかめ仕込みで造った本格焼酎。独特の深みのあるまろやかな味わいと、黒麹による芳醇な香りが楽しめます。

私、個人的には安くて美味しいのは大好きで・・・小牧いいですよ。


不ニ才 醅 ぶにせ・はい 30度 鹿児島 佐多宗二商店

醅とは、濾していない酒のことで、不二才・醅は、従来の不二才を濾過せず製品化することにより、より素朴で骨太な味わいを追求して造られた無濾過本格芋焼酎です。
●原材料/さつま芋(コガネセンガン)、米麹(白麹)

やっぱり美味しいですね。
旨いって言ってしまう焼酎です。


比内地鶏のムネタタキとエビにエリンギのソテー
超シンプルに味がわかる方がいいなって思って作りました。
シャキシャキしたエリンギもいい、ぷりぷりのエビに旨味たっぷりの比内。
ゆずの皮を香り漬けにしております。


豆腐のそぼろあん
大豆はフクユタカ、天然にがりを使った美味しい豆腐。
ダシにミンチを入れますが、ミンチは一度湯引きしてから入れますよ。
香りはゆずと土居さんの昆布をトッピング!
ラストはやっぱり温かいものがいいでしょ

次回はクリスマス&忘年会だぜ!
生徒さんの料理の持込です。

楽しみです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩

2008-11-16 18:28:33 | 日記
久しぶりの散歩。

まあ、散歩って言っても、神戸をブラブラしてきました。

三時間くらいは歩くからね。

結構、足にくるんだよ。

三宮からセンター街を抜けて南京街。

めちゃくちゃ多いねぇ、人だらけやん。

中国の屋台に人だかりやね。

あんだけ中国製の野菜や加工品が問題になってるのに・・・すごい

あの中に手造りのものあんのかな?

全部冷凍食品みたいでよう食べへん・・・。


ホートタワー方面に向かい、モザイクへ。

なんだ、モザイクって死んでるのかなと思いきや・・凄い人

買う物なんにも無いけど・・・ちょろちょろ店には入ってしまうね。

この人達はどっから来てんのかな?

観光の人? 日本人じゃない?・・・?

おっと、カモメが凄い勢いで近くをバタバタ飛んでるんだ。

慣れてるんだな



ちょっといいね・・・休日だぁ~


さて、腹もへったけど・・モザイクかぁ・・・無いな。

やっぱり元町まで歩いてどっかに入るかな。

ビールと餃子でも食べて帰りました。

美味しい餃子を調べて来たら良かったなぁ・・・。

また、教えて下さいな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚おめでとう

2008-11-08 17:58:52 | 日記
結婚おめでとう!

うちの元スタッフ、今は西天満で「f」エフと言うスペインレストランをやっています。

まあ、相変わらずのテンションで始まった式も楽しかったけど。
披露宴も良かったね。


少しは真面目な顔を撮ろうと思い・・・1枚だけアップしました。
まあ、濃ゆい顔が・・・嫁さん見飽きないかなぁ・・・・。

友達思いの彼らしい披露宴に感動!
友人が多いのは財産だな。



まあ、ちょっとは写しておこうかな。
料理の紙無くしたから・・ようわかん。
シャンパンと一緒に!

そうそう、スペイン料理だったらもっと良かったのにな



オマール海老?やったか・・・。
ワインをガバガバ飲んでしまった

実は披露宴は昼から・・・。
土曜日なんで私は夕方から仕事でした。
そうなんだ・・・来てる元スタッフ達はみんな店を休みに
儲かってるんだなぁ~。


しかし、ちょっと飲みすぎて
仕事本気でしんどかった


おめでとう!
お幸せに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天の川 2

2008-11-03 22:19:49 | 日記
さてさて、奈良の天川村も二日目です。

朝はもの凄く寒かったです
ここまで寒いとは思わなかったな~。
数日前にロッジの人に天候や寒さを聞いてたんだけど。
たぶん、この人慣れてんだよね、きっと

寒いけど、朝飯なんて考えてない
サルボ貝(カンズメの赤貝)を持って来ていたんだけど、味噌はない・・・。

なんと、味噌売ってました!

朝ごはんはサルボ貝の味噌汁と・・・パン

まあ、しゃあないな

11時から開く温泉に
天川温泉・・・まあ、普通の温泉やったな。
でも、気持ちよかったなぁ~。
ジャスト11時は人が多いんだなぁ



天川大弁財天・・・天河大辨財天に古来より伝わる独自の神器の五十鈴(いすず)は、、天照大御神が天岩屋戸にこもられたとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、ちまきの矛(神代鈴をつけた矛)をもって、岩屋戸の前にて舞を舞われ、神の御神力と御稜威をこい願われたことによって、岩屋戸が開かれ、天地とともに明るく照りかがやいたという伝承に登場する、天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられていることから芸能の神様としても有名です。

・・・らしい
磁場ゼロの場所があるらしい。
岩が3箇所にあって・・そこかどうか?



おかしくない?
この龍の口から出てる水の量!
どどどぅぅぅう位の勢いやん!
ひしゃくで受けられへんねんで!・・・だから撮った写真
水は美味しかった!



