焼きとり屋のひとり言

鶏や料理、お酒も大好きな私がいろんな事を書きたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

笑酎丸

2008-07-28 19:49:27 | お店の紹介
以前から誘われていた居酒屋さん?に行って来ました。
めちゃくちゃ焼酎があるからと言われてやって来たのが今津!

阪神「今津」駅から徒歩5分くらいかな。

カウンター8席?くらいにテーブル3っつ。



小さな店内に、いろんな所に焼酎が置いてある。

焼酎の価格も各ビンにシールが貼ってあって色で価格が決まってる。
赤は400円とか青は700円とか・・・
シールが貼って無いのは、高いヤツだな。

料理はやきとりや厚揚げの炭焼きなど、シンプルな炭焼き。
魚の開きなんかもあります。
まあまあの品揃えで安い、今津やからやな・・・。
珍味が少ないなぁ・・・。
ちょっとあったらいいな。

でも、焼酎はかなり面白い。



マスターは40歳らしい・・・若く見える。
俺が言うなって?・・・いい年頃やな。
海が好きらしい・・・だから入り口に舟?
ちょっと面白いよ!



焼酎アドバイザーも持ってるんだって。
焼酎講座の引継ぎしてもらおうか


泡波・・・超レアな逸品です。
実は飲んだ事が無かったので、無理を言って飲ましてもらいました。
1500円也!安いか高いかは・・・・。
泡盛にしては飲みやすい、上品な泡盛って感じ。
香りもいいし味もいい・・・。
でも入らないものを高額で飲むのはラストですね。


なかなか、違う味の三本でした。
甘みが強く、旨味が感じられる「風」。
右の七窪はすっきりした焼酎。
白麹かな?・・・確かめてないからわからないけどね。
真ん中は丁度その中間の味。
風は好みでした。


竹香蔵・・・。
竹炭を使った焼酎らしい。
香りや味の奥に竹炭の・・・。
いやいや、いろんな焼酎があるもんです。


鷲尾・・・しっかりした香りと味。
無骨な感じもする男らしい焼酎ですね。
好きな1本です。
紅椿・・・紅芋を使った焼酎。
バランスのいい香りと味でした。
紅芋好きの私には少し軽いかな。
甘みや香りがもう少し強い方が好きですね。
でも、紅芋お初の人にはピッタリかな。

かなり飲んだのに翌日のヌケがいいのは焼酎のおかげかな。

今津と言う立地だけど、いいですね。
甲子園や夙川でやったら面白かったのにね。
今津だから、安い!・・・可哀想に。

移転する前に全部飲もうっと


「笑酎丸」

西宮市津門呉羽町2-11
0798(23)3883




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルチャーハウス

2008-07-26 19:02:10 | カルチャーハウス
今回は夏本番近いので「泡盛」をテーマにしました。
本番近い?もう本番か・・・。
私の中では高校野球が始まったら「夏本番」と言う気がします。



春雨 カリー 30度 宮里酒造

20年の時を越え幻の銘酒を蘇らせた酒造所として注目を集める酒造所は、那覇市の南に位置する小禄に居を構えています。
昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会の際に、皇太子(現天皇陛下)に献上された泡盛も、この酒造所の酒であったといいます。
しかし20年前に、小売業を止め他のメーカーや酒造共同組合への桶売り販売のみの酒造りに変わり、幻の銘酒となっていました。
そして、平成9年に販売店からの強力なアプローチによって、「春雨」が一般に販売され、幻の銘酒が蘇りました。
生産量よりも酒質にこだわり、社長を含め4人の従業員で造る泡盛は、年間小売量がわずか1000リットル。出来上がった泡盛は、確実に1年以上寝かせ、浮き出た油分を手作業で掬い出します。この手作業こそが、熟練した経験と勘を生かした微妙なさじ加減となり、油臭のない上品な香りに仕上げられているのです。昭和21年に操業を開始した酒造所唯一の酒銘は、「春雨」。「春」は希望を「雨」は恵みの意味を込めたこの酒は、泡盛通に強く支持され、銘酒とささかれています。

同じ泡盛をストレートとロック・・・フレアーと言う入れ方で飲んで頂きます。
フレアーとは瓶の口の先に細いストローの様なものが付いたヤツで栓をして、一気に瓶を逆さまにしてグラスを肩の高さくらいから腰の位置まで一気に下げ、お酒に空気を入れる方法です。
シェリー酒なんかに使いますが、焼酎でも抜群に美味しくなります。


