焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

8月のクラブ飛鳥

2013-08-06 17:28:05 | 日本酒
クラブ飛鳥のご案内です!

今回のテーマは日本酒!

打倒・十四代!(みんな好きだから~)

純米吟醸・山田錦限定で、他のお酒の利き酒会を開きます。

日時は8月25日、日曜日。
17時から19時半までの予定です。

8種類から11種類の日本酒の利き酒&飲み放題になります。
生ビールや酎ハイもOKです。

お酒のセレクトは多くの酒屋さんに対抗馬を出して頂きます。

私自身も楽しみです

料理は私が食べたいから「ハモちり(しゃぶしゃぶ)」
お造りに酒のアテをご用意いたします。
松茸の香りで頂くハモはいいですね

ご予算はお一人税込6300円です。

予定人数が一杯になると締め切らせて頂きます。

後日、内容をアップいたしますね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛鳥のスペシャルな日本酒

2013-06-05 19:17:34 | 日本酒
梅雨宣言してからの晴天はいつもの事か・・・

五月の終盤からの飛鳥の企画で「蔵元のスペシャルな日本酒を飲もう!」をやってます。

私自信、1本が1万円するお酒はそう何度も飲む機会はありません。

それも、お店で頂くとなると・・・お金が心配で

それで考えたのが、限りなく原価で好きな人に提供すること


第1弾は「 白岳仙 仙 」


安本酒造のトップのお酒。

香りも味も綺麗なお酒でしたね。

原料米     兵庫県三木地区産山田錦 
精米歩合   麹40% 掛35%  
日本酒度   +5
酸度      1.3
アルコール度 16.5°

そうそう、通常なら7勺、2000円で提供しないといけないお酒。
850円で飲んで頂けました!

第2弾 「竹泉 大吟醸 金賞受賞酒」



このお酒は今(6月5日)あります!

通常7勺、2200円を950円で!

竹泉ならではの香りと味。

大吟醸なのに、しっかりしてるのは驚きです。

後日、データなど追加で書きますね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菊姫の試飲会

2011-07-26 23:44:55 | 日本酒
ここ数日、日本酒好いてる日が続いている感じです。

七本槍から菊姫さんに

今回の企画は仕入先の酒屋さんの企画でした。

20種類にもなるお酒が飲めました。

まあ、菊理姫(くくりひめ)も飲めます。

ポイント制になっていて、リーズナブルなお酒は200ポイントとか。

1200ポイントで菊理姫・・・5万円のお酒やからな~。


いろんなもん飲みたかったから、菊理姫は飲まなかったし。

黒吟(3万)も飲まなかった・・・買った事あるし。



熟成酒の好きな蔵なんだけど、ほんとに濃ゆい酒が多い蔵だな。

私自身は熟成酒は嫌いではないんだけれど・・・全部、濃い感じはシンドイかもね。



なぜ、軽やかなタイプは作らないんだろぅ

農口さんがいた頃の菊姫とはだいぶん変わった感じを今回受けました。

高価な熟成酒が多くあり・・・。



スタンダードの山廃のラインナップがあり・・・。

高価なお酒を買う必要性をまったく感じなかったのは私だけかな~?

3000円から4000円の菊姫で十分いいし、何万円も出して飲むことはないかと。

まあ、初めて飲むのなら一度くらいはいいかな~

頑張ってる酒蔵さんや酒屋さんには申し訳ないが・・・。

美味しいけど・・・どうなんだろうって考えた一日でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

七本槍

2011-07-13 18:27:04 | 日本酒
先日の日曜日に、久しぶりの酒蔵見学に行ってまいりました。

最近は新店「クリーク」に週3回行ってるもんで、少々疲れ気味。

大阪駅に9時30分集合

朝はすんなり起きれるようになってますが・・・帰りはグダグダになった

そうそう、今回お世話になる酒蔵は冨田酒造さんです。

琵琶湖の北に位置し、「木の本」駅から徒歩10分くらいです。

しっかし、暑かった・・・

地面から熱が上がってくるし、太陽光線もヤバイ



七本槍の名前は戦国武将から取ったそうな。

加藤清正・福島正則・・・・ホームページのトップに名前が載ってた。



歴史も450年となかなか古い酒蔵です。

建物も昔ながらの建物で趣きがある。



今回は夏と言う事もあり、杜氏さんではなく娘さんがお酒や蔵の説明をして頂きました。

天然のいい感じの娘さんでしたね~

一緒に飲みたかったな。



種類は多い方だと思いますね、タンクはやはり小さなタンクが多いです。

手作業で仕込んで行くしかない広さのようです。



夏なので作業はしてないので「室」の中も見せて頂きました。



搾り機の中に字が書いてあった・・・なんなんだろう~。

おまじない?



