焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Club 飛鳥 11月2日

2014-11-03 16:34:31 | ワイン
数か月に一回開催しているclub飛鳥。

今回は15周年と言うこともあり出血大サービスの一日でした。

企画は「スパークリング」の勉強も兼ねてスタートしました!

飛鳥のお客さんで、今は仕事で札幌に転勤になって・・・、遠い。
ワインアドバイザーの資格を持つ、M氏に参加して頂きました!
遠いところ、ありがとうございました!

ご用意したのは6種類。

1、Prosecco ConeglianoーValdobbiade ブレラ(プロセッコ)100%
2、Cava D.O 1+1=3 パレリャーダ40%
              チャレッロ30%
              マカベオ30%
3、Trento D.O.C ピノノワール75%
          シャルドネ25%
4、Hawke's Bay シレ―二 メルロー100%
5、Anderson Valley ロデレールエステート シャルドネ70%
                      ピノノワール30%
6、Champagne テタンジェ シャルドネ40%
              ピノノワール+ピノムニエ60%



70cc位づつですが、すぐには飲み干せないもんなんですよね。
味をしっかりみながらは・・・。


このテイスティング中で、ちょっとつまむのがフルーツとカブなどが入ったものです。
いろんな泡に合わせてもらおうと思いました~

 
今日、ご用意したのは「バケット・ド・パリ ヨシカワ」
そうご存じの方も多いはず。
バケットでグランプリを取った苦楽園にあるパン屋さん。
とてもバランスのいいバケットでした。




野崎牛の炭焼きにポルチーニ茸のソース


サラダは上はシーザー風に、下に豆類で作ったサラダが隠れてます。


お客様が持って来られた「オリーブハマチ」
美味しかったですね~
泡や白に合わせるのは、醤油をべったりではキツイので。
ムース状に醤油をしました、優しい醤油と言ったところ。


明石のたことインカのめざめを使ったタパス。
パプリカ風味で、スペイン定番の料理です。


鶏肉のコンフィとレンコン・ズッキーニの一品。
クミンシードの風味で和えてますので、赤ワインでもOK!


仕上げのチーズ
左奥から時計まわりに、パルミジャーノ・レッジャーノ2年熟成
フロマージュ・ダフィノワ
エジィサンドレ・・・エポワスの灰まぶしです。
トーピニエール・・・南仏のシェーブルです。


最後の方に出したワイン。
シャトー・ル・ピュイ・エミリアン
ドラマの「神の雫」に最終回登場したワイン!
なかなか美味しいです。

あっ!そのほかにね白ワイン4本、赤ワイン9本飲み干してますよ~!


このシャンパン・・・
スタッフで飲みました。
1999年
飛鳥・西天満のオープンの年代もの!

皆様!
今後も飛鳥をよろしくお願いします。
         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛鳥・ワイン会

