公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

佐野太の息子は東京医大一次試験の合格ラインに達していなかった(NHK:2018年7月6日 4時25分)

2018-08-12 03:40:27 | その他


2018年7月6日 4時25分

文部科学省の私立大学の支援事業をめぐる汚職事件で、逮捕された前局長の息子は東京医科大学の入試の点数が当初、合格ラインに達していなかったことが関係者への取材でわかりました。このため大学トップの理事長らが点数を大幅に加算するよう指示していた疑いがあるということで、東京地検特捜部は実態解明を進めています。

文部科学省科学技術・学術政策局長だった佐野太容疑者(58)は私立大学の支援事業の選定で東京医科大学に便宜を図る見返りに、この大学を受験した息子を不正に合格させたとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

関係者によりますと佐野前局長の息子はことし2月、東京医科大学医学部医学科の一般入試を受験しましたが、1次試験の点数が当初、合格ラインに達していなかったことが関係者への取材でわかりました。

このため大学トップの臼井正彦理事長や鈴木衞学長が点数を大幅に加算するよう学内に指示していた疑いがあるということです。

医学部医学科の一般入試の受験者数はことし2600人余りで、理科、英語、数学の1次試験に合格した451人が小論文や面接などの2次試験に進み最終的に171人が合格したということです。

関係者によりますと特捜部の任意の事情聴取に対し臼井理事長らはこうした経緯を認めているということです。

特捜部は大学トップが主導して入試の不正を行っていたとみて実態解明を進めています。

『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 8/11 川崎・アーバンナイト... | トップ | 翁長知事を「死なせた」安倍... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事