外にあるボイラーの煙突。

今は使っていないんだって・・・ちょっと異人館の煙突みたいと思いましたが。



地元の山田錦を40%まで磨いたものです。



蔵の中にあった・・・。

うちの店でも使えるよな・・・

放置プレーはおもろいよな

蔵を見学してから試飲なんだけど・・・。

みんなで飲む場所が店ではないので4号瓶を仕入れて、予約してあった店に行きます。



ちょっと、いい感じのお店です。

入ったら、高い店って言うのがわかる



旨そうなアテが用意してあった!

テンション上がる

さてさて、本題のお酒達を見よ!!



な~な~

テンションめちゃ上がるやろ~

まずは品評会に出展したお酒からスタートです!



いいボトルでしょ~!

香りも豊かでフルーティなお酒です。

旨いな~!余韻も長い

いろいろ飲んで好きだったのがこれ。



七本槍の特徴かな、しっかりした米の味。

ぬる燗でもいいと感じるくらいの熟成感が特徴の様な気がします。

楽しいメンバーだったので、お酒がもっと美味しくなったね。

お酒に一番重要なのは「一緒に飲む人」って思ってるからね

お酒って本当に美味しい


真っ直ぐに帰って・・・激寝したのは言うまでもないですよね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒を楽しむ会・「白岳仙」安本氏を囲んで

2010-09-26 17:11:40 | 日本酒
兼ねてより杜氏さんをお店に迎えて、お話をして頂く機会を考えておりました。

今回、取引の酒屋さんの協力で「白岳仙」で有名な安本酒造さんの社長兼杜氏さん安本昌一氏をお迎えしました。



最初はお酒のブラインド

9種類の白岳仙の中から5種類を選び、どの酒か当てると言うもの。

やはり、全て白岳仙なんでよく似てます・・・なかなか難しい


なぜ、こんなことをするかと言うと・・・。

ただの飲み会はイヤなんですよね。

ちょっと、しっかりと味を確かめたり、香りを嗅いだりと五感を働かせるのがいいと思います。

皆さんわからんと言いながら、安本さんに質問をしながら利き酒に挑戦してました。

わからなくてもいいんです、味わおうとする姿勢が大切かな。


まっ、あんまり味と香りの違いで種類を当てるのはわからんと思いますが・・・。

重要なのは好きなお酒で点を付けて頂きました。

ラベルや純米とか大吟醸とか、値段とか関係なく好きな酒。



・大吟醸 鑑評会出品酒 生 21BY  日本酒度  酸度  アルコール度
   山田錦(兵庫県三木) 40% +3 1.2 17~18度

・大吟醸 仙
   山田錦(兵庫県三木)40・35% +5 1.3 16~17度

・純米大吟醸 熟成 愛山
   山田錦(兵庫県)   50% +5 1.6 16~17度

・純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 20BY
   雄町(岡山県)    55% +5 1.7 18~19度


・純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 21BY
   雄町(岡山県)    55% +5 1.7 18~19度

・純米吟醸 山田錦 中取り
   山田錦(兵庫県三木) 55% +5 1.4 15~16度

・純米吟醸 山田錦
   山田錦(兵庫県三木) 55% +5 1.4 15~16度

・純米吟醸 五百万石
   五百万石(福井県大野)55% +5 1.4 15~16度

・純米 ひやおろし 
   山田錦(兵庫県三木) 60% +5 1.7 17~18度

・純米 あらばしり生
   山田錦(兵庫県三木) 60% +5 1.75 18~19度


美味しいお酒でしたね~!

大吟醸・仙や愛山はやはり評判が良かったですね。

純米吟醸の五百万石も山田錦にひけをとらない美味しさでした。



料理や日本酒の写真なんですが・・・。

料理作りながらは、忘れる

今度から、カメラをお客さんに渡して撮ってもらおう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松瀬酒造・蔵見学

2010-03-21 00:23:50 | 日本酒
久しぶりのブログだ

なかなか書く時間が無いなぁ・・・。


今回は「松の司」で有名な松瀬酒造さんにおじゃましました。

大阪からJR東海道本線で「近江八幡」下車。

総勢12名、タクシーで向かいました。

1時間半で現地に行きますね

今回は私の企画です

松瀬さんには10名くらいまでと言われてたんですが、ちょっとオーバー

狭いのですいませんと言ってましたが・・・ぜんぜん狭く無いですね。

まあ、20人やったら、ごちゃごちゃになるんだろうな。


今回、蔵の案内をして頂いたのは製造担当の石田さん、なかなかいい男です

蔵内をまず案内して頂きました。

まず思ったのは「綺麗やなぁ~」と言うこと。

タンクの数はそんなに多くないですね。

整理整頓されている印象が強く残っています。

三段仕込の方法や使用する道具もいろいろ聞きました。


これは斗瓶です。
向こうの緑色してるのが古い斗瓶だそうで・・・日本では製造してないそうです。
なんと、手前はフランス製だって


麹菌です。
菌のオオモトですよね。


このお茶の葉入れに網を付けた様なもので、上の菌(胞子)を振ります。
よくテレビで裸のおっちゃんが胞子を振ってるの見たこと無い?
あれです。

実はこの菌(胞子)は、だいたいどこの蔵も同じもんを使ってるとか。

ほんで米も同じだったら、同じ味になるはずなんだけど・・・。

これが同じにならないのが、各蔵の方針を細かな計算と技術で個性が決まります。

松瀬さんは軽く菌をまくだけだそうです。


米にも軽くしか付いていません。
粒が小さいでしょ。

大吟を仕込む時は、あの網より小さな布の目を使って麹米を造るそうです。

各蔵の「室」の大きさも重要で、米の水分保有率も1%違えば大きく変わるでしょう。

タンク置き場の上には酒母の培養室や酵母の保管場所がありました。

ホントに綺麗にしてるんです。

科学実験室みたい


自家製の酵母だって。
松の司は金沢酵母って書いてあるんだけど・・・。
厳密にはいっぱい種類があるらしい。

大雑把にひとくくりで金沢酵母と書いてると言うことですね。

毎回、勉強になります

さてお待ちかねの試飲会です。


石田さんが大きな利きじょこにいっぱいお酒を入れております

全部で11種類

大吟から純吟、生もあるし火入れもある。

なんと古酒まで登場!!

いい勉強になりました

実はいろんな話をするうちに、あと3種類のお酒が登場いたしました


こちらの4本が生酒です。

火入れも美味しいんですが・・・生酒、好きです。


心酔・本生原酒 純米吟醸 竜王山田 50% +4 16.5%

生酛仕込みの芳醇な香りと味はかなり好きな一本でした。

試飲場所の裏に保管庫がありまして・・・


中を拝見!
酒がいっぱい


なんと斗瓶に入ったAZOLLA(アゾラ)発見!!

うまそ~!飲みたいな~!

これは買うしかない


試飲も終わりの頃、社長の松瀬さんが挨拶に来られました。

しっかりした考えをお持ちの方の様

ほんとにありがとうございました。

熱意を感じる蔵ですね

これからも美味しいお酒を造って下さい。

また、機会があれば行きたいと思います


松瀬酒造

滋賀県浦生郡竜王町弓削475番地

0748(58)0009




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三重錦・蔵見学

2010-02-28 00:28:32 | 日本酒
今回も取引の酒屋さん企画での蔵見学に行きました。

なんと元ボクサーと言う貴重な存在の杜氏さん。

ね、行きたくなるでしょ~

朝の10時半にJR大阪に集合。

関西本線で伊賀上野まで行って伊賀鉄道に乗り換え西大手駅下車です。

伊賀上野まで1450円、伊賀鉄道は250円です・・・。

実はね行きの切符まだ持ってるねん



伊賀鉄道に乗り換える時に・・渡す人もおらん。

伊賀鉄道の人に渡そうとしたら、そんなんいらんって顔。

まあ、そりゃそうだよな。

JRじゃyないから関係ないもんな・・・。

西大手で降りる手前で列車内に250円集金に来てた。

当然、駅は無人です

実は帰りはJR切符無しのまま大阪まで来た。

これって・・・悪い事出来るやん!