2010-11-23 17:34:42 | ワイン
久しぶりのワイン会です

お客さん兼ワインアドバイザーの宮添くんが関東に転勤になってから、

なかなか、ワイン会を開く事が出来なかったんですが。

カウンター&テーブル満席で良かったです




今回のテーマはスペインワイン。

おてがるに楽しめるスペインワインの魅力をお伝えしました。

いつもの様にワインのちょっと真面目なお話からスタート

各お客さんの前にはテイスティンググラスが4個・・・まあまあ、大変なグラスの数なんですよ。



80個・・・普段使わないグラスやからねぇ~

もっとワイン会たくさんしないとあかんな・・・。

グラスの稼働率が悪いな

まあ、そんなんどうでもいいけど・・・


まずはシェリー。

アンダルシア地方で作られる酒精強化ワイン。

製造途中でグレープスピリッツを添加するのが製法上の特徴。

と、産膜酵母(フロール)の香りを重視する点とソレラシステムと言う熟成方法も特徴。

泡盛のシツギのようなものです。


アルバリーニョ

ガルシア地方、リアスバイシャスで作られる品種です。

適度に柑橘、ハーブの香り、酸もありミネラル感も感じます。


フミーリア

近年、評価の高いワインが出現する様になった産地。

白亜、石灰質の土壌。乾燥がちで、寒暖さが激しく、植物にとっては過酷な生育条件だが、

高品質のワイン用の栽培にはいい。

果実の数が減り、凝縮。また、根が深くなる為(水を求め)、複雑なワインに。

ぶどう品種はモナストレル。


リオハ

スペインでは最も有名なワイン産地ですね。

エブロ川流域で上流ほど高品質なワインが生産される傾向にあります。

テンプラ二ーリョ90%、グラシアーノ+マズエロ10%

試飲はこの4本でスタート。

後、料理とCAVAがスタートして、ラストにマデイラが登場します。



ピンチョ

小豆島の塩オリーブ。

自家製のネックジャーキーと坂越の牡蠣の燻製でスタート。



寒ぶりのナッツのピンチョ

スペインの手摘みのオリーブオイルに柚子の皮と少しの醤油とバルサミコ。

カシューナッツとガーリック、塩コショーなどなど・・・。


明石のタコとエビのサラダ

鯛の子をヅケにして燻製にしたものをトッピングして、バジルのソースを・・・。


豚タンのトマト煮

当日に急に作りだした一品です。

なぜが、この料理が一番評判がよかった・・・

豚タンって言うのがいいよね、なかなか美味しいんだよ、豚タン!


鹿と大豆のポルチーニ茸のクリーム煮

鹿の狩猟が解禁になって、いい鹿は入荷しました。

大豆を使ったのは・・日本だから・・。


いわしのブルーチーズ射込みフライ

手前は自家製のピクルス。

いわしのお腹にはジャガイモとブルーチーズとディル(香草)が入っています。


定番の焼鳥をスパイスに漬け込んで焼きました。

これがなかなか難しかったな・・・。

スペインらしい味にならない・・・。

まあ、中近東から流れてくるルートは地中海地方似てるからな・・・。

今後の課題として、頑張ります

後はデザートにバニラアイスにマディラワインをかけて

ワインは他に白4種、赤4種・・・

合計、CAVA、マディラ、シェリー、白5種、赤6種でした。


なかなか、楽しいワイン会でした

また、したいと思います。

よろしくです






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第三回 ワイン講習会

2009-02-07 23:46:37 | ワイン
昨年から1,2ヶ月に一回のペースでワインを楽しんでもらってます。

今回はテイスティングの仕方に重点をおいて話を進めていきました。

ワイン自信のテーマはカベルネ・ソーヴィニヨン。
世界中で多く栽培されているブドウ品種ですね。

まあ、なかなか味の違いをわかるって難しいかもしれないんですが・・・。
難しい中、楽しんでくれた様ですね。



どのワインがこんな味って・・書けない。
今回、参加人数がそこそこ多かったのでまわって来ないんだよね

最後に飲んだけど・・差がはっきり違うくらいの味がなかったかな。

国の違いなんかでも個性はでるんだけどね。



有機野菜・根菜のサラダです。
蓮根やカブ・人参に堀川ごぼうを全て別々のスープで炊いてます。
ごぼうのムースに付けて食べてもらいました。

赤ワインばかりなので全体にしっかりした食べ物を出しました。

次回は3月後半かなぁ・・・。

講師役の宮添氏が千葉に転勤だって!

ラストのワイン会になるんかな?

まあ、僕でよければワイワイやるだけのワイン会なら出きるんだけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン会

2009-01-11 01:08:45 | ワイン
久しぶりの人のお家でワイン会です。

結構好きなんですよ人の家でパーティするの
まあ、人数も手ごろやしね。
20人とか30人とかなったら本気モードやし・・・仕事になる。

わいわいやりながらスタート。
まずは泡からやんね


前菜・・・サーモンのタタキ・アンチョビーとガーリックのソース。
・エビのソテーと牡蠣の香草焼きにトマトソース・・・牡蠣はクリームソースに卵やバジルなんかの香草を入れて焼いてます。
・赤カブのピクルス・・・店のヤツ持ってきた。
・坂越の牡蠣のマリネ・・・柚子の風味を付けてます。
・北海道の天然ホタテのソテー・・・バターはイヤだったのでオリーブとガーリックで!

泡や白ワインに合わせたんだけどね。
チビチビやるのがすきなんです


ポトフです。
カブやじゃがいも、堀川ごぼうなどなど・・・。
鍋はちょっと違う感じやったからね、ポトフにしました。
温かいもん欲しいよね。
ソースみたいなんは、アリオリソースに粒マスタードを入れてます。


サラダはシンプルに、葉っぱです。
ベビーリーフにアスパラやトマト・・・ポーチドエッグを絡めながら食べます。



ギリシャのオーブン焼きをちょっと再現って言ってもテレビで見たレシピ。
パスタとミンチを重ねて焼きますが・・・。
材料は多いので書きません

この料理の頃はお腹一杯になってしまって・・・。
ワインも一杯やし・・・。

誰かがデザートを持って来てくれていたんだけど、無理。

いつものことやけど、飲んで食べて。

楽しいですね

これからもみんな誘ってくれるの楽しみにしております
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン会

