がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

キムタカの夢

2013年07月31日 | ・肝高の阿麻和利レポ

必要があってここ数日、
肝高の阿麻和利グスク公演('07)のDVDを見てた。
(見てるっていうか、作業しながら流しっぱなし)

 

2幕の冒頭、

オモロと東儀秀樹さんの演出、
トリハダ立ちまくり!!!

やばすぎ!!!

オモロと東儀さんの神秘性たるや。

っていうか、神降臨ですわ。

ううっ、泣きそう (;_;)

 

この演出、生で見たいなぁ。

ちなみにこのグスク公演は
ワタシがまだ肝高の阿麻和利と出会う前です。

'10のグスク公演ではこの演出はなかったからね。

っていうか、グスク公演またないかな。

 

 

今日、久々に勝連グスクの資料館に入ったら
売店ができてました

肝高の阿麻和利グッズも販売

これで公演以外でも常時グッズが買えるようになりました!
(↑のDVDも販売。クリアファイル

書籍も充実したらいいなぁ~。
「キムタカ!」とか「やる気スイッチはいつ入る?」とか「キムタカの翼」とか「琉球戦国列伝」とか(笑)

 

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


護佐丸・阿麻和利ツアー

2013年07月31日 | ・琉球史散策/第一尚氏



護佐丸・阿麻和利ツアーガイド終了。
(昨日は、たっぷり二時間歴史講座)

そういえば、中城グスクをガイドしたのは初めてかも。



みなさま、炎天下でのグスクめぐりは
熱中症に気をつけておまわりください。

 


↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


【人ものがたり】程順則、裏話

2013年07月28日 | ・琉球史散策/第二尚氏

 

 

本日のりゅうPONは名護親方でおなじみの「程順則」

白髪の“じいちゃん”としてのビジュアルがどうしても印象強い彼ですが
敢えて六諭衍義と出会ったころの壮年時代をメインにしてみた!

お宝コレクターとしての顔もある程順則なんで
(参「誰も見たことのない琉球(名護聖人のお宝)」/上里隆史著)
ちょっとお宝発見した時のマニアな人っぽくしてみたら
けっこー人間らしく(かわいく)描けた(笑)

程順則は何度か描いてきましたが
今回初めて「人間・程順則」が表現できたかな、と思ってます。
(単なる聖人君子の程順則じゃなくてネ)

 

さて、人間・程順則を描く上でどうしても入れたかったのが
右下の程順則「絶望エピソード」。

彼は妻と息子たち全てに先立たれています。

詳しく書くとこうです↓

 

まず32歳の時、妻が四男出産時に死去(享年29歳)


そして運命の40歳の時、

3月、三男が死去(享年11歳)

6月、弟が死去(享年33歳)

7月、長男が死去(享年22歳)

9月、次男が死去(享年14歳)

 

たった1年で、
弟と三名の息子が次々と亡くなる。

程順則、可哀想すぎる…。

 

そして時は流れ、67歳の時、

最後の息子である四男が死去(享年36歳)

 

il||li _| ̄|○ il||l

 

さすがの程順則もひどくふさぎこんで引きこもってしまい、
蔡温から幾度となく励ましの手紙が送られたりしてます。

ちなみに息子たち全員に先立たれはしましたが
家督は孫(四男の長男)が継ぎ、子孫は繋がって行きます。


(参「名護親方程順則資料集1」/名護市教育委員会)
※年齢表記は資料に基づき、数え年にしてます

 


「名護聖人」とも言われ、
パーフェクトで人間離れしたイメージがある程順則ですが

こういう絶望を味わい、打ちひしがれ、
そして励まされ、乗り越えてきている所に
「人間・程順則」が垣間見れるような気がします。

程順則は72歳で天寿を全うしますが、
早死にの妻や息子たちの分まで
一生懸命生きた人だった、ということですね。

 

*おまけ*

髭に隠れて分からないと思うけど、
こだわりのアレ

ちゃんと描いてます(笑)

 


息子たちも皆優秀だったらしいです。流石。
程順則ネタ、下書きしてあるのいくつかあるけど
そのまんま放置になってるなぁ…(^^;

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪

那覇青少年舞台プログラムのみなさん、今日の舞台FIGHT~☆


sunrise

2013年07月27日 | ・徒然日記




おはよーございます。
今日もいい天気になりそうです。




ホテル11階からの日の出♪




久米村散策

2013年07月26日 | ・琉球史散策/第二尚氏



研修参加のついでに、
久米村エリア散策again。



面影も何もないけど、
地図によるとおそらくこの辺が程順則生家跡地。

…案内板くらいあってもいいのに…。





入ります。

2013年07月25日 | ・沖縄トヨタ×琉球偉人

 

今日でやる

今日でやる

今日でやる

 


ちょっとヤバいのでしばし「取りこみ中」入ります。
↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


Captain Kangaroo

2013年07月24日 | ・沖縄のcafe、お食事処

  

よく雑誌とかで見かけて気になってた
ハンバーガー専門店「Captain Kangaroo」

鉄板で焼いたハンバーガーやパンが香ばしくて美味しかった!