磁場ゼロを境内の巫女さん?おばさん?・・怒られるな。
に、聞いてみたら向こうの大きいイチョウの木の横にあるって!
鳥居の入り口の反対側です。


めちゃめちゃ大きいイチョウの木です。
綺麗な木漏れ日が入っていました。



大人5,6人が手をまわしたら届くかな・・・。
なんか手を当ててエネルギーをもらいました。



そうそう、これが磁場ゼロらしい。
手をかざしてみると、なんか違う気がします。
ジィ~ンとした感じ。

みんなは熱くなるとか言ってました。
たぶん、気のせいやと思う・・・でも信じるよね



もみじ祭りがやってるらしいんで行ってきました。
行く場所は「みたらい渓谷」です。
車の駐車場があるんです・・・100台?200台?
そんなに人おるんか?

屋台やらなんかわからんもん売ってた

シャトルバスで渓谷までピストン輸送らしい。
5分で到着。


どう
テンション上がるやろ~
ほんとに綺麗やな、山も水も


岩と川、いい具合にもやがかかっていて・・感動。
バスから降りて川沿いを上に15分位はこんな風景です。



二本目のつり橋です。
一本目もゆらゆら・・・10人乗ったらあかんのやったかな?
なかなか、いいでしょ!
山沿いの小道を歩いてこの橋に・・・15分くらいかな。
まだ、ところどころしか紅葉してないけど空気が美味しい。



上からの眺めは抜群に綺麗です。
いいところですね。
しかし、水の透明度が凄い・・寒くなかったら入りたいな。


地元のこんにゃくを食べ、地元のくりをツマミ
めはり寿司をほおばり・・帰路につきました。

自然がいっぱいって凄いことやね。
この自然がずっと残る事を祈り・・個人で出来る事を考えた日でした。

いい休暇をありがとう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天の川

2008-11-02 00:30:36 | 日記
久しぶりのちょい旅?

ワイン会(飲んでます)の時に、ロッジに行ってバーベキューしたい!
なんて、言ってた人がいまして・・・現実になったと言う事です。

まあ、よくある事だよね。
なんかしようとか、どこか行こうなんかは、だいたい飲んでいる時にでる。
ホントになるか、ならないかは・・・五分五分か・・・。

今回は奈良の天川村に行ってきました。
まじ、いい所でした。

泊まったのは川沿いにあるロッジです。

天の川青少年旅行村

この景色はね、ロッジに行く前に寄った昼食の所の景色です。
この先がワクワクするよね。
空気がだんだん良くなってくる



車の後ろのロッジが泊まったところ。
いろんなタイプのロッジがあり、人数によって大きさをチョイスできる。
今回は7名でワイワイと楽しみました。
1階には人数にはちょうどの大きさのリビング、テラスもあります。
2階はロフトになっています、4人くらい寝れるかな。



ロッジのテラスからの眺めです・・テンション
バーベキューの出来る様なテーブルがセットされています。
今回は寒すぎてバーベキューはしませんでした。


荷物を降ろして温泉に行きます!


車で5分くらいの所にある温泉
みずはの湯・・・薬草温泉でした。
温泉、言葉の響きだけでもいいよね。
ほんまに気持ちよかった。


露天風呂から見た景色です。
いい眺めですよ、紅葉にはもう少しってとこかな。

駐車場の横で野菜やこんにゃくなんか売っていた。
モンドール(チーズ)があるのでじゃがいもをゲット!

部屋に戻ったら、私は料理を!
まあ、その為に来たんだもんね

エビの殻剥いて、炒めてスープ取って・・・その茹で汁でボイルします。
ほんまは下記の写真のアボガドの前菜やサラダに入れる予定やったんだけど・・・

みんなお腹すいて、待てないようだったんでエビのパルミジャーノ和え。


出した瞬間に無くなる・・・写真を
バルサミコと塩・コショー、すべてスペシャルなものを使用。


チーズの盛り合わせ。
しょっぱなから無くなっていく!
当然、朝には無かった・・・ワインにチーズ、それだけでもいいな。


京都にあるグランディールと言うお店のパンでございます。
美味しいバゲットやったね。
奥にモンドールが映っています、とろとろにしてジャガイモやバゲットに


京都山城の有機のトマトにブロッコリーのサラダ。
ドレッシングはゆず胡椒をちょっと使って作りました。
フレッシュレモン、オリーブオイル、塩、コショー。

差し入れのスペイン旅行のお土産・・・生ハムが大活躍でございます。
ブロックだから厚めにカットして、旨い!



アスパラとアボカドと生ハムの前菜。
差し入れの手造りリコッタチーズで和えております。
アンチョビーがあったらよかったな・・・。
味の変化が欲しかった・・今思えばガーリックチップでもよかったな。



リガトー二とハチノスとホルモンのトマト煮。
まあ、トリッパです。
これは前日から仕込んで持って来ました。
自分が好きだから、よく作ります。
でも、毎回作り方を変えて楽しんでおります。

ポルチーニ茸としめじのソテーも作ったね。
フレッシュのポルチーニはホントに美味しい。
山で食べるにはピッタリやね。
しめじは来る途中の道の駅で発見!使わせてもらいました。


飲んだワイン達の残骸です。
シャンパンから始まり白・・・赤・・・。


ワインは全部で12本持っていったけど、全部は無くならなかったね。

まあ、よう飲んだけど。
ホントに寒い日でした。
一人は風邪ひいたもんね。

今度から寒さには万全で行かないとね。

続きは次の日・・気持ちのいい所を歩きました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加