焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルチャーハウス

2008-04-26 22:41:41 | 焼酎
久しぶりのブログ・・・

今日は何回目かわからんけど、焼酎講座の日でした!
いい天気になってきたねぇ~!
春本番って感じですね。
皆さんはゴールデンウィークはどこかに行くんですか?
今回は休みに飲む焼酎を・・・




*晴耕雨読 芋 25度 佐多宗二商店

南薩摩の土壌でしか出来ない芋のうまみと、厳選された上質の天然水。
造る人達の「情熱と思い」の三つが重なって晴耕雨讀は誕生しました。
決して万人受けするような焼酎ではありません。
でも、真に焼酎を愛する人。虚飾と流行にとらわれないあなた。
粛々と実力を貯えていく人々に理解されて、
永くおつきあいいただきたいと願っております。 蔵元のコメントより

*農家の嫁 芋 25度 霧島町蒸留所 
鹿児島県産の黄金千貫を、溶岩プレート釜を使い、種子島産・薩摩椎(サツマジイ)の炭火で、じっくり焼いた焼芋を使用した「炭火焼き・焼芋焼酎」。
焼芋にした事で、さつまいもが濃縮され、香ばしさとコクのある甘みを持った芋焼酎になりました。黒麹・甕造りです。

*宝山 綾紫 芋 34度 西酒造
「綾紫」という紫芋はでんぷん質が少ない。効率はよくないが、あえてその持ち味を生かした焼酎を造った。原料の「綾紫」は、水分含有率が少なくポリフェノール類が多く含まれているため、非常に華やかな味わいの焼酎に仕上がってます。芋の品種(綾紫)を100%使用の無濾過の原酒です。ブレンドなしの1年に1回だけの蔵出しです。

*朝日 黒糖 30度 朝日酒造

朝日酒造では、「焼酎造りは農業から」という考えの下で100%喜界島産の黒糖焼酎を造るために、無農薬有機栽培のサトウキビを自ら育て、自前の製糖工場で黒糖を精製しています。 このようにサトウキビの栽培から黒糖の精製まで全て自社で行い、その黒糖を使って品質の高い黒糖焼酎を造るという一貫した焼酎造りへの姿勢は黒糖焼酎を醸造する蔵元の中でも稀です。

*まーらん舟 黒糖 33度 富田酒造

奄美の原生林の秘境・金作原の水と徳之島の徳南西島さんの造り出す手作りの純奄美産の黒砂糖、そして、黒糖焼酎の第一人者・富田さんの伝統的な甕仕込みで造られる唯一無二の黒糖焼酎。それは、50年前に途絶えた伝統の味わいの復活でした。
「2004年」ついに、富田専務の夢である珠玉の黒糖焼酎「まーらん舟」が完成。新酒ながらに最初から驚くほどに落ち着きのある、しかも秘めたる奥行きのある味わいに仕上がりました。極上の原材料と熱い想いで造り出されたこの焼酎は、時がたてばたつほど複雑味を増していき新たなる次元の味わいを表現してくれます。
名前の由来は奄美大島から海を越え、沖縄、大陸間を航海していた貿易船の名。「貿易品」=「幸せ」、それが転じて「幸せを運ぶ舟」として縁起の良いものとされています。

講義ノートです


さてアテのほうなんですが~



糖度14度のリンゴを使って、ブロッコリーのスプラウトと生ハム。
パプリカは焼いて皮を剥いてます、甘くなりますね。
少々甘い味のサラダと芋や黒糖焼酎に合わせます。
綾紫や朝日がいいかな。



ししとうの肝射込みです。
鶏肝の生姜煮を作って、それをフードプロセッサーでペーストにします!
種を取ったししとうに詰めてフライパンで焼きます。
タレと山椒をかけて出来上がり!


セロリときくらげの炒め物です。
今回は醤油とオイスターソースで味付けいたしました。
昔、店ではザーサイも入れてました。


手羽スティックをコチュジャンで煮込んで。
上からヤンニョムジャンをかけて・・・韓国料理やな。
しっかりした焼酎に!