スゴイ高さだけど食べれちゃうから不思議(笑)

写真はスパーキーバーガー(奥)と
看板メニューのスペシャルバーガー(手前)。

高さ計ってみればよかった(笑)

 

ハンバーガー+ポテト&ドリンクで1000~1200円くらいです。
(ハンバーガー単品600~800円)

 

Captain Kangaroo

名護市宇茂佐183
098-054-3698
11:00~20:00 (L.O19:40)
水曜定休
http://www.roo-bar.jp/menu.html

 


今日もご訪問ありがとうございます。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


疾走blue

2013年07月23日 | ・徒然日記

 

 

 

刷毛でシュッと描いたような

気持ちのいい青。

 

今年の夏旅、晴れますように…(-人-)

 

 

グスク写真、まとめる時間がない~

 


今日もご訪問ありがとうございます。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


土用丑の日

2013年07月22日 | ・徒然日記

土用丑の日

昨日かと思ってたら今日だった(笑)

「土用丑の日、昨日だったしねー」

と言いつつ食べたうな重、今日のランチ(笑)
(in日本料理屋さん)

美味しかった

 

空に向かって伸びる

あさがおのツル。

 

 photo by ケータイ

 


今日もご訪問ありがとうございます。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


【人ものがたり】湛水親方、裏話

2013年07月21日 | ・琉球史散策/第二尚氏

 

本日のりゅうPONは歌三線の始祖、湛水親方。

湛水親方については以前簡単に触れたことのがあるのですが
現代に続く偉大な音楽家でありながら、
あの最強武将・大城賢雄の子孫!!
(湛水親方、唐名→夏 徳庸)

…というのは本文では触れられてなかったので
敢えてイラストには入れてみました(笑)

あと、「スキャンダル」とかね。

和々的コダワリ(笑)

 

湛水親方は「いいトコ生まれ」らしいですが、
賢雄の死後、その子孫数代は平民に落とされた
とも言われています。

そこからまた這い上がってきたというのも
スゴイですね。

夏氏、万歳

 

あ、そろそろ夏氏つながりで「けんぱーのすばやー」行きたいなー。
↑の記事では店長は子孫じゃないのか!?と惑わされましたが、
別記事でオーナーさんからコメントいただき、子孫であることがハッキリいたしました(笑)

 


今日もご訪問ありがとうございます。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪

池上永一さんの「黙示録」単行本化、そろそろだと思うけどまだかなー♪
(待ち遠しい ~(´∀`))


ちび賢雄

2013年07月20日 | ・琉球史散策/第一尚氏

 

ちび賢雄!

タイムス企画の描き下ろしで、没にしたもの。

というか、下描きはしたものの
「あ、賢雄は本(琉球戦国列伝)に描いたやつ使い回せばいいや」
と気付いてこれ以上作業しなかったヤツ。

(阿麻和利、護佐丸、百十踏揚は本ではちびキャラなかったので描き下ろしでした)

最近、賢雄周辺の面白話(説)、
発掘してないなー(笑)

 

あ、そうそう。

賢雄と言えば夏姓ですが……
(大城賢雄、唐名→夏 居数)

 

明日に続く

 


今日もご訪問ありがとうございます。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


今夏の決意表明

2013年07月20日 | ・徒然日記

 

虚脱感しかないのは

きっとやりきってないからだ。

 

さ、毒を吐くのはもうおしまい。

もう一度、自分と向き合う夏にする。

 

という、決意表明。

 


半年後、1年後、2年後、この記事読んで
「そういや、こんな時もあったね!」って思えるように、
敢えてここに書いておく。

↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


in the water

2013年07月18日 | ・徒然日記

 

今週も、あ、あと1日…!