2008-10-26 00:56:29 | ワイン
今日はね、お客さんのお家でワイン会です。

ワイン以外は持ち寄りでした。
まあ、私は2品です。
みんながお腹が空いてたらもう一品用意はしておりました。

日曜日、朝、雨降ってたし、寒かったね。

テラスでやるって聞いてたから、どうなるかと思った。



テラスから見えるのは中ノ島界隈・・北浜?天満か・・・。
よう、わからん。
自分の店の近くなのに、夜は知らん


インサイドサティーの沖田さんが的矢かきを持って来てくれました。
当然、ボウモアも持参です、旨い

そうそう、シャンパンも持って来てくれたのに・・・銘柄聞くの忘れた。

全員で7名。
新地のクラブのお姉さんが3人いらして・・・綺麗だ

一人の方はソムリエの資格を持っているとか・・・
さすがにワインに詳しい人ばかりです。

まあ、俺は言うてもやきとり屋さんやし・・あんまり知らんでもいいからラク。


今回は鶏キモのテリーヌを作りました。
なかなか、評判よかった

まあ、めちゃくちゃいい肝だもん。
フォアグラみたいに真っ白のキモで作ったからね。
細かく炒めた鶏ももや心なんかも入っています。

フレンチならイチジクのチャツネなんか添えるんだろうな・・・。
じゃまくさかったから戻したレーズンを片面にちらしました。
いいアクセントになったかな。
今度はミックスフルーツで作ろう!ドライトマトもいいな。


和牛のスジを煮込んだもの・・・ハチノスことトリッパを入れたもの。
自分が好きだから、ついつい作ってしまう。

ほんとはもう一品、ポルチーニ茸を使ったパスタを用意していたんだ。

でも他にサラダやバケットに大好きなチーズがあったので、今回はパス。

ワインは何本飲んだのかな?
8本?9本?
オールカルフォルニアでした。

ボトルは紙で包まれてA、B、C・・・とアルファベットが掛けてあるんです。
やな予感・・・
ぶどう品種と価格を当てるとか



ブラインドで二本ともシャルドネだとは思わなかったな。


ジンファンデルをシラーと間違えた・・・
まあ、仕方ないな。


メルロー、カベルネソービニヨンやったのに・・・
ブラインドで逆さまに・・・もの凄いショックやった


モンダビのカベソ・・・でした。
ブラインドでは、すごく美味しかったんだけど・・・。
飲めば飲むほど分からんようになってくる。
メルローと思った・・・またしてもカベソ・・

あかんメルローとカベソをもう一度やらな

そうそう、〆の一本はオーパス


いやいやホンマに美味しい。
でもカリフォルニアって感じですよね。

私には手が出ない美味しいワインをありがとうの一日でした




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン会

2008-10-05 00:24:44 | ワイン
ワイン、私の二番目に好きなお酒です。
どんなワイン会がいいのか・・・
まあ、一回目なんでいろいろ試行錯誤でスタートいたしました


15人前後がいいなと思っていましたが17名も参加して頂き、ありがとうございます。

前半・ちょっとお勉強とテイスティング。
後半・食べながらワイワイ飲みまくるスタイルで


お客さんにワインアドバイザーの資格を持ってる人がいて、ワインいろいろ楽しむ方法ないかな?と・・
宮添くんと言います
ワインについていろいろ説明をしてくれました。


飲んだワイン達です。

結構飲んだよね~!


テイスティングスタイルの時は・・・
泡ものシャンパンからスタート。
1.シャンパーニュ ブリュット・セレクション
2.ドクトル・ヴァグナー リースリング
3.ペコリーノ・コッレ・デイ・ヴェンティ・テッレ・ディ・チェッティ
4.ヴィーノ・デ・ラ・ティエラ
5.ジュヴレ・シャンベルタン
6.トカイ・アスー・3プトニョス

泡・白・白・赤・赤・少し貴腐の入ったワイン。
ゆっくりしたテンポでと思ったのですが、時間調整が難しかった(反省)

料理はいろいろ出しました。


ホタテ貝とナシ・イチジク・りんごをオリーブオイルと和えました。
ラッキョがアクセントかな・・・。
泡に合わせてみました。

もう一つはクラッカーにアボガドを潰してレモン・塩・胡椒・醤油少々・ゆず胡椒を入れたものをペーストに!
上はマグロにエビでございます。
リースリングに合わせたかったので青リンゴが欲しかったのですが・・・。
黄色いりんご・・・名前忘れた・・・味は普通のリンゴ


