焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

飛鳥のサンゲタン

2009-09-29 15:59:39 | 私の店のインフォメイション
2週間前くらいから日替わりメニューにしてるんです。

韓国の超有名な鶏を丸ごと使った鍋ですね。

日本にも冷凍で鶏の中に薬膳食材を詰め込んだものが輸入されております。

ほとんどのお店が使ってるんだなぁ~実は

悪いとは思わないんだけど、僕はやっぱり作りたい

昔から作ってたけどね。

今回は薬膳食材以外にあさりや豚足を入れちゃった



ブクブク言ってるのでなんかわからんね

2.3人で分けれるんだけどね。

もち米やにんにく、朝鮮人参、クコの実、なつめ、栗、ねぎ・・・・。

自分が食べたいサンゲタンにしちゃった

1600円です。

ほんとはね、いくら計算しても2000円以上もらわないと合わないんだ

原価がね・・・辛い。

みなさんが元気じゃないとインフルエンザにかかってしまうからね。

この秋、冬は薬膳料理満載でいきます

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

カルチャーハウス

2009-09-26 16:27:33 | カルチャーハウス
今回は11月に蔵見学に行く「ハクレイ酒造」さんのお酒を飲みました。

私はハクレイさんのお酒は始めてだったので、ちょっとびっくり!

京都や福井、富山なんかのお酒は旨口、少々甘めのお酒が多い印象でした。

ハクレイさんのお酒は辛口で端麗の印象を受けました。

まあ、蔵見学するから、あえて山廃や生酛は買いませんでしたからね。

軽い印象です、酸味があるものや薄味の煮物、お造り、豆腐・・・。


「赤の大鬼」 純米吟醸 生詰 原酒
・ 五百万石
・アルコール 17度~18度
・日本酒度 +4.0
・酸度 1.8
・精米歩合 60%
濃醇殻口、豊かな旨味を持ち、インパクトのある個性的な味わい、後口にキレのあるお酒。



「酒呑童子 純吟 大辛」 純米吟醸
・山田錦
・アルコール 15度~16度
・日本酒度 +10
・酸度 1.7
・精米歩合 60%
冷で辛さが冴え、お燗すると熟成された旨味とコクが冴える、後口がすっきりとした大辛口。

  

「熟年の酒」 純米酒
・五百万石 / 日本晴
・アルコール度 14度~15度
・日本酒度 +2~+3
・酸度 1.6
・最舞歩合 60% 掛米 65%
落ち着いた香りとサラリと飲める優しい喉越しの純米酒。



「酒呑童子 純米白嶺」 純米酒
・五百万石 / 日本晴
・アルコール度 15度~16度
・日本酒度 +2~+3
・酸度 1.8
・最舞歩合 60% 掛米 65%
純米酒ならではの旨味・コク・酸味がバランスよくマッチしている。
常温、ぬる燗で味が際立つお酒。



秋田の香り枝豆、ほくほくしていて美味しい枝豆でした。


三つ葉にハモの皮と刻んだ穴子を和えたもの。
さっぱりとカボスを絞って、辛口の日本酒には合いますね。



豆腐の湯葉のせ・・・。
国産大豆の美味しい豆腐です。
醤油でもいいのですが、塩でもいいですよね。


たこのラッキョウ和え。
簡単な酢の物なんですが、自家製のあまり甘くないラッキョウを刻んで使っています。
たこは明石の昼網のたこさんです。


蒸し牡蠣。
北海道の仙鳳跡(せんぼうし)産の大粒のカキです。
昆布をひいてハクレイさんのお酒を振りかけて蒸しました。


赤万願寺とオクラの炒め煮
万願寺は京都の山城産、オクラは奈良です。
野菜は美味しいですよね。


ラストはアサリの吸い物。
日本酒の後ってちょっと欲しくなる。

今回はあっさりした物ばかりでしたね。
まあ、ハクレイさんのお酒がそうだったんで仕方ないか・・・。

蔵見学では山廃や生酛を飲んでみたいですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鴻福門のランチ

2009-09-20 16:15:27 | お店の紹介
先日は夜中にデブになれと言わんばかりの料理を頂ましたが・・・。

どうしても美味しい「マーボ豆腐」が食べたくて食べたくて

この料理・・・美味しくないお店が多いのはなぜ?