菊之露酒 30度 菊之露酒造

工場は、珊瑚礁群の上にできた年平均気温が23度の沖縄県の宮古島にあります。
島の水は硬水で、カルシウム・ミネラル分が豊富です。
お酒の名前は、その昔、病に倒れた母親を一生懸命看病する息子がいた。
一向に母親の病が良くならず途方にくれていたある朝、庭の菊の花びらに降りた朝露を集め母親に飲ませたところ病気が治ったという。
そんな親子の絆、不老不死、長寿の酒であるという意味合いで命名されました。


山原くいな 43度 田嘉里酒造所

自慢の水は、酒造所から1キロメートル先の山頂付近から湧き出る山原(やんばる)の水。取水口には今日でも時折、沢蟹や川海老が舞い込むといいます。
まろやかでふくよかな甘味をもつその水の水源は、昔、村民のために使われていた上水道で、現在では、田嘉里酒造所のみが守り続けています
田嘉里酒造所(たかざと)は沖縄本島最北端の酒造所。
山原(ヤンバル)と呼ばれる大宜味村(おおぎみそん)田嘉里(たかざと)の緑に囲まれた場所で泡盛を造っています。

やんばるくいな、美味しい泡盛です。
今回、特別参加で数多くの雑誌を担当されている某ライターさんも参加して頂きましたが。
ライターさんもやんばるくいなが以前から好きだと言っておられました。

於 茂 登 30度 高嶺酒造

循環式蒸留での泡盛造りが主流の中、高嶺酒造は大正時代には主流であった直下式釜での蒸留法を守る数少ない酒造所。 場所は石垣島の名所「川平」にあり、ギャラリーからガラス越しに、泡盛の製造過程と直下式釜を見学することが出来る。

おもと、かの有名なソムリエ田崎さんが推薦していたので有名になりましたね。
香りもいいし味もいいです。

瑞光 1990年製造 100%古酒 40度 池間酒造

2005年度泡盛鑑評会にて県知事賞受賞の泡盛です。
「ニコニコ太郎」の銘柄が有名な蔵元。15年という長期に渡って寝かした逸品。フルーティーな香りと甘み、香りは芳醇ながら穏やかで上品な印象が残る。口に含むと膨らみを感じさせ、キレがいい。

この泡盛は生徒さんからの頂き物を使用させていただきました。
なんせ100%クースって高いんです。
この泡盛もネットで5千円台から万くらいまで


瑞泉 おもろ 10年古酒 43度 瑞泉酒造

那覇市首里の蔵元。1887年創業の老舗。首里城瑞泉門のほとりの湧き水瑞泉の名にあやかり名付けられています。古酒を中心に製造し、生産量の7割は古酒用で、しかも8年以上寝かさないと出荷しないというこだわりを持っています。
瑞泉酒造おもろシーリーズの10年古酒。
泡盛のまろやかさを最大限に引き出した逸品です。

10年もので3千円台・・・この価格でこの味は買いです。
かなりいい出来ですね。

そうそう、今回フレアー以外の飲み方は練乳を入れました。
?練乳って~思うでしょ。
お家でやってみて下さい。
かなりいい感じですよ。
氷にかけるの飽きたら泡盛に!!

ソーダやパッションフルーツ・シークワーサーは前回の泡盛の時にしたんでやめました。

料理なんですが・・・・。
なんせ暑い!講義が3時からなんで、余計に暑い。
火なんか使いたくない感じですよね。
清涼感のある料理に今回は・・・泡盛には合わないか・・・。


そうめんカボチャのゼリー寄せ。
出汁をとり、塩、酒、みりん、砂糖、薄口醤油で味付け。
鶏とそうめんカボチャを入れて炊き、作ります。
あっさりした一品なんで季節には合う、泡盛は薄めて飲めば・・・。


男前豆腐に肉味噌を乗せて・・・。
肉味噌は合びきを使用。
炒めてみりん、酒、砂糖、麦味噌、しょうがを入れて。
最後に白ネギのみじん切りを投入、余熱でいいですね。


ゴーヤとパイナップルの和え物。
豚ロースは80度のお湯で茹でて、水で冷ます(氷はだめ)。
薄切りにしたゴーヤは塩もみしてから水に漬け少々苦味を取ります。
あまり取りすぎるとゴーヤの意味が無くなるしビタミンももったいない。
パイナップルも薄切りにして全部入れて和えます。
味は塩、コショウ、オリーブオイル、醤油少々。


