焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

club飛鳥 泡の会

2013-11-20 00:20:07 | その他のお酒
まと11月17日(日曜日)
夕方から、ちょっと延期になってたclub飛鳥・泡の会をいたしました。

ほんまね~、今回は考えた。
この会はお店が利益を生む事は考えないが・・・損はあかん。
参加費を、毎回4500円から6000円でと思ってやって来たんです。
スパークリング&シャンパン!
料理合わせて6000円・・・今回は死んだなぁ。
料理とお酒のラインナップの紹介です!

お酒はスタート時点は超リーズナブルな泡。
カヴァに続き、シャンパンvsクレマンなどなどにしました。

・スクード・ディ・コルテ
深みのあるレモン色をし、連続した細かい泡が出てくる。フレッシュでクリーンなノーズは、リンゴとイーストの様なほのかな香りを示し、ハニーの含み を持つ。風味は滑らかでほとんどクリーミーであると同時に、果実味は快く泡で強調されている。 調和し快く、更に後味にはアーモンドの含みがある。葡萄品種:プロセッコ

・プリヴァット カヴァ・レゼルヴァ ブリュット・ナチュレ
ワイン各誌で評価される、100%オーガニックのぶどうで造られたスパークリングワインです。 グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツの香りや、 さわやかな白い花の香りがあり、 ドサージュ(甘み=リキュール等を加えること※)がゼロなので、非常にすっきりした辛口な味わいが楽しめます。
※ドサージュ シャンパーニュの製法で、澱を取り除いたあと、コルクをする前に甘口のリキュールが加えられます。澱を除く際にこぼれてしまったワインの補充と、甘さの調節などの意味があります。 ちなみに、スタンダードのシャンパーニュ(ブリュット)は、1L中に6~15mgのリキュールが足されています。
葡萄品種:マカベオ、パレリャーダ、チャレッロ、シャルドネ

・ フェッラーリ・ペルレ・ミレジム
テイスティングきめの細かい豊かな発泡と繊細なブーケが特徴で、アーモンドや熟したりんごの香りと、ほのかにパンを想わせるスパイシーさを持つ。ドライで爽やか、そしてイーストとスイートアーモンドを心地よく感じさせる優雅な味わいが広がり、典型的なシャルドネの豊かな余韻が長く続く。製造方法9月中旬に手摘みにて収穫される。20℃に温度管理されたステンレスタンクで、自社培養酵母を使用し12日間発酵させた後、瓶内で少なくとも5年間熟成させて造られた逸品。
シャルドネ100%


・【カ デル ボスコ】 フランチャコルタ ブリュット キュヴェ プレステージ 
自社畑の厳選されたブドウだけを使用し収穫ごとに醸造され、補糖は一切せず6ヶ月のステンレスタンクでの熟成。オークの小樽で保存熟成されていた最高のヴィンテージのリザーブワインとブレンドされシャンパンと同じ瓶内発酵で更に28ヶ月熟成。36ヶ月以上の手間をかけて仕上げた至宝の一本。 極め細かな泡立ちで、舌触りは、なめらかでキレが良く、心地よい爽やかさと崇高な透明感と酸味があります。シャルドネ75%、ピノビアンコ10%、ピノネロ15%

・ガストン・シケ・シャンパーニュ・トラディション・プルミエ・クリュ・一級・ブリュット ・R.M
・生産者元詰・アントワーヌ&ニコラス・シケ元詰・AOCシャンパーニュ・プルミエ・クリュ
輝くような麦わら色に、綺麗でやさしい泡立ち。香りには、 アプリコットやリンゴのドライ・フルーツが感じられ、グレー プフルーツのさわやかさがグラスの奥から立ち上がります。 口に含むと、それらの香りに加えて白桃、ミネラル、リンゴ のフレッシュで生き生きとした果実味がやさしく口全体にひ ろがって、全体はリッチでスムーズ!!。黒ブドウの割合が 高く、ボディに厚みを感じます。そして長く続く美しい余韻・・ 満足度の高い洗練された味わいです。
ピノ・ムニエ45%、ピノ・ノワール20%、シャルドネ35%

・ドメーヌ・ギィ・ラルマンディエ グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブラン
明るく薄い黄色、木目細かい泡、白い花、百合、ニセアカシア、 グレープフルーツ、林檎、果物の砂糖煮、花梨、ビターオレンジ、ライム、バター、 蜂蜜、ナッツ、オレガノ、タイム、ローズマリー、タラゴン、フェンネルシード、 アニスシード、腐葉土、ヨード、石英系のミネラル、薄い色合いと木目細かい泡を 持ち、綺麗な花と熟した果物の感じが綺麗に広がってくる。華やかでフルーティー だが、以前に比べ果物の砂糖煮や蜂蜜などが綺麗に現れ、爽やかな中に果実の甘さ やどっしりとしたコクを感じる。以前からじっくりと味わえるシャンパン。シャルドネ100%

長々と説明文もお客様に渡しました・・・飛鳥らしいやろ(笑)

料理はね~


小さくカットしたチーズです。
泡に合わせて選んで頂きました。
・シャウルス
・フロマジェダフィノア
・ブリリュスティック
・ラングル
・ラムレーズン
ちょっと合わしながら飲むのにいいでしょ!

バゲットはパンデュースさんのもんです。

小さな小鉢は、炭で一度焼いた野菜をピクルスにしました。
炭焼きマリネですね。



前菜の盛り合わせは~
・的場矢のシェルガキ
・いちご、、、どこ産やったかな?
・アサイーとフルーツの和えたもの
 アサイーはクリームチーズと和えてから、いろんなフルーツと合わせます。
・粉ふきいも(北あかり)とイカのガーリックオリーブ和え
・キャベツとベーコンのテリーヌ、ブルーチーズのソース
 みんなに人気でしたね。また作ろうかなあ・・・。



黒ソイやたこ、いか、エビ、あさりの入ったブイヤベース風。
何が高いって!
サフランしょ~、4000円分くらい入ってる。
まあ、14人前やからやけどね。
香りが違うからね。
本当はもっと予算があれば、魚を大量に使ってスープ作るのになぁ。

写真忘れたけど。
ラストはペンネを使ったボロネーゼ。
私の作るんは牛ミンチだけじゃなくて。
ソーセージやベーコン、鶏の肝を入れます。
これも予算があればイタリアの食材を使ったら、もっと旨い!

しかし、赤字スレスレはキツイな。

まあ、みんな楽しんでくれたからいいとしよう

次回は日本酒の会で~す。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加