この料理はまーらん舟の為に作りました。
クリームチーズに味噌。
アーモンドに合びきミンチ、リンゴです。
なかなか甘みがあって美味しいと思う。

さてさて来月はどうしようかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルチャーハウス

2008-03-23 18:13:07 | 焼酎
早いもので1講師?をして年になります。
だんだんネタが無くなって行く・・・


今回のテーマは「花見」


焼酎を持って行くのなら、こんなんいかがかなと思って楽しんで頂きました。
1杯目は米焼酎や麦焼酎のソーダ割り、カットレモン(国産)を入れて!
写真は桜の塩漬けを戻して入れてみました。
なかなか可愛い、風味も変わります。
本物の桜の花びらを浮かべてもいいですね。


ちょっとピンボケ・・・
今回は花見なんで弁当に入れて行く事をイメージして料理しました。
筍としめ鯖に梅肉少しと大葉で巻いたものとしめ鯖にゆず胡椒を塗ってとろろ昆布で巻きます。


これは生徒さんが持ってきたさわらの肝です。
ポン酢で・・弁当には無理かな。


空豆を塩茹でしてオリーブオイルにパルミジャーノチーズをかけます。
当然、白ワインが合うのですが、米焼酎や芋焼酎の軽いものも合います。


菜の花のからし酢味噌和えです。
ゆで卵の黄身をザルで漉して、ちょっと花をイメージ。


ごぼうの丸煮です。
ちょっとしっかりめに味を付けてあります。
日本酒なら軽めなんだけど、焼酎なんでね。
炒りゴマをすり鉢で擦って、ごぼうと和えて出来上がりです。
芋焼酎にも合います。


鞍馬大根の紹興酒漬けです。
花見弁当の漬物を考える時、たくわんじゃないとね。
前日に出来る簡単な漬物です、以外にみんなに好評でした。


なんだったかな?米沢牛?やったかな?
生徒さんの持ち込みです。
わさび醤油で頂きました
すごいサシでしょ!


飛鳥(私のお店)のオープン当初からの料理です。
今でも気が向いたら作っていますよ。
鶏のにんにく煮です。
材料は鶏、にんにく、酒、砂糖、みりん、今回は玉子。
玉子が好評でしたね、割ったら半熟やからね。
煮こごりになっているから、冷たい方が美味しいです。
しっかりした芋焼酎や泡盛、黒糖焼酎がいいですね。

花見のイメージでしたから、やっぱり宴会みたいになったのは言うまでもない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルチャ

2008-02-02 00:26:03 | 焼酎
ひさしぶりの・・・ブログ。
あんまりにも時間が無い
たまりにたまった写真は後日バックして掲載しよう。
気楽にやるはずが、義務的になるとストレスを感じるのは俺だけかな?
もう一度のんびりやるべぇ

てな事で、先月末の土曜日にしたカルチャーハウスです。
しかし!!写真がない
写真を撮ってない事を途中で気がついたんだけど・・・
ブログに載せる時間ないから、いいやってな感じになってしまった。

今回は下記の焼酎をブラインドで当てる事もしました。
生徒さんはスゴイね、かなりの好成績でした

・麦焼酎 つくし 全麹 西吉田酒造

全麹仕込みのモロミを常圧蒸留しました。風味豊かで甘味な舌触り、
5年物の古酒をブレンドして飲み飽きしない後味のまろやかさを表現しているとの事。
元来、全麹仕込みの特徴として減圧蒸留で仕上げれば、より淡麗ですっきりとした味わい。常圧蒸留で仕上げれば、通常より濃厚で、麦麹の味わいが堪能出来ます。

この麦焼酎は旨いです!!
しっかりしてるので濃い料理に合うと思いますね。


・芋焼酎 魔王 白玉酒造

明治37年創業,大隈半島南部の大根占町にある蔵。この蔵を一躍有名にしたのは「魔王」。 酒を長期間樽に貯蔵すると、熟成中に量が減っていき、その減少した分は古来“天使の分け前と呼ばれてきた。
「魔王」は最高の香り・味わいで“天使を誘惑する悪魔の酒”といった意味で付けられた名前。
杜氏を勤められていた前村貞夫氏は現在東酒造杜氏として薩摩の風などを手掛けている。 昔は長期熟成の芋焼酎は珍しい存在でしたが現在の魔王は、吟醸酒に似たフルーティな香りと凝縮した甘さが特徴 です。

「ごめんね・・・本気でマズイ!
昔はもっと美味しかったのか・・・
この焼酎をプレミア付で買うなんて信じられない!」

って書いたらいろいろ言るね。
メールも来るし

ではもう一度味をみました・・。
私は嫌いです!にします。
お酒は嗜好品であるから、個人の自由です。
芋の粉を使ってるとの情報も聞いたり・・
本当かどうかは知りません。
いらないアルコール臭や後味は嫌いだと言うことです。
他に美味しい焼酎はたくさんありますから。
好きな人は好きでいいんではないでしょうか?