生だこと生わかめのバター醤油がけ。
フライパンでバターを溶かし、焦げる手前で醤油を入れます。
今回の醤油はカキ醤油を使用してます。
冷めたら中に山椒とうがらし(ゆず胡椒でも)を入れパンチを効かせます。
みょうがやネギをかけて出来上がりです。


沖縄の黒砂糖。
不純物を丁寧に取り除き、凝固財の量も少なくした逸品。
本気で美味しい黒砂糖でした。

写真は無いのですが。
宇和島からのお取り寄せで「春ちゃんのじゃこ天」を食べました。
このじゃこ天も今まで食べたものより美味しかったですね。
送料込みで1枚200円は・・・。
2,3週間待ちで届きました

泡盛、私も再確認にた講習になりました。
いつものように楽しい時間になって良かった、良かった

来月は鹿児島特集!
がんばろ~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜中の麺

2008-07-18 01:36:06 | お店の紹介
先日、スタッフと行ってみたいと言っていたところに行って来ました。

麺みやざわ・・・。

中華、広東料理の避風塘のラーメンらしい!
朝4時までやってるから、当然チェックポイントなんだ。

超売りは上湯チャーシューラーメン・・・2000円!!

よう注文でけへんかった

手羽の唐揚げやピータン豆腐・・キムチ、餃子なんかありましたね。

手羽の唐揚げは美味しい!
紹興酒や香料の香りがいいですね~。

餃子は普通かな・・・普通に美味しい。

問題のラーメンは塩と醤油。

私は塩煮卵ラーメン。



スープはとても澄んだスープで美味しい!
麺がちょっともごもごするかなぁ・・・。
チャーシューも美味しいですし・・・。
麺は好みかなぁ・・・。

みんなの意見は・・・
お酒飲んだ後のラーメンと言う事です。

あっさり美味しいラーメンです

場所は北新地。
19時~4時だって。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいビール

2008-07-08 00:28:58 | ビール
行き着けのBARで撮った写真です。

いろんなビールがあるのは知ってるけど・・・。
あるよなぁ~。

いったい俺は何種類のビールを飲んだことがあるんだろう?

200種類は飲んだなぁ。
自分の店のビールイベントで200種は扱ったから。

今回のビールはドイツのビールです。


ケストリッツアー・シュウバルツビア。
黒ビールなんですが、すっきりした味わいのビール。
夏でもグビグビいけるビールでした。


フランチスカナー。
小麦のビールやったかな?
最近記憶が・・・・
すっきりした飲み口で夏向きやね。


そうそう、新しいビールと言えば・・・
うち(飛鳥)に箕面ビールのフルーツビールが入ってます。
ラズベリーとストロベリーを使ったビールで、甘みは少なく、すっきりしています。
ベリーの香りと軽やかな酸味が夏でも美味しいです。

7月の末くらいかな。
箕面ビールのホワイトビールが入ってくるのは。
私個人的には、あのヒューガルデン・ホワイトより美味しい!
本当はもっと早く欲しかったんですが、無いらしくてね。
ヒューガルデン・ホワイトはオレンジ・ピールだけど、
箕面ビールはゆずだって!
楽しみなビールです。

ビールの美味しい季節になって来ましたね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

77777

2008-07-03 00:23:09 | 日記
おおおっ~!
なんとついにメーターがぞろ目に!
それも「77777」・・・ちょっと嬉しいから写真撮ってしまった。



家から出発の地点で気がつき・・・店の手前くらいだと判断。
阪神高速運転中やったら写真あきらめるつもりだったんだけどね。

なんと天満警察の前で揃ってしまった

少し先の裁判所の前で記念撮影しました。

しかし、次の88888キロまでこの車もつんかなぁ

故障ばっかりやし・・・。

ガソリンの値段はがんがん上がりハイオク189円!
ビビルよな・・・いずれ200円は突破するんだろう。

国産の軽自動車にするかなぁ~。
さみしいなぁ~。

ギリまで頑張って乗ります。
だから壊れないでねメガーヌちゃん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加