 

ざぶーんと水に潜りたい…。

“水中”って音の伝わり方とか浮力とか光とか、
地上と全く違う感覚になるのが不思議で好きです。

大学の頃はこの水中や、水中の感覚をテーマに
絵を描いてたなぁ。

 


今日もご訪問ありがとうございます。
↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


他魯毎推し!

2013年07月17日 | ・琉球史散策/グスク時代

 

前記事の続き)

そうそう、「新・王の食卓」では現代版組踊の有志メンバーによる
オープニングアトラクションもありましたよ!by TAO Factory.
(出演者10数名くらい。“卒業生”など懐かしい面々もいて嬉しかったな

4曲くらいの演舞に、
「役者」として他魯毎、尚巴志、攀安知が一同に!

しかも他魯毎推し!?
いーぞー(≧▽≦)ノ(笑)

やっぱ、新作・現代版組踊は
是非とも南山モノが欲しいですなぁ(*´艸`*)

和やかに会話する三山の王たちが
実にかわいかったです(笑)


 

というわけで、他魯毎。

↑は今も昔も宝島用に描き下ろした「武将・他魯毎」です。

他魯毎=成金

もしくは

他魯毎≠武将

なイメージがある彼ですが、
尚巴志や攀安知に劣らぬ
武将としてのかっこいい(っぽい)姿で描こうと
結構こだわって描きました!!

でもお宝好きの他魯毎らしく、
鎧のタイプも尚巴志や攀安知とは変えて大鎧、装飾品もハデにする、
(※尚巴志と攀安知は胴丸)
という点ではやはり従来の他魯毎エッセンスは入っているというわけです。

画像ではあんまり見えないかもですが、
実は朱漆に螺鈿とか黒漆に沈金とか細部にもこだわってるんですよ

ちなみに鎧の、
黄色に青の小花が付いてるのは
「国宝・小桜韋黄返威鎧」
を参考にしました。

最初金屏風のイメージで全部黄色威にしてたんですが、
さすがにそういう鎧は見ないみたいで
(部分で黄色威とかはあるんだけどね)
代わりにこの「小桜韋黄返威鎧」を教えてもらって参考にしました!
(ビジュアル監修/上里隆史さん)


…という制作裏話でしたっ。


ちなみに、人としての他魯毎は
くせっ毛で眉も濃くて量多めの小太り、背は低め
でも尚巴志のがちっちゃい。

という個人的なイメージは
初めて他魯毎を描いてみた時から一貫しています(笑)
(あはは、何も分からずテキト~に描いてた頃だ(笑)8年のブランク明け間もない頃)

 


今日もご訪問ありがとうございます。
↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪


創作薬膳ディナー

2013年07月16日 | ・琉球/沖縄、徒然日記

 

昨日、沖縄タイムス65周年企画「新・王の食卓」
お招きいただき行ってきましたー
(タイムスさま、ありがとうございました(^▽^))

「御膳本草」の思想を活かした創作薬膳ディナー。

薬膳とは言えフルコースだったんでお腹いっぱい幸せいっぱい。
もちろん完食!!

「薬膳」という言葉からイメージする
苦い、味薄、質素という感じはなくて
(不思議な食材はあったけれど)
どれもステキメニューでした!

ゴーヤーもこうやってオッサレ~な感じで出されたら食べれる(笑)

個人的には前菜(写真左上)は
北山・中山・南山を意識してその地域の食材を使っている
というお話がツボでした。

三山統一の前菜(笑)

えーと、泊(南山)からの魚と、読谷(中山)の紅イモと、北山は…なんだっけ?

実はちゃんと効能や薬膳思想なども書かれた立派なメニュー表もあったんですが
…カバンに入れたと思ったら入ってなかった
不覚!!

備忘録として記憶に頼って書くと、こんな感じ。
(2つくらい写真撮ってないんだけど)

 

 

広告にちゃんとした料理名載ってるので
もっとちゃんと知りたい方はそちらをどうぞ(^^;
(あとは例の7/1の特別特集冊子にも)

今回のこの料理は「延年益寿薬膳」として
今月いっぱいまで期間限定メニューとして
ザ・ナハテラス内 和食レストラン「真南風」で食べることができるそうです。
(18:00~22:00 ¥8000)

長寿と健康をテーマにした薬膳料理
この機会にいかがでしょうか?

 

photo by コンデジ で、誤魔化し誤魔化し…。
このコンデジ、色味が赤っぽく写る…。むむむ…(-_-;)

 


今日もご訪問ありがとうございます。
↑ぽちっとクリック応援してくれたら嬉しいです♪