・芋焼酎 原酒 貴匠蔵 本坊酒造

麹は黒麹、原料は南薩摩産のさつまいも「黄金千貫」を100%使用。完全熟成してできあがった焼酎は、豊かな香りとふくよかで甘味のある深い味わいが楽しめます。黒麹と甕壷仕込みという薩摩芋焼酎の伝統的な造りを受け継いだ香味豊かな本格芋焼酎原酒です。蔵と同じ名を冠した、黒麹かめ壷仕込み芋焼酎の逸品です。
★鹿児島県本格焼酎鑑評会 平成15酒造年度 総裁賞

かなり美味しい焼酎です!!
是非飲んで下さい。


・米焼酎 宮の誉 宮原酒造

宮原酒造・・熊本県の南に位置する人吉球磨地方でできた焼酎を球磨焼酎と呼びます。良質の地元産米と球磨川の伏流水で仕込み、昔ながらの単式蒸留器です。
球磨焼酎とは・・焼酎は元、焼酒と書き、酎と書くのは白酒(パイチュ)、老酒(ラオチュ)の発音から来たものです。焼は「やく」「たく」の意、酎は「濃い酒」「三度重ねて醸した酵酒」との意味です。即ち焼酎とは「たいて濃縮した酒」のことであります。この製法は遠く大陸に由来し、球磨郡に伝えられたのは戦国時代で、相良氏が八代を領して海外貿易をしていた頃(500年前)といわれ、最も古い由緒と伝統とをもっています。球磨焼酎の持ち味は、原料が米であること、そして球磨の清水と気候風土と古い伝統をほこる醸造法から生まれた芳香と風味なのです。これは他の追随を許しません。

軽く食中に飲めると言う事です。
米焼酎はいいですよ!


・黒糖焼酎 長雲 山田酒造

黒糖焼酎は、奄美だけで製造が認められている本格焼酎です。山田酒造は昭和32年に初代嶺義(大正7年生・現在は隠居)が創業しました。現在は2代目の隆(昭和23年生)夫婦と次期3代目をめざす隆博(昭和48年生)と家族でやっています。麹作り以外は、すべて手作業で、仕込み・もろみの温度管理・瓶詰め・ラベル貼りなどは一本づつです。常圧蒸留でできるだけ黒糖の風味を出すということ、最近は減圧蒸留で原料の風味を抑えるつくりに走る傾向があります。常圧蒸留は高温で蒸留をしますので、多くの成分が製品に移行します。そのために風味に非常に幅が出ますし、長期貯蔵をすると熟成がすすみ、すばらしく、まろやかなものが出来てきます。

個人的に大好きな焼酎です。
黒砂糖をアテに飲めます

写真が無いとつまらんなぁ~!
後で入れよう

気軽に書きま~す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと焼酎

2007-08-11 01:40:45 | 焼酎
先日、うちでバイトしている子の両親がお土産に持って来てくれた一本です。



そう、宮崎のお土産です!
他にもたくさん頂いたんせすが・・・
これが一番面白かったので



そのまんま東!
今は違う?でも結構バラエティーに出てない?

20°の軽めの芋焼酎です。
飲みやすいからお土産にはいいのかもね。

いやいや、東さんガンバルねぇ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麦焼酎

2006-02-11 00:26:29 | 焼酎
美味い(^O^)/
もう二年?三年も前になるかな?
「兼八」がまだまだ普通に入荷していてくれたら良かったんだけど・・・。
しっかりした麦の味と香りにはビックリした記憶があります。
はっきり言って飲みやすいのが麦焼酎みたいなとこがありますよね。
香りもほどほどに味もすっきりっていったところか・・・。
ここに挙げた写真の「釈伝麦(じゃくうんばく)」は「兼八」にもおとらない香りと味の焼酎です。
「兼八」が入荷しにくくなった私の店ではこの「釈伝麦」と「泰明」が一押しになってます。
芋焼酎が好きだった私にはこのくらいしっかりした焼酎が嬉しいです。

そうそう、先日書いた梅酒・・・びっくりするくらい売れる!
普通の梅酒のオーダー率じゃない!!
この梅酒も一度飲んでみて下さい。
まあ、軽いんだけど・・・食前酒には抜群かも。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒糖焼酎

2006-02-09 02:34:40 | 焼酎
なんか…私が日本酒が好きで、他はキライって思われても嫌なんで
好きな酒をピックアップします。

ジャンルは焼酎!まずは黒糖焼酎から。
「長雲」奄美大島のお酒です
黒糖焼酎の中で大好きな一本です。コクと甘味、いいバランスです。

肴はいろいろあるんだけど…黒砂糖が合うって知ってる?
まあ、普通は?知ってる?
合うんだよなぁ、これが。一段と旨くなるv(^-^)v

まだあるんだけど…黒糖、また書きま~す

コメント
この記事をはてなブックマークに追加