公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7月15日の優勝戦・重賞結果

2010-07-15 20:55:27 | 各日の公営競技

・競輪

大宮

S級 栗田雅也 621

A級 小笠原昭太 811

伊東

S級 マシュー・クランプトン 111

クランプトンが2場所連続完全V。

A級 澤隆昌 131

高知

S級 岡村潤 411

A級 小林弘和 131

高松

A級 西本直大 111

A3 福島栄一 111

武雄

A級 楢原由将 111

A3 原田研太朗 111

熊本

A級 中澤昌美 121

A3 黒田淳 111

・地方競馬重賞

門別 星雲賞 ラブレ

名古屋 オッズパークグランプリ2010 アルドラゴン


19日、笠松でお別れ会

2010-07-15 18:28:11 | 競馬

オグリキャップのお別れ会が19日の笠松競馬開催終了後に行われる。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20100715062.html

関係者によるトークショー云々と書いてあるが、我らが大師匠も参加するのかな?

ま、参加しなくとも、場立ちで色々と思い出談義にふけるのかもしれないな。

大師匠の長文記事

http://plaza.rakuten.co.jp/daikokusya/diary/201007030000/

コメント (1)

運が向く兆しかも

2010-07-15 13:25:42 | 公営競技論

今週は連日、大雨による土砂災害の甚大ぶりが報道されているが、不思議なことに、公営競技の本場開催には影響が出ていない。これは特筆すべきことかも。

ニュースを見ていると、防府、山陽、下関、小倉、唐津といった、おなじみのギャンブル地帯では、避難勧告が出されているところがあるというのにだ。

つまり、丁度開催がないとか、あってもドーム競技場だということで難を逃れられている、というわけ。

昨年、防府競輪は土砂崩れにより、老人ホームにおける死亡事故などがあった影響を受け、開催休止を余儀なくされた節もあった。

ま、公営競技といえば長らく、幸運という二文字とはすっかり縁遠くなっている手前、こうした話ひとつとってみただけで、ひょっとすると、長いトンネルから抜け出せそうな気がする、という気持ちにもなるのだが、果たして。