たこのマリネなんだけど・・・
秋刀魚も入れてしまった・・・。
まあ、すぐに秋刀魚食べるとOKなんだけど、時間がたつとね・・・。



タンシチューなんか作ってみました。
甲子園の某バーのマスターにタンを頂まして・・・。
牛スジも!!
トマトソースで煮込んで美味しく頂きました。

牛スジ・・スジじゃないもんね。
シチュウ用の肉みたいなもんです。
一番好評だったね。
写真が無いのが残念ですが

他にもサラダや一品を出しました。

なんと6000円・・・肉もらわれへんかったら・・・赤字でした。
ありがとうございます


細かなワインの知識も必要だけど・・・。
楽しいのが前提だから、いろいろ考えますね。

今回以上に楽しめるワイン講座&ワイン会をいたします。
次回の予定は11月かな・・・








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

California Wine

2008-04-16 17:51:33 | ワイン
今日はちょっと店の宣伝かな。

今月末までカリフォルニア・バイ・ザ・グラスに参加してまして…
まあ、ワインをグラスで楽しんで下さいと言うもの。

飛鳥ではだいたい通常は赤白各3本の計6本ぐらいをグラスワインに用意しています。

今回は合計12本の飲み比べが可能です。

メインワインはGirasole Vineyardsです!
1955年からブドウを作り、有機農法の先駆者でもあります。



ピノ・ノアール
ジンファンデル
カベルネ・ソーヴィニヨン
ピノ・ブラン
シャルドネ
飽きのこないシンプルな香りと味は素晴らしいです!

他にも多数グラスワインを用意しておりますよ。

〓masterより〓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌーヴォー

2006-11-17 18:07:00 | ワイン
15日の真夜中・・16日の0時から解禁になった今年のボージョレー・ヌーヴォー。
今年はいろんなヌーヴォーを飲んでみたいと思い店では7種類も取った。
写真はオーストリアの白ワインのヌーヴォー。
Heuriger Gemischter Sats Zahel
ホリイゲ(白ワイン)の本場ウィーンのグリィンツィングで1930年からホリイゲ造りをしているザーヘルワイナリー、ブドウ品種はゲミシュターサッツ。
品種と言うよりはゲミシュターサッツは、数多くの品種を畑に混植する伝統的な方法?みたいです。
行き着けのBARでも白のヌーヴォーを飲んだんだけど・・。
軽やかで微発泡した感じで美味しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナヒュコドノゾール

2006-07-01 18:19:21 | ワイン
ビビるほどデカいシャンパンです。
ジョーガイの15周年に出すんだって(^O^)
普通のシャンパン20本分。
まじ重たい!
今日の9時に抜栓するんだって…。
俺が行くころにはなくなっているやろうなぁ…(>_<)

ちなみにナヒュドノゾールって言うのはシャンパンの大きさの名前。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シャンパンの試飲会

2006-06-07 17:24:57 | ワイン
今日はお客さんでもある某店のM君の紹介でロフトの近くにあるお店行きました。
早くから仕込みを済ませて・・・うそ、まだ残ってる
スタッフみんなでタクに乗って行きました。
ダンステリア・サザエ・・・????
意味わからん!?
ダンステリア?なっなっ、行ってみたいやろ~!
入り口から左に湾曲した通路を入って行くと、右に受付。
前にエレベターがあり5階へ!
なんじゃこりゃ?
PATYじゃん!
スタッフも黒服なら試飲に来ているヤツらも黒服??
変なの~!みんなマジ飲みしてる
主催はアサヒビール。
メーカーは「Piper-Heidsieck(パイパー・エドシック)」
今日は最高醸造責任者、レジス・カミュ氏がスピーチしておりました。

シャンパンは4種類。
入ったらすぐに渡されたのが「Burt]
カンヌ国際映画祭公式シャンパンでマリリン・モンローが愛飲してた・・・。
まあ、1本買って飲んでも言われるかなぁ・・有名人やから。
でも、普通に美味しいシャンパンでした。

「Burt Rose Sauvage」
ロゼなんだけど、ほんとに濃い色。
薄暗い所で飲んでたから赤色に見える。
かなり、面白いシャンパンでした・・価格がわからん。

「Burt Vintage 1998]
ピノとシャルドネのビンテージ・シャンパンです。
 これはいい!美味しいです。

「Cuvee Rare」
 キュべ・レア
 ブレンデッド・シャンパンです。
 ビンテージ・シャンパンのように年の出来に左右されないと言うことかな。
 ブレンドのせいか、発泡が弱いように思います。
 でも、美味しかった・・・1万3000円ぐらいだって

店内の真ん中にプールがある・・・?
ダンスってどこですんのやろぅ~?
プールの中で美女が踊るとか??

そうそう、料理もちょこちょこ出てました。
ローストビーフとかいかリングとか。
めっちゃ食べた

今日のまかないはいらない?・・かな?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加