マーボ豆腐のランチです

うっま~い

しっかり旨味かあって辛い

中国山椒がやっぱりいいよね。

入って無い店もあるんじゃない?って思うくらい、美味しくない店がある。

しかし、このボリュームは凄いよ

お腹いっぱいになるもん・・・


美味しい休日のランチやった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒の試飲会

2009-09-14 16:25:25 | 試飲会
さる9月に「日本酒 がぶりより!」~大阪場所~がありました。

3回目だって・1回目と2回目は東京らしい。

やっとの大阪での開催ですね。

参加蔵元は浅間山、阿部勘、大蔵、奥播磨、鶴齢、加茂金秀、川亀、川鶴、澤の花、篠峯、常きげん、瑞冠、竹泉、天宝一、白岳山、萩乃露、日置桜、宝剣、三重錦、都美人、美和桜。

各蔵元が5,6種類持って来てるから・・全部飲んだら死ぬかも

飲食店や業界関係者向けのセミナーが前半あり、後半は一般のお客様も含めての試飲会でした。

セミナーは私個人的にはもっと詳しい話が聞けたらと思いましたねぇ~

まあ、不特定多数を相手にするんやから仕方ないか・・・。


常きげんのブースです。
農口杜氏の山廃は素晴らしいですよね。
しっかりした味わいのお酒が多く、ぬる燗や燗で力を発揮する酒ですね。


真ん中のテーブルに各地の酒の肴があって・・・少し食べた。
なんせ日本酒が多いから2時間で全部回れないと思って急ぎました。
写真は各蔵元の仕込み水です。


可愛くない?
仕込み水の味見をする時間がありませんでした。


持って帰りたかったけど・・電車やしなぁ。
飲みたかった


入り口付近では各お酒を燗して飲めます。
燗が美味しいお酒はたくさんあります。
なんか、いまだに大吟醸や吟醸は冷やして・・ギンギンに
じゃないんだよなぁ・・・人間の体温くらいが美味しいんだけどな。
体にも負担を掛けないしいいと思います


竹泉さんのブースです。
上手い具合にお酒をブレンドされていますね。
バランスのいいお酒がりますね。
ラベルや視野がグローバルに見える感じ、戦略が上手いのかも。


三重錦さんです。
美味しいお酒でした。
飛鳥でも扱っていますが、好きな味です。

写真は撮ってませんが今回の出展の蔵元はいい蔵元が多かったですね

私個人的には「白岳山」が良かったと思いました。
頭一つリードの感がいたします。
個人的な意見ですから・・・嗜好品だもん仕方ないよ。

さあ、日本酒の美味しい季節の到来です。

今宵も美味しい肴と日本酒をお楽しみ下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鴻福門

2009-09-09 18:04:34 | お店の紹介
ミッドナイトレストラン

なんと夜中の1時スタートでコースを食べてしまった。

西宮の中国料理店なんですが・・・。

まあ、勉強会みたいなことをしようと考えたのかな?(私は呼ばれただけ)

各自お酒を持参することと言われ・・・

私はシェリーのオロロソを持って行きました。


左がオロロソ、中華には合うよな。
アイスブレイカーは日本酒の玉川です、ロックで飲んでも美味しい!


泡盛の古酒も!
以外や以外!ブランデーと中華は合います!!

料理はミッドナイトなのにいろいろ出てきましたよ


まずは「四川よだれ鶏」
蒸した鶏ですね~、いつもながら美味しい


「秋刀魚の香料煮込み」
しっかりした味わい、佃煮と言ったところかな。
シェリーがすすむ!