いやいや、50才のおっさんのやる事じゃぁない

ちゃんとお支払いいたしました・・・当たり前か


まあ、そんな事もあり~の、の蔵見学です。

駅から10分かからんかったと思いますが、杜氏さんの中井昌平さんが駅付近までお出迎え

彼の優しさを感じますね。


ねっねつ!ボクシングって感じでしょ

道路を挟んで右側に店舗です。



道の反対側に蔵と・・なんとボクシングジムがありました。

さっそく蔵の 中を案内・・・と言っても、一人で造ってるから小さいよね。


あまり大きくないタンクです。

7割りくらいまで入れて仕込むそうです。

泡が立たない酵母を使ってるそうで、今の杜氏さんはほとんどそうらしい。


これが酵母です。

昔の杜氏さんは泡が立ち上がるのを目や嗅覚を駆使して酒の出来を感じ取ったみたい。

今は科学・数字やデータがありましすよね。

でも、肌で感じるものはあると思いますよね


タンク内を見せてもらいました。

少しはぷくぷく言ってるよね。



このタンクのお酒です。

新酒の香りと軽やかな味・・・まだまだ若い

みんなで回し飲みやったから、イマイチよくわからんかったな。

これが出荷時にはどう変わるんだろう~。


しぼり機です。

上からじゃなくて横から圧をかけるタイプのようです。

機械の説明を聞きたかったんだけど・・・聞くの忘れた

下は火入れと冷却する機械・・・タンク?みたいな装置です。


中にくるくるとパイプが回っていますよね。

その中をお酒が通って加熱して行きます。



そして同じようなタイプの装置で冷却。

大きな酒蔵な瓶詰め後、冷却するところがあるらしい。

直ぐに冷却しないといけないと中井さんは言っておりました。


外にタンクのフタを用意して蔵のお酒の試飲会です


宴会みたいになってる



炭をおこして、豆腐田楽を出してくれたり。

山菜のてんぷらを出してくれたり・・・おにぎりなんかも

おくさんやおばあちゃんに感謝感謝の試飲会でした。

暖かな人柄が造る酒は旨い酒になるよな

いい一日をありがとう












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陽酒造

2010-02-11 17:18:13 | 日本酒
兵庫県の明石の西にある江井ヶ島と言う駅の近くに「太陽酒造」さんはあります。

お店の定休日が日祭日しかないので日帰りで行ける所がいいですね。

あいにくの小雨・・・


なんか無人の駅?みたい。

みんなより一足先に着いたんで、コンビニでも行こうかなと思ったんだけど・・無い。

なんも無いのかな?

今回の「太陽酒造」さんの蔵見学は、大阪の酒屋さんの企画です。

飛鳥のスタッフとお客さんは12名。

酒屋さん全体では44名・・・大丈夫なん?多いよな。



駅から南に歩いて7,8分のところに酒蔵発見!

古い酒蔵ですね、雰囲気あります


蔵内を説明していただくのは、社長兼杜氏さん

話がめちゃくちゃ面白い・・楽しいおっちゃんです。

口癖は「めんどくさい・・・」だと思う


これが槽です。

これを直す職人がなかなかいないらしい。

自分で直すと言いながら余計壊すらしい


蔵内の案内が終わると、横のスペースで試飲&食事。

粕汁や湯豆腐なんかも出していただきました。


今回の試飲するお酒です。

にごりから新酒、熟成酒まで多彩なラインナップでした。

ぬる燗にして飲んでみたり、味や香りを楽しみました。


新しい米で作ったお酒。

すっきりした酒でした、個人的にはもう少しコクが欲しいな。


平成13年の古酒。

色もかなり付いてますよね。

しっかりした味付けの料理じゃないとあかんよな。


今回の太陽酒造さん。

小さな酒蔵ですから、細かい作業の説明がいい勉強になりました。

次回はどこに行こうかな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊姫の勉強会

2009-06-03 23:53:55 | 日本酒
先日の日曜日のお昼に酒屋さん主催の日本酒の勉強会がありました。

土曜日はついつい遅くまで飲んでしまうので、ちょっと辛い。

本来は酒屋さんで勉強会をする予定だったらしいのですが、参加者が多くなって新地の会場をレンタルしたらしい。

46名?48名・・・なかなか多い。

知ってる顔の人も数名おられました。

みんな勉強家やな・・・。

今回は石川県の菊姫からブレンダーの方が来て講師をすると言う事で楽しみにしておりました。



菊姫のお酒を説明無しで1番から6番まで利き、それから内容を聞き再び利き酒します。

1番から3番までは大吟醸。

4番から6番までは純米、もしくは純米吟醸。

全ての造りは違い、魅力あるお酒のタイプを造りっていました。

菊姫と言えば、熟成の効いたお酒を出し、山廃の作り手。

今は「常きげん」、鹿野酒造の農口さんがいたところ。

私は農口さんのファンなんです


日本酒は楽しいなぁ。

奥が深いし・・・無形文化財と言いたくなるのはわかります。

新酒を飲むのもよし、熟成酒を飲むのもよし。


勉強会での詳しい内容を書ければいいのだが・・・。

いい話が多いし、ためになる・・・参加して下さいな


さて、週末には美味しい日本酒を飲もう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にごり酒

2009-03-14 01:12:24 | 日本酒
春の訪れを待ちわびるかのように、各蔵から新酒が出てきます。

その中でも「にごり酒」はこの時期が一番多く出ます。

爽やかなものからしっかりしたにごりまで様々です。


梅の宿と早瀬浦。
この梅の宿はどろりとしたタイプ。
開ける時ちょっと大変でした。

早瀬浦はすっきり淡い酸味と甘みで微発泡してます。


玉川のにごり、なかなか旨い。
酸味と甘みや口に含んだときの旨味がいいです。

川亀、いいですよ。
軽い飲み口なのに風味豊かですっきりしてる。
一杯目にいいかな。

上喜元、川亀よりしかりの印象。
焼き鳥の塩焼きなんかに合わせたい・・まあ、鶏屋なんで



見てください、右の瓶。
宗玄のどろどろした感じ。
にごり酒が苦手な人はまったく受け付けないでしょうね。

春先は面白いでしょ。
いろんなタイプのにごり酒があります。

日本酒バンザイ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加