「サーモンの木の芽風味の山椒ソース」
オリーブオイルにバジルではなく木の芽と山椒です。
サーモンではなくてもいろいろ使えますね。


「豚足のピクルス漬け」
あらあらびっくり豚足がピクルスに!
味もしっかり入ってました。
中華風やね・・・ローリエとかにんにく、クローブで洋風にもできるな。


「牛蒡のサクサク揚げ」
揚げる温度かな、いい感じに揚がってる。
水にさらしてるのかな・・・もう少し牛蒡の味がした方は好きだね。


「蜂の巣の四川式炒め」
ハチノス、トリッパですね。
僕の作るトリッパはある程度歯ごたえが欲しいので、少し歯ごたえがある。
このハチノスは長時間煮込んだと言ってる通り柔らかい。
好みだねぇ~こればかりは。
味は好きな味でした


「丸鶏のパリパリ姿揚げ」
水あめとお酢を割った液でテカテカにしながら焼く。
パリッとした皮が香ばしい。
一度焼き鳥に応用しよう


「アヒルの舌と海老芋の煮込み」
なんか枝みたいなもんがアヒルの舌。
超珍味、珍品です
しゃぶる感じで頂きます。


「空心菜の海老味噌風味」
海老味噌の風味がいい。
東南アジア、バンコクのとかタイの味かな


「煮穴子のミント風味の春巻き」
この春巻き好き
穴子・・よりも海老がいい。
と、ミントがいいアクセントになってます。
アジアな感じの上級の春巻きって感じ


「能登産カキとだだ茶豆の甘辛煮」
もうこの辺でお腹いっぱいに・・・・。
カキも抜群に美味しいんだけど・・・苦しい
みんな持って帰っていました


「黄な粉の坦々麺」
ゴマじゃなくてキナコなんだよ~!
ほんのり香る黄な粉の香り。
胡麻より重たくない。
軽いスープに仕上がってる。

しかし、黄な粉って少しでも甘みを入れると「例」の黄な粉餅みたいな感じになる。
びみょ~な使い方をしないといけないな。

黄な粉のソースを作ってみたけど、美味しかったですよ。
ゴマの代わりに使っております。


「ぶどうの醤油漬け」
醤油?・・・実は美味しい
あんまりフルーツ食べない私が三つも食べた

夜中にこの量は無いやろ~

デブまっしぐらやな・・・

しかし、美味しいイベントでした。

ブランデーが以外に中華に合うことを知りました。

ウイスキー、今はやりのハイボールなんかいいよな。

いや、ブランデーの甘みや風味がいいんだ。

ブランデーソーダでいこう

ダイエットと言う聞きなれた言葉が毎日頭をよぎる今日この頃です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティカ オステリア ウシヤマ

2009-09-06 00:22:01 | お店の紹介

いやいや、たくさんお店があるんですが。

ここが好きなんですよ。

美味しいし、楽しいからね。

なんと今日はオマールなんだって


手前はカナダ産のオマール。
奥の黒っぽいヤツがブリュターニュ産のオマールです。
動画で撮ったらよかったかな・・・めちゃ動いてました。

今回は奥の美味しい方を頂きます、楽しみです



定番のパンでござる。
熱々にしてくれてる


手前は穴子と茄子のミルフィーユの冷製です。
穴子って美味しいよね、好きなんです。
奥はアジと水茄子のタルタルかな?
上にチーズが乗っていてアクセントになっています。


うにのパスタ。
手打ちの麺です、歯ごたえや香りがいい
白ワインが進みます


きゃ~きゃ~
リゾットでありんす。
美味しいに決まってる

赤ワイン赤ワイン


さて登場がイタリアのワイン
バルベラ・ダスティの96年。
まろやかに熟成したワインの味と風味は落ち着きを感じます。
オマールと合うよ


登場
ブリュターニュ産のオマールです。
写真撮るの忘れて食べそうになる



見て見て
こんな感じ

超幸せ

オマールってこんなに濃い味だったんだ。
伊勢えびとは違うなぁ~。

美味しい料理とお酒。

お店と人(スタッフ)。

いい意味で調和がとれてる店は居心地がいい。

私のお店も頑張ってそんなお